FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月はトクサツガガガ、スピドメ、天国大魔境、フルット。

ヴィンランド・サガ 第22巻の感想




アニメ放送目前ッ! ヴィンランド・サガ第22巻の感想です。





・第153話 バルド海戦役29
トルケル軍が砦内に突入。その前に門を死守しようとするシグやんへの頭部への、グズリーズ、デブ、ヒルドさんの三連撃が面白すぎる。ヒルドさん、なにも脳震盪間違いなしの一撃を叩き込まなくても……。そしてトルフィンは、ガルムとの一騎打ちに臨まざるを得なくなってしまう。

・第154話 バルド海戦役30
トルケルら本隊が突入するまで、砦の門を死守していた名もなきバイキングのモノローグ。死ねばヴァルハラに行けると信じていたが、待っていたのは静寂に包まれた闇だった。戦いが意味のないものと気づくのが遅すぎたな。それを仲間に伝える術もないし。第145話のヤツと同じく、こういう考え方に気づくバイキングがもう少し多ければ。

・第155話 バルド海戦役31
斧を振り回し「戦争がッ!!! 好きだァア―――ッ!!!!!!」と絶叫するトルケル。「戦争は娯楽」と言い切るガルム。そういった考えを捨てたトルフィンは、自らナイフを手放し「殺さずに勝つ」とガルムを挑発する。46ページからの、トルフィンの一人称視点で描かれるアクションパートが印象的。

・第156話 バルド海戦役32
“上級者”トルフィンは、かつて決闘した時のアシェラッドの戦い方を参考に、ガルムを倒す。KOされているときに見た夢によると、子供のころから戦闘狂だったのか。トルフィンのことを「友達」と言っているけど、こういう形でしかコミュニケーションが取れないんだな。それから、85ページのヒルドさんのセリフは、究極のツンデレのような気がする。

・第157話 バルド海戦役33
フローキは砦を捨てて、バルドルとともに脱出することを決断。しかし、トルケルがシャイング式に乱入してくる。フローキは、隠し玉のユミル(ほぼ大猿)を投入する。何らかの元ネタはあるんだろうけど、ちょっと世界観を逸脱しているような。この混乱に乗じて逃げ出したバルドルは、自殺を考えるが……。できてりゃ、こんな大ごとにはなっていないか。

・第158話 バルド海戦役34
バルドルとフローキを捕らえたことで、戦争は終了。しかし『シメる』役目は、トルケルではなく“大将”のトルフィンが行わなければならない……。それから、砦脱出のドサクサでアイスランドに帰る約束をしてしまったグズリーズは、どうするのか? ケガの治療中のシグやんは、本当に寝ていたのだろうか?

・第159話 バルド海戦役35
ヨーム戦士団の新団長に就任したトルフィン。さっそくバルドル&フローキの開放、砦の放棄、騎士団の解散の3つの命令を下す。まぁ、こうするしかないだろうし、こうするのがイチバンだと思う。望んでいたものを手に入れたバルドルの、159ページの表情が印象的。あと、156ページのトルフィンにピースするトルケルは、未来に帰るトランクスを無言で見送るベジータか。

・第160話 バルド海戦役36
騎士団解散の借りを返すため、トルフィンはトルケルと決闘しなければならなくなる。しかし、ここでグズリーズが待ったをかける。女ならではの強さってことか。そして、この告白を聞いたシグやんはどうするのか? それからトールズの墓は、あんな状態なんだろうか。墓標があったというだけでもヨシとしなければなならない時代なのかな。







バルド海戦役は36までだから、足掛け3年の長いシリーズだったわけか。次巻、グズリーズはどんな決断を下すのか?






スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/06/22(土) 18:48:42|
  2. 幸村誠/ヴィンランド・サガ
  3. | コメント:0