晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

週刊少年チャンピオン 30号の感想

チャンピオンの感想です。今週も表紙、グラビア、ポスターはHKT48/AKB48の宮脇咲良さんです。




・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。IH2日目がスタート。1日目のゴール順にスタートなので、先頭集団は2人いる総北がリード。箱学本体は遅れている黒田を待たねばならず、総北は一気に先頭に追いつくチャンス。しかし、鏑木はついていくことができずに遅れてしまう。6人で走ることを重要視していただけに、ココで見捨てることはできないはず。あれか、ヒメヒメ歌って元気を出す作戦か。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
中田さんからもらった新品の絵日記に、夏休みの思い出の妄想を書きつづっていく小鉄。『おきるじこく』を『おきるじごく』と読み間違えて、起床のたびに、自分に過酷なチャレンジを課しているのかと思ってしまった。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
新連載センターカラー。吸血鬼退治人のロナルドと、ちょっとしたことでもすぐに砂になって死んでしまう“真祖にして無敵”の吸血鬼・ドラルクのやり取りを中心にしたハイテンポのギャグという内容。今回は、13年30号に掲載された読み切りをベースに、ドラルクの城に囚われた?子供をロナルドが助け出そうとする。いちおう舞台はヨーロッパだと思うんだけど、アオリを信じると次回は新横浜に来るの?

・侵略!イカ娘/安部真弘
保育園の先生にして、イベント司会のお姉さんが登場。着ぐるみが紛失して困っているというので、早苗が手持ちの一品を提供することに。ただ個人的には、ずっと表情が同じままの『マジカル少女星子ちゃん』が、不気味だった。脱がないまま終わったし。

・刃牙道/板垣恵介
闘いが終わっての、それぞれの反応。控室での刃牙らの反応を見ていると、烈の死亡は確定と考えていいのか? そして武蔵は、その烈の戦いぶりを『関ヶ原なみ』と評する。どういう意味だ?

・実は私は/増田英二
稲山覚也先生のアフレコレポートマンガもアリ。3週連続掲載ということで、今回は主役2人の紹介と、スタッフのギラツキ具合が紹介されました。本編は、銀さんの厚意?で教師体験をすることになる黒峰。やっぱり、誰が誰の秘密を知っていて、そのことを誰が知っているのかっていう相関図が必要だな。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
あかねは、自分の努力を否定されたことによって、現在のような冷めた性格になってしまっていた。しかし、巨体の舞ノ島に対し吊り落としという大技を見舞う鯉太郎の姿に、そして送られる大歓声に心を動かされる。次回は、恒例の国技館外でのメッセージを伝える流れか。

・ハリガネサービス/荒達哉
雨竜監督が竜泉に赴任して、現在のバレー部を作るまでの過程が描かれる。しかし、社会に出ても通用する『絶対に勝つ方法』というのは気になるな。かなりハードルが上がっている気もするけど。

・スメラギドレッサーズ/松本豊
ツクヨミからの新たな刺客・SAOTOMEが現れる。今回かなでは25%の能力を維持したものの、一回でもダメージを受けると服が脱げるという状況に追い込まれる。てらす子が持ち出したドレスルームが3つと判明したので、あと2人仲間が増えるということかな? でも、そうすると本格的にマジカロマジカルとカブりそうだな。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
五回裏のスターズの攻撃。剛球仮面は賀間を打ち取るものの、サルの代打の星王の打球を頭に受けてしまい、その衝撃でマスクが吹っ飛ぶ。正体は、誰だ!?

・囚人リク/瀬口忍
倒れた田中は、レノマが助ける。そして、現在まで考えている作戦を全員で共有することになるが、問題のリクを日中に地上に上げるために、周龍が看守の目を引く役を買って出る。ただ、その相手は『ギロチン』と呼ばれる巨体の看守だった。ここで、汚名返上できるか。

・ニコべん!/角光
卵焼きの色ムラを解消するために苦心する典道。日常のちょっとしたことからヒントを得る、王道的な展開が良い。次回以降も梅宮さんのために弁当を作るのか、別の相手が現れるか。今週のパンダは、マヨ姉のマグカップ。

・クローバー/平川哲弘
ゲンゲンがストーカーを捕まえる。が、こいつは、今日はじめてユイちゃんのことが気になっただけの様子。そのとき、ユイちゃんに本物のストーカーが忍び寄る。ここにハヤトじゃなくて、真一が駆けつけたらカッコイイな。

・少年ラケット/掛丸翔
宮内兄・博治が姿を現し、伊智朗に『三等星』の輝きがあるか確かめることに(自分は一等星のアンタレス)。長身の左利きということで、かなり幅広く台を使える様子。あと、卓球店の息子の獅子内空君は、モブだろうに名前がカッコ良すぎる。

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
山木さんから『十二人委員』について聞く蛍。はたして圭一は、そのメンバーだったのか、それとも十二人委員に消されたのか…? あと、蛍の見開きサービスショットが、木々津先生にしてはかなりストレートな攻め。

・マジカロマジカル/鈍速毎日
小町先生の依頼で、隣町の応援に行くことになったマジカル団。ギックリ腰になってしまった先輩魔法使いの草薙キリコさんの代わりに、学校に集まって暮らす老人たちのサポートをすることに。ただ、キーパーソンはキリコさんを尊敬している響彩音さんの様子。あの謎の少女も現れたし、怪物化しちゃうかな。

・羽恋らいおん/石坂リューダイ
部長戦に勝利したご褒美として、鈴蘭さんとデートするレオ。そこで鈴蘭さんは、自分がバドミントン選手だったときのことを話す。短期連載の主人公・神宮寺ミントの登場は嬉しいが、(おそらく)鈴蘭さん最後の試合の相手という役回りは、ちょっとイメージが悪いな。

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
辻浦さんも橘さんも好きだという優に、あの子門さんが鉄拳を振るう。そして、早乙女(と部下の2人)をふくめた5人でバンドを結成することに。ハッキリ言って、ここまででベストの内容。ラブコメじゃなくて、こっちの路線の方が良かったんじゃないのかと思うほどキレッキレ。

・Gメン/小沢としお
瀬名の家に遊びに行く前の買い出し中に、雨宮先生が元カレと揉めている現場に遭遇してしまう勝太たち。ふつうは、ここから経緯を聞いて解決って流れだけど、なんとなく瀬名がひとりで動きそうな予感。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
大会はサクサクと進み、準決勝は港南vs栄春と桐湘vs蔡理という顔合わせに。清作&工と永源&桃ちゃん、蛮堂が街で顔合せる場面も良かったが、その流れを作った女子マネ2人もいい味を出していた。

・木曜日のフルット/石黒正数
闇の商人のニセモノが登場。フルットがダマされる。そのうち闇の商人の師匠とか、女・闇の商人とか出てきそう。そして、闇の商人大戦が……。





次週は、山本アヒルの読み切りが載ります。











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/06/26(金) 15:44:53|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad