FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、ヴィンランド・サガ。

終末のワルキューレ 第8巻の感想




終末のワルキューレ第8巻の感想です。表紙は、雷電為右衛門とシヴァ。ここまでで最大の筋肉量。






・第30話 鎮魂
前巻ラストでヘラクレスに送られたのとは正反対の感情が、ジャックに向けられる。神サイドはもちろん、人間サイドも殺人鬼の勝利に素直には喜べない感じか。ブリュンヒルデがヘラクレスを呂布&アダムと一緒に祀り、涙を流すシーンも良かったが、ラストでは沖田総司が登場する。これが原作の梅村真也先生の別作品『ちるらん 新撰組鎮魂歌』からの参戦というのが衝撃だった。雑誌で連載を追っている人には、かなり驚きの展開だったんだろうな。

・第31話 第五回戦
第五回戦の選手入場。人類側は“無類力士”雷電為右衛門。神側は“宇宙の破壊神”シヴァ。欲を言えば、シヴァは序盤に自分が出場しようとしたら出番を奪われた。という展開が続いていたので、そこを回収するようなシーンを見たかった。それから今回のバトルフィールドの上空には土俵の上にある屋根が浮かんでいるけど、後半の展開を考えるとそれこそ相撲とかシンプルで早期決着できるルールが良かったのかも。

・第32話 応酬
試合開始早々、雷電がくり出したのはドロップキック!! (本文中では『飛び蹴り(ミサイルキック)』と言っているけど、コーナーからじゃないし) さらに、ロシアンフック → 顔面への膝蹴り(未遂)とラッシュをかける。シヴァも四本腕を生かした投げを見せるなど、この戦いは小細工のないプロレス的な肉体のぶつかり合いになりそう。いっぽうロキは、釈迦を待ち伏せする。螺髪を無視しヤンキー然としたキャラデザなのが意外。

・第33話 百閉
雷電の幼少期。筋肉が異常発達する症状に悩まされ、自ら筋肉を抑え込む筋肉を獲得していったことが明らかに。その封印を解除し神器錬成で制御することで、肉体のポテンシャルを100%発揮できる状態に持っていく。そしてロキは神器錬成に感じていた違和感を語り、そこに釈迦が手を貸していたのではないか?裏切り者なのでは?と問い詰める。さらに天界処刑人の七福神(毘沙門天は闘士の一神)や、小次郎、沖田、近藤も姿を現し一触即発の状態に。このまま場外戦に発展してしまうのか!?




釈迦とロキのいざこざも気になるけど、雷電vsシヴァも、しっかり盛り上げてほしい。













スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/09/22(火) 19:02:59|
  2. 終末のワルキューレ
  3. | コメント:0