晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

ヤングキングアワーズ 8月号の感想



ヤングキングアワーズ8月号の感想です。表紙は『ドリフターズ』です。




・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『EIKO RANDO』です。踏切でポーズしています。

・スーパー・カルテジアン・シアター/六道神士
新連載巻頭カラー。開始早々告白を成功させた御櫛田春月。しかし、つぎに目を覚ました時には、相手の筥崎君の操縦席に座っているのだった。リアル箱崎君&春月はグチャグチャになっているので、宇宙人の手違いで死亡 → 復活までロボットで代用っていう感じかな。今回は、春月が筥崎ロボの操縦に慣れるまで。ということは、春月ロボを操縦しているのは?

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
ハルナたち、タカオと402、白鯨クルー、そしてレパルスといったコンゴウ艦隊vs401の戦いに参加していなかった面々の考えと行動。アニメ版の印象が強いけど、タカオとハルナ&キリシマって原作では接触があったんだっけ?

・それでも町は廻っている/石黒正数
歩鳥と、些細な行き違いを見せてしまった紺先輩。そのとき思い出した人物とは……。このエピソードは、もっと大々的にやるものかと思っていたけど、意外とアッサリと済ませた印象。特に深い理由とかなかったんだな。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
花火大会の準備の様子。だけど、主に彩花がなぜウサギが嫌いなのか?という理由が描かれる。えらいトラウマの植えつけられ方だな。次回は花火本番だけど、なんらかの邪魔が入るんだろうな。

・マーチャンダイス 異聞/大石まさる
大家さんの友人で、古本屋『星めぐり堂』を営むメグが主人公の、スピンオフ・ショートストーリー3編。目次コメントからすると、これからも定期的に描かれていくことになりそう。

・真・一騎当千/塩崎雄二
孫権の覚醒は、水龍を飼い馴らすほどレベルの高いモノ。因駄羅を圧倒する。でも、この状態の孫権を抑え込める人っているのかな?

・はやめブラストギア/竹山祐右
琴宮の情報を受けて、デストライドに向かったはやめたちだが、そこにいたのはすでに打ちのめされた流星王の姿だった。その相手は、はやめと同じオーメスト・グランデのウェアに身を包んだ金髪女子・風村はやてだった。はやめの父親・涼一と同じ苗字を持つということは、従姉妹とかかな?

・聖骸の魔女/田中ほさな
連載再開センターカラー。アドベントした、最初の魔女同士のバトルが始まる。しかし、ニコラが泣かないのでエゼルだけは変身することができない。まぁ、ここはアダンテの勝ち逃げが妥当なところかな。

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
飛行型白皮の脅威に、戦線は混乱状態に。テンバが一匹仕留めるのがやっとの状況。ここで、初継のリュウマはシチハに休戦を申し出るのか? 

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
今回はほぼ全編、鎌さんの店での八郎と土方の会話に割かれる。ポイントは、島崎勝太が結婚し天然理心流の宗家となり近藤勇に改名したことと、その近藤に土方が心酔していることかな。鎌さんと土方の口ゲンカギリギリのやり取りが面白い。

・夜鳴きのシィレエヌ/今村陽子
ラ・ナンシーvsウルラ&マスター・フィオチの激しいバトルが繰り広げられるが、ローレンの横やりが入りエリーの本当の狙いが分かる。フィオチの回想を見るに、シノの民もストーリーに深くかかわってきそう。あと、ウルラがやった複数の属性を同時に歌うって、かなりの高等技術なんじゃないだろうか?

・野球+プラス!/石田敦子
今回は、取材したこと全てを記事にするのではなく、何を書かないか。という話。「記事のひと文字は 選手に グラウンドにつながっている」というセリフが、すべてを現わしているか。あと、広島が好調なので、今後はそのへんのこともストーリーに関わってくるか。

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
なぜかイライラしている愛華は、声をかけてきた鷺原の申し出に簡単に乗り、公道レースすることに。その最中に生理になってしまうというトラブルがありながらも、なんとか勝利する。こういうことも描くとはね。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
ひと口に『26インチ』のタイヤと言っても、実に様々な規格がある。という話。かなりの情報量があっただけに、南野コトミさんが自転車を買ってもらえるか、最後のコマまで不安だった。

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
ここまで様々な方法で第6感を鍛えてきたので、実地検証することに。『ありがた山墓石群』という4000体の無縁仏が眠る場所に行く。やっぱり空振りかと思わせてからの、オーブ写真は久しぶりにポイントを稼いだといった感じ。あと、ホッシーはいつのまに副編集長に昇進したのか。



・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
ランヌ戦死の報せを聞いた、それぞれの反応。そしてナポレオンは、弔い合戦を決意。そのために多くの戦力を呼び寄せるが、マルモン、ウジェーヌ、ベルナドットあたりが不安要素なのかな?

・ドリフターズ/平野耕太
黒王軍は、補給兵站を黒王の能力に頼っているため、ひとつの塊でしか動けない。という、信長の分析は見事。そして、いよいよ次回から戦争開始か。それにしてもワイルドバンチは偵察役やらされているんだな。結局、火薬を作るのは間に合わなかったのかな?




鬼を飼う、師匠シリーズがお休みでした。次号は鈴木小波の読み切りが載ります。あと、もくじで筆谷編集長が『お宝っぽいモノも処分処分』と書いてあるけど、それらを読者プレゼントすればいいのに。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/02(土) 15:55:01|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad