晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

ヤングキングアワーズ 6月号の感想



ヤングキングアワーズ6月号の感想です。表紙は『青き鋼のアルペジオ』から、イオナさんとアシガラさんです。




・夜鳴きのシィレエヌ/今村陽子
巻頭カラー。新人マスター・クラーイが、新人シィレエヌと絆を結ぶ話。今回は、ほぼオールスター状態でたくさんのキャラが登場したので、シィレエヌ内の組織とか様々なことが判明した。これからは、シィレエヌvs国防軍みたいな展開も有り得るのか?

・鬼を飼う/吉川景都
奇獣と関わっていることが噂になっている鷹名は、大学で孤立していた。そんなときに司に連れられた葛の枝が(盗んだ財布を返しに)現れる。お詫びとして花見をすることになるが……。鷹名の学校風景が描かれたのは、はじめてだと思うので新鮮だった。あと葛の枝は、あの手でよく物を持てるなと思う。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
森コンから帰ってきた麻弓さんが、お茶会での宇佐&律の出来事を聞いて、怨念の塊と化してしまう。なんか最終的に石油王と結婚するくらいじゃないと、報われなさそう。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
自らに降りかかる不幸を予知できる歩くさん。そのため、自分の命日がいつなのかも、すでに知っているのだという。命日と同じ日付に、バース・デイ・パーティーならぬ『デス・デイ・パーティー』を開催する。歩くさんは、お返しとしてウニ君ら参加者にある問題を出す。っていうか、罰ゲームの設定とか、一番怖いのは歩くさんじゃないか。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
沈みゆくマツシマを道連れにしようと接近するコンゴウの残骸。今回は、それを追跡するヒュウガ&ユキカゼの視点だけで展開されるので、当事者2人の考えが全く分からないのがもどかしかった。

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
八郎の圧倒的な稽古量を見て講武所の若手たちは懐くが、古参たちは面白くない様子。そして、江戸の中には開国派と攘夷派の不穏な空気が満ちている様子。今回で少年編が終了。次回からは、青年編だそうです。

・はやめブラストギア/竹山祐右
今回のデストライドは、立体駐車場を舞台にしたコーナリング重視のもの。コースアウトしそうになった姫子をはやめが助けて勝利する。姫子の実年齢が分かるオチも良かったが、死神王は地味にはやめをストーキングしていないか?

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
センターカラー。ECUのチューニングを賭けた、愛華と六月のバトルがスタート。まぁ愛華が勝つのは既定路線なんだけど、勝負の決め手が『ミッションオイルの温存具合』?なのは、さすがに分かりづらかった。あと、この作品ではスバル車以外は登場させないのかな?

・それでも町は廻っている/石黒正数
ついに、タッツンが真田への告白を決意。その前に、歩鳥の真意を確かめようとする。巻末インタビューにあったように、どうも『それ町』は最終章に入った感じ。早くも、いまからさびしさがこみ上げてくる。

・野球+プラス!/石田敦子
由右は、配属先を保留されてしまう。スポニチ入社が決まった後も、スコアブックのつけ方すら覚えていなかったので、遅ればせながら先輩記者の阿南の下につき、様々なことを覚える。今回は、テーブルとかインタビューの仕方とか西武ドームの階段が長いことなど、いろいろと勉強になった。

・真・一騎当千/塩崎雄二
于吉が勾玉を渡した本当の目的は、孫権の覚醒を期待してのモノだった。しかし、状況は悪化の一途をたどり仕切り直ししようとする于吉だったが、因達羅にやられてしまう。これで孫権が真の力?に目覚めるか。そして、趙雲は置き去りで構わなかったのか?

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『AYUMI NARUSAWA』です。エスカレーターに乗っています。

・マーチャンダイス/大石まさる
センターカラー。浪人生のルクミニは、友人が通っている大学の学園祭に参加、その流れで打ち上げにも顔を出す。そして酔っぱらった帰り道で、謎の食肉植物『スキュラ』を拾う。終盤のダークな展開に意表を突かれた。なんだかマーチャンダイスが、犯罪者の巣窟になりつつある気がする。

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
いきなり少女ジンによる、あらすじ解説ページが。ネット上で「分かりにくい」と言われていることが、結構ショックなご様子。本編では、オリビア奪還のための攻城戦がスタート。7番隊が正面から攻める隙に、10番隊が地下水路からの侵入を目論む。しかし、行動を共にしたリュウマが疑問を投げかけたことで、テンバと一触即発の雰囲気に。ここで戦っている場合ではないんだけどな。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
ワカバさんが(漫画の影響を受けて)自動車免許を取得する。しかし、現在の社用車が左ハンドルなので、運転することができない。そこで、第一号車を復活させることに。今回は、めずらしく自転車ではなく自動車の話。ドリフトしながら商店街に入ってくるシーンは、かなり迫力があった。

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
ペンデュラム・ダウジング(振り子)を特訓して、霊サーチ能力を高めようとする2人。様々なチャレンジを試みるが、結果は……。なんか、最近はデラさんが石黒Pに嫉妬する流れになっているな。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
悪化する戦況の最中、ランヌとベシェールが対立してしまう。そして、3月号の巻頭カラーで描かれたように、ランヌが被弾して半回転してしまう。苦しい状況が続く。




予告のあった『聖骸の魔女』と、いつもどおりの『ドリフターズ』はともかく、2ヶ月告知なし休載の『変身少女A』が心配。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/05/04(水) 13:19:20|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad