晴耕雨マンガ

9月は、映像研には手を出すな!、 ジョジョリオン。

放課後さいころ倶楽部 第7巻の感想



放課後女子のアナログゲーム物語『放課後さいころ倶楽部』第7巻の感想です。今回も、ゲームの勝敗を書いていますので、ネタバレにはご注意を。




・第41話 やりたいこと、全部。
ジョージの会社で行われるボードゲーム・コンペに、ミドリも誘われる。そこで、第26話にも登場したオリジナルゲーム『ワンルーム』の改良版をテストプレイしてみる。アヤとミキには好評だったが、エミーと店長には問題点が見えていた……。それを突破するヒントになる思い出として、会社のフロアマスターの坂本さんが回想シーンに登場するのだが、てっきり現在は死んでいる(少なくとも会社を辞めている)と思ってしまっただけに、次話にも出てきたことに、ちょっとビックリしてしまった。
▼ワンルーム バージョン2
1位 アヤ
2位 ミキ
3位 エミー
4位 店長


・第42話 生きがいってやつ。
授業中に居眠りするほど、ゲーム作りに没頭するミドリ。ついには学校も休んでしまい、連載当初のカタブツ委員長の面影は全く感じられななってしまう。心配したアヤたちはお見舞いに行こうとするが、そのとき『ワンルーム』の改良を終えたミドリが、姿を現す。ゲーム内容もレベルアップしているし、なによりミドリが自分の中にあった枷のようなものを解き放ったのが、今後本格的にゲーム作家になるときに大きくモノを言ってきそう。ただ、本当の意味での完成には、まだ時間がかかる様子。
▼ワンルーム バージョン2(改良版)
1位 ミドリ
2位 アヤ エミー
4位 ミキ


・第43話 ボードゲーム・ギーク
世界的なボードゲームサイトにおいて、5年間にわたりランキング首位を守り抜いた名作ゲーム『プエルトリコ』を、若き日の店長たちが初めてプレーしたときのことが描かれる。自分の行動が相手の利益になりうるというのは、かけ引きや読みなどかなり頭を使いそう。しかし、このマンガらしからぬアクションシーンがあり、謎の人物の正体も意外なところから持ってきた感じで、後半部分はちょっと異質なテイストに。ということは、エミーの家族が日本にいるのも何か仕事関連なのか……?
▼プエルトリコ
1位 アンドレアス
2位 タケル ジョージ
4位 エレナ
5位 マイク



・第44話 近すぎて遠い人
生徒会の3年生送別会が開かれる。そこで、生徒会長の青島が持ち込んだ『ダンシングドラゴン』というゲームをすることに。青島とチームを組むことになった渋沢さんだが、様々な感情が入り乱れて上手くゲームに集中することができない。この作品の恋愛方面は、基本的に田上&吉岡(ともに登場ナシ)が担ってきただけに、女性方面からの視点は新鮮だった。あと、6人が参加しているのに、ひとりだけハッキリとした描写のない人物がいるのが切ない。
▼ダンシングドラゴン
勝敗不明



・第45話 私の大好きな場所
もうすぐ進級という季節。2年生からは専攻する課目によってクラス分けが行なわれるので、4人がバラバラになってしまう可能性もある。そのことにミキはショックを受ける。春休みのある日、アヤには連絡が取れず、ミドリもエミーもお店にいない。孤独を感じたミキは、河原で『ナンジャモンジャ』というゲームを手にする。今回は、すぐにみんなが集まって『放課後さいころ倶楽部』という非公認ボードゲーム同好会を結成することになったけど、ミキだけが日本に残るというのは可能性の高い選択肢なんだよな。実際にその時が来たらどうするのか?
▼ナンジャモンジャ
勝 ミキ
負 アヤ ミドリ エミー





この巻でアヤたちが参加したゲームは3つ。1巻からの通算成績は
アヤ 25戦 2勝19敗4ng 勝率.080
ミキ 24戦 8勝12敗4ng 勝率.333
ミドリ 23戦 9勝10敗4ng 勝率.391
エミー 6戦 1勝5敗 勝率.167


第45話はまるで最終回のような雰囲気。あとがきで作者も語っているように、この巻をひとつの『区切り』として、次巻からはアヤたちも進級し、新キャラも加えて新しい物語が始まるとのこと。というワケで、当ブログでの感想記事の更新は、この巻までとさせていただきます。ご了承ください。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/05/15(日) 16:38:20|
  2. 放課後さいころ倶楽部
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad