晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

それでも町は廻っている 第15巻の感想




『それでも町は廻っている』第15巻の感想です。 kindleで買ったので、ちょっと更新が早いです。


・第114話 修学旅行
歩鳥たちが修学旅行で北海道に上陸。ただ、話の中心は浅井の海老洲への告白。さまざまな観光スポットや、グルメを満喫した前半部からは全く想像できない展開、そして、結果に意表を突かれた。歩鳥のムックリ芸とヒグマにデレるところは面白かったが、これで真田は恋愛的に動かざるを得なくなったわけか。

・第115話 飛ぶ鳥
紺先輩が、迷い九官鳥を保護。しかし、夜中に謎の言葉をつぶやいたことをキッカケに、自ら飼い主を探すことを決意する。できるだけ歩鳥には頼らず、自分の力だけで何とかしようとする姿が新鮮だった。そして、第22話『ワン・オア・エイト』で登場した2人組の正体が、こんな形で明らかになるとは。

・第116話 メガネ行方不明事件の全貌
水泳の補習中のタッツンがなくしたと思っていたメガネが、何者かの指紋ベトベトの状態でゲタ箱から見つかるという事案が発生。歩鳥が、その真相を回想する。ここまでピンチにたじろぎ、うろたえるタッツンも珍しいけど、校内でほぼ全裸になって用を足しているというのが、ちょっと衝撃的だった。そうしないといけないんだけど。

・第117話 虚
歩鳥&涼ちんの話。テーマとしては『見えていても意識しないものが、意識したとたんに意味を持ってくる』みたいな感じ。たぶん涼ちん関連の話は、なにか大きな話につながっていると思うので、今回の要素もどうやって生かされるのか楽しみ。あと、ひとりでシーサイドにいるメイド長が、時期的なことも考えるとちょっと切ない。

・第118話 牡丹灯籠
ユキコが、携帯ゲーム機を学校に持っていって注意を受けるが、翌日も同じことをくり返してしまう。その理由は、なんなのか? 歩鳥が真実を聞き出す。『ユキコの初恋話』というのも新鮮な切り口だったが、近い→早いのコンボとか『底』と『視る』の覚え方とか、全体的な構成のレベルが高かったと思う。24ページもあったし。

・第119話不猟少年不良少女群像劇
クラスで浮きがちな漫研部員にも声をかけるほど、周りに気配りができる“いい人”の城嶋先輩。『他人との距離感、つき合い方』みたいなテーマの内容だったけど、紺先輩と仲良くなるハードルはかなり高そう。第34話で年賀状を出したのも、精一杯の行動だったんだろうな。

・第120話 辰野俊子のお友達
初期とは性格というか、他人との接し方が変わってきたタッツンがメインの話。涼ちんとユキコ、涼ちんとタッツンという初顔合わせの対比が面白かった。しかしキャラ配置的に仕方ないとはいえ、タッツンにとって歩鳥はオタ活にもつき合ってもらうほど仲のいい相手なのに、歩鳥には他に紺先輩とか涼ちんとかいるというのが、ちょっとカワイそう。

・第121話 立つ鳥
ついに、紺先輩の進路が明らかになる。冒頭で合格発表のシーンが描かれているのに、自分もまんまと歩鳥と同じ勘違いをしてしまった。引っ越しの荷物をはさんでの歩鳥と紺先輩の会話、そして見つめ合う193Pの2人が最高だった。第71話『歩く鳥』とならぶ、それ町史上に残る名エピソード。





ストックは、今月のアワーズの分もあわせて3本あるので、なんとか今年中にもう1冊発売されないものか。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/04/30(土) 13:32:04|
  2. 感想
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad