晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

ヴィンランド・サガ 第17巻の感想




ヴィンランド・サガ最新刊の感想です。表紙は“復讐者”ヒルドです。

・第116話 狩る者 狩られる者③
トルフィンがカルリを背負っていたこと、エイナルが身を挺した行動をとったことで、ヒルドは弩を放つことはできなかった。しかし、クマ鍋に毒を仕込んでいたと言い、解毒薬をかけた勝負の場をセッティングする。トルフィンは、この戦いに第87話の時に考えた『最初の手段』が見つかる可能性を信じて、受けることに。この巻では、全般的にギョロだけが自分本位な発言をしているけど、コメディ・リリーフとしては立派に仕事をしていると思う。

・第117話 狩る者 狩られる者④
森の中は、ヒルドのテリトリー。狩りに必要な技術や罠を駆使して、追いつめていく。トルフィンは丸腰なので、弩の発射の間隙をぬって接近することを考える。いっぽうエイナルたちは、ヒルドが食事に毒を仕込むような悪人には見えないということで、意見が一致。トルフィンを助けるために動き出す。レイフの「怒りの向こうの真心に訴えるには真心を以てあたるしかあるまいよ」というセリフが良かった。

・第118話 狩る者 狩られる者⑤
ヒルド回想編。13歳のころのヒルドは、水の力を利用した丸ノコを開発したり、軸にボールベアリングを使う発想を持っていたりといった、大工の天才だった。あと、家のドアを重りを使った自動ドアにしているのが細かいけど、なるほどと思った。そんな平穏な暮らしを続けていたが、アシェラッド一味の襲撃によって日常が急変する。森まで逃げたヒルドと父親のフラヴンケルだが、その前に戦士・トルフィンが姿を現す……。

・第119話 狩る者 狩られる者⑥
第115話でヒルドが語った通り、トルフィンはフラヴンケルを殺害する(これが、アシェラッド一味の目的だった)。そのことに疑問を投げかけるヒルドに対し、トルフィンは「オレが狩る側でお前らが狩られる側だ ただそれだけのことだ」と答える。なんとか他のヴァイキングたちから逃げたヒルドだったが、沢に落ちケガを負ってしまう。これが原因で顔に傷が残ってしまったわけだが、それ以前は普通に美人。というか、作中トップかも。

・第120話 狩る者 狩られる者⑦
ヒルド修行編。ケガしたところを猟師の老人(師匠)に助けられたヒルドは、生きるために猟のイロハや弓の扱い方を教わる。そして、師匠の弩をモデルに、女の自分の腕力でも扱いやすい弩の制作に取り掛かる。たぶんヒルドは、食事シーンや弓の構えからして右利きで利き目も右だと思うんだけど、ケガの後遺症が残る目で狙いをつけるのは大変なんじゃないだろうか?

・第121話 狩る者 狩られる者⑧
エイナルたちが森に入ってきたことに感づくヒルド。同じく気づいたトルフィンは仲間を巻き込まないために、勝負をつける決意をする。発射位置を特定し一気に間合いを詰めるが、想定外の連射によって足に複数の矢を受けてしまう。第119話でトルフィンが言ったセリフを、ヒルドがそのまま返すシーンは、なんとも言えない気持ちにさせられる。それにしても、ヒルドが作った弩の装填ギミックはカッコいいな。

・第122話 狩る者 狩られる者⑨
エイナルとグズリーズの説得、そして父親と師匠の幻によって、ヒルドは一時的にでも怒りを鎮めトルフィンを『赦す』ことに。ヴィンランドで平和の国を作るまで監視すると言っているので、旅に同行するということでいいのかな? あとは、175Pの「『心を改めました』で何もかも丸く収まると思ってンのか!? そんな簡単な手続きで過去が帳消しになるんだったら この世は悪党どもの天下だ!!」というセリフが、この巻の中でイチバン印象的だった。


ヒルドって、エイナルのことを「デカいの」って呼んでるけど、ヒルドの父親もデカいじゃないですか? 女の子って父親に似たタイプを好きになるって言うじゃないですか? しかも、異性との交流も限られていたじゃないですか? 将来的にエイナルとどうにかなりませんかね?






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/01/24(日) 12:13:43|
  2. 幸村誠/ヴィンランド・サガ
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad