晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

ジョジョリオン 第10巻の感想



早くも2ケタ。ジョジョリオン第10巻の感想です。
今回も、同時発売のウルトラジャンプの表紙とセットのデザインとなっています。でも、この巻で戦うのは定助ではなく、つるぎ&康穂コンビです。


↑画像では緑に見えるけど、実際は金色です。

・#039 ドゥービー・ワゥ その①
例のフルーツを介して、常敏と関係を持っていた謎の男の名前が大年寺山愛唱で、杜王スタジアムの職員であるということを、ペイズリー・パークが突き止める。康穂とつるぎは、2人で愛唱の動向を追跡。フルーツが老人に渡り、失われていた左脚と性欲が復活する代わりに、両眼球が石のようになって崩れ落ちる様を目撃する。たしかに9歳の子供には、目を背けたくなるほどショッキングな光景。ただ、このとき愛唱を追跡していたのは康穂のスマホをつるぎが折り紙にしたもの。つまり、ペイズリー・パークであると同時にペーパー・ムーン・キングであるという、かなり特殊なスタンド状態に。そして、オマケページで定敏のスタンド名が『スピード・キング』であることが明らかに。ただ、射程距離が10センチ程度って、歴代最短じゃないかな。

・#040 ドゥービー・ワゥ その②
愛唱に追跡がバレ、スマホガエルを踏みつぶされそうになる。しかし、PMKに触れたことで能力が発動。枯葉をカエルに誤認させることで、危機を脱する。しかし、愛唱のスタンドもまた『遠隔自動追跡型』だった。スマホガエルを踏んだことがスイッチとなり、謎のフルーツがあるであろう杜王スタジアムを目指す2人のところに、竜巻をまとった小型のスタンドが現れる。子供と女子大生という、ジョジョ史上でも屈指の体力の無さを誇るコンビは、切れ味鋭い風のスタンドから逃げきることができるのか? また、遠隔型スタンド同士の対決というのも、ちょっと記憶にない。はじめてかな?

・#041 ドゥービー・ワゥ その③
2階から飛び降りても、バスに乗り込んでも、愛唱の竜巻スタンドは追跡をやめない。つるぎが『吐く息』に反応してスタンドが出現していることに気づくが……。いっぽう定敏(モップを持っているので、#038で誤作動したスプリンクラーの後始末をしていた?)は、愛唱から謎のフルーツと、連絡が取れなくなった八木山夜露に関係している人間に心当たりはないか?と聞かれる。そのとき東方家にいないのは、定助とつるぎだけ。常敏は、なんとなく事情を察知した様子。定助はともかく、つるぎのためにどういう行動をするのか? あと、ここで例のフルーツの名前が『ロカカカ』と判明する。元ネタはなんだろうな?

・#042 ドゥービー・ワゥ その④
丸めた新聞紙を使ってバスの外に追放しようとしても、救急車に積まれた酸素マスクを使っても、呼吸をし続ける限り、愛唱のスタンド『ドゥービー・ワゥ!』の追跡は終わらない。そして、ついに愛唱がつるぎ&康穂の前に姿を現す。その傍らには常敏も……。岩人間である秘密を話した彼女に家を奪われたり、いくら夜露に連絡を取ろうとしてもダメだったり、愛唱は敵ながらどこか寂しさを身にまとっている印象。つるぎの『バスを定敏に錯覚させる』という勝ち方も、これまでと違って誤認対象の大きさの違いがかなりあるので、かなりの奇策というか力業という感じ。バスの運転手次第では、失敗する可能性も高かっただろうし。


次巻では、定助の過去を知る?謎の女性が登場します。












関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/07/19(日) 11:46:01|
  2. ジョジョリオン
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad