晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 29号の感想




チャンピオンの感想です。表紙、グラビア、ポスターはHKT48/AKB48の宮脇咲良さんです。




・スメラギドレッサーズ/松本豊
新連載巻頭カラー。堅物すぎる性格で周囲から孤立してしまっている風紀委員長の三ノ宮かなでは、校内で頭に『09』の数字が刻まれた大福の妖精のような姿形をした、世界てらす子と出会う。そのとき、校内にてらす子を探す男2人組が乱入してくる。かなでが、勇気を振り絞って立ち向かうが……。変身が魔法で瞬間的におこなわれるのではなく、自力で時間制限付きというのは面白かったが、そう何回も失敗するわけにもいかないし、今後の扱い方が難しそう。成功したらパワーダウンなしなので、地球ぐらい破壊できそうだし。真っ当な変身ヒロイン路線でいくのか、エロコメ路線にいくのか?

・刃牙道/板垣恵介
戦前は、斬られても反撃してみせると息巻いていた烈だが、実際にそうなって初めて斬撃のダメージの大きさを知る。内臓だけでなく背骨にもダメージを負ったとなると、実際の命はともかく格闘家生命は終わりだろ。

・弱虫ペダル/渡辺航
坂道が『山王』なら、新開弟の異名は『頂上のスズメ蜂』(ピークホーネット)だと明らかに。2日目は、ずっと登りらしいし、この2人のマッチアップがメインなのかな? 最終日はvs真波なんだろうし。

・実は私は/増田英二
1年生は交流会として、屋外でカレーを作る。同じ班の桃地と水奈川が、なぜか対決(同じ鍋で)することになり、最終的には悲惨な結果を呼ぶことに。ギャグ回だったので、未来方面での進展はナシ。鳴ちゃんはツッコミ役として配置されているだけかと思ったけど、登場人物紹介を見ると兄同様に人外をあてがわれているわけか。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
大型の舞ノ島に、真っ向からぶつかっていく鯉太郎。大歓声を送る観衆とは違って、あかねに静かに語りかける椿ちゃんが良かった。次回で、決着かな。

・マジカロマジカル/鈍速毎日
センターカラー。前回の敗北を受けて、それぞれがショックを受けているマジカル団。誰からともなく河原に集まり、再起を誓う。まずは、コスチュームを単行本表紙のモノに変えてみよう。あと、簓の私服姿の破壊力が、なかなか高かった。

・ハリガネサービス/荒達哉
相手サーブの時には点が取れるが、バレーのセオリーから外れた相手の攻撃は止められず、点差を縮めることができない。停滞ムード漂うチームに、金田が『ケツレシーブ』でカツを入れる。下平は、山縣先生から雨竜監督の過去を聞いて、攻略法を思いつくのかな。

・囚人リク/瀬口忍
原田は、覚せい剤の誘惑をなんとか耐える。すっかり出来上がってしまっている班長が、バナナの皮を食べるシーンのキモさったらない。御堂筋君を越えているな。そして、これまで作戦を練ってきた田中が、無理がたたって作業中に倒れてしまう……。

・ニコべん!/角光
典道は梅宮さんのための弁当として、夢で見た花畑を卵焼きで再現しようと試みる。こうやって、1話1デコ食品でネタが持つのか心配。あと、典道が失敗ばかりで函津米家の家計も心配。それから、このマンガの成否のカギは、まね姉が握っている気がする。今週のパンダは、料理本と母親のエプロン。典道がつけていたエプロンの『MOCHINUSHI NO NAI PANDA』って、前作のことを言っているのか?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
父の日で、様々な『○○券』を作る小鉄たち。土井津家のやり取りは良かったが、涙の父親は初めて見た気がする。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
五回表の広島の攻撃を、里中は3人で切って取る。ブルペンに姿を現した、大前田英五郎の髪形のインパクトが大きかった。あと、剛球が五回までみたいなことを話しているんだから、水原は肩を作っていなくていいのかな?

・兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿/木々津克久
山木さんを連れてきた圭一は、オンミヤから伸びる触手を断ち切り、タコに銃弾を浴びせて地元住民を正気に戻す。そして山木さんは、生前の圭一が『十二人委員』に関わっていたのでは?と言う。いったい、どんな組織なんだ?

・クローバー/平川哲弘
ハヤトがゲンゲンに依頼した経緯が明かされる。そして、今回もユイちゃんを送った後、ひとりになったところをストーカーに襲われる。ゲンゲンは撃退したが、逃げられて顔は確認できず。2、3人で襲ってくるところを待ち伏せたらいいんじゃないか?

・侵略!イカ娘/安部真弘
探偵にハマったイカ娘が、愛子先生の顔に落書きした犯人を捜す。推理はともかく、イカ娘がイニシャルの描き方を知っていた方が驚き。

・少年ラケット/掛丸翔
ヨルゲンの強打をイチローは体を倒しながら返し、1本取る。そして自分の名前が、伝説的な卓球選手の荻村伊智朗から取られていることを知らされる。2人は大会での再会を誓うが、宮原兄は水を差すような言葉をヨルゲンに投げかける。まぁ、イチローが卓球部に入ってどれくらいやれるか? という展開か。

・Gメン/小沢としお
瀬名がEDになった経緯、および梅との小学校時代の思い出が描かれる。というところで、雨宮先生が元カレに暴力を振るわれているらしいことが明らかに。この2つの要素がどう絡んでくるか?

・羽恋らいおん/石坂リューダイ
伊深戦エピローグ。部長はレオを認め、レオも自分の素直な気持ちを伝えたというところか。ただ保健室の布団が家にあるような感じなのが、ちょっと違和感。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
亜嵩にエゴイストだったころの自分を重ねた清作は、バックスクリーン直撃弾で過去の幻影を振り払う。そして、次は蔡理戦の様子。聖陽戦は長引かないと思っていたけど、予想外に短かったな。

・辻浦さんとチュパカブラ/櫻井あつひと
みんなで宿題をするため橘さん宅を訪れた優だが、これは巧妙な誘き出し作戦だった。また橘さんと2人きりになるが……。ここに来ての双子の弟登場が、あまり意味を持たなさそうなのが、何とも言えない。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩の黒パーカが風に飛ばされてしまう。フルットがなんとか回収するが……。ラストのコマのフルットの表情が何とも言えない。





次週から、盆ノ木至の新連載がスタートです。あと『情報エクスプレス』のコーナーに登場したのがスヌープ・ドッグって、どんな読者層を想定してのブッキングだよ?







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/06/19(金) 14:58:29|
  2. チャンピオン 2015
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad