晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

スピーシーズドメイン 第3巻の感想



表紙のキラキラしたエフェクトも、よく見ればヒゲな土和さん押しの、スピーシーズドメイン第3巻の感想です。


・第15話 迸る田中くん
羽井さんを空に飛ばした昨日の今日で、大機がメイドロボット・美夜月(みょるづき)さんを造ってしまう。そして、クリエイティ部の部室に生徒会長の、鬼姫生紅葉(きびゅう くれは)さんが来襲。鬼仲間の魅重義をひとしきりイジッたところで、おつかいから帰ってきた みょるづき さんを第10話でもらったソファのお返しとして奪っていってしまう。大機が風森さんに電話でみょるづきさん完成を知らせていたり、壊れた南京錠を金に変えた物を持っていたりといった、単行本2巻のオマケで描かれた要素を上手く本編に盛り込んだ印象。あと、盛り上がった田中と蛍樹が会話しているときの『ぎゃほらい』という擬音が好き。
お使いを受け取る土和さん
みょるづきさんのお使いを受け取る土和さん

・第16話 イメチェンする土和さん
足立と長渡のギャルトークに興味を持ち、全身を染めようとした土和さんがブリーチ風呂で寝てしまい、目から下の体毛を失うことに。ヒゲの下から出てきた顔は……。ヒゲがなくなって自信を失う土和さんも、ラストでギリギリ漢を見せきれない田中も最高だった。まず間違いなくスピドメ史上最高の一作で、個人的にはエピソード・オブ・ザ・イヤー級の内容。Eテレ『みんなのうた』でもヒゲ少女の歌が扱われたり、これはビッグウェーブが来ているな。
土和さんヒゲ喪失
土和さん、ヒゲを失う

・第17話 怒れる土和さん
「姉が学校で辛い目にあったのでは!?」と思った土和さんの妹、土和インフィニティちゃんが乗り込んでくる。空手の実力者ということで、相馬を蹴り飛ばしたり姉をイジメた人物をフルボッコにしようと凶暴性を発揮するものの、姉の言葉には渋々ながらも従う。浅草から風森さんのケイタイを使った大機の量子テレポートもたいがいだが、土和さんは、そういう風にヒゲが生えてくるのか。あと、土和姉妹が口ゲンカしているときの『かもじゃー』という擬音が好き。
土和さん生えかけ1
土和さん、生えかけ1

・第18話 デレる風森さん
風森さんと羽井さんが、休日に2人で映画を観ることに。さらに、お泊り会に誘うなどいつもと違う表情を見せまくる、風森さんの破壊力が高かった。まぁ、打ち解けたのは分かるけど、それにしてもグイグイきすぎ。羽井さんが戸惑ってしまうのも分かる。そして、お泊りの準備をした状況での量子ワープの失敗を「2人がガラケーだから」と結論づけるけど……。それから、魅重義の角に向かって躊躇せず板をフルスイングするインちゃんの無邪気さよ。
土和さん生えかけ2
土和さん 生えかけ2

・第19話 在りし日の大機くん
前回の風森さんと羽井さんと同様、インちゃんも休日にワープできなかったことが発覚。そのことから大機の発明品は、大機の管理下でしか作動しないのでは?という疑惑が持ち上がる。大機が発明をするようになった幼少期の出来事が描かれるが、このときから自分が関知していないところでは発明品が機能していないことから、やはり『できると思ったものはできる』能力を大機が持っているということなのかな? あと、鬼姫生会長が「大機博士」って呼ぶのが、スゴイ好き。
土和さん生えかけ3
土和さん 生えかけ3

・第20話 謝りたいインフィニティさん
インちゃんが第17話での暴行を謝罪しようと考える。しかし、あらかじめクラスの状況を確かめようとしたことで、魅重義からたしなめられてしまう。インちゃんのフォローをしつつ、魅重義の辛い生い立ちをにおわせつつ、羽井が魅重義を意識するようになるところなどは、今後への見事な布石という感じ。汚い部分は、みんな相馬が引き受けてくれたし。

・第21話 知りたい羽井さん
他人の恋愛事情に首を突っ込みたくて仕方ない“カップリンガー”羽井さんが、大機と風森さんにそれぞれの印象を聞き、関係性を確かめようとする。大機の「科学が恋人」という発言を聞いた後の、132ページの羽井さんらの表情が何とも言えない。そして、土和さん(ヒゲが戻った)が、ここまでのキラーっぷりを見せつけるとは……。この巻で、いちばん女の顔をしているじゃないか。
土和さん女の顔
土和さん 女の顔

・第22話 射る風森さん
終業式で『弓でくす玉を割る係』に任命されてしまった風森さん。隠れて練習するものの、まったく上達しない。そこで大機の発明品の力を借りることになるが……。これは『風森さんのエルフとしての本能が土壇場で開花』したのか、大機が『発明品を仕込んでいるので成功すると思っていたので成功』したのか? けっこうビミョーな問題だな。今回登場した風紀委員長の鞍馬さんは天狗みたいだけど、鼻が高くないから取り替え子じゃなくてハーフのほうかな。しかし、夏休みの開始を告げる句が『夏の野獣 堕ちてケダモノ 臍を噛む』っていうセンスはどうなんだ?
土和さん 蛍樹への罰を手伝う
蛍樹への罰を手伝う土和さん

・第22.5話 思い悩む風森さん
第22話の風森さんの子供のころの回想部分を、親の視点から補完する話。お母さんが弓子で、お父さんが純矢なので、一家そろって弓矢関連の名前ということなのか。この両親にして、この子ありという感じ。

・神と犬と山下のスピ―シーズドメイン板
ゲストとして木下さんが召喚される。が、本編以上にフリーダムな行動に、翻弄されてしまう。山下は、すっかり脱ぎキャラになったな。

教室の席が大機 → 風森、相馬 → 田中となっているので、もしかして出席番号順なのか!?と思って検証してみたけど……。
スピドメ座席表 (2)
ほぼその通りだと思うんだけど、委員表に名前がある井出と和泉の席がダブるし、第17話の掃除している“田中の班”も、座席縦一列だとスンナリするけど、田野岡じゃなくて足立が入っているので、ビミョーに違うのかな……。次巻は夏休みに入っちゃうし、教室じゃなくて部室が話の中心になっていきそうだし、全部の枠を埋めるのは難しいかな。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/09/10(木) 12:46:22|
  2. スピーシーズドメイン
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad