晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

週刊少年チャンピオン 25号の感想



チャンピオンの感想です。表紙とポスターは『弱虫ペダル』です。





・初夏メラメラ新連載大攻勢
次号を皮切りに、木佐貫卓、伊藤智義&松島幸太朗、中村勇志の新連載がスタートすることが発表されました。このあいだ春の新連載が始まったばかりだと思ったのに。なんか、長期連載組と新連載組に二分されるイメージ。

・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。ベストバトル投票の結果発表アリ。さらにアニメ3期が来年1月から、別チャンで連載中の『SPARE BIKE』が9月に劇場公開されることも発表されました。本編では、山岳リザルトまで残り500メートルというところで、ついに坂道は京伏に追いつく。流れ的に、箱学の連続リザルトトップは無理かな。

・刃牙道/板垣恵介
金重が腰に戻った武蔵が、巻き藁やダミー人形相手にキレ味を試す。次回からピクル戦のようだが、どこかで本部が割り込んでくるんだろうな。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
はじめて海を見たこまりは、その大きさにビビりまくる。しかし、実際に海に入って見せた雪子は、なぜパーカーを着たままだったのか?という点については、厳しく追及していきたい。

・ハリガネサービス/荒達哉
センターカラー。山縣先生に心の闇を見抜かれた下平は、集中を見出しサーブを打つことができず流れを切ってしまう。再び王葉ペースになったところで、野々原がまさかの復帰を果たす。ひとりでサーブを決めていた下平から、左手しか使えない野々原のためにチーム全体が動くっていう変化か。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
足ツボが健康にイイということを知った小鉄が、金鉄さんのために家じゅうに石を設置し、足ツボ屋敷にしてしまう。仁だけでなく小鉄も年中裸足で移動しているイメージがあったけど、ちゃんと靴を履いていたんだな。

・囚人リク/瀬口忍
センターカラー。いよいよ地獄島脱出決行の日。まずは看守を襲って服を奪い、パイプスペースまで移動する。まぁ、内海が邪魔してくるだろうな。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
なぜか、オータム書店の社内運動会に参加することになったロナルド&ドラルクwithジョン。赤組に参加するが、白組のフクマさんひとりに後れを取ってしまう。上手くボサツ仲間に引き込むことに成功するが……。なんか、サンズの髪形がデビルマンのシレーヌのようになっている。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
八日目。取組前の支度部屋の様子。泡影を崇拝しながらも、越えることができるのは自分だけだと丈影は言う。気になるのは、現在の連勝記録を作る前に泡影に土をつけた人物。土俵上でガッツポーズしちゃうようなヤツって誰だ?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
呉は、空振りしたバットが銀傘を越えるというドリームプレーを見せるが、3球目はボールをレフトスタンドに運んで、同点とする。そして打席には一球。このまま京都ペースになるのか?

・AIの遺電子/山田胡瓜
須堂行きつけのラーメン屋の大将の舌がイカれてしまったので、新品と交換することに。以前より性能が上がりラーメンの味付けも繊細なものになったが……。須堂の最後の一言で、余韻がスーッと広がっていくようなラストが素晴らしい。

・実は私は/増田英二
藍澤さんは母星に帰るという決意を黒峰に告げようとするが、そのとき未来藍澤さんの邪魔が入る。単なる未来人ではなく実は……という告白シーンは、そんじょそこらのホラーを凌駕する不気味さ。そして、2人の藍澤さんの激しいバトルが始まる。最後のアオリにあるように、ラブコメの要素は微塵もない。

・少年ラケット/掛丸翔
イチローはビリーのサーブを読み、さらに一歩前で返す、しかし、ビリーも……ッ! 計4打ながらとてもアツい攻防だった。これで、練習試合団体戦は、決着!

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
翠は春雨から、父の死の真相と現在地球上で起こっている共食い事件について聞く。それにはボルテクス社の裏の顔が関わっている様子。ビリジアン・プログラムって何だ?

・バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~/カプコン&芹沢直樹
トミナガが囮になってスクリュー魔人の注意をひきつけている隙に、クレアが通風孔に潜り込んで脱出路の確保を目指す。しかし、コントロールルームでは、紫麗がディルクを拷問中。これは、クレアvs紫麗という展開も有り得るか。

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
今回は、アイ遺跡で複写した魔導書に書かれていた『オナラによく似た音を出す魔法』の練習をする。が、はじめから上手くはいかない。サンチョは魔法よりもバベル世界の解明に興味があり、ニトリは武器習得の方を優先させるようす。これが、3人の職業のような感じになっていくのかな? あと、いつか『オナラの音で敵の気を引く』みたいなシーンが出てくるはず。

・ぽっぽちゃん恩を返す/藤近小梅
読み切り。ツルに踏まれて田んぼの泥の中にめり込んでいたところを、主人公・平鳥和に助けられたカワラバトが恩返ししようとするものの、鳥頭なのですぐに忘れてしまうという話。会話における独特のテンションは『ペーパーブレイバー』のころから、相変わらず。個人的には「ポッポピュラー」がクリーンヒットした。あと、赤信号を「黒です」と言い切るネタが気になって調べたら、ハトって色検知能力に優れてるっていうじゃないか。てっきり『ハトは赤が認知できない』みたいなことかと思ったのに。

・Gメン/小沢としお
勝太は理子とのデートを、かつてないぐらい順調に進める。しかし、肝田情報によると理子は有望なソフトボール選手らしいので、なにか練習をサボる理由を解決してあげる流れになるのかな?

・恋愛菌糸きのたけさん/川村拓
短期連載第4話。不良(笑)の戸鞠りいちさんが、授業をサボるために保健室に行き木乃竹と遭遇。スレ違いトークから意気投合し、友だちになる。なんとなく、木乃竹の中で胞子が『スタンド』と同じ扱いになっている気がする。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
清作は、ツーツーと追い込まれたところから、穂村のチェンジアップを狙い打ち。フェンス直撃のヒットで1点を返す。そして、打席には弐敷。1発が出てサヨナラか。

・正義の殺人鬼/鈴木雄太
殺人鬼同盟本部を目指し移動する梅美たちは、鬼の死体によって作られた『ウメミ』というメッセージを発見する。そして、その犯人の殺人鬼たちをヴォイスが追う。今回のキモの『鬼と殺人鬼は互いに殺すことはできないので、人間に殺人鬼を殺してほしい』という情報を、もっとうまく説明してほしかった。

・イタおのこ/けんろー
短期連載最終回。貞子に似ているけど、ちょっと違う呪いのビデオの幽霊の除霊をすることになった幸&メリー。なぜ、ビデオにとり憑くことになったのかというと……。2人のコンビ感が強くなってきたところだけに、再登場を期待したいところ。あのお母さんが1話限りの登場というのも、もったいないし。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩と頼子が、話題のお化け屋敷に。案外普通かと思いきや……。タイトル下のフルットが、自分でシッポを持っているのが、カワイイ。



次号から、木佐貫卓の新連載が始まります。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/05/20(金) 20:41:52|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad