晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 1号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は『聖闘士星矢ND』から、フェニックス一輝さんです。



・聖闘士星矢ND/車田正美
連載再開巻頭カラー。ポスターカレンダーが付録に。カラーページでは、これまでのストリーの振り返りなど特集記事が。一輝が獅子座のカイザーに、信念と覚悟の強さを見せる。という内容なのだが、長い休載期間を経てもボール状にからまったままのデストールのインパクトが大きい。

・弱虫ペダル/渡辺航
小鞠のサングラスは視界を限定するモノではなく、光の乱反射を防ぎ、よりクリアに筋肉を観察するためのモノだった。泉田との差を一気に縮めたところで、御堂筋が小鞠と出会った時のことを思い出す。次回は、回想編か。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
子供たちに、吸血鬼用防犯グッズの使い方を教える仕事に来たロナルド&ドラルクだが、そこに第1死に登場した『キックボードのガキ』がいたことで、命がけの逃走をすることに。ちゃんと『新横浜少年退治人隊』のシンちゃんもいるというのが、芸が細かい。

・刃牙道/板垣恵介
勝負を台無しにされ、勇次郎はブチ切れ。そのまま勝負は流れてしまう。そして、次に武蔵と戦うのは、その本部となる様子。ついに実力が明らかになるのか?

・死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々/阿部共実
出張読み切りセンターカラー。単行本にも登場する、モテない佐々木27歳のフリップ芸につき合わされる坂本君。という、いつもの構成ながら、今回は佐々木の全盛期である中学時代の姿が明らかに。しかも、来週更新されるタップ!のほうにも登場するということで、完全に作者のお気に入りキャラだな佐々木は。

・ハリガネサービス/荒達哉
vs竜泉戦のエピローグ。監督や応援していた人含め、それぞれの感情が描かれる。しかし、本命はインターハイではなく春高だったとは。雨竜監督は、あなどれないな。そして下平は、あくまでも自分のサーブはまだまだだと考える。さらなるバケモノになっていくのか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
和江が風邪で学校を休むことに。残った民子と静香は、思いっきり学校生活をエンジョイする。それでも最後には、ちゃんと顔を見に行くのが良かった。

・実は私は/増田英二
さくらさんの告白を賭けた?体育祭がスタート。白神さんらの活躍もあり、3年1組は順調に得点を伸ばしていく。しかし、ここに来て、遅れていた紅本先生が姿を現す。ついに、地球上のオスすべてを恋愛対象とした独身女性を止める術はあるのか? 地球の命運がゆだねられた戦いは、次回に続く……ッ!

・囚人リク/瀬口忍
田中が、カッコいいポーズを連発しながら、パイプスペースを使った脱獄計画を説明する。しかし、天野は『命の選別』の方に行動を起こしてしまっている。ひとり取り残される形になってしまうのか?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
モンゴルに帰国した蒼希狼は、サエハンたちが死んでしまったことを知る。しかも、自分がやろうとしていた学校建設の資金を、横綱(モンゴル出身)がアッサリと出していたことを知り、心が折れてしまう。ここから、現在のようにやさぐれていったのか。

・AIの遺電子/山田胡瓜
須堂は休院し、南の島へ。人間社会になじめずに、身体を人魚風に改造し南の海で暮らすヒューマノイドのメンテナンスをする。今回明らかになった『モッガディート』という須堂の別名と、あくまでも脱がない黒のタートルネックの秘密が気になる。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
アルプスのファールチップギリギリの打球に、山田が飛びつきアウトにする。しかし、アルプスと山田のイメージの中に登場した覆面レスラーのデザインが気になる。そして、10回裏のマウンドに登った水原だが、ベンチ前のキャッチボールはせず、投球練習も山なりのボールを3球投げただけ。どんな考えがあるのか?

・侵略!イカ娘/安部真弘
海の家れもんに、爆破予告がッ!! メモの謎を解こうとするイカ娘たちだが、真相は……。253P下段で驚いた表情の、栄子がカワイイ。

・BAD BROS/藤井良樹&佐藤周一郎
兄弟の身柄を5億8000万で買い取った、爆狼連合総長の浅野忍が姿を現す。そして、2人に賭け野球トーナメントへの出場を要請する。まぁ話の流れ的に断ることはないだろうから、残り7人のチームメイトがどんな人間かというのが、ポイントになっていくか。

・少年ラケット/掛丸翔
ハリーは、様々な種類のサーブを打ち分けることで、相手が対応できにくくなる = 魔法を使う選手だった。対する轟木は、幼少期から培ってきたボクシングの技術を生かして、強烈なスマッシュで対抗する。また、カッコいいサブタイトルの出し方をしてきたな。

・劇場霊/加藤淳也・三宅隆太&タカヲヨシノブ
エリザベート役を上手くこなせない沙羅は、稽古終了後に人形(頭部)に過去の映像を見せられたり、人形(体)が動くのを目撃する。が、他の役者やスタッフからはオカシクなったと思われてしまう。孤立したところで、また人形に襲われてしまうのか?

・Gメン/小沢としお
クリスマスまでに彼女を作りたい勝太たちは、瀬名が働いているカフェでクリスマスケーキ販売のバイトをすることに(時給2000円)。そこの同僚、佐藤香さんとどうやって仲良くなるかが、今回のテーマか。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
試合が終わり、それぞれのやり取り。蛮堂の言葉に涙を隠せない桃ちゃんが良かった。そして、このタイミングで来年2月まで休載との事。別チャンのほうに集中するということかな。

・ニコべん!/角光
意を決した伊調さんは、梅宮さんに手作り弁当を食べてもらおうとするが、白米の上にニンジンをハート形に並べただけでは、断られてもしかたない。典道が弁当作りを教えることになるが、そこにアラサー女教師の荒沢先生も巻き込む形で『弁当部』発足の流れになりそう。弁当部は、サブの作品でも扱われたなと思ったけど、あの読み切りってもう4年前なのか。

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
黄多川さんのお願いで『霊感少年』と噂の人物に会ってみた蛍だが、あっさりとサギであることを看破する。しかし、そこから黄多川さんの伯父が、十二人委員会に関与してくる可能性が浮上してくる……。しかし、ブラなしパンイチなのに、あまり蛍にエロさがない。

・スメラギドレッサーズ/松本豊
ただでさえ、強力な攻撃に圧倒されるかなでだが、まりあはレンゴクのドレスを着る。隊長格の戦闘力にドレスの力が加わるとどうなるのか? そして、みうみうによって主人格がまりあの方であることも明らかに。ピンチの状況が続くな。

・マジカロマジカル/鈍速毎日
ヒカルの雷撃→重力操作の攻撃で雫がピンチに。何とか守ろうとした狼一が切ったサボテンが、はじめてヒカルにダメージを与える。これは、ヒカルが心を取り戻したからなのか? 先週のアオリが『クライマックス』で今週が『最終決戦』。終わりが近いのか。

・木曜日のフルット/石黒正数
小学校の避難訓練を見学する鯨井先輩。その実践的な内容に、驚くが……。この小学校は「よーいドン」のタイミングをずらしていたのと同じ学校かな? 次週は巻頭カラーです。




次号は『百足』の出張読み切りが載ります。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/12/04(金) 15:21:14|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad