晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 48号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は『刃牙道』から、範馬刃牙さんです。なんかパチパチしています。グラビアと袋とじフォトブック、および出張お悩み相談コーナーは、AKB48の峯岸みなみさんです。



・BAD BROS/藤井良樹&佐藤周一郎
新連載巻頭カラー。西東京予選準決勝で、全打席本塁打を放ち、天才打者として注目を浴びる村越甲人。しかし、決勝戦の前に行方不明になってしまう。『兄弟で甲子園制覇』という約束をしていた弟の野人(やひと)は、2年後には廃墟で賭け野球をするところまで落ちぶれていた。が、そこに現れた関東最凶の半グレ集団『爆狼連合』の堂守輝光により、変わり果てた兄の姿を見せられる。どうやら、野球を武器に戦うバトル物みたいな感じになっていきそう。しかし、野人が対戦した打者が『野球賭博で逮捕された過去がある』って、タイムリーだな。

・刃牙道/板垣恵介
センターカラー。刀を握ったまま武蔵に打撃を浴びせ、吹っ飛ばされるのに合わせて移動する勇次郎。武蔵が刀を振ろうとしても、それに対応してみせる。どっちも負けさせるわけにはいかないと思うけど、どういう決着にするんだろう?

・弱虫ペダル/渡辺航
スプリントリザルトに向けて、箱学は泉田が出る。京伏は御堂筋が出ようとするが、そこに小鞠が割り込んできて、フランクを鷲掴みにする。というわけで、この2人の対戦ということになりそう。ここまで、筋肉鑑定士でしかなかった小鞠の真価発揮となるか。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
休日の半田が事務所にやって来て、ドラルクにロナルドとの因縁の過去をプレゼンする。半田の変態具合も大概のものだが、1コマ目でゲームをしているジョンに癒される。あと、大人になったカメ谷君に登場していただきたい。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
大山道による、蒼希狼の回想編。モンゴルにいる仲間のために戦ってきたものの、鯉太郎にブツかり挫折したころのことが描かれる。ただ、これで現在のようにはならないだろうから、モンゴルの仲間たちに何かあって戦う理由がなくなった、という感じかな。

・実は私は/増田英二
黒峰に宣戦布告した閃君は、さらに「お兄さん」と呼び去っていく。鳴との仲を疑った黒峰は買い物に出かけた2人を、桃地&水奈川さんと尾行することに。鳴の好きな人は閃君と思わせての、岡なんじゃないかと予想してみる。

・囚人リク/瀬口忍
リクが、ずり出しエリアの下見をする。大型のバゲットやコンベアの途中にある粉砕機なんかが、脱出時のポイントになってくるか。しかし、戻ろうという時に無人偵察ドローンと遭遇してしまう。いちおう未来の話だから、こういうのもあるワケか。

・ハリガネサービス/荒達哉
朧の脅威はあるものの、雨竜監督を失った竜泉は立て直しができない。五十嵐先輩のジャンピングサーブで、豊瀬が第2セットを取る。そして、雨竜監督はパチンコ屋に立ち寄る。なにが目的だ? あと、トビラのアオリから、下平=シモヘーっていう呼び方は公式なのか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。順子ママが独自の美的センスを持って、裕太にハロウィンのコスプレをさせる。オチのネタ晴らしにもドッキリだが、晴郎のチェーンソーを持ったコスプレ(レザーフェイス)って、タイムリーだな。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
山田はファウルで粘るが、水原はドリームボールを隠したまま、5球目にストレートを投げて三振に切って取る。コレ、水原は9回裏のマウンドにも立つのかな?

・侵略!イカ娘/安部真弘
千鶴が1週間家を空けることに。そのせいで、相沢家も海の家れもんもテンテコ舞い。261Pはホラーだが、そもそも手ぶらで出かけた時点でおかしいと思わなくてはならないと思う。

・ニコべん!/角光
モヤモヤした気持ちが吹っ切れた典道は、ヤンキーたちの弁当にも、デコ食材を混ぜていく。そのなかで犬居が大の犬好きだということを知る。そこから『ゴールデン・レトリーバー弁当』の製作にとりかかることに。和解はしなくても、手出しされなくなるパターンかな。

・少年ラケット/掛丸翔
前半部分は、轟木による1年生への用語説明や森原中の現状の確認。1年生の中では、海&空は経験者だけど陸は素人なのか。あと、埋金&鳥飼は轟木・城島にくらべると実力が劣る感じか。そして、西澤先生とイチローを育てているおばさんの間に、なにか関係がある様子。
 
・Gメン/小沢としお
乱入してきたのは、3年G組。通称“Gメン”のメンバーたちだった。トップの八神が圧倒的な力を見せる。ただ、伊達以外の他のメンバーも一気に顔出ししたということは、終わりが近いのかな?

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
蛍はスマホを通じて圭一を送り込み、ネットワーク内にいる『悪の集団心理』の源を破壊する。あと、民衆をなぎ払う黄多川さんが、実にカッコ良かった。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
清作は、冷静にボールを見極めフルカウントまで粘る。次の打者である弐敷を意識する蛮堂を、ひさしぶりの「にゃあらー!」で注意する桃ちゃんが良かった。そして、清作のスイングがスプリットを捕らえる。

・スメラギドレッサーズ/松本豊
100%の力を引き出したサクラのドレスで、ハンナを追いつめていくかなで。このまま戦いが長引けば、今度は100%のツカサの相手もしなくてはならなくなると考えたハンナは、ドレスキルを解放し勝負に出る。かなでも同じくドレスキルで対抗する。ここ最近は、バトル物としてとても面白い。

・マジカロマジカル/鈍速毎日
バトル中の朝を救出に来たマジカル団。そこで、雫が魔女・ヒカルに疑問を投げかける。すると、答えたのは背後の陰陽の球・ヤミ。こっちが本体のパターンか。それから、心を失ったルルはどうなる?

・羽恋らいおん/石坂リューダイ
いよいよ龍国館戦がスタート。レオは、桜華と対戦する。が、ことごとく狙った場所に先回りされてしまう。桜華は、先読みに優れた選手だった。読まれても対応できないくらい強く打つか、先読みできないぐらい速く打つか。

・木曜日のフルット/石黒正数
某国がある惑星に到着するが、書き割りの岩が倒れてしまう……。それ町でも木星人が出ていたし、こういうのが好きなんだな。





次号から、山田胡瓜の新連載がスタートします。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/30(金) 12:45:13|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad