晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

ヤングキングアワーズ 2月号の感想




ヤングキングアワーズ2月号の感想です。表紙は『蒼き鋼のアルペジオ』から、コンゴウさんです。



・マーチャンダイス/大石まさる
新連載巻頭カラー。地球から家出をし、一獲千金を求めて火星にやってきたマチコ。読み切り版にも登場した御曹司のトランプをガイドに、地球では絶滅した蘭の種を探す。これからも、マチコ&トランプコンビが中心になるの。それとも、マーチャンダイスの住人たち、それぞれにスポットが当たっていくのか? あと、カラー絵のレベルアップがとどまるところを知らないな。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
ナチを沈めた超重力砲の下を通って、401はコンゴウの背後へ。そこからメタンハイドレートを使った作戦を実行し、空間に固定したところで『セイラン』による浸食魚雷爆撃を行う。単行本11巻の表紙は、この伏線か。しかしコンゴウも、最後の力でマツシマを撃ち抜く。まだイセは無傷だろうし、戦いは終わらないか。

・聖骸の魔女/田中ほさな
“豊かな街”として知られるアッシジに到着したニコラたちだが、そこは『暴食の魔女』アマラに支配されており、飢えた人であふれていた。アマラが用意させた料理に、手をつけてしまったエゼルは戦わざるを得ないか。ラストの向かい合った様子を見るに、アマラはかなり背が高いな。

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『TAKAMI SAKURAGI』です。バタフライナイフを持って、階段でローラーブレードを滑るという、危ないことをしています。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
センターカラー。みかっちさんの友人宅へ行き、問題の市松人形の写真を見せてもらう。そこから師匠の写真ウンチクが炸裂し、実際の人形が姿を消していることに気づく。さらにみかっちさんの絵も消失し、他のサークルメンバーには、その絵の記憶すらないという……。ここ最近で、トップのオカルト度だな。

・それでも町は廻っている/石黒正数
今回は、初期とは性格というか人当たりが変わってきたタッツンの話。でも、涼ちんとユキコ、涼ちんとタッツンという初顔合わせの対比が面白かった。

・鬼を飼う/吉川景都
今回は、三条ら特高部調査二係・奇獣隊“夜叉”の様子を描く。どうやら四王天は、なんらかの不穏な奇獣を隠し持っている様子。それが、今後の物語の中心になってくるのか?

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
森コン参加のために、彩花の地元に来た麻弓さん。さっそく、サルや彩花両親に翻弄される。そして、父親(目出し帽を装備)と言い合いの末、彩花も森コンに参加することに。あと、ツネコがLINEで『接節動物』って間違えて打っている。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
産休に入ったサチコ先生の代わりとしてやってきた、環八郎先生(カンパチ先生)。しかし、授業では空回りしてしまい、生徒からのリアクションもイマイチ。そこで、アオバ自転車店にやって来るが……。新しいセミレギュラー登場といったところか。

・球場ラヴァーズ3-2/石田敦子
最終回。プレミア12での、日本まさかの敗戦を受け、人生に『絶対』はないと感じる実央。いちどは断った“赤い帽子の人”由宇との再会を自ら申し出る。ラスト4ページはカラーで締めくくられているのだが、その最初が見開き半分だけカラーで、作画が大変そうだと思った。

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
激しい勝負の末、沖田の突きが決まり八郎は敗れてしまう。惣太郎と周斎、八郎とのそれぞれのやり取りが良かった。次回からは、新章かな。

・スピリットサークル/水上悟志
鉱子とフルトゥナの最終決戦が、火ぶたを切る。風太の頭の中で、風太(意識)の後ろに、フォンやラファルたちが集まってくるのが良かった。そして、戦いの最中かかってきた電話で、死ぬと思われていた風太の弟が無事産まれたことを聞かされる。しかも双子! どこで、運命が変わってしまったのか?

・真・一騎当千/塩崎雄二
南陽学院に刺客がやって来て、いきなり魯粛の両腕をぶった切ってしまう。その正体は、六波羅高の山田朝右衛門。“首切り朝”相手に、孫権が戦えるのか?

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
投獄されたリュウマは、かつてリュウマの弟子だったオリビアの領主と知り合い、民衆との絆の深さを知ることになる。そこには、ボス子の影響があったようで、次回は回想編かな?

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
今回は東京駅を舞台に、テレパシーを駆使してデラさんと石黒Pが出会えるか!?という実験をする。しかし結果は……。これ、石黒Pのほうは、デラさんの行動をプロファイリングしてやったほうが出会えた気がするけど、そうしたらテレパシー実験にならないしな……。

・変身少女A/朔坂みん
かんなが、元魔法少女仲間であり現女優の黄井たんぽぽ(イエローエッグ)さんと再会する。しかし、拉致監禁され、その強烈な性癖にサタナスも巻き込まれてしまう。しかし、ホットケーキミックスは、かんながレモンミルクだったんだから、黄色成分が多すぎやしませんかね。

・アオとハル/しおやてるこ
最終回。自分を育ててくれた、入院中の祖母の顔を見たアオは、ハルと別れるという辛い選択をする。単行本は、3月に“真の最終回”を収録して発売されます。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
フーシェとタイユランが接近したことに腹を立てたり、ベルティエが作戦を読み違えるミスをしたり、フランスに反戦ムードが高まったり、ナポレオンにイライラが溜まっていく。ひさしぶりにマッセナ(戦術アイコンだけど)を見た気がする。

・ドリフターズ/平野耕太
オルテ軍で唯一殺されなかった“童貞人間”ことミルズの視点で、辛い実務作業の様子が語られる。そして、序盤で豊久たちが住んでいた廃城が、実はかなり大きなモノである可能性が浮上する。建物も漂流するの!?





次号から、竹山祐右の新連載がスタート。そして、ナポレオンが巻頭カラーということは……。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/12/31(木) 15:32:10|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad