晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

テラフォーマーズ 第16巻の感想



テラフォーマーズ第16巻の感想です。表紙は“人類の到達点”ジョセフ・G・ニュートンです。


・第152話 THE GUARDIAN RANGERS 守護戦隊
フロンティア・スピリット号に乗っていた人物。1人目は、ダニエル・アーサーJr.。元大佐ということなので、米軍出身ということか。かなり熟練の銃使いとのことだが、ジョセフもやった左右の眼球を別々に動かすのは、訓練の末に会得した技術なのか? MO手術で得た能力なのか? そして2人目は、燈が育った児童養護施設の院長の息子であり、膝丸神眼流免許皆伝の腕前を持つ草間朝太郎だった。これで、少なくともFS号が張った対空シールド内のメンバーの生存は確定か。あとは、幹部4人とアレックス&八重子をどう回収するかだが、頼みの綱のジョセフにアリタケの胞子が……。
振り返るオッサン3人
振り返るオッサン3人

・第153話 THE OUTSIDER 闇の傭兵たち
まず、朝太郎とダン中尉が所属し、フロンティア・スピリット号を飛ばした組織が、一郎が立ち上げた“個人から国家まで衛る”民間警備会社『一警護』だということが判明。FS号のエンジンを提供してもらうためのパイプ役として、六嘉がドイツにいたということが分かったが、例の蛭間家風の男は逆にヨソに情報を流すスパイのような存在という感じ。まさか名門・蛭間家の中でも裏切り者がいるとは。無事に八重子とアレックスも合流でき、ミッシェルら12人はFS艦内に入れたので生存確定か。しかし、草太郎とダン中尉の背中にあるマークは、どうやっても『一の紋』には見えないんだけど、どういうデザインなんだろう? 『2』じゃん。そして、同時期発売の小説版のタイトルを使うというのも、ニクイ演出。
脱出ポッド3段落ち
脱出ポッド3段オチ

・第154話 SILENT JEALOUSY 知りたいと願う心
いまだ戦闘中の幹部たちを、フロンティア・スピリット号は1時間だけ待つことに。そして、凱将軍のアリタケの能力により意識が混濁するジョセフは、過去のことを思い出す。彼は、兄弟の中でひとりだけ親が違う(父親よりも鼻を少し低くするために選ばれたアルバニアかリトアニアの娼婦が母親)ことに、強いショックを受けサッカークラブの練習を休んでしまう。そんなときに話を聞いてくれたのが悪友のジャックと“ミッシェル”という名前の女性だった。しかし、ジャックは何らかの罪を犯して逮捕されてしまう。これが、ジョセフにどんな影を墜とすことになるのか……。それから、オマケページのジョセフ父は、こち亀の中川父のパロディってことでいいのかな?

・第155話 AN ORDINALY ABNOMALITY 愛が全てなら
ジャックは、ミッシェルに暴行した教師を殺してしまい、逮捕される。傷心のミシェルに対しジョセフが投げかけた言葉は……。つまり、本当の母親を知らずに育ったジョセフが周りの人間すべてを買収し、ジャックとミシェルの間に『本当の愛』があるのかどうか確かめた。ということか。そして、火星でもこれまで隠していたジョセフの本心が発露する。『おれ』に“悪”と“害虫”というルビが降られたということは、黒幕確定かな。そして、奈々緒への愛を貫いていた小吉は、ジョセフにとって憎悪の対象であった様子。この2人の激突が火星最後の戦いとなるのか。しかし、小吉は左腕を切り落とされてしまう。スズメバチでは四肢の再生は不可能か……。あと、ジャックの名字がスミレス(ロシア大統領と同じ)で、アメリカで宇宙関係の職についていること、ジョセフの息子がいるということは、来たる地球編への伏線かな。
ジョセフ激白
ジョセフ激白

・第156話 ELECTRO HEART エレクトロハート
暴走したジョセフの相手をする、幹部3人。しかし『殺す』という決断ができないため、アシモフは目を潰され(即復活)、小吉は脇腹を刺されてしまう。なんとか、劉が燈の残したカマキリの刃+カイコガの糸の武器を使って毒を流し込んで脳を麻痺させ、正気を取り戻させる。だがジョセフは、九頭龍から放たれたビームを『電撃バリア』で弾き、小吉たちに戦いの続行を望む。身体が再生して電撃を操ることが可能ということは、再生中のエヴァの細胞を何らかの形で取り込んだということか? だから122話でエヴァは「何か大事な事を……忘れている気がする……」と言っていたワケか。

・第157話 RAZOR-BLADE 鋼の刃
ミッシェルへの想いや、本来は幹部たちを火星で秘密裏に始末する計画だったことを、ジョセフが語る。もはや、悪役としての立場を隠す気もない感じ。燈を『不純物』扱いし、それを助けた一郎へも激しい敵意を向ける。この辺の決着は、地球編でつけられるか。そして、アシモフの専用武器を借りて左腕にハチとカニのキメラアームを腕を再生させた、小吉とジョセフのタイマンが始まる。しかし、脳天にスズメバチの針をブッ刺されても「ニイィ」と笑う相手を、どうやって倒せばいいのか分からない。アナフィラキシーショックすら克服してしまいそう。

・第158話 THE RIGHT SINNER 気高き罪人
ジョセフは、幼少のころから鍛えられた『ボディ・イメージ』や『反応速度』を持って戦うが、小吉は絶え間なく鍛錬し続けてきた空手の技で優位に立つ。だが、ジョセフはそれすらも一連の攻防の中で「覚えた」とのこと。小吉の“勝ち目”はどれくらい残っているのか? それからラストで小吉が奈々緒を背負って戦うのは分かるけど、ジョセフがアレクサンドル・G・ニュートンから「おまえが人類を導くのだ」と言われているのには、若干の違和感が。この2人は年齢的に話す機会とかあったのかな?
小吉 金的
ナレーションにナレーションがカブる演出、ひさしぶり

・第159話 LOVE AND CURSE 愛と呪い
小吉の打撃に対応するため、ジョセフは大剣を捨てて近距離での打ち合いに。そこから、156話で自ら切り捨てた腕を利用しての電撃攻撃を浴びせる。ジョセフは心臓を狙ったものの、当たったのは小吉のこめかみのあたり。そこは電気刺激を受けると『聖なる幻覚』を見るポイントだった。小吉の眼には、奈々緒との約束の桜の木が映る……。ジョセフも驚くこのタイミングからの怒涛のラッシュがさく裂するッ!
小吉ラッシュ
小吉ラッシュ!

・第160話 APHRODITE 女神
小吉の左正拳で勝負アリかと思われたが、そっちの腕はアシモフから借りた専用武器で無理矢理再生させたものだった。ここにきて限界が来て崩壊してしまう。その隙を突き、ジョセフは磁力で剣を引き寄せ、小吉の心臓を貫く。バグズ1号メンバーの幻覚を見て、もうダメかというところで、劉が投じた専用武器の解毒剤(変身薬)により小吉が最後のオーバードーズを見せ、再逆転する。日米の専用武器には変身薬として使用できるものがある → 小吉の専用武器は解毒薬だけど、自分には変身薬として効く → それを横流し情報で複製したものを劉が持っていたので、それでオーバードーズ。という流れか。電撃で抵抗するジョセフの頭の中には、相反する2つの意識がある様子。2重人格なのか、それとも2人分の人格があるのか? あと「『ワクチン阻止』が目的だった」というジョセフのモノローグがあるけど、これはローマ連邦全体の意志なのか、ニュートン一族の意向なのか、ジョセフ個人の独断なのか? そして、フロンティア・スピリット号に出発のタイムリミットが迫る……。

・第161話 BY NAME その名は
小吉は、かつてティンがそうしたように、カマキリゴキの切り落とされた腕を使ってジョセフを細切れにし、壮絶な引き分けに持ち込む。でも、ジョセフは復活してきそうな気配がプンプンしている。そして、回想シーンにおいてティンという名前が『燈し火』という意味を持つことが明らかに。これは、燈の親ということでまちがいないか。つまり、4巻のバッタゴキ戦も親子対決で『バグズ2号でバッタだった奴のほうが強い』というセリフも、伏線になっていたワケか。そして、フロンティア・スピリット号は火星の大地を飛び立つが、こっそりとセルゲイさんが力尽きていたことが発覚。せめて艦内に運び込んであげればよいものを。
小吉ジョセフ決着
決着ッ!

・第162話 START OF THE YOUTH 先人の死
艦長vs1位の戦いが終わり、残された劉とアシモフは上空の九頭龍や、取り囲むゴキブリの群れに対し意地を張り続ける決意を固める。ジョセフのベース生物もまだ判明していないし、第3の艦もあるし、このまま死ぬということはなさそう。いっぽう、わずか38体のサンプルしか持ち帰ることが出来なかったフロンティア・スピリット号に乗ったメンバーは失意から涙を流すが、それをイワンがさえぎる。ここにきて、第3班がピラミッドで何をしていたかということが明らかになるのか? 『仮説②』とは!?
オヤジの意地
オヤジの意地


この巻の死亡者はセルゲイ1名で、残り20名。小吉とジョセフの生死は保留ということで。

・現在の状況
テラフォ 16巻_convert_20160321145137







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/03/21(月) 14:51:02|
  2. テラフォーマーズ
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad