晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 45号の感想




チャンピオンの感想です。表紙、グラビア、ポスターは、AKB48の横山由依さんです。




・新連載告知
AKB48の島崎遥香さん主演の映画『劇場霊』のコミカライズ版が、51号から始まることが発表されました。作画担当は、タカヲヨシノブ先生です。

・ニコべん!/角光
巻頭カラー。今回も、作中に登場したデコ食材を実際に作者が作ったモノが掲載されています。この企画で、定期的にカラーをもらえるかな。本編では、江の島に戻った4人が、弁当を探す。リュックを持ち去った犯人は、まさかの犬だった。4人それぞれに食材を変えられた弁当も、それを食べる様子も良かった(犬がリュックをくわえたわりに弁当に片寄りがないのは、ツッコんではいけないポイントか)。今週のパンダは、典道のストラップ。

・弱虫ペダル/渡辺航
センターカラー。舞台版キャストの紹介記事アリ。これ以上箱学に引き離されることは危険だと判断した鳴子は、独断で追撃に出る。同じタイミングで御堂筋も飛び出したが、こちらはすでに本体が追いついてきている様子。総北は、かなり分が悪い展開に。あと、久しぶりに登場した委員長が真波に炭酸ドリンクを手渡したけど、レース中に飲んでOKなのかな?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
前回、国会議員が放出した大量のウ●コにより学校閉鎖に。ヒマを持て余したあかねちゃんや仁たちが、小鉄の家に遊びに来る。ほぼオールスター状態で、山田真夜オチと思わせてからの、のり子オチが良かった。隠しているのに気がつかなかった。

・刃牙道/板垣恵介
センターカラー。スズメバチを破裂させた勇次郎は、加納秀明の警備をあっさり突破していた。そして、武蔵と対面し、一献酌み交わす。「このまま始めるのはもったいない」とか理由をつけて、地下闘技場に持ち越しかな。

・実は私は/増田英二
最終バスに乗り遅れ宿も見つからない黒峰&白神さんは、砂浜で花火をすることに。118Pからのラブコメ展開 → 吸血後の妖艶な見開き → 回想での『誰コレ』状態の白神さんの顔と、濃厚な内容だった。血を吸われた黒峰は、どういうリアクションをするのか?

・ハリガネサービス/荒達哉
松平の作戦は、朧の変則スパイクをブロックで止めるのではなく、レシーバーを多く配置することだった。そして、その指示をを出すのが金田なのだが、本能タイプなので他人を動かすことに自信が持てない。ここで、猫田が活躍するとはね。コートの外からでもチームの力になれるということか。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
負けても満足感を得ることができた巨桜丸だったが、勝った鯉太郎は支度部屋に戻る途中で嘔吐してしまう。まだ4日目だが、体に蓄積されたダメージはかなりのモノなのか。

・少年ラケット/掛丸翔
トップに1回立つだけではなく、続けてトップになり続け、時代を変える超一流になる。それが最上兄弟の『大いなる目標』だった。一男の「少年チャンピオンに いつの日か――“王者”の名を取り戻す」っていうセリフは、掛丸先生自身の『大いなる目標』という感じなのかな?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
吸血鬼対策課の半田が、事務所にやってくる。吸血鬼と人間のハーフである彼は、母親がロナ戦にドハマりしてしまったことからロナルドを激しく敵視していた。そこで、ドラルクとともに弱みを見つけ出すことに。最後のアオリでもあったように、今回のMVPはジョン。パニクって転がっているところとかカワイイ。

・侵略!イカ娘/安部真弘
連載400回記念センターカラー。壊れた傘(第44話参照って、ずいぶん前の話だな)の代わりに、ビニール傘をもらったイカ娘。墨を吐きかけることで日傘として利用するが……。なんか、こうメモリアル的な内容にはしないんだな。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
里中は、京極の3球目をスタンドまで運んで、自らのバットで同点にする。232Pが素晴らしい。そして、打席には完全復活の岩鬼が入る。一気に逆転してしまいそうだが、広島のブルペンには水原勇気がいるし、彼女に負け星をつけるわけにもいかないし、延長までもつれるかもしれないな。

・囚人リク/瀬口忍
神出鬼没のシワクチャジイサンが、田中の前に姿を現す。どうやら、おじさんとつながりがあったようで、リクの存在を要に共闘が決まる。たしかに、おじさんひとりで鬼道院の情報を集められるわけがないので、どこかに仲間がいたのか。

・マジカロマジカル/鈍速毎日
朝は、自らを殴って怪物化を防ぐが、気絶したまま目を覚まさない。狼一は実家に戻り祖母から稽古をつけてもらうが、帰った後に現れた犬は……? 謎を残した展開が続くな。

・クローバー/平川哲弘
こっちも、連載400回。ゲンゲンや真木、真田らが、高校を卒業する。ハヤトもケンジ、トモキ(と二宮金次郎像)と記念の写真を撮る。というところで、次回が最終回とのこと。終わりは近いと思っていたけど、ちょっと唐突な印象。進路のこととか、母親のこととか、どうやって決着をつけるのか。

・Gメン/小沢としお
勝太はひとりで松怒に戻り、駿と決着をつけようと考える。しかし、そこに瀬名や梅、薙っちょ、肝田が駆けつける。さらに伊達の援軍も間違いないだろうし、次回からは、ケンカパートだな。

・マツタケART/アイハラ☆シゲ
短期連載4話目。リエ先生が産休に入ることになったので、書道部に間借りすることになったマツタケコンビ。マツが書いたオリジナル漢字が良かった。次回、最終回です。

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
事件が解決したことも知らずに、緑川ちゃんは捜査を続ける。そこで、能見と謎のフードの男が、例の展望台に行ったという情報をつかむ。情報収集のためのバイト中でも、いつもの帽子を脱がないのは何故なのか?

・錻力のアーチスト/細川雅巳
9回表の桐湘の攻撃。之路は三振に倒れ、児島もボテボテのサードゴロで快足を飛ばすが、間一髪アウトになってしまう。しかし、続く柊はよくボールを見極めて、四球で出塁。次の打者は清作。展開的に、逆転の一打が出るか?

・羽恋らいおん/石坂リューダイ
大会本番。初日のメンバーからは外れてしまったレオだが、トイレで龍国館の桜華越前と出会い、鈴蘭さんのことで意気投合する。これは、本格的に対戦したときにぶつかるフラグだな。

・スメラギドレッサーズ/松本豊
警察の鈴口さんが下着泥棒にあってしまう。その犯人をてらす子が見つけ出す。ツクヨミが、かなり大がかりな組織だということが明らかになったところで“オレンジの女”ハンナが現れる。シップウのドレスを100%の状態で着用した彼女には、かなでとツカサの2人がかりでも厳しいか。でも、ツクヨミがハンナの事を追っていたはずなので、悪人というわけでもないんだろうけど。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩が、霊媒師の宍戸美弥子さんに視てもらうことに。初登場時に比べ、ずいぶんアグレッシブに那たな宍戸さん。




次号は、天山まやの読み切りが載ります。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/09(金) 17:03:02|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad