晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

ダンジョン飯 第2巻の感想



ダンジョン飯2巻の感想です。
表紙で、オタマから魔法を発動させようとしているマルシルかわいい。

・第8話 キャベツ煮
地下3階まで下りてきた一行。ライオスたちと合流するまでは、このあたりを根城にしていたセンシが『畑』として利用しているゴーレムの手入れをする。料理の手際はもちろん、1人で3体のゴーレムを起動停止に追い込むスコップさばきが見事だった。いつもの斧より、絶対にこっちのほうが扱い慣れているだろ。センシが、いつのまにか兜の上から麦わら帽子をかぶっていたりするのには笑ったが、基本的にはどんな考えやポリシーを持って生活しているのか? という内容。
マルシルは髪形を変えた?
マルシル 髪形変えた
髪形を変えたマルシルかわいい。

・第9話 オーク
ゴーレムから収穫した野菜があまりにも大量なので、迷宮内の酒場で物々交換しようとしたライオスたちだが、そこでオークたちの襲撃を受けてしまう。もともとは、もっと下の階層に住んでいてセンシの取引相手だった彼らだが、集落の近くに『赤い竜』が現れたので、ここまで上がってきたらしい。センシの独断により、オークの野営地でパンを焼くことになるが……。オーク兵がマルシルをブサイクと言ったり、エルフとオークの価値観の違いは、ファンタジーの基本みたいな感じで面白かった。
マルシル 辛い
オークの味付けが辛いマルシルかわいい。

・第10話 おやつ
今回は、金貨や宝飾品に擬態している『宝虫』を食べる。作者の短編集『竜の学校は山の上』に収録されている『金食い虫くん』という短編と、同じような着想なのかな。しかし、ネックレス、コイン、指輪、ティアラとタイプの違う宝虫の解説を、1ページでさっと済ましてしまうのがスゴイけどもったいないと思う。あと、マルシルがネックレスを食べるのを嫌がったけど、虫・モンスターを口にするのにあまり抵抗を見せなかったのが意外だった。それから、前半部分を担当した新人パーティーの中で、三つ編みでガッチリした体格のキャラだけ種族が分からない。宝虫(擬態)に反応していたし、女なのかな?
マルシル 取り乱す
宝虫に取り乱すマルシルかわいい。

・第11話 ソルベ
ライオスが落とした食べ物を拾おうとしてせいで、幽霊に襲われてしまう一行。センシが作った即席聖水でのパワフル除霊から、まさかのアイスクリームができる流れが素晴らしい。今回は、食材よりも調理法自体がメインという感じ。そしてファリン健在時の力量の高さが明らかになっただけに、96Pの1コマ目のインパクトがデカいし、最後のライオスの発言で、場の雰囲気がぶち壊しになる流れも酷くて最高。あと、マルシルは爆破魔法が得意なのか。エルフっぽくないな。
マルシル 霊を見る
幽霊を見たマルシルかわいい。

・第12話 宮廷料理
かつて食堂だったと思われる部屋で『生ける絵画』に襲われてしまう。軽食(宝虫とゴーストアイス)しか食べていなく、空腹のライオスは絵の中の世界に飛び込み、そこで宮廷料理にありつこうとするが……。今回は、モンスター料理うんぬんよりも、ライオスが絵の中で体感した出来事の方が重要か。あのダークエルフが、黄金城をダンジョンに変えた黒幕 = 狂乱の魔術師ということになるのかな? あと、絵の中からライオスを引き戻すときに、2回目でチルチャックが抜けて、3回目でマルシルがサボっているので、もう1回絵の中に入ったら、ライオスは戻って来れなかったな。

・第13話 塩茹で
新人時代から、ミミックに何度も痛い目に合っているチルチャックは、宿営地の近くに不審な宝箱を見つけるもののスルーする(報告すると食べたがる人がいるので)。しかし夜中の水汲みの帰りに、うっかりミミックのいる部屋に足を踏み入れてしまう。トラップ部屋からの脱出はRPG的な謎解きがあって面白かった。そして、捕まえたミミックを塩茹でにして食べる。チルチャックのピッキングツールで、身をほじくり出すライオスが最高(テーレッテレー♪というBGMが鳴りそう)。そして、チルチャックの年齢が29と判明。ライオス(とファリン)が年下で、マルシルとセンシは年上か。
マルシル 寝坊助
寝ぼけているマルシルかわいい。

・第14話 水棲馬
ライオスたちは、地下4階に到達。地下水で出来た湖をマルシルの魔法で渡ろうとするものの、ヒゲにモンスターの血や汚れが染みついているセンシは、魔法を受け付けず沈んでしまう。そこで、以前より懐いている水棲馬(ケルピー)に乗って渡ろうとするが……。魔法に対する考えをめぐって対立していたセンシとマルシルの和解が印象的だが、それを上回るほどケルピーから作られた石鹸でヒゲを洗われたセンシの2段階変化のインパクトが強すぎる。あと、回想でファリンがモーニングスターを武器にしているのも面白い。
マルシル 馬に乗りたい
馬に乗って冒険することにときめくマルシルかわいい。

・モンスターよもやま話 ‐2‐
今巻もオマケページは、登場したモンスターの生態補足ネタ。幼いころのミミックは、瓶や食器に潜んでいるという話から、兜に入って謎生物と化してしまったミミックに火炎放射する流れが良かった。


オークの情報によると、炎竜は地下5階にいる様子。仮にファリンを早めに奪還できたとしても、その後もダンジョン探訪を続けてほしいところ。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/08/14(金) 10:31:13|
  2. 九井諒子
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad