晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

週刊少年チャンピオン 51号の感想

チャンピオンの感想です。表紙、グラビア&ポスターは、AKB48の島崎遥香さんです。



・刃牙道/板垣恵介
2週連続巻頭カラー。武蔵の奥義というのは『無刀』だった。これまでも、刀を持たずにイメージ斬撃をくり出してきたけど、それとの違いはどのへんにあるのか? あと、カラーページで勇次郎の戦績が『全勝1敗』と紹介されていたけど、日本語としておかしいと思う。

・ハリガネサービス/荒達哉
朧の活躍により、竜泉はどんどん点差を縮めていく。ラストの息子の笑顔 → 母親の涙なんて、敵側でやるのがもったいないほどの感動演出。あと、今回モアイ顔の3番が『田代さん』と呼ばれていたけど、自分のメモだと『田原』になっている。

・劇場霊/加藤淳也・三宅隆太&タカヲヨシノブ
新連載センターカラー。駆け出しの女優・水樹沙羅は、ある舞台に出演することに。そこで使われる人形の呪い(?)によって、小道具係の絵里子が謎の死を遂げる……という出だし。カラーページの情報を見るに、沙羅とスタッフの和泉で謎を解いていく感じか。タイアップだし、単行本1巻くらいの短期連載なのかな?

・弱虫ペダル/渡辺航
ジッパーを閉めた泉田が、トップスピードで小鞠を抜き去る。そして、回想編へ。代々箱学のキャプテンは、クライマーかオールラウンダーが務めてきたということで、スプリンターの泉田の主将就任に難色を示す部員が出始める。本人も黒田に役目を譲ろうとするが……。ここで葦木場が動くが、確かに他のIH出場メンバー(真波、銅橋、新開弟)は、こういうときに頼りにできないな。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
風邪をひいた花丸木が全裸で街を歩いているところを、椎名弥生ちゃんが保護。家にあった猿の着ぐるみ風の服を着せる。相手の服を脱がせつつ「動かないであたしが抜いてあげるから」というところだけをピックアップすると、ドエロい。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
周囲の批判はありながらも、順調に勝ち進む蒼希狼。しかし、モンゴルでの金庫番サエハンが不審な動きを見せ始め、ついには姿を消してしまう。このまま、送られた金を持ち逃げ、他の仲間もドン底生活に逆戻りという感じか。あと大山道の賞金講座がタメになった。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
久しぶりに登場した武々夫が、ロナルドに女を紹介してもらおうとする。今回は、いろんな女性キャラ(ヒナイチから半田母まで)が登場して面白かった。貧乳を責められて、ほっぺたを膨らませているヒナイチがカワイイ。

・少年ラケット/掛丸翔
練習試合の相手、桃田西中に行く森原中卓球部。そこで待ち構えていたのは『ホームズ』の異名をとるキャプテンの男。相手の情報を犯罪スレスレのレベルで調べ上げるという。つまり、イチローが知らないイチローを知っている可能性もあるワケか。

・実は私は/増田英二
センターカラー。東洋太平洋痴女王者になった獅穂が、改めて嶋にリベンジしようとする。が、順調にフラグを立てていく結果に。すっかりマネージャーのようになっている凛ちゃんがカワイイ。

・囚人リク/瀬口忍
内海が作ったトランプの絵札にはレノマたちが描かれ、リクはジョーカーだった。原田は脱獄のサポートだけではなく、内海を止める役割も担う形になっていくか。そして、天野と松尾の決裂も決定的なモノになっていく。周龍は、通路でなにを見つけたのか?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
水原は、ドリームボールを解禁。長島に続き、義経、賀間も三振に切って取る。そして試合は、延長戦に突入。両チームとも、コレっていう決め手を欠いている感じがするな。

・AIの遺電子/山田胡瓜
ヒューマノイドだけでなく、ぬいぐるみに搭載された人工知能の修理も請け負う須堂。しかし、直ったはずのぬいぐるみが、持ち主の知らない人物のことを話し始める。相変わらずストーリー構成は上手いし、ぬいぐるみに嫉妬する母親の心情も、最後の墓参りのシーンも良かった。

・侵略!イカ娘/安部真弘
特撮番組の敵役扱いされたイカ娘は、ヒーロー活動をしようとするが、上手くいかない。そもそも、倒すべき敵が千鶴では……。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
蓬莱の打球は、バックスクリーン直撃のホームラン。蔡理が1点差と詰め寄った状況で、打席には愛の炎を全身に纏った蛮堂が入る。それぞれ、味方の思いを背負った之路との対決なのだが、國尾がシレッと桐湘サイドに紛れ込んでいるのが見逃せない。

・Gメン/小沢としお
vsクロスボーンが決着。烏丸らは勝太の主張を受け入れ、これまでの罪を償う決心をする。さわやかな幕切れだった。次回からは、新章か。

・BAD BROS/藤井良樹&佐藤周一郎
野人は限界まで腕をひねり、通常とは違う軌道の逆宜野座カーブで、醍醐を打ち取る。そして、地下牢で甲人と再会する。ここから、どういう運命が兄弟を待っているのか?

・ニコべん!/角光
間違ってゲタ箱に弁当を入れられた伊調さんは、女の子同士の恋愛OK(しかも梅宮さんがドストライク)という人だった。事前に弁当を梅宮さんのゲタ箱にもどし、昼にはそれを食べる様子をのぞき見る。長い目で見れば新しい弁当仲間なんだろうけど、現在進行形の球技大会の問題にはどういう関わり方をしてくるのか? 今週のパンダは、メモの四隅に。

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
町内子供肝試し大会で、オリジナル怪談を披露した蛍。そこに登場した『頭が3つ腕が7本の怪物』が、肝試し中の子供に目撃され、現場には死体があった。しかも、その夜には子供の部屋にも侵入する。被害者と交際相手の2人の男が、何らかの形でひとつの霊体になっているんだろうけど、どういう形で解決するのか?

・マジカロマジカル/鈍速毎日
これまで失っていた感情を取り戻しかけた、ヒカルの感情が暴走する。いままでに関わってきた魔法使いや怪物の能力を使い、攻撃してくる。狼一は能力のコピーと予想しているが、なんて言うか『触れた相手の心の象徴』みたいな感じなんじゃないかな?

・スメラギドレッサーズ/松本豊
友達のりかと戦うことができないかなで。みうみうの策略でバラバラにさせられてしまった梨谷さんは、なぜかゲス山と協力し、りかとまりあが入れ替わる秘密を突き止める。次回からは、かなでの反撃が始まるか。みうみうvsツカサというマッチアップも楽しみ。

・羽恋らいおん/石坂リューダイ
桜華のスマッシュが決まり、レオは敗れる。そして、星佳高も敗退してしまう。ショックを心配した八千代さんだったが、レオは以前にも増して激しい練習をしていた。次回、最終回とのことです。

・木曜日のフルット/石黒正数
『狂闘先生!』から失われたハードボイルド感の取材のため、フルットの後をつける鯨井先輩と白川先生。ただ、ネコ耳帽子を被る必要はなかったと思う。カワイイけど。





次号は、読み切りとか新連載とかはナシ。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/11/20(金) 13:34:25|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad