晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 31号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は『実は私は』。グラビアと付録のクリアしおりは、アニメ版キャストの芹澤優さん、内田彩さん、新田恵海さんです。





・実は私は/増田英二
巻頭カラー。みかんが桃地から未来のことを聞き出そうとする。オオワシ(タイムマシン)で2度目の未来に行ったはイイものの、痴女たちに翻弄されてしまう。みかんが書いた予想家系図が、今後のヒントになりそう。そして、稲山先生のアフレコレポートマンガは、本番前のテストまで。こうなると、3週に分けた意味があったのかと思う。

・弱虫ペダル/渡辺航
鏑木は、なんとか坂道らについて行くが、早くも限界の様子。自分は天才みたいな考え方を改めて、状態を自己申告した方がいいと思うけど、そう簡単にはいかないか。しかし「アブレディGO!!」って、どんな掛け声なんだよ?

・刃牙道/板垣恵介
烈との戦いは、関ヶ原なみ=惚れ、畏怖れるほどのものだと明らかに。そして、徳川さんは「では、佐々木小次郎とくらべると?」と、新しい質問を投げかける。しばらく、こういう問答が続くのか?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
センターカラー。取組が終わって、部屋でちゃんこを食べる。そこにアカネだけでなく、同門の飛天翔や宝玉光も同席し、楽しい?食事風景に。アカネも父親に自分の意思を伝えることができたし、次回からは4日目か。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
ロナルドは、新横浜駅の近くに事務所を構えていた。城再建まで居候することになったドラクルとともに、近所のコンビニで起きた人質事件を解決することになる。ギャグの切れは相変わらずだし、意外と細かく吸血鬼の設定を考えていることが、好印象。

・囚人リク/瀬口忍
天野は、プライドの高そうな看守におべっかを使い、作業用一輪車のタイヤが捨てられている部屋を見つける。田中はココに火を放ち、地獄島の天井を開けさせようと考える。カッコいいポーズも出たし、田中復活だな。

・ハリガネサービス/荒達哉
竜泉バレー部結成秘話その2。正規のバレー部に勝利したものの、雨竜監督は渚島らを解放する言葉を言う。『絶対に勝つ方法』は無かったけど、言っていることは納得できた。次回からは、豊瀬の反撃ターンか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
浦安アベンジャーズの現状に危機感を抱いた晴郎は、完全防備をして街に出る。そこで、雷に打たれたことで大人しくなった宮崎危機と出会う。最近できたという、彼氏がかわいそう。

・羽恋らいおん/石坂リューダイ
単行本発売記念センターカラー。鈴蘭さんはミントとの試合に勝利するものの、肩を負傷。それが原因で選手を引退していた。高校進学後は文科系の部活をいくつか体験してみたものの、しっくりこなかった、そんなときに伊深に連れられ、だらけた練習態度のバドミントン部を見たことで、彼女の中のスイッチが入る。次回から新展開か。

・クローバー/平川哲弘
ストーカーの正体が判明。懸念された元兄でもバイト先の同僚でもなく、真正の勘違いガチストーカー野郎だった。ゲンゲンが戻ってきたし、このまま一気に仕留めるか。

・少年ラケット/掛丸翔
宮内兄との試合で、イチローは1点も取れずに敗北する。基本的にイチローは、どう打ち返すか、ラリーを続けるか?というようなプレーをしているように見えるので、そのへんが「惑星の輝き」ということなのかな? 点を取るための打ち方をしなければいけないみたいな。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
剛球仮面の正体は、山田たちの後輩・渚圭一だった。彼の野球人生、そして里中へのライバル心が芽生えた理由を振り返る。ケガをおしてマウンドに登る渚。打席には里中。ポイントとなる勝負か。

・侵略!イカ娘/安部真弘
侵略部のメンバー、由佳と知美と遊ぶことになるイカ娘だが、この2人は意外と仲が悪かった? 結局、清美の聖母性が高められた印象。

・スメラギドレッサーズ/松本豊
校内で仲間を募ろうとするかなでだが、ますます孤立を深めてしまう事態に。そんなときに、かなでの写真を撮ろうとする梨谷芽伊さんが現れる。ツクヨミの襲撃中にもレンズを向けられるが、それは梨谷さんとは別人の様子。こっちにもストーカーか?

・錻力のアーチスト/細川雅巳
栄春vs港南がスタート。炎天下での試合なので、左薙ぎは1回からフラフラ。それでも港南の攻撃を0に抑える。そして1回裏のマウンドに登るのは、八子。忘れていたけど清作と因縁があるんだよな。決勝で当たるときに、穂村とどういう起用方法になるんだろう?

・ニコべん!/角光
前回弁当を食べた、梅宮さんの笑顔をこっそり撮影していた島田倫は、その写真をコンクールに応募しようとする。梅宮さんはそれを阻止しようとするが、そのなかで島田と妹・理琉の不仲を目撃する。そして典道は、島田から「妹が笑顔になれる弁当」作りを依頼される。これは、デコ弁制作へ自然に持って行ったな。

・Gメン/小沢としお
なんとか元カレは去って行ったが、今度は深夜の雨宮先生宅に突撃をかけてくる。いちおう瀬名の家が近所っぽいけど、助けには行けそうにないよな。

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
ケガも回復し普通に登校する蛍だが、中等部の女の子から「お姉さま」と呼ばれたり、何かと注目を集めている様子。その原因は、お嬢様の桃園霧子にある様子。圭一をバラバラにしたり、なにか特別な力を持っているのか。そして、死神も戻ってくるというピンチに。

・マジカロマジカル/鈍速毎日
謎の少女の力によって、彩音が怪物化してしまう。重力を操る歌による攻撃に、雫たちは手も足も出ない。ここは、キリコさんに頑張ってもらうしかないか。

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
前回のバンドのノリを残しながらも、辻浦さんと橘さんのあいだで揺れる優。そして、次回で最終回です。はっきりとどちらかを選ぶことはできるのかな?

・大改造!サオボーグバレンタイン/山本アヒル
読み切り。新人まんが賞入選作。バレンタインに憧れの先輩にチョコレートを渡そうと家を飛び出した秋津ちゃんは、車に轢かれてしまう。目を覚ますと、全身がサイボーグに改造されていた。最近似た設定はあったもののギャグはキレているし、絵も安定している。特に秋津ちゃんの表情はバリエーション豊かなので、逆にサイボーグに改造してしまったのはもったいなかったかも。

・木曜日のフルット/石黒正数
大家さんが、ネット上の『電子葬』に参加することに。今回は詐欺だったけど、そのうち本当に実用化されそう。






次週は、読みきりなどはナシ。目次コメントにおける、作家陣のマッドマックス人気は異常。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/07/03(金) 17:48:05|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad