FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、ヴィンランド・サガ。

アフタヌーン 12月号の感想




アフタヌーンの感想です。表紙は、ヴィンランド・サガからトルフィンさんです。






・友達として大好き/ゆうち巳くみ
巻頭カラー。体育祭の部活対抗リレーに、穴埋めで出場することになった生徒会。しかし、練習で沙愛子が驚異的な健脚を披露し、1位を狙っていくことに。練習に消極的な大森さんにどうやって走り方を教えるかを考え、レース直前には初めて自分からルールを提案するなど、沙愛子が成長した一面を見せただけでも良かったのに、ゴール後の生徒会メンバー全員でゴールテープをさわるシーンが最高だった。

・スキップとローファー/高松美咲
気になっている部活の先輩と、2人で遊びに行くことになった誠。鋭く気づいた結月が、様々なアドバイスをする。まさか、恋愛方面で最初に動きがあるのが、誠とは。でも、つき合うとかまではいかないかな。ミカと電話で話しているときに方言が出ているのが、美津未が気を許している感じがして良い。

・メダリスト/つるまいかだ
一挙2話掲載。1話目は、ミケの滑走。狙っていた2S+Aのジャンプが2回転サルコウのみになってしまったことから、頭がパニックになってしまう。ここは前回のいのりとの対比という感じか。そして2話目は、光の圧倒的な滑り。さらに光の本当のコーチが、司のあこがれの選手であった夜鷹純ということも判明する。これで、夜鷹&光ペアに司&いのりペアが挑んでいくという構図がハッキリしたか。

・マージナル・オペレーション/芝村裕吏・キムラダイスケ
14万vs3000と圧倒的な戦力さがあるかに思われたが、アラタにかかればそれも問題なし。1000近い班に同時に指示を出し、相手を地雷原に誘い込み足が止まれば狙撃という具合に、着実に戦力を削っていく。事実上、この攻防で勝敗は決まってしまった感じか。あとは、どこに落としどころを見つけるのか。

・猫が西向きゃ/漆原友紀
広田が散歩に行ったまま姿を消してしまう。そして、意外な“正体”が明かされる。最終回となる次回で、広田はどういう答えを見つけるのか? とりあえずチマちゃんのフローは解決しなさそう。

・ヴィンランド・サガ/幸村誠
まず、ゲーム『アサシン クリード ヴァルハラ』とのコラボ読み切りが。バイキング時代のトルフィンと、ゲームの主人公・エイヴォルが戦っていた?という内容。こういうのは単行本に収録されないから、切り抜いておかないと。本編では、トルフィンたちがグリーンランドに到着。しかしレイフさんの身体は、かなり弱っていた……。次回登場するであろうグリーンランドからの参加者もクセ者ぞろいだろうし、ノルウェーでギャンブル三昧だというギョロも、借金取りから逃げる形で参加しそう。

・波よ聞いてくれ/沙村広明
放送枠が拡大した『波よ聞いてくれ』に、トーマスがゲスト出演する。が、全編がネーム状態での掲載なので、ときどき分かりにくいシーンがある。今月は休載が多いので、もう1本落とすわけにはいかなかったということか? あと2016年に周東は、ソフトバンクに入っていないだろ。

・サメガール/雪本愁二
見事にウルメイワシを倒したが、夏蔵のチャックが開いていることが気になってしまう。通算4度目の出張掲載だけど、今回に限っては穴埋めの役割ってことかな。

・天国大魔境/石黒正数
天国パート。5期生のひとりオーマは、目を見た相手に(?)強烈な幻覚を見せる能力の様子。ほかの同期たちも同じように強い力を持っているのだとしたら……。魔境パート。高原学園茨城施設近郊は、多くの人が暮らし市場を形成するなど、大きな居住区になっていた。その中心には、かつて名前の出た『復興省』があり、そこでロビンの情報を手にする。ついに再会したキルコだが……。これ、ロビンは桐子が死んだと思っているので、ということなのか、なにか別の感情が動いているのか。

・来世は他人がいい/小西明日翔
霧島と、今回の黒幕・周防薊の激しい攻防。口元の大きな傷に、霧島は見覚えがある様子。どんな因縁なのか? あとは、薊の刺青の模様が気になってしまった。タコなの?

・ダーウィン事変/うめざわしゅん
ALAの隠れ家を突き止めたチャーリー。警察に出頭するように促す。隠れ家と車内でのマックスとのやり取りがなかなかに興味深かった。そして、保安官事務所を前に“事故”がおきてしまう。これは、完全にチャーリーの犯行に見えてしまうが、逮捕という形をとるのに問題はないのか?

・スポットライト/三浦風
実はこれまでミスコン対策をしていなかった小川さん。カップラーメンをやめたりハイヒールを履いたり色々と苦労するが、そのことに斎藤が意見をする。このままミスコンの参謀的な役割を任されるか? それから、小川さんの友達で斎藤のバイト仲間の江口さんは、おいしいポジションになりそう。

・はしっこアンサンブル/木尾士目
文化祭。16チーム参加の何でもありの合唱トーナメントが行われる。今回は1回戦の3試合。King GnuやRADWIMPSなど、全体的に選曲が今風なのが印象的だった。それから、いくつかのサークルに仁がアドバイスしていることから、何人かは合唱同好会に参加してくれるかな。

・十角館の殺人/綾辻行人・清原紘
守須と合流した島田と江南。そのまま江南の家に行き、紅次郎から聞いた話を復習するする。次回で青司のほうの事件は概要が判明する形か。それが、現在進行形の事件とどうリンクしていくのか。

・無限の住人~幕末ノ章~/滝川廉治・陶延リュウ・沙村広明
センターカラー。いきなり、彦斎が佐久間象山を斬り殺すという衝撃の幕開け。坂本と中岡慎太郎の会談や、芹沢鴨(怪物)の調整をする逸番隊など、大きな戦いにむけての準備が進められている印象。そして次回は、斎藤一&藤堂平助vs万次&河上彦斎という戦いの様子。すごい顔合わせだな。

・乾と巽~ザバイカル戦記~/安彦良和
ザバイカル州の独立を宣言したものの、新しいトップは決まらず、チェコ軍も迫ってきていた。そのために乾は、高台に迫撃砲を移動させる。そして、巽の下の名前が奈津夫と判明。字は夏じゃないけど、乾冬二との対比か。

・プ~ねこ/北道正幸
『地域猫少女』の爪伽美亜さんの話。これは、今後も話を広げられそうな設定。三者面談のヤツが良かった。

・ああっ就活の女神さまっ/青木U平・よしづきくみち・藤島康介
激しい労使交渉のすえ、美術館はさらに人気になってしまう。ART48の神7の自己紹介の流れが最高だった。でも、いまだに就職は決まらず。神うんぬんの話さえしなければ……。

・フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/草水敏・恵三朗
三雲さんが訴えを取り下げ病院側も頭を下げて、今回の件は一件落着。558ページからの想い出のシーンが素晴らしすぎる。キリンの箱がデスクにあるのも、ニクイ演出。

・イサック/真刈信二&DOUBLE-S
レプリカ火縄銃『ヤーパン』を手に入れたことで、スピノラ軍は遠距離攻撃ではかなり優位になったか。イサックは相手が狙撃に使いそうな場所を下見するが、そこを謎の騎兵に襲われる。突発的な戦闘だけに、ある程度の被害は避けられないか。

・青野くんに触りたいから死にたい/椎名うみ
藤本は、あらためて優里への気持ちを自覚してしまう。なんか、悪い方向に突き進みそう。それから、優里がちょっと大人っぽくなったような。

・トップウGP/藤島康介
真音は普通の高校を受験し、リハビリを頑張る。ただ、どこかに心残りがあることも確かで……。単なる骨折じゃなくて、神経系もやられているのか。

・他向け花/鷹野聖月
読み切り。四季大賞受賞作。祖父が死んだものの、涙を流せない黄楊子。その代わりに、身体から花の形の血涙という結晶が出てきてしまう。『花師』という払い屋の由伸彦という男に取り去ってもらうのだが……。講評にあるように、絵の雰囲気とストーリーがバッチリ噛み合っているし、698~699ページの見開きの迫力は素晴らしかった。でも、由伸彦の花は、もう少し見えづらくしておいたほうが良かったような。











次号は新連載とかは特になし。予告ページはダーウィン事変推し。でも、ルーシーのことを『陰キャ美女』と書いてあるのが気になる。別に陰キャではなくない?












スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/10/25(日) 17:54:44|
  2. アフタヌーン 2020
  3. | コメント:0

ヴィンランド・サガ 第24巻の感想





ヴィンランド・サガ第24巻の感想です。表紙はトルフィン一家。いよいよヴィンランド移住の準備が始まります。





・第167話 西方航路①
ヴィンランドへの航路の説明。なんとなく1年近くかかる大掛かりなものになるのかと思っていたけど、順調にいけば1月半といった感じなのか。そして、ギョロはヴィンランドに行くつもりがないことが発覚する。この巻では、後の話ではまったく姿を見せず。再登場時は、どういう役割になるのか。

・第168話 西方航路②
トルフィンは、集会の場でヴィンランド移住者を募集する。そこには、戦いの象徴である剣の持ち込み禁止という条件もあった。今回登場した羊飼いの兄弟や、心優しき巨人・ハルヴァルなどが、移住候補者ということか。あと、夕食時の土産話を聞くと、やっぱりミクラガルドでの商売編を読んでみたかっと思う。

・第169話 西方航路③
ハルヴァルが自らの生い立ちを語る。見た目通りトルケルの子供っていうのはそのままだけど、戦場に連れていかれないために母親がウソをつき、女として育てられていたとは。あと、歴史的なことは疎いんだけど、トルフィンたちがイッカクの角を売っているあいだに、デンマーク軍はアイルランドを征服したってことなのかな。

・第170話 西方航路④
奴隷であるコーデリア(ハルヴァルの女性名)は、ハーフダンに連れ戻されることに。ここで、トルフィンが『最初の手段』を使う。戦士としての強さ、農民の技術に加え、商人としての交渉力も併せ持っているとは、バイキング時代は単なる殺人マシーンだったのが、大人になった現在では、様々なスキルが使える万能キャラになっている。

・第171話 西方航路⑤
カルリの靴を直してくれたりオモチャの弓を作ってくれたり、ヒルドさんのお世話になったグズリーズは、劣等感を抱いてしまう。たしかに、これといった特技・個性を持っているわけではないけど、第167話のようにトルフィンを落ち着かせる役目は他の人にはできないからなぁ……。そしてトルフィンのところには、剣を持ったままヴィンランド移住をさせろという人たちがやって来る。どうやって説得するのか?

・第172話 西方航路⑥
剣不要派のトルフィンと、剣を持ち込もうとするイーヴァルの話し合いは、けっきょく平行線の物別れに。仮面をかぶったガングラティはマヌケな外見だけど、意外と切れ者じゃないか。そして話し合いの行方を見極めていたヒルドさんの言葉もグサリとくるものがある。第17巻からのつき合いなのに、まだ完全に分かり合ったわけではないんだよな。

・第173話 西方航路⑦
馬を買うついでに、トルフィンとハーフダンが話し合いをする。ハーフダンの語っているのは、絶対的に強い王と法律と軍隊による統治といったところで、トルフィンは経済を中心にした民主主義みたいな感じか。このときの2人の吹き出しの形が違うのが気になる。四角いハーフダンは剣を必要とする古い考え方ってことかな。イーヴァルも四角いし。

・第174話 西方航路⑧
前話ラストでのハーフダンからの「自分の養子になれ」という申し出に、どう返答するか迷うトルフィン。しかし、このタイミングでシグやんが帰郷する。単行本だと、フリとオチがすぐにくるのでまぁ……という感じだが、雑誌連載時は1ヵ月待ったので前回のヒキはなんだったのか!?と思ってしまった。まぁ、孫を溺愛するハーフダンは面白いけど。

・第175話 西方航路⑨
いよいよヴィンランドへ向けて出港する。みんなの前では明るく振舞っていたトルフィンだが、実際はかなり気合いが入っている様子。エイナルが持ち込んだ『女神』の中身も気になるけど、イーヴァルが持ち込んだと思われる剣がどういう影響を及ぼすのかというのが、今後のポイントか。





次巻では、グリーンランドに立ち寄ったところで、レイフさんとギョロ目がどうするか? というのが、まずは描かれるか。







 




テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/10/24(土) 15:57:17|
  2. 幸村誠/ヴィンランド・サガ
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 47号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は、水曜どうでしょうのみなさんです。







・水曜どうでしょう~大泉洋のホラ話~/大泉洋・星野倖一郎
2ndシーズン開幕巻頭カラー。テレビ番組のほうの情報や付録も盛りだくさん。本編では、アラスカの氷上での、凶暴な白熊・白カブトと冒険王・大泉洋の激闘。この黒いWilsonのジャージは見覚えがある。でも、直撃世代が3~40代であろうどうでしょうと、最近のネットでバズった作品を連れてくる路線とは相性が悪い気もする。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
新しく町外れにできた駄菓子屋に小鉄たちが行く。おりしもハロウィンだったので、みんなコスプレをするのだが……。鬼太郎コスののり子がカワイイ。今年は大規模なモノはないんだろうけど、子供とかは鬼滅の刃のコスプレをするんだろうな。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
学校の風紀を乱す存在として呼び出され、大祐が全責任を負う流れに。演劇部の岡崎さん、(たぶん)初登場なのに4段ブチ抜きとは。侮れない存在だ。

・弱虫ペダル/渡辺航
センターカラー。峰ヶ山のメンバーに選ばれた段竹の戸惑いと覚悟。そしてレース本番直前に、もうひとりのメンバー定時が発熱してしまう。代役は杉元が務めるかな。そして箱学から参戦する2人は誰だろう?

・魔入りました!入間くん/西修
繁華街で買い物を満喫する入間とアズ。キリヲからの襲撃があると思ったが無事に終わり、2人の友情がさらに深まる形に。クララとのデートもあるかな。

・家庭教師なずなさん/縁山
つづみと一緒に、戌亥山の街を探索。甲子太郎は一軒の団子屋が気になるのだが……。なんだか最後は美味しんぼのような展開に。来週のお祭りで『究極の団子』を披露するの?

・SHY/実樹ぶきみ
センターカラー。曖を取り込んだ昧 = ウツロの攻撃は圧倒的。黒球にヒビを入れ、シャイも瀕死のダメージを負う。トビラやラストの刀を構えた姿など、今回は絵がバッチリ決まっていた。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
裸の王様や金太郎など、童話をベースにしたショートオムニバス。ネタは、ヘンゼルとグレーテルのヤツが良かった。

・桃源暗鬼/漆原侑来
京都支部に潜入した桃宮&桃草と、花魁坂&皇后崎が遭遇。さっそくダメージを受けてしまう。個々の戦闘力は桃太郎のほうが上なんだろうけど、数の上ではいちおう鬼が勝っているわけだし、どうにかできるのでは?

・声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている/矢村いち
騎馬戦が終了。奮闘したものの、真白達の赤組は負けてしまう。そのことを自分のせいと考える真白だったが……。大宮のハチマキを結ぶ位置、はじめからそこだった?

・うそつきアンドロイド/阿東里枝
センターカラー。けっこうな大食いの渡嘉敷だが、西表が「アンドロイドは食べない」と言うので、少食に徹しようとする。239ページの表情が、とても良い。

・ヤンキーJK クズハナちゃん/宗我部としのり
モデル決めに難航する早乙女。虎寺さんの体操服を直したことで、吹っ切れた様子。まぁ、4人全員にお願いするっていうのが、いちばんの落としどころかな。

・メイカさんは押しころせない/佐藤ショーキ
岡さん視点で、メイカと晃汰の関係性についてアレコレ考える。岡さんは、メイド勝負の前くらいからいいキャラになったと思う。

・魔界の主役は我々だ!/津田沼篤・西修・コネシマ
巨大に成長してしまったネコのピコをどうするかで会議。このまま部室で飼うことはあきらめ、一時的に悪魔学校の庭園内に隠すのだが……。まさか、このテーマで3話使うとは。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
九里虎vsバロンは、いよいよ最終局面か。金城の見立てでは、九里虎はガス切れの様子。バロンは、九里虎の歯をつかむ。このまま引っこ抜くのか?

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
龍金剛vs独歩。相撲vs空手。龍金剛の圧倒的な突進に対応し打撃を入れていく独歩だが、あまりダメージは与えられていない様子。まぁ独歩の勝ちは揺るがないんだろうけど、龍金剛は首の強さもあるだろうし、どうなるか。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
試行錯誤をくり返しながら、バレーの楽しさを実感する成宮。しかし、スマホにアラームが。そういう問題を抱えていたか……。

・六道の悪女たち/中村勇志
黒方の決死の叫びが、マイクを通じて校舎に響く。屋上に現れた幼田が恭子をブッ飛ばしママみを見せたことに対し、再会した黒方に涙を見せ甘えるっていうギャップが良かった。「自分は番長だから」と事あるごとに言ってきた幼田だけど、そのプレッシャーを感じてもいたんだな。

・もういっぽん!/村岡ユウ
榛原さんを招いての合同練習。天音に対する誤解も、ちょっとは解けたかな。そして時期はバレンタインデー。早苗発案で、卒業間近の姫さんにプレゼントを贈ることに。未知と南雲の髪が伸びてカワイくなっているし、373ページの男子は、だった1コマの登場でキャラを立てたのはスゴイと思う。

・バクくん/田中優吏
クーが、蓮と斗馬らと遭遇。まぁ、ここでも止まらないだろうな。バクくんにナリヤンから送られた写真というのも……。

・ぼいるふろー!/平平なすこ
短期連載最終話。これまでの蓄積により、スクナヒコナが規制対象に。様々な形のモザイク処理されてしまう。やっぱり、この絵柄でエロコメは難しかったのでは。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩の課金を注意する頼子だったが、自分自身もアプリに振り回されていた。『ソレミテ』時代の幽霊センサーみたいなヤツ、まだ持っているんだろうか?








次号は、読み切りも新連載もナシ!











テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/10/22(木) 17:55:25|
  2. チャンピオン 2020
  3. | コメント:0

ジョジョリオン 第24巻の感想



ジョジョリオン第24巻の感想です。今回のウルジャンとの連作は、2ヵ月前の9月号と。メインに描かれているのは……。







・#095 ザ・ワンダー・オブ・ユー(君の奇跡の愛) その⑫
物音を聞き、駆けつけた憲助。一時は常敏の説得に応じるかに思われたが、キング・ナッシングで新ロカカカの鉢を調べたところ、そこに付着していた臭いは……。笹目桜二郎の再登場には、こういう意味合いもあったのか。そして“真実”を知られてしまった常敏は、実の父親にスピード・キングを向ける。常敏は何度も『正しい道』という言葉をくり返しているけど、結局こういう形になってしまうなら、素直に『壁の目』を使っておけばという気がしないでもない。そして、康穂も窮地を脱するが、右腕を失ってしまった様子。回復できるのか?

・#096 動かないしかない
留置場にいる豆銑のところにも、院長が出現。様々な行動を試し『黒スーツの老人』が自動追尾のスタンドで、本体がどこかにいるという結論にたどりつく。同房の男を自殺未遂に追い込み、その体に紛れてTG大学病院へと“戻る”。いっぽう東方邸では、それまで外にいた院長がついに室内に。壁やパソコン画面の中を自由に移動する。しかし、見ることのできるのは、あくまでも攻撃対象になっている蜜葉のみ。常敏は院長の位置を確認できないまま攻撃をくり出す。そして大ダメージの康穂は助けを呼ぶが、ゆいいつ連絡ができたのは透龍だけだった。このあたりから、なんとなく正体をうかがうことのできる雰囲気がある。

・#097 ザ・ワンダー・オブ・ユー(君の奇跡の愛) その⑭
まず、今回が『その⑭』なのに驚く。前話を『ザ・ワンダー・オブ・ユー(君の奇跡の愛) その⑬』とするということなのか。常敏は、近くにいるはずの本体を叩こうと考えるが、監視モニターで透龍の姿を見た途端に、大量の出血に見舞われる。ヘアスプレー缶を攻撃した時点で『追跡する』というスイッチが入ってしまったということか。死亡確定間違いなしというような出血量だけど、本当にこのまま退場となってしまうのかどうか? いっぽう大学病院にいる院長のところに記者が訪れ、ロカカカについて質問する。しかし院長は一般人にも見えるし、同時に複数体存在するし、かなり規格外のスタンドなんだな。

・#098 ザ・ワンダー・オブ・ユー(君の奇跡の愛) その⑮
定助と豆銑が待ち構える実験室にやって来た院長。しかし、部屋には入らず用心を重ね岩昆虫の『ドゥードゥードゥー・デ・ダーダーダー』を放つ。本体を倒そうとした常敏と豆銑に対し、定助はスタンドのほうを倒す作戦があるという。自爆うんぬんのセリフがあるので、自分に自分を追撃させるのか? でも、どうやって? それから、いくら自動操縦とはいっても、透龍は数年単位でスタンドを出しっぱなしにしているわけか、こっちも規格外の持続性だな。







次巻では、透龍の過去が明らかになる様子。そうか、考えてみれば彼も岩人間なのか。

















テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/10/19(月) 20:24:25|
  2. ジョジョリオン
  3. | コメント:0

ハルタ vol.78の感想




ハルタ78号の感想です。



・表紙とカバーストーリー
天野実樹先生が担当。バイクに乗らないので分からないのですが、短パンだとエンジンの熱とかで「あつッ!」ってならないんですかね?

・アビスアジュールの罪人/冨明仁
新連載。人魚のジョーが、海面を漂っていると、親子クジラと出会う。ハルタオルタに載った読み切り同様、動物が生き生きと描かれている。特に、人魚 → 子クジラ → 親クジラの3連続ジャンプ。今回は平和な感じだったが、タイトルに『罪人』と入っているだけに、今後はどういう展開となっていくのか? 毎号連載です。

・夜の名前を呼んで/三星たま
第2話。比喩ではなく、実際に夜に星が降ってくる。師匠とミラは、それを集めてジャムを作ることに。しかし、ミラの食べたものには異物が混じっており……。『夜』うんぬんはときどきにして、こういう日常×魔法路線で進めていってほしい。

・ハクメイとミコチ/樫木祐人
第77話。騎鳥便のパイロット、フゥフラトゥがハクメイとミコチの家の木に引っかかってしまう。彼女(?)は相棒の鳥との間に問題を抱えているようで……。はじめに鳥のガオリを見たときの2人の表情とか、雨粒が当たっただけで木から落ちてしまったりとか、すぐそこに命の危機があるということを感じさせられた。2人が空を飛んだのは、夕焼けトンビ以来かな。

・ホテル・メッツァペウラへようこそ/福田星良
新連載。12月のフィンランド・ラップランド地方。雪に閉ざされた町外れのホテルに、ひとりの日本人・ジュンが現れる。気弱そうだっただけに、サウナに入るときの刺青のインパクトが大きかった。ジュンは、このままホテルで働くことになる。ほか2人も、なにか秘密を抱えているのか? 毎号連載です。

・金曜日はアトリエで/浜田咲良
第12話。同じマンションに住む双子の女の子へのプレゼントを、夏祭りの屋台で探す。でも本筋は、そのあとの似顔絵を描くシーンからの、環さんにもプレゼントを渡す流れかな。これで2人の距離がどれくらい近づいたのか? あと、タピオカドリンクを飲む場面で思ったけど、どこかのグルメマンガで『究極のタピオカ』みたいなのを作ってほしい。

・先生、今月どうですか/高江洲弥
第2話。四十万先生の連載が決まるかも。という話が。紫ちゃんはウキウキになってしまうが……。カレンダーが2018年になっているけど、これはコロナ対策の一環なのかな。あと、四十万先生の部屋、置いてある観葉植物が大きすぎると思う。

・北北西に曇と往け/入江亜季
第45話。三知嵩の助けを借りて、慧は浮気調査を解決する。聖地巡礼ガチ勢だったのか。しかし、家に帰ったところで、三知嵩は警察に連行されてしまう。ここから急展開となるか。

・後ろのギャルにナプキンとられた/杠サキ
読み切り。便所飯をしていたら、ギャルの白石に使用中のナプキンを強奪されてしまった黒田。しかし、2人はこれをキッカケに仲良くなっていく。中盤は良い感じの百合かと思っていたので、終盤の展開にやられた。確かに元に戻っただけなのだが、もうちょっと救いが欲しかった。でも面白い。

・帝都影物語/比嘉史果
第2話。もともと体の弱い春宮は、体調を崩してしまう。影が、弟であり政敵の冬宮からの使者を出迎えることになる。回想とかを見ると春宮は、過去の出来事からかなりツンをこじらせているわけか。末妹の夏宮は、継承権がないと考えていいのかな。

・生き残った6人によると/山本和音
第3話。あらためて2人1組にアサインして、モール内を探索する。とりあえず男性人気トップの雫は梨々狙いで、フリーターの入江は強力な戦力になるということか。ビーストが意外と常識人枠か。

・街に鏤め宙に描く/浜田慶亮
読み切り。パルクールを駆使して出前を届けるチームを描くショート3本立て。街中を飛び回る様子は見ていて楽しいので、続編を期待したいところ。

・瑠璃の宝石/渋谷圭一郎
第8話。なんとかサファイヤの産地特定の作業をショートカットできないか考えるルリだが、ナギさんはそれを許さない。アドバイスを送る伊万里さんの後ろに、たくさんの本があるコマが印象的。最初はただ砂を顕微鏡で見るだけだったのが、磁石を使ったり軽い砂をはぶいたり、事前に作業を効率化させているシーンがとても良い。

・クプルムの花嫁/namo
第5話。祖母の雪さんが不在なので、しいながお客さんの相手をすることに。たしかにこれは、祖父の総一郎や修には無理な仕事だな。今回登場したバイヤーさん、重要人物な気がする。

・煙と蜜/長蔵ヒロコ
第20話。12歳なので小学校に通っている姫子。雨の日に、ご学友たちと一緒に下校する。ワイルドな野々目さんとキャッキャしている番外編を描いていただきたい。

・アンリの靴/かわもとまい
第6話。動物カメラマンとして世界を飛び回っている兄が帰国し、アンリと食卓を囲む。職人になる前に会社勤めをしていたそうだけど、普通のOLだったのか、それとも靴関係だったのか?

・ふろラン/石田裕揮
第7話。体力をつけるため、ランニングサークルのイベントに1人で参加した古川。ペースについていけずバテそうになるが、同い年の新田よるさんと一緒に走ることで、目標の10キロをクリアすることができた。ペース配分とか走る姿勢なんかをさりげなく矯正していた感じなのかな。そう考えると、結衣は具体的なアドバイスをしていなかったのか。

・ライカの星/吉田真百合
第4話。傷ついたライカは、自分の銅像のところで倒れてしまう。そこを助けられ、アルビナという犬の住む家で治療を受ける。人間を憎んでいたとしても、頭をなでられればシッポを振ってしまう……。次回が最終回。やっぱり短期連載だったか。

・乙嫁語り/森薫
第67話(通算93話目)。立ち寄った村がロシア軍の襲撃を受ける。女子供と山道を逃げるスミスたちのため、ニコロフスキがひとりで足止めをする。下手をしたら……と思ったが、予想よりも強くてホッとした。そして、アリは「これ以上進むのは危険だ」と進言する。タラスもいるし、スミスはどういう判断をくだすのか?

ねえさん、起きて/梅ノ木びの
読み切り。死んでしまった姉を大切に思うあまり、ゾンビとして蘇らせた弟。というホラー展開で終わらせずに、そこから別の方法で姉を復活させていくのが、新鮮で面白かった。でも、最後のページの試作品?たちは、姉が日光で消滅するシーンと同じくらいグロテスク。

・紅椿/高橋拡那
第14&15話。1本目は、前回に引き続き龍神の修復作業。けっこう強力な神様が仲間?になった感じかな。2本目は、雨宿りするリゼの着替えシーン。獣人だから慣れていないってことなのかな。だとすると、普段はどうしているのか?

・紙一重りんちゃん/長崎ライチ
第13話。父親のTシャツ、運動会、りんちゃんの考え事という構成。個人的には、Tシャツ編がいちばん番良かった。特に③。

・九国のジュウシ/西公平
第13話。新しい上司となる屋山中務と、新しい部下の巳島草兵衛が登場。紹運に異様な忠誠心を見せる草兵衛を、十四郎が拳で黙らせる。屋山は、目がイッちゃってるのがこわすぎる。

・不死の猟犬/八十八良
最終章第8話。風鈴vsママ。帯と銃弾が乱れ飛ぶ迫力満点のバトル。そして、剣崎がママに捕まり犠牲となってしまう。でも、雁金が「策を与えた」と言っているので、これも何らかの作戦の一環のはず。今回が最終回のはずだったが、次回に持ち越しに。

・碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語-/犬童千絵
第37話。ジェフティがメリエトを見初めて(形だけの)夫婦に。そのことを祝うついでに、シェプストが玉座を譲る条件を言い渡す。思っていたよりもすんなりとストーリーが進行した印象。今回は、デフォルメ顔の多用も気になった。

・はなやっこ/原鮎美
第25話。ついにスミレさんが戻ってくる。でも風宇は、スミレさんが元ヤンなのかどうか気になってしまう。スミレさんは、約1年ぶりの登場か。

・極東事変/大上亜久利
第12話。新聞記者の舞島麻衣さんが登場。報道の自由を信じる彼女が、治安衛生局を取材する。グラハムは置いておいて、それぞれの考え方などが上手く整理された感じ。雪だるまを作ったり、780ページのシーンとか、砕花の子供っぽさが最近は強調されているような。

・ダンジョン飯/九井諒子
第68話。シスルが迷宮を造りモンスターを生み出していった様子が描かれる。ダンジョン内で蘇生ができるのは、デルガルの息子を病気で死なせないための処置だったわけか。そして翼獅子の魔導書もシスルの手に戻ってしまう。気になるのは、そのときにマルシルのことを「ハーフエルフ」と言っていること。普通のエルフじゃなかったの?

・昴とスーさん/高橋那津子
第26話。澪たち花屋の3人とスーさんで、流星群を見に行く。そんなときに、過去の記憶がフラッシュバックするように。そこに出てきた野球選手の名前を検索してみると……。スーさん自身が、若返りループの秘密に気づいてしまうか。

・ミギとダリ/佐野菜見
第33話。自分をかばって負傷した瑛二を、女装して見舞うミギ。そこで、事件の全貌を知ることに。華怜も助けてくれたし、悪役は母親だとハッキリした形になったかな。

・福引き怨霊生活/浅井海奈
第9話。海に遊びに来るが、さっそく海で遭難した人たちの怨念(海坊主?)から攻撃を受ける。896ページあたりからの互いを助け合う流れが良いし、全体的に海の中の描写が上手かったと思う。

・東京城址女子高生/山田果苗
第21話。模擬天守の郡上八幡城と、復元天守の大垣城へ。冬休みだからなんだろうけど、泊りがけで岐阜まで旅行したのか。人柱うんぬんの流れから「一緒に埋まるね!」のページが印象的。百合のギアを一気に上げてきたな。

・青武高校あおぞら弓道部/嵐田佐和子
第24話。男子個人戦決勝。御手洗が満足のいく一射を見せる。前半でからかってきたヤツら、1人くらいはこの場所まで残っていろよ。次回は、天草にスポットが当たるかな。

・つきたて!餅小町/佐藤春美
読み切り。13度目の登場。臼カビ編。臼に巨大なカビが発生!と思いきや……。親ネコ、もうちょっとカワイイ目つきにできたのでは?

・ヤギと羊の王冠/中村哲也
第4話。テオとソーニャのビール造りが順調にスタートしたかに思われたが、両家がそろって修道院に乗り込んでくる。情報を漏らしたのはグレタか。おそろしいな。

・峠鬼/鶴淵けんじ
第14話。回想編が終わり、時間は現在へ。3人は、ついに葛城山へと歩を進める。なんとか到着した頂上で待っていたのは一言主ではなく……。いろいろと謎は残っているけど、これがラスボス戦ということになるのかな。

・夕凪に舞え、僕のリボン/黒川裕美
最終話。数年が経過し、凜太郎の単独公演が行われることに。その演技の様子を、和や先生が観ているのはもちろん、父親が来たというのが泣けて……。後半のリボンシーンは圧巻。素晴らしい作品でした。

・予告
次号は、山岳部、ドラクラ、手つかずの国、真柴姉弟、冥府、バードさん、ニコラが掲載。天野実樹の短期連載が始まるほか、梅ノ木びの、木原悠里子、中原ふみ、の読み切りが載ります。












テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/10/16(金) 17:32:54|
  2. ハルタ 71~
  3. | コメント:8

週刊少年チャンピオン 46号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は桃源暗鬼です。







・桃源暗鬼/漆原侑来
巻頭カラー。2話掲載。まず、桃草の能力で動きを封じられた無陀野が、アグリの自爆に巻き込まれる。まぁ、後々おくれて救援に駆けつけるパターンだろ。そして、桃宮らは京都支部に乗り込む。一ノ瀬も覚悟を決めたことだし、正面からぶつかるか。そろそろ、他の同級生の能力も見たいところ。

・魔入りました!入間くん/西修
キリヲを過剰に警戒するアズは、常に入間の周りに炎のバリアを展開させる。ここでクララが“お姉さん”として作戦を立てるとは。でも繁華街に行くのは、ちょっとマズい気もする。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
センターカラー。主に、九里虎vsバロンを見ての金城の気持ち。今回は浴びせ蹴りを見せたり、意外と九里虎はトリッキーな技を使う。

・声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている/矢村いち
順調にハチマキを取り、練習の成果を実感する。真白の声を聞いて菊乃が指示を出すが、こういう苦労がどこかで報われて欲しい。

・弱虫ペダル/渡辺航
小野田がキャプテンとして、峰ヶ山に挑むメンバー選考に悩む。総北は小野田・今泉・鳴子と、鏑木はまぁ決まりで、残りを、杉元、定時、段竹で争う感じか。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
1年生で写生大会。なぜか鈴が大祐の近くで描こうとする。和香も1年だったか。てっきり上級生だと思っていた。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
センターカラー。成宮が剣道で培ったノウハウで対抗しようとするが、月聖はその上を行く。なかなかに厳しい相手だな。

・うそつきアンドロイド/阿東里枝
遅刻を回避する特殊機能があると、またウソをついてしまう。これ、最終的に開発を続けていって、ゆずが自分でアンドロイドゆずを造れば問題が解決するのでは?

・メイカさんは押しころせない/佐藤ショーキ
津田沼さんを意識して、強く嫉妬してしまうメイカ。トリッキーな質問を晃汰にしてしまう。文化祭本番はどうなってしまうのか?

・六道の悪女たち/中村勇志
センターカラー。六道、飯沼に続き課長&大佐も屋上へ。乱奈も加えた初期メンバー5人がそろう。反対側の屋上には恭子も駆けつけるが、あっという間に六道の術にかかってしまう。沙知代の予知能力も戻ったが、ここまで姿を見せていたないヒューマの動向も気になるところ。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
龍金剛の圧倒的な攻撃をなんとかしのいだ無門。そこに、愚地独歩が現れる。本家で大相撲vs地下闘士をやっているというのに、こっちでも力士と戦おうというのか。

・バキ道/板垣恵介
第4戦は、克己vs獅子丸。離れての打撃戦なら克己、組んだら獅子丸みたいな展開かな。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
地球に侵略に来たスピルバーグ星人の様子。よく背景に宇宙人がいるけど、こういう経緯で来た本物だったのか。

・ヤンキーJK クズハナちゃん/宗我部としのり
けっきょく勝負ウンヌンはウヤムヤになってしまったけど、獅子堂の態度もやわらかくなったし、まるく収まったかな。最後に「ぷぅ…」としている華子がカワイイ。

・SHY/実樹ぶきみ
覚悟を決めた曖の刃が、昧の身体を貫く。しかし、これこそが昧の狙いだった様子。曖を取り込み一体化してしまう。この強敵にシャイ1人で立ち向かわないといけないのか。

・魔界の主役は我々だ!/津田沼篤・西修・コネシマ
我々師団の部屋にネコが迷い込む。一時的に預かるつもりが、ショッピが気に入ってしまい、過剰なお世話をしてしまう。肉球が、悪魔の形になっている。

・家庭教師なずなさん/縁山
不信な動きを見せる猿飛の素行調査を、なずなが行う。なずなは公衆電話から報告しているけど、スマホを持っていないのか。あと、あらすじ説明ページで、6人中4人の説明が『甲子太郎大好き💛』なのが最高。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
新横に現れたのは、吸血鬼ではなく怪人だった。突然現れた妖精の力でヒナイチが魔法美少女に変身するが、ほかのメンバーが……。ゼンラニウムが、いちばん不憫かな。

・もういっぽん!/村岡ユウ
個人戦の翌日に行われた、団体戦の決勝は聖条学園vs霞ヶ丘。しかし未知は、対戦していない東体大栄の選手にも話しかけるとか、コミュ力がハンパないな。そして、控室で青葉西の面々を見つめる謎の視線が……。天音が見覚えがあるということは、永遠関係か?

・バクくん/田中優吏
ナリヤン&山田が、クーと遭遇する。でも、2人がかりでも止められないんだろうな。クーとバクくんの、手のイメージの違いが上手い演出。

・ぼいるふろー!/平平なすこ
短期連載7話目。黒ギャルになりたいスクナヒコナが、なぜか父親やすめしを吸収合体する。水着の股間が膨らんでいるのが、気持ち悪すぎる。

・木曜日のフルット/石黒正数
ケンカでトラに負けたフルット。知らないうちに他の勝負でも負けてしまう。的場あんなとBovary、なにか元ネタがあるのかな?













次号から、水曜どうでしょうのシーズン2がスタート。











テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/10/15(木) 18:09:18|
  2. チャンピオン 2020
  3. | コメント:0

六道の悪女たち 第22巻の感想




六道の悪女たち第22巻の感想です。表紙は桜沙知子さん。母親・子供・包丁という組み合わせの異様さ。





・第188話 決意の桜
さっそく、部下たちの裏切りを察知した桜さんは、警察を動かして切り捨てにかかる。このスピーディーさは、さすが裏社会のボスといったところか。乱奈への術の効き目が弱まっている?のも心配だけど、もし桜さんにも術が効かなくなったら大変なことになるな。

・第189話 悪魔のような人
桜さんが、本当に母親としての愛に目覚めていたことが回想シーンで明らかになる。寺國が「いい母親を演じているに決まっている」と言った直後に、デレデレの姿を見せつけられるとは。そして、タテシマの闇金時代も描かれるが、下っ端のときの天道の姿も、ちょっと意外な感じ。

・第190話 嘘
幹部が警察に捕まったことを予知できなかった沙知代を叱責。裏社会から追放する桜さん。しかし、それも親としての愛情ゆえ……。サブタイトルもダブルミーニングになっていて素晴らしい。このシリーズが始まったときは、六道たちvs桜さん一派になるのかと思ったけど、予想外の展開を見せている。

・第191話 再会
六道が沙知代を追っていった先に待っていたのは、警察官たちをブチのめして脱出してきた幹部たちだった。あっという間に沙知代を連れ去ってしまう。天道は鋭い蹴りを放ったけど、強さのバックボーンはどこにあるんだろう? 六道が倒れたときに現れたのは……。 

・第192話 同釜
仁&名残! さらに黒方、タテシマ、葵が次々に登場し、なぜか桜さんの手料理を食べることになる。各エピソードの敵サイドにいた男性キャラたちが集合し、手を組むところまで持っていくのをたった1話で描き切る作者の腕前には、感服せざるを得ない。マンガが上手すぎる。

・第193話 復讐者
同じ釜の飯を食った仲間として、タテシマ、黒方、葵、名残&仁が沙知代救出に向けて動き出す。が、桜さんの鶴の一声で、六道だけは外されてしまう。というところに、沙知代から連絡が入り、さらなる状況の悪化が判明する。ただ、組織の部下200人を乱奈が片づけたとしたら、あのビジョンに似た状況になるのではと思う。

・第194話 天道の罠
あらためて沙知代救出を誓った六道は、乱奈や飯沼らを招集する。さらに、六道らが登校していないことを不審に思った幼田らのところに莇美から連絡が入り、彼女らも現場に向かうことに。相手も大人数だけど、六道サイドもいつのまにか大所帯になった。全部で15人か。
六道22 チーム

・第195話 救出開始
廃墟から湧き出してきた桜さん(現在は天道の)の部下たちに苦戦する悪男チーム。そこに六道らが救援に駆けつける。六道は全員のことを知っているが、他のメンバー同士の面識は……。飯沼vs名残が勃発し、莇美は黒方をバイクで撥ね飛ばしてしまう。「ヤァー!!」じゃないんだよ。

・第196話 大誤算
飯沼vs名残にはじまり、葵vs鈴蘭、タテシマvs幼田と、味方同士のバトルが連続発生してしまう。幼田あたりは『カンフー修行の思い出』としてタテシマの写真を見ている可能性はなきにしもあらずだが、さすがにこの状況で思い出すのは難しいか。そして幹部たちの部屋に、いきなり乱奈が現れる!




おまけ漫画
桜さんの子育ての様子。『Tシャツ』『落ち着き』『母の日』の3本が良かった。







次巻では、六道チームと天道たちが全面激突ッ!










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/10/08(木) 19:10:23|
  2. チャンピオン 2020
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 45号の感想





チャンピオンの感想です。表紙はBEASTARSです。







・BEASTARS/板垣巴留
最終回巻頭カラー。ハルのプロポーズに対するレゴシの返答は……。ゴウヒン先生やジャックらの脇役たちの現在を振り返る流れも良かった。個人的には、もう少しピナとかセブンさんとかにスポットが当たってほしかった。来年1月からの『BEAST COMPLEX』短期連載開始は、うれしい報せ。アニメ2期に合わせた感じか。

・バキ道/板垣恵介
仕合いが終わっての、花山と鯱鉾の会話。花山、いつのまにか20歳になっていたのか。そして、克己のウォーミングアップ。負ける要素はないか。

・うそつきアンドロイド/阿東里枝
ゆずの妹のれもんが登場。2人で西表の制服の汚れを落とそうとするコメディパートが、オチの雰囲気を含め良かった。アンドロイドうんぬんは置いておいて、こういうノリでいけばいいのに。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
センターカラー。国松へのインタビューがあり、無門は柳へ向けたメッセージを残していたので、いよいよ対決か!?と思われたが、現れたのは龍金剛。まだまだゆうえんちの戦いは続くということか。

・弱虫ペダル/渡辺航
新キャプテンの話を聞いた、金城らのリアクション。そして真波は、あらためて小野田との運命を噛みしめる。箱学は、真波・銅橋・高田城・葦木場・新開弟で5枠は決まっている感じか。

・桃源暗鬼/漆原侑来
センターカラー。桃宮の操る死体が動き出し、京都支部内はゾンビパニックの様相を呈する。一ノ瀬は普段はハンドガンを使って、いざとなったら血の銃器を解放するっていう感じか。

・魔入りました!入間くん/西修
入間の位階が5に上がってことで、アリさんにも変化が。潜入偵察的なことをしやすくなるかな。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
へんな動物の一日を追う。水風船のあたりと、ショットと意気投合する流れが最高。

・声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている/矢村いち
いきなり、相手のハチマキを奪う真白組の騎馬。全員、裸足で競技を行うのか。

・ヤンキーJK クズハナちゃん/宗我部としのり
学校行事でトレッキング。獅子堂の提案で、早乙女のモデルの権利を賭けた勝負が行われることに。周りをさんざん煽っておいて、獅子堂がトップでゴールしたら面白いのに。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
10月からタバコが値上げされる。大鉄はどこにタバコを隠したのか? 小鉄たちは、すぐに気づけよ。

・魔界の主役は我々だ!/津田沼篤・西修・コネシマ
意見の分かれたシャオロンたちは、月ごとのターン制を導入することに。しかし、それぞれが妨害に時間をかけたので……。デビルコエンドでも良かった気がする。

・メイカさんは押しころせない/佐藤ショーキ
なんとか説得しようとする晃汰を見て、津田沼さんはアクロバティックな勘違いをしてしまう。三角関係が成立するのか、これ?

・SHY/実樹ぶきみ
シャイ&曖vs昧の戦いが本格化。いつのまにか新技を覚えているし、刀を溶かし得るほどの熱量を持っているとか、シャイの炎の能力がいつのまにか成長している。

・家庭教師なずなさん/縁山
なぜか、兎宮が狐谷さんの恋愛相談を聞くことになるが、まともなアドバイスをできるわけもなく……。でも狸乃原と仲良くなったら、結果的に甲子太郎との距離が縮まったのでは?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
ふし研でキノコ狩り。和香がキチッと食べられるキノコを見極めていたのだが……。キノコから作る薬品って、危ないモノしか想像できない。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
九里虎vsバロンは激化の一途をたどる。真樹は倒れながらも、この戦いの行方を見守る覚悟。クライマックスは近いか。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
月聖の古武術バレーに、豊瀬は成宮の剣道バレーで対抗する。ここまで目立った活躍がないだけに、この試合はキーマンとなるか。

・六道の悪女たち/中村勇志
恭子がガキ扱いされることを嫌うようになった理由の回想。そして幼田は見事に100人を倒すが、さすがに力尽きてしまう。そして六道は、飯沼とともに屋上へ。すでに乱奈も到着していた。天道相手に3vs1という状況か。

・バクくん/田中優吏
史郎不在の仁風を亜久屋(クー)がひとりで蹂躙する。バクくんじゃなきゃ止められないんだろうけど、いつ出会うことになるのか。

・もういっぽん!/村岡ユウ
天音vs永遠の決勝戦。最後の3連続技は見事だった。最後のページとか、いつも最終回のような雰囲気がある。

・ぼいるふろー!/平平なすこ
短期連載6話目。ゆりなクラスメイトの舞浜すめしさんが、日サロと間違えて銭湯へ。オチは、ほぼ銭湯が関係ないが、結構好きなタイプ。

・ぼくらのVR/キリキテツ
読み切り。オンライン授業が一般化し、VR世界での高校に通うことも珍しくなくなった世界。三村・秋名・佐治の3人は居残りを命じられ、それぞれのスケッチを描くことに。セキュリティソフトからデータを奪い返すシーンも、その後リアルで会う展開も良かった。ひさしぶりのヒット読み切り。

・木曜日のフルット/石黒正数
身に覚えのない毛がブラシに。八平ペロさんが鯨井先輩に相談する。「そ~う~す~る~」「た~よ~れ~る~」のところが、とても良い。












次号は、読み切りとか新連載とかはナシ!











テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/10/08(木) 17:53:38|
  2. チャンピオン 2020
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 44号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは桃月なしこさんです。







・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。ベストバディ人気投票の結果発表。10位以内で、小野田に続く3組でランクインした手嶋がスゴイ。本編では、箱学第3の男・高田城の紹介。実際にレース中に指示を出すのは、彼の役目になるか。そして、お互いがキャプテンになったことを知った小野田と真波。峰ヶ山のレースで再会かな。

・魔入りました!入間くん/西修
アムドゥスは、六指衆の誘いに乗る形に。これは厄介な悪魔が敵に回ってしまったな。あとキリヲとのやり取りの中で、アズが結んでいる髪をほどこうとしたけど、なにか封印しているモノがあるのか。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
アベックにく美が登場。どうしたらモテるのかと、ロナルドたちに相談する。実は美人的なオチにしないのは、なかなか大変だと思う。

・バキ道/板垣恵介
センターカラー。花山の打撃の強さの理由を、今更ながらに解説。KOされた鯱鉾は、自ら負けを認める。これで3連勝。刃牙や宿禰はもちろん、克己も烈の腕がどうか?というネタがあるので、負けそうにない。全勝してしまうのか?

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
無門の話を聞き、納得した神奈村は去っていく。羽鳥も去るのだが、戦いに使った布を無門に渡す。このために再登場していたのか。

・うそつきアンドロイド/阿東里枝
センターカラー。アンドロイドであるというウソをつき続けるため、教科書の丸暗記をしなければならなくなる。この設定、1話だけならギャグですむけど、連載が続くとなるとウソに気づかない西表たちがマヌケに見えるな。

・声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている/矢村いち
騎馬戦を前にして、気持ちを確認し合う真白たち。「頑張って!」のヤツは前日から準備して、もっとデコッた文字にすればいいのに。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
九里虎vsバロン。バロンは拳一辺倒ではなく、様々な技術を駆使して戦うタイプだった。普通は、最初の技で勝負が決まっていると思う。首が折れている。

・メイカさんは押しころせない/佐藤ショーキ
文化祭の準備が本格化。実行委員の代理になった晃汰は、作業に消極的な津田沼さんの説得を任される。最近の流れだと、津田沼さんもメイドなのかもしれない。ギャルメイド。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
センターカラー。こっそり体育祭を観に来た大祐母が、部活対抗仮装リレーに参加することに。早坂さん、ブラックジャックを気に入ったのか。

・BEASTARS/板垣巴留
ハルとレゴシのデート。レゴシはプロポーズを考えるが、実際には……。ハルの提案にも度肝を抜かれたけど、レゴシはどう答えるのか? あとヤギ?のヘッドホンのつけ方が最高。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
金鉄さんからサボテンをもらった、あかね。しかし、持ち帰るときにトラブルに。後半の出血量はギャグマンガの範疇を越えている。あと、サボテンの作画だけが異常に細かい。

・桃源暗鬼/漆原侑来
花魁坂の能力の紹介。そして、多くの被害者が運び込まれてくるが、そこには桃宮の罠が仕込まれていた……。倒さなきゃならなくなるけど、知り合った芽衣の気持ちを考えると……という展開か。

・魔界の主役は我々だ!/津田沼篤・西修・コネシマ
リードも苦戦する難易度のギャルゲーに、シャオロン&大先生も協力して挑戦することに。しかし、それぞれの攻略対象が違うので……。シャオロンは、そういうタイプの娘が好みなのか。

・ヤンキーJK クズハナちゃん/宗我部としのり
華子から過去の出来事と、悪名が轟く原因となった事件が語られる。てっきり獅子堂がイジメられて転校したのかと思ったら、違うのか。思ったほどヘビーな内容ではなく、1話でケリをつけたのも良かった。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
月聖の古武術バレーがさく裂する。このまま第1セットは取られてしまうかな。

・SHY/実樹ぶきみ
スティグマから、今回の狙いが語られる。クァバラはかなり便利な能力を持っているな。そして、黒球内に突入しようとするスターダストを止めたのは誰だろう? 新キャラかな。

・六道の悪女たち/中村勇志
100人相手でも幼田は引けを取らず。そんなとき、クラシックを聴いているはずの恭子のスマホから流れてきた音楽は……。大人大人言っていたけど、実はガキだったということか。そして、黒方vsフード男の行方も気になる。マイク越しに幼田へのエールを送るんだろうな。

・家庭教師なずなさん/縁山
かつて暦家に仕えていた鹿野みもざさんが登場。むかしの友人との約束を果たすために戻ってきたが……。356ページの熊谷への一撃とか、365ページのなずなとか勢いが良すぎただけに、終盤の展開にやられた。こういう1話完結形式のほうが面白い。

・もういっぽん!/村岡ユウ
準決勝。永遠vs雨宮は7分を越える大熱戦。最終的には永遠の反則勝ちとなる。残りの体力的に決勝は天音優位だと思うが、なんか嫌なフラグが立った気がしないでもない。

・ぼいるふろー!/平平なすこ
短期連載5話目。ゆりなが忘れた弁当を届けるために、スクナヒコナが学校へ。オチで胸元から弁当を取り出すなら、学校に向かうときに収納する様子を描かないほうがいいと思う。

・バクくん/田中優吏
仏頃高がハデスにお礼参りに行くが、亜久屋1人に返り討ちにされてしまう。こいつがハデスのトップで、強すぎてヒマなので、部下たちに強い不良を探させていたってことか。仁風に来たので、次回はvs史郎か。

・木曜日のフルット/石黒正数
なぜか不安な気持ちに襲われる鯨井先輩。それは自分で気づこうよ。











次号は、キリキテツの読み切りが載ります。














テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/10/01(木) 18:25:42|
  2. チャンピオン 2020
  3. | コメント:0