晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

別冊少年チャンピオン 4月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『クローズZEROⅡ』から、滝谷源治さんと芹沢多摩雄さんです。別チャンの電子化は、まだのようです。




・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
巻頭カラー。芹沢vs漆原。周囲の予想に反し、漆原が圧倒する展開が続く。しかし、芹沢には『筒本の仇を取る』という、強いモチベーションがあった。底の知れない不気味さのあった漆原だが、急に「あ…飽きた…もう…終わり」と言ったり、急速に小物化した印象。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
センターカラー。殿ヶ谷らは、この時代の自分や芥など“必要な人材”を回収する。ムチ子とココ&ロロは姫路を追いつめるが、スモーラージ・Mの巨大化によって取り逃がしてしまう。そして、ここからが最後の戦いとなる様子。しかし、芥はまじかるゾンビを手刀で両断できるほど強くなっていたのか。

・みつどもえ/桜井のりお
2本立て。1本目は、矢部っちの部屋が事故物件だと発覚。ひとは&松岡が泊まり込みで検証に来る。2本目は、杉崎家からもらっていたルンパを久々に働かせてみるが、どうも三姉妹と相性が悪いようで……。ただ、杉崎の『真の狙い』がゲスすぎる。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
時間軸が第1話目ラストに戻る。流竜馬は早乙女博士に促され、ゲッターロボに乗り込む。敵の『不進化体』を圧倒したかに思われたが、不進化体も戦いの最中に何らかの変化が起こっている様子。次回で決着がつくか?

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
京伏はIHを辞退したが、キャプテン・藤田の働きにより“事件と関係のない1年生”は選抜チームの一員として出場できることに。もともとレギュラーだった辻と石垣が走ることになるが、結果はボロボロだった。このことで、石垣はチームを強くするためのガマンを決意する。そして2年生に。この年が、イチバンいい年ということになるのかな?

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
モヤイ像の謎は、分からずじまい。とりあえずカナメとオージは、それぞれの異能を教え合う。カナメの異能は『火神槌』という名前もついて、性能もかなり向上している様子。そして、カネヒラが直接接触を図ってくる。その真意はなんだ? そしてレーベンズメンバーは、全員でトリニティの店を訪ねる。こっちの狙いもなんだ? カナメに賭けて儲けるのか?

・百足/フクイタクミ
馬頭丸は、五番隊と九番隊の一部、そして三番隊の四人娘、業桐・散黒・死擂・芦姫を倒し、残り二十一人。今回は、バカっぽい死に方が多いのが良かった。そして、十番隊が姿を現す。強大なヤツや仮面ライダーっぽいヤツなど、一筋縄ではいかなそう。でも、最後の敵は若になりそう。

・セトウツミ/此元和津也
瀬戸と共同購入した本『聞き耳探偵ロップイヤー』が、教室からなくなったことに憤りを隠せないガッちゃんが、久々に登場。直に瀬戸にクレームを入れる。なんとか内海が間を取り持ったが、その本を持っていたのは……。『腐れ刃』の時といい、なんか樫村さんがマイナス面を受け持つ感じになっているのが気になる。

・HiGH & LOW/Team HI-AX&細川雅巳
センターカラー。大和はSDカードを返却することで、ラスカルズとの一件を収める。いっぽうダンは、ララの後をつける。そこで彼女がルード・ボーイズのリーダーであるスモーキーの妹ということだとを知る。さらに『レッドラム』というドラッグの精製現場にチハルの姿も見つける。1個ずつ対立チームを潰していくワケではないんだな。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
センターカラー。土和家でバーベキューが行なわれることに。邸宅の大きさや土和父(名前はアルティメット)の豪快なキャラ、そして土和&田中の合体攻撃と、テンションがずっと高くて最高だった。あとは、土和さんのリストバンドなどがオシャレではなく実用的なモノだったことと、土和母の胸部もアルティメットだったのが印象的。

・サンセットローズ/米原秀幸
シャドックはフィソステギアに一撃加えるものの、複数の大鎌によって船は木端微塵に砕け散る。それ以後、海に出ることをやめたチェリーは、カサバに誘われ山賊退治を手伝ったことから、山組に転向する。そして、ある年。寒波の影響でナスター・シャムが病気にかかってしまう。カサバとチェリーが山越えで薬を取りに行くことになるが、2人は超巨大な鹿“山の神”と遭遇してしまう。カサバはトラバサミにかかってしまったし、チェリーも弓も持っていないっぽい。どうやって戦うのか?

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
シリーズ全体の最終回。若い身体を取り戻し、250年分の絶望を小宇宙に変えたイティアの攻撃が、セージとハクレイを襲う。決着のつき方を含め、実にこの作品らしい締めくくり方だったと思う。単行本は、6月に発売予定。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
センターカラー。大生は球種の見極めができず、打撃練習に苦しむ。そんなときに、河川敷のグラウンドで個人練習している西宮と再会。口ゲンカから勝負することに。清丸のアドバイスもあり、いい打球を飛ばしたところで、邪魔が入る。これで攻守ともにコツをつかんだ形になるのかな。それを実戦で、どう生かせるか?
 
・One/牛口良美
読み切り。仲間に厳しいことを言ってしまったがために孤立することになった、ひとりだけの卓球部員・柘植の前に、転校生・真浄が現れる。卓球のダブルスというテーマも新鮮だし、長身のカットマンで鳥取弁を話すという真浄のキャラもイイ。46Pで2試合描いても、詰め込んだ感じにならない構成力も高いと思う。

・アクマ式ドロップ/藤田昌
読み切り。イケメンで頭もよく行動も紳士的な柊ハルだが、触れられるとゲロゲロしてしまうほど重度の女性恐怖症だった。そんな彼の前に、見習いサキュバスのアマリが姿を現す。エロコメとして話の流れも悪くないし、女キャラもカワイイのだが、全体的にポーズが固いと思う。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
ヘルカカオの焙煎攻撃によって、助川が爆発。股間が肥大化し、道祖神のようになってしまう。ゆいかが神通力を発現させ、大量のタケノコ攻撃でアリスを美人化させる。『ドブスマントルの核を破壊』ってどういう状況だ? なんか、ケベスクラブの他のメンバーとか、ケベス以外のケベスを久しぶりに見た気がする。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
無職でいるためのお金を稼ぐために、バイトする決心をした鯨井先輩(パラドックス)。このことをまず白川先生に報告しているけど、漫画のアシスタントと富竹さんのラーメン屋だけじゃ暮らしていけないんだな。







次号は大江しんいちろうと関哲朗の読み切りが載ります。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/03/14(月) 15:58:54|
  2. 別チャン 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad