FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/8月は六道の悪女たち。

ハルタ vol.65の感想




ハルタ第65号の感想です。



・表紙とカバーストーリー
山本和音先生が担当。楽器からアルファベットを出現させる楽器女子たち。楽しくにぎやかな感じが良い。

・ミギとダリ/佐野菜見
第20話。一条家の人たちが留守にしているあいだに、ダリがハウスキーパーで噂好きのみっちゃんを上手く誘導しながら家の中を探索する。そして天井裏の部屋で見つけた物は……。一気にサスペンス度が爆上げ。ギャグも控えめで急展開だ。

・鉄機のダン/なかま亜咲
新連載。スケベ小学生・清木断は転校早々、巨乳の森本まいんに目をつけてセクハラを働く。正義感が強く彼女のことが好きな生島広樹は、それを阻止しようとする。ここまでだと、いつものなかま亜咲作品かなという印象だが、後半で鉄機という存在が出てきたので、ちょっと違う雰囲気に。最終的には3人が鉄機を操って敵と戦う感じになるんだろうか? あと、まいんちゃんは常に電気?を身にまとっているけど能力者なの? 毎号連載です。

・ヒナまつり/大武政夫
第89話。新田は前話の影響で仕事が忙しくなり、家に帰ることができなくなる。なので、ゴミが溜まり荒れ果ててしまう。そこでヒナはマオのアドバイスに従い新田人形を作り、無意識のオート操作で家事をさせる。はじめはサイコパス扱いしていたマオと人形について分かり合えるようになっているのが面白い。

・レキヨミ/柴田康平
第14話。生活の糧であるキズ薬。しかし、注文の数を用意できなかったことから、ヨミがなんとか誤魔化そうとする。いつも死ぬレキだけど、段ボールの中に入っているのは、なんかリアルでグロかった。

・欅姉妹の四季/大槻一翔
第24話。前回ラストで登場した金髪美女・グレースは、そのまま欅家にお泊りする。姉妹それぞれがどんな家に住むか?と想像する朱美と、その意味が分からないいずみのやり取りが良かった。なんか、睦実は体がサイズダウンした気がする。

・はなやっこ/原鮎美
第11話。時期はクリスマス。舞い込む多くの注文を次々とさばいていく。風宇とスミレさんの2人だけでアレコレするのは、かなり久しぶりの印象。

・美少年倶楽部の秘密/かまぼこRED
第2話。なぜか学校の七不思議と対決することになってしまった美少年倶楽部。「いける!」と一回思ってからの、調子のノリ方が良かった。4頭のゾウが並んだイメージカットが最高。

・昴とスーさん/高橋那津子
第18話。以前、新聞に掲載された写真を手掛かりに、須田環という女性が訪ねてくる。彼女の父親がスーさんのことを何か知っているらしいのだが……。スーさんの家族関係ってどうなっていたっけ? 実父だったとしても、それが元に戻るキッカケになるのかどうか。

・紅椿/高橋拡那
第3話。今回は、ハワイの火山の女神・ペレが相手。イチャつくカップルの服を燃やしまくる。前後半で攻守が逆転するのは良かったが、消火方法よりも神様ウンチクが欲しかった。

・ダンジョン飯/九井諒子
第55話。魔力の薄い地下1階では、シスルは本来の力を発揮できず。救援に現れたファリンも同様だった。しかし、このまま迷宮がエルフの手に渡ることを良しとしなかったカブルーが……。という緊迫した状況なのに、ライオス達はまたチェンジリングの被害に遭っているとは。作者が種族入れ替えにハマっているのか?

・巨人暮らしのススメ/中西芙海
第4話。ドロシーの姉・スージィが訪ねてきて、相変わらずズボラな生活を送っているドロシーを風呂に入れようとする。この姉妹の関係性と、謎の動物を飼おうとするウォルターを対比させているのが良かった。前回に続き、こういうソフト百合路線でいくのかな。

・煙と蜜/長蔵ヒロコ
第7話。土屋が名古屋の観光名所を部下たちに聞く。まさか階級が少佐で第六連隊の大隊長だったとは。軍服を着るのに4ページも割いているのに、こだわりを感じる。

・青武高校あおぞら弓道部/嵐田佐和子
第16話。結局、御手洗の早気は治っておらず、一度外してからは的に中らなくなってしまう。最後の一射で、負の感情を振り払う演出が良かった。1年生たちも心を入れ替えたみたいだし、これでチームのレベルもひとつ上がったかな。

・極東事変/大上亜久利
第4話。片腕の男・玄森が登場。上官の命令で、近衛をユニット731にスカウトしようとするが、彼は砕花の因縁の相手でもあった。敵の正体がハッキリしたけど、今回は説明パートが多かったような。

・北北西に曇と往け/入江亜季
第32話。慧が来ることを知ってか知らずか、三知嵩は姿を消す。逃げたり威嚇したりする動物たちが印象的。これで慧は手掛かりを失うことに。刑事さんのほうで動きがないものか。

・碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語-/犬童千絵
第28話。2人の王がいる状態のエジプト。争いを失くそうとするシェプストと、強い国を作ろうとするジェフティ=トトメス3世がぶつかるのは必至か。移動中のシェプストはファラオといえばの『アゴのアレ』を身に着けているけど、どうやってくっついているの?

・ギャラクシートラベラーズ/渡邉紗代
第4話。バスを待つヴィーウィーたちは、いっしょになった宇宙的人気歌手の歌で踊って騒ぐ。最初の甘酒屋がラストでビジネスチャンスを得たのが良かった。

・A子さんの恋人/近藤聡乃
第51話。「A子はどういう人間か?」という話。実際は会話していないA太郎とU子の話がつながる演出が心地よい。

・ナッちゃんはテンションで水深が変わる/中原ふみ
読み切り。ナッちゃんが落ち込めば深海の生物が、明るい気持ちになれば浅い水深の魚が現れる。他人にも見えているので、幻ではなく具現化しているんだよな。サトラレの魚版という解釈でいいのかな? ちゃっと世界観が分かりにくかった。

・ハクメイとミコチ/樫木祐人
第64話。たまたまコンジュの歌を聞いたコハルは、一気にファンに。ハクミコの伝手で、1日ご一緒することに。意外な組み合わせだけど、作中でも触れられているように、意外と似ているところも多いのかも。

・忍ぶな!チヨちゃん/設楽清人
第25話。猿谷家党首の終と対峙するサヨ代。しかし実力差は圧倒的で……。ここでチヨ代が駆けつける展開は激アツだが、ワタル殿の返事は聞けているのかどうか?

・つきたて!餅小町/佐藤春美
読み切り。6度目の登場。望倖さんのリクエストでお花見に。桜の時期は過ぎたので、藤の花を見る。これまでで、いちばんピュア度が高かった。

・東京城址女子高生/山田果苗
第13話。前回、美音が言ったことが気になり、あゆりから城址散策に誘う。今回は散策・散歩モノとして、とても高レベルだったと思う。作者がアベンジャーズ最新作を見たので、あゆりたちがMARVELの服を着ることに。

・乙嫁語り/森薫
第55話(通算81話目)。聖地巡礼から戻った人を写真に撮る。聖地ってメッカってことでいいんだよね。いまトルコ西部にいるとしてもかなりの距離がある。砂漠も越えなきゃいけないし、確かに戻ってきただけで偉業だな。

・不死の稜線/八十八良
第59話。撃たれたカオリさんは復活せず。死んでしまう。自分がRDSになっていなかったことにショックを受ける雄貴に、若林が愛の正体を説くシーンが印象的。次回は剣崎からの取り調べか。ママの本当の狙いが何なのかも気になるところ。

・バララッシュ/福島聡
第16話。徹夜で劇場予告編のコンテを作った山口は、入社面接で語っていたことを行動に起こす。企画の面白さを認められた形だが、これで宇部とは袂を分かつことになるのか。次回は、何年か時間が経過していても不思議ではない。

・予告
次号は、山岳部、ドラクラ、僕のリボン、バードさん、ニコラ、オルガが掲載。西公平と長崎ライチの新連載が始まるほか、鶴淵けんじの読み切りも載ります。









スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/06/15(土) 19:02:33|
  2. ハルタ 61~
  3. | コメント:2