晴耕雨マンガ

4月は、六道の悪女たち、スピーシーズドメイン、ヴィンランド・サガ

スピーシーズドメイン 第4巻の感想




スピ―シーズドメイン第4巻の感想です。表紙は、風森さんと木下さん。背表紙も木下さん。クリエイティ部メンバーなのに、順番をトバされた蛍樹って……。



・第23話 暗躍する羽井さん
“カップリンガー”羽井さんの知的な策略により、2人きりでデートすることになってしまった大機&風森さん。お目当ての科学館で、はしゃぎまくる大機が楽しそうで何より。その様子を尾行しながら観察する羽井さんの私服センス(&羽根をフラミンゴカラーに染める)と、髪を下ろした蛍樹の破壊力が、別ベクトルで高かった。

・第24話 お招きする風森さん
風森宅にお泊りに来た羽井さん&蛍樹は、前回のデートの報告を当人にさせようとする。でも、それより風森母が娘の恋愛事情や友達関係を、2人から聞き出そうとするパートのテンションが良かった。あと、ここまで風森さんが時々大機に言っている「トーテムポール」が『唐変木』を言い換えたものだということが明らかに。1巻のころから使っているから、ずいぶん寝かせたネタだったんだな。

・第25話 リベンジャー木下さん
男子は相馬に、女子は木下さんに誘われて海に遊びに来るが、それは秘かに活動を継続していた馬術部が、おヒゲ愛好部へのリベンジの舞台を整えるための作戦だった。再び団体戦(この話では1勝1敗)が行なわれるが、それよりも水着姿を恥ずかしがる水野さんや、デブ専が発覚した長渡、棒倒しをする羽井さんなど、それぞれのキャラの描写が良かった。あと、あとがきでも語られているように、この海は『侵略!イカ娘』と同じ場所。トビラにはイカ娘がいます。
スピドメ イカ娘
別チャン掲載時のカラーで。

・第26話 泳げ! 魅重義くん
夏の対抗戦第2幕。自ら遠泳勝負を挑んだ佐武は無残に散ったものの、魅重義が『水中呼吸』の発明を希望した理由が明らかになったのが面白かった。そして、最終ビーチバレー対決でのインちゃんの活躍により、クリエイティ部が勝利する。一行は海の家(イカ娘に登場する『海の家れもん』)でランチを取るが、急に蛍樹が田中に告白するという、不穏な流れに……。
負けた土和さん
負けた土和さん

・第27話 告白した? 蛍樹さん
蛍樹の告白の真相は、田中と2人で取り決めていた偽装恋愛チキンレース的なモノだった。そこから、溺れた羽井さんを魅重義が助ける流れを受けて、風森さんが恋愛についてちょっと考える。馬壁は帰り道を気にしていたけど、こういうときに量子テレポートを使えばいいんじゃないかな?(誰の携帯に?)
土和さん 大人の余裕
土和さん、大人の余裕

・第27.5話 相馬くんの飛ばしていい話
オマケ描き下ろし。相馬が海に来た女子メンバー(風森、蛍樹、羽井、土和、イン、木下、恵良、馬壁、長渡、水野)がアリかナシか、というか、どれくらい自分の下ネタを許容してもらえるか? スケベ行為をどこまでさせてもらえるか? ということをアツくアツく語る。ここで、地味にイン―相馬のフラグを立てているのか。

・第28話 時をかける風森さん
風森さんが熱望していた風を操る……ではなく、未来シミュレーターを大機が完成させる。未来10年分の経験をした風森さんは、すっかり人当たりが丸くなってしまい、クリエイティ部メンバーは戸惑う。そして一番の衝撃は、10年後には田中が死んでいるということ。田中の死を回避するための作戦が始まる。なんだか、シュタインズ・ゲートのような展開に。あと、話の途中で蛍樹が急に制服のベストを脱いでいるのが気になる。※未来シミュレーターを装着した風森さんの枕代わりにしていた。(winglet さん情報)
辛辣な土和さん
ちょっと毒を吐く土和さん

・第29話 未来の風森さん
風森さん(大人)が語る田中の死の真相。それぞれのリアクション、及び10年後にどんな職業に就いているかという、未来情報が面白かった。そして風森さん(大人)は、シミュレーション上で自分の人生を全うさせてほしいと願い出る。大機はスンナリ了承するが、他のメンバーはデータ上のことと割り切れない。その解決方法とは……? なんか、えらく破壊力の高い新キャラ・音無森さんを登場させた後即、野に放ってしまったけど、どんなときに再登場するんだろう?
真剣な土和さん
真剣な土和さん

・第29.5話 風森さんの門限
いろいろあって夜遅くなって(夜9時前)ので、風森さんが家に電話を入れる。そのとき、田中が音無森さんの隠された事実に気がつく……! あと、未来シミュレーターに記された『AHO』マーク。HOは『Hatsuhiko Ohki』の略だと思うんだけど、Aは何なんだろう? 発明はinventionだし、開発はdevelopmentだし。

・神と犬と山下のスピ―シーズドメイン板
今回は海編ということで水着で登場した山下だったが、音無森さんの風圧によって全裸にされてしまう。巻を重ねるごとに露出度が上がりっぱなしだけど、次巻はどうするの?

・巻末オマケマンガ
クラスメイト達について語っているコマで、太ったおさげの女子が「背中と名前は」と言っているけど、誰だコイツ!?
クラスメイト達
誰だ、こいつら?








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/04/10(日) 17:47:29|
  2. スピーシーズドメイン
  3. | コメント:2

コメント

蛍樹のベスト脱いでることについて件のシーンをよく見返してみると未来シミュレーション中の風森さんの枕代わりにベストのようなものが巻かれて設置されてますよ
  1. 2016/05/04(水) 00:52:31 |
  2. URL |
  3. winglet #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 蛍樹のベスト脱いでることについて件のシーンをよく見返してみると未来シミュレーション中の風森さんの枕代わりにベストのようなものが巻かれて設置されてますよ
114P2コマ目で確認できますね。夏服なので男子勢は脱ぐことができず、土和さんは小さく、羽井さんは脱ぐのに時間がかかりそう。みたいな感じで、蛍樹だったんですかね。

コメントありがとうございました。
本文を修正しました。
  1. 2016/05/04(水) 05:32:08 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad