晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

ハルタ vol.28の感想




ハルタ第28号の感想です。



・表紙
森薫先生が担当。和服美人、紅葉、三毛猫という3トップで日本の秋が表現されています。

・乙嫁語り/森薫
第24話(通算50話目)。前回、自分の素の姿をウマルに見られて嫌われたと思い込んだパリヤさんは、ご近所でも評判のカモーラさんをお手本に性格を変えてみようとする。ラストではアミルさんの仲介もあり友達になったけど、ここから性格改善(刺繍もしつつ)っていうのは、逆に結婚に遠回りになっている気がする。

・ダンジョン飯/九井諒子
第18話。体を拭いた後のお湯を捨てたことに怒ったウンディーネが、マルシルを攻撃する。圧倒的な水レーザーの攻撃にマルシルが深手を負ってしまう。まさか、このマンガでここまで、命の危機を心配することになろうとは。そして、マルシルの体力回復のためにケルピーの焼き肉をすることに。鉄分補給のために、レバーしか食べさせてもらえないのが良かった。

・碧いホルスの瞳/犬童千絵
第6話。トトメス2世の不在の王宮で権力を振るうスネルセト。彼らアメンの神官たちが、夜な夜な酒池肉林の宴を開いていることを知ったシェプストは、一計を案じる。今回、故郷に戻ることになった奴隷少年が、この先シェプストの力になる展開があったらうれしい。

・ヒナまつり/大武政夫
第50話。海外赴任中だった瞳の父親が、会社の倒産により帰国することに。再就職先を探すが上手くいかない。そして、娘が社長を務めているとも知らずに、ある会社の面接を受ける。が、入社後のやり取りの方が面白すぎた。あと、三嶋母の三つ編み&ワンピースという、若作り姿が素晴らしかった。

・世界八番目の不思議/宇島葉
第7&8話。満月のときに自殺者や犯罪件数が増えるという風評被害を打ち消すために、満月地位向上員会のかぐやさんが自殺しようとしている男性を助ける。ある程度の展開は予想できたけど、耳は意表を突かれた。『ケモ耳娘に人間の耳はあるのか?』というのは、けっこう根深いテーマだと思う。

・ハクメイとミコチ/樫木祐人
第28話。ミコチの姉・アユネが突然訪ねてくる。そして、道中で仕入れた大根(1本全部)としょう油(大量)で、風呂吹き大根を作ってくれと言う。劇作家をしていて、つかみどころのない性格の姉の出現に、いつもとは違ったミコチの一面が見られたのが良かった。あとハクメイは、意外とこういうときに気遣いができる娘さんなんだよな。

・ふしぎの国のバード【会津道編Ⅰ】/佐々大河
シリーズ連載第9弾。会津道に入ったバードさん。伊藤の勉強熱心さが明らかになるとともに、想像以上のヒドイ環境の集落に泊まることになり、これからの旅路に不安を募らせる。雨漏りしまくり虫が跳ねまくる夜に、2人が障子越しに背中合わせになる構図が良かった。

・頭磨き屋鏡堂/二宮香乃
読み切り。出張先で『頭磨き〼』という看板を見つけた薄毛の男。興味を引かれるものの、頭皮に残った毛髪を尊重し店には入らなかった。しかし時は経ち、すっかり毛髪が抜け落ちてしまった男は、心のどこかに残っていたあの看板の店を訪ねる。やけに堂に入ったというか、理論的な磨き方の描写が素晴らしかった。

・ストラヴァガンツァ~異彩の姫~/冨明仁
第二章 第8話(通算27話目)。ペッペ・モロが情報を伝えたことにより、黒尾人内にオルグ迎撃の気運が高まる。そのなかで自分の行動を反省したエヌエヌ衛士長は、独自につれてきた部下2人とクラリアを救出する。しかし予想外に追撃のスピードは速く、逃げ込んだノーラスタの町も、すでにエシンの影響下にあった。絶対絶命の状況に思えるが、逆転の手段は残されているのか?

・不死の猟犬/八十八良
第23話。UNDOの保護センターからの、脱出作戦がスタートする。壁を壊しながら移動することで、上手く包囲を抜けたかと思われたが、予想外の強敵が現れる。まさか、金井課長の褐色秘書ちゃんが、雁金すら瞬殺できる最強キャラだったとは。そして捕らえられた3人は、白雪姫と同じように液体窒素漬けにされてしまう。しかし、彼女たちが使っている、短冊みたいな触手みたいなものって何なんだろう?

・ドロップス/徳永龍人
読み切り。絢子は、友人の恵子にそれ以上の感情を持っていた。泊りがけで遊びに来ている彼女に帰ってほしくない絢子だが、その感情を素直に表すことができない。全体的にオフビートで淡々と展開が続く分、別れた後の切なさが際立っていた。あと、321Pの買い物風景の表現方法が面白かった。

・ローカルワンダーランド/福島聡
第9話。宇宙生物を扱うペットショップで働くエリーナは、売れ残りの動物・バローンに感情移入していたが、殺処分が決まってしまう。エリーナは、なんとかバローンを助けようとするが……。感情を表現するものだと思われた花のような尻尾が、実は宇宙空間を進むためのモノだというのが良かった。

・狼の口/久慈光久
最終幕 第15話(通算30話目)。森林三邦の伝令役の3人は、カタリーナ城の惨状を目撃する。カールとベンヤミンの2人が状況を調べようとするが、見つかり拷問を受けることに。残る1人のフォイクトは、どれだけ速くこの情報を仲間に伝えることができるのか? サブタイトルが『モルガルテンの戦い(その1)』なので、本格的に最終章ということか。

・ゲス、騎乗前/西公平
第6話。ついに口座の残高が1万円を切った牧は、捨て身の営業で久しぶりに騎乗することに。6話目にしてはじめてレースシーンが描かれ、そこでの駆け引きの妙も面白かった。あと、ツッコまざるを得ないオチもイイ。

・A子さんの恋人/近藤聡乃
第16話。A太郎は予定通りに、K子の家に上がりこみケーキを振る舞ったり髪を切ってもらったりする。だけど、唯一A子のことだけは狙い通りに運ばない。A太郎&U子の独自の価値観に翻弄されっぱなしのK子だったけど、最終的には幸せになってほしいところ。

・織子とナッツン/原鮎美
ストーリー編第12話(通算49話目)。洋菓子モチーフのゲームが人気になったことにより、客足が遠のいてしまった和菓子屋。そこの常連のナッツンが、ゆるキャラでお店を盛り上げようとする。気を失ったハムハムの夢の中に、キャラが集まっていくのが良かった。あと、もうすっかり“イケメン”織子が主役になった感じ。

・大福ふにふに/渡邉紗代
読み切り。鏡君と先生(2人とも男)が、不思議空間で大福についてお勉強するというショートストーリー。ギャグとしてみればいいのか、BLなのか分かりにくかった。

・ルドルフ・ターキー/長蔵ヒロコ
第30話。ゴンドランドでお祭りがおこなわれる。夏の終わりのそれぞれの過ごし方。ルドルフがラパン姉さんを回転木馬に乗せるのと、モモコの涙が印象的だが、エグマはスワンちゃんと、ペイルはレパードさんといつのまにそんな関係になっていたのか? 次回から新章とのこと。

・首花は咲きゆく/高江洲弥
第7話。これまでの自分の考え方が間違っていたと悟ったリラは、ドーソンさんに会いに行く。はじめてちゃんと向き合ったことで、ドーソンさんのいい所を見つけていく。ただ、ラストの雰囲気を見るに、このあたりが幸せというかポジティブ面でのピークで、ここからはダーク方面に話が展開していきそう。

・かささぎ卿と骨/大窪晶与
最終回。アーネストのもとに蒐集家仲間のマニングから、コレクションのひとつである『災厄の鏡』を譲るという手紙が届く。喜び勇んで訪ねたアーネストだが、なかなか本人に会わせてもらえない。最後なのに、ヒューゴ君が活躍しなかったのが、ちょっと残念。いまのところ単行本化の予定はないみたいです。

・THE TOWN/加藤清志
第6話。雨木は、北裏の家に侵入。徹底的に証拠を探す。そこで出会ったのは、トンボの集合体の化物。どうやら北裏に恨みがあるらしいのだが、雨木とバトルになってしまう。異能力者同士の戦いなのに、ガスコンロの火をキッカケに決着するというご家庭感が素晴らしい(ちゃんと消火器で火の始末もする)。

・健全ロボ ダイミダラーOGS/なかま亜咲
第20話。南風原とほづみのデート風景。しかし、将馬も真玉橋も、相談相手としては不適格だな。あと、改めてほづみの後ろ髪って、どういう仕組みなんだ? そして、次回はペンギン帝国との最終決戦とのこと。いまのままな感じじゃダメなのかな?

・1時間目がプールだったので/徳永智子
読み切り。1時間目がプールだったので、パンツを忘れてきてしまった吉井(ギャル風)。そのとき、更衣室の忘れ物として派手なパンツが教室に届けられる。渡りに船と手を上げたが、同時に地味な高槻さんも名乗り出た。ノーパンを死守するコメディなのだが、ラストで濃厚な百合描写をブチ込まれて、そっちに全部持って行かれた印象。あと、ジャンバースカートとトイレ用のようなサンダルという組み合わせも印象深い。

・華麗なる虚偽/窪中彩乃
第6話。自分と同じ髪の色、髪形になったミランダに対し、リズはハッキリと嫌悪感を示す。拒絶されたミランダの心は限界を越えて、2人は舞台上のブランコから落下してしまう。助かったのはミランダだけだが、周囲は彼女のことをリズだと信じてしまう。いったい、ミランダはどうなってしまうのか?

・まかろにスイッチ/川田大智
第4回。今回から、巻末担当になった様子。獅子舞vsマタドールのヤツが良かった。「オーレィ!」。

・予告
次号は、想幻の都、坂本、ひとふとみ、トトコ、四ノ宮家が掲載。サワミソノと若生舞の読み切りのほか、ロメ夫も載ります。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/18(日) 18:57:31|
  2. ハルタ 1~30号
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad