晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

週刊少年チャンピオン 2+3号の感想



チャンピオンの感想です。表紙とポスター、グラビアはHKT48/AKB48の宮脇咲良さんです。



・木曜日のフルット/石黒正数
単行本発売記念巻頭カラー。クリスマス一色に染まる街並みには、サンタによる洗脳作戦が隠されていた。緑のウッドロウが気持ち悪い。あと、サンタたちはイタリアに行ってしまったけど、メキシコやハンガリーにも何人か行っていないかな?

・ハリガネサービス/荒達哉
巻頭カラー。学校行事で、全長27キロのコースを歩くウォークラリーが行なわれる。息抜き&1年生の結束回という感じなのだが、間白が受けた部対抗レースはどうなったんだ?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
中田さんが、緊急帰国した本田スカイウォーカーと再会し、暗黒面に堕ちる。いつもと全く違う、毒舌全開な様子が良かった。

・刃牙道/板垣恵介
いよいよ徳川さんが武蔵vs本部戦にGOサインを出そうかというところで、ガイアが本部の弟子になっていたことが明らかに。この流れだと、どうしたってガイアが先に戦う展開になりそうだけど、ガイアも『武器』と考えて、2対1の展開に持ち込めないものか。

・弱虫ペダル/渡辺航
小鞠過去編。家の教えから、自分の感情を押し殺してきた小鞠だったが、人の筋肉に並々ならぬ興味をいだくようになり、自転車競技施設に通うようになっていた。そこで出会った御堂筋に言われ、自分の中に隠してきた感情を爆発させる。この話の小鞠は中2だけど、ここまで本格的なスポーツをしてきたような描写がないのに、約2年後のIHで活躍できるレベルまで持っていけるものなのか?

・侵略!イカ娘/安部真弘
磯崎が髪を黒く染め、草食系男子になることを宣言するが……。ただ、磯崎にスポットを当てるくらいなら、鮎美ちゃんメインでも良かったんじゃ……という気もする。

・少年ラケット/掛丸翔
センターカラー。シゲからイチローへの説明という形で、表ソフトのラバーの特性を説明する。それを受けてハリーは、ロッキーにレシーブさせないほど複雑な回転をかけたサーブを打つ。ボールに触れればロッキー、触れなければハリーという展開か。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
モンゴルから帰国し、荒れた状態のまま横綱戦を迎えた蒼希狼は、あっさりと敗北してしまう。圧倒的な力量差を感じ、再び心がマンホールの底に落ちていく……。

・聖闘士星矢ND/車田正美
教皇の間を抜けたアテナだが、毒蛇に噛まれてしまう。間もなく復活する蛇夫宮にいるという、オデッセウスにしか助けることはできないと言う。このオデッセウスが、蛇遣座の黄金聖闘士なのか?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
センターカラー。今回は、ジョン目線で日常の様子を描く。ドラルクが洗濯機から排水されそうになる緊迫感が良かった。あと、今回依頼に来て砂ドラルクをこねようとしたお姉さんは、再登場するのかな?

・実は私は/増田英二
婚活衝動に目覚めた紅本先生が、体育祭の競技を制圧していく。昔のように鬼の形相で対抗しようとする桜さんだが、黒峰たちのサポートを受け、改めて今の自分で立ち向かっていく決意をする。そして最終決着は、空中に浮かぶ天空独神城での騎馬戦となる様子。※このマンガは、ラブコメです。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
アルプスとポジションを入れかえた大前田の素晴らしいフィールディングで、足利のセーフティーバントをアウトにする。続く打者は、里中。ここから岩鬼 → 殿馬と続く(かもしれない)対決は見ものだな。

・百足 番外編/フクイタクミ
単行本発売記念の出張版。4ページの、本編のイントロのような内容。

・囚人リク/瀬口忍
レノマが脱獄に失敗し死んでしまったと思っている、ダブルドラゴン・クロスのボス代行のマリア。対抗チームに押されて勢力が弱まっていたが、真っ直ぐな心を持った少年が届けた手紙から、光明を見出す。外からも極楽島に揺さぶりをかけるのか。

・BAD BROS/藤井良樹&佐藤周一郎
村越兄弟は、野人が倒した醍醐に加え、元球児の倉田、泥棒のカジケンを加えた5人で『究極三角』という賭け三角ベースをすることに。投手+野手4人という布陣なのか、それとも捕手を置くのか? あと、背番号2、3、5、9がいないので、やはり追加メンバーはいるのかな?

・AIの遺電子/山田胡瓜
ヒューマノイド最大の資産家のロジャーは、頭脳を拡張していたために、妻が暴漢によって殺されてしまった記憶を忘れることができずに苦しんでいた。その治療に須堂が呼ばれる。作中では特にふれられていないけど、現場に居合わせた娘はどうなったんだろう?

・劇場霊/加藤淳也・三宅隆太&タカヲヨシノブ
舞台のゲネプロが行なわれる日、沙羅と和泉は20年前に娘2人を「人形に殺された」と言っていた、人形作家の児島敬一郎と会うことに。どうやら人形のモデルは、3人目の娘の様子。次回は過去編か。

・Gメン/小沢としお
なんだかんだで、バイトを満喫する。しかも勝太は、香さんが自分に気があると思い込んでしまう。失敗に終わるのは当然としても、リサがブチ壊すのか、カナあたりが来るのか?

・ニコべん!/角光
それぞれ利益を見出した伊調さんと荒沢先生によって、弁当部が動き出すことに。鳥田、多部ちゃん、そして梅宮さんを部員に部活スタートかと思いきや、校長を満足させる弁当を作ることが『ニコ弁部』発足の条件とのこと。いかにもな強面だし、これまで通りの弁当じゃ難しいか。

・スメラギドレッサーズ/松本豊
まりあが着たレンゴクドレスの能力は空間破壊。頭をなでたいかなでとの間合いの攻防に加え、ライメイロードの使い方など頭脳的な戦いが展開される。やや、かなでが押されているという状況で、まりあはドレスキルを使う様子。苦しい戦いが続くな。

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
黄多川さんのオジサンが『十二人委員』に関係があるのでは?とニラんだ蛍だが、怨念による病状が進行して手が出せない。そこで桃園さんの力を借りようとするが……。404Pからの怒涛のラストの勢いがスゴイ。思わず、当初の目的を忘れてしまうほど。

・マジカロマジカル/鈍速毎日
荒ぶるヒカルに対し、雫は自分たちの仲間になってほしいと言う。その笑顔に恐怖したヒカルは橋から飛び下りてしまう。本編の緊迫感にくらべ、単行本広告がエロすぎる。

・木曜日のフルット/石黒正数
2本立ての2本目は、いつもの巻末に。人類初のコールドスリープから目覚めた男だったが、実験は失敗だったと言う。そのココロは? 作者の姉萌えがつまった内容。



合併号なので、次号は2週間後の発売です。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/12/11(金) 16:52:36|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad