晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 44号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は、見つめ合う範馬親子。グラビアは、都丸紗也華さんです。





・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。徳川による、刃牙の強さの説明。その当人は、武蔵を倒すのではなく『殺す』ことを宣言する。これが最終決戦ということになるのか。

・ヒマワリ/平川哲弘
勢いで東京にやって来た蓮。櫻田は、合宿所(ボロい民家)に連れて行く。将来的にユニットを組むであろうメンバーもひと癖ありそうだが、レッスンとかも一筋縄ではいかないんだろうな。

・弱虫ペダル/渡辺航
坂道の引きで猛追する総北。その様子に手嶋が驚く。そして、3日目に『山のエース』から坂道を外そうとしていたことの回想編へ。その思惑は何だ?

・GREAT OLD/伊科田海
学長による面談を受けるシャール。そこで正式にドラゴンについて学ぶ許可を得る。さらに予言学専攻のダームスに、ドラゴンについての予言をしてもらうことに。この女の人がパートナーとなる感じか。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
お風呂回。リボンを外したリンガベルの、違和感のすごさよ。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
台風襲来。雨に降られた高浜さんと吉沢さんも雨宿りすることに。濡れた服を着替える間、大祐は後ろを向くしかないのだった。っていうか高浜さんの方は、確実に下着も外しているよね。

・六道の悪女たち/中村勇志
センターカラー。自分が教えたはずの技なのに、受けきることのできない天乃。雷乃に蹴り倒されてしまう。ただ、湿っぽい感じにならないのは良かった。あくまでもただの『兄妹喧嘩』ということか。

・セトウツミ 出張版/此元和津也
ドラマ化を記念して、別チャンからの出張掲載。瀬戸が内海にイメージチェンジを提案する。『最近のベーシスト』って、主に誰をイメージしてだよ。

・MASTER&D/吉野宗助
短期連載1話目。何事にも動じない主人公の男。アパートの自室に、自称魔法使いの男が上がりこんでおり、なりゆきで弟子入りすることになってしまう。これまでのショート形式ではなく24Pだったので、ギャグ1個1個のキレは抑えられていた印象。主人公の男(こいつがD?)が、毎回変人に弟子入りする話だそうです。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
授業中にトイレに行く生徒をつけ回す小鉄たち。そこで春巻が対策を考える。習字がUインターネタだったのは、なんでなんだ?

・魔入りました!入間くん/西修
姿を消したキリヲを心配する入間たち。しかし、当の本人はやっと行動を開始するところだった。学園内にバリアを張り、なにをしようと言うのか? 魔力不足だったのは、喉の魔具に魔力を溜めていたからだったのか。

・BEASTARS/板垣巴留
隕石祭でのジュノの行動により、学園内でのオオカミの立場が良くなっていたことが明らかに。そして、全種族の長が集まり『ビースター』を選出するための会議が開かれることに。っていうか、単に『ミスター(ミス)チェリートン学園』以上の存在だったのか、ビースター。

・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話/車田正美
あくまでもアテナの聖闘士として戦う覚悟を示したシオンを、オデッセウスは再び眠りにつかせる。そして仮死状態だったオックスを蘇生させる。これは、オデッセウスが十二宮を順番にめぐる展開か?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
天雷の攻撃に、即座に反応していく鯉太郎。首捻りを切り返そうとするものの、ガッチリと受け止められてしまう。ここからサバ折りを敢行か。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
サンズと半田、2人のロナリストが顔を合わせ『ロナデュエルド』で雌雄を決することに。半田がキャリアの違いを見せつけたかと思われたが……。こういう、ワケの分からない展開サイコー。

・囚人リク/瀬口忍
執拗にリクを狙う剣崎を、光さんが止める。しかし、実際に戦うのはレノマの様子。予告で『超ヘビー級同士』とあるけど、実際は30キロくらいの体重差がありそう。

・ハリガネサービス/荒達哉
時間が、現在に戻る。そういえばこの過去編は、下平が松平らに聞かせた話だったか。3にんが「しもへー」と呼ぶ流れが、なんか面白い。

・Gメン/小沢としお
今回は、雨宮先生編。合コンをしていても、なんとなく瀬名の顔が浮かんでしまう。最近は短編が続いているけど、そろそろ大型シリーズが始まるかな。

・JINBA/浦田カズヒロ
白石さんの凶行は、ギリギリで戻ったサラが阻止。本性が明らかになってしまった白石さんは騎乗方法を変えたり、勝つために手段を選ばないように。でも、騎手がステロイドを使っても、レースに好影響があるようには思えない。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
おもちゃ屋に行く、チョウソカベ&獏。いわゆる居候モノとしては、こういうドタバタのほうが良いのかも。

・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
ルビは、我慢することで得ることのできる幸せの多さを、アイさんに話す。まぁ、愛するどうこうはいいけど、ノーペナルティなのは問題じゃないの?

・木曜日のフルット/石黒正数
残されたキャベツを見て、それぞれ思うこと。連載500話ということで、次週は巻頭カラーです。









次号から、桜井のりおの新連載がスタート。








スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/29(金) 16:16:51|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

champion タップ! 9/28更新分の感想

タップ!の感想です。今週は6本が更新されました。
ネタバレにご注意を。





・笑のカイブツ/ツチヤタカユキ&史群アル仙
生活のほぼすべてをネタ出しに費やすツチヤ。中盤の『僕は その日を境に ハガキ職人を やめた』はかなりショッキングだったが、そこから真っ当な生活を始めるわけではなく……。上京したし、これからが本当の笑いの修行編ということになるのかな。バッドビーツは、実際だとどのコンビなのだろう?
→ 次回は10/26更新予定。

・セツナフリック/今井大輔
保育園が併設されていたり、完璧な監視システムが完備されている『保育マンション』に暮らす、シングルマザー。産休のぶんを取り返そうとバリバリ働く。しかし、プロの行なう保育風景を見て自分が子供にとって不要なのでは?と考えてしまう。『ネコ語翻訳アプリ』を利用した子供の会話ログを読むページが良い。
→ 次回は10/26更新予定。

・凪のお暇/コナリミサト
OL時代にやっていた、ストレッチを思い出す。ひさしぶりにストレートヘア凪さんを見た感じ。
→ 次回の更新予定は???

・ベルリンは鐘/ニャロメロン
ビッグベルのクラスにやって来た、転校生の高橋さん(クモ的な謎の生物)。さっそく、あみだ君を捕食対象にロックオンする。机を見たら、もう1人入ってくる余裕があるのか。
→ 次回は10/12更新予定。

・ロロッロ!/桜井のりお
10月からの週チャンでの連載を控え、以前短期連載されたものを再掲載。ボディをアップデートするためには、数年の年月がかかることが判明。イチカはちとせに、しばしの別れを告げようとする。次週から、週チャンでの連載がスタート。

・史群アル仙のメンタルチップス~不安障害とADHDの歩き方~/史群アル仙
バーで出会った女性・シロさんからの過剰なスキンシップを『恋』と受け取ってしまったアル仙さん。いちどは彼氏を紹介され、熱が冷めたかと思われたが……。恋愛編ってことになるのかな?
→ 次回は10/5更新予定。





来週は『おひ釣りさま』と『中国娘』と『息子の嫁』と『魔法少女サイト』と『メンタルチップス』が更新予定です。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/28(木) 15:03:12|
  2. タップ 2017
  3. | コメント:0

ジョジョリオン 第16巻の感想



『ジョジョリオン』第16巻の感想です。表紙は定助。今回のウルジャンとの連作具合は、こんな感じ。





・#063 ドロミテの青い珊瑚礁 その⑤
ドロミテのスタンド『ブルー・ハワイ』の対象は、少年から鳥→タクシー運転手→ハエへと移り変わっていく。定助はコンビニ(OWSON)のトイレへと飛び込み、あえて狭所での勝負を挑もうと考えるが……。血まみれの赤ん坊がドアをこじ開けようとする様子は、なんとも言えない精神的なグロさがある。どんな状態であっても攻撃をやめないという点では『ノトーリアスB・I・G』に近いタイプのすたんどなのかな。そして、ついに術中に堕ちてしまった定助は情報を引きだされ、六壁神社の池に沈められそうになる。というピンチを、康穂が救う。しかし、ドロミテが岩化しても鉄パイプで小突いたり、やけに冷静に対処したな。戦い慣れたのか?

・#064 母と子
ドロミテは、定敏のことを「使いっ走り」と呼び、ロカカカの危険性を語る。定敏はラスボスとはいかなくても、同等のポジションかと思っていたけど、さらなる強敵がいるということなのか。そして、この話の前半では定敏の幼少期が描かれる。東方家の長男が受ける呪いの影響もあり、激しいイジメにあっていた定敏。主犯の中学生に放火を強要されたときに『スピード・キング』が発現する。東方家では、母親が身代わりになって長男の呪いを引き受けるのが通常だが、花都はこの状況を利用する。息子と共に生きる。という目的があるとはいえ『自分(の息子)の幸福のために他人を犠牲にする』というのは、ジョジョ的にはかなり邪悪な考え方だな。

・#065 植物鑑定人‐豆銑礼(31) その①
移動中の定助&康穂の乗るバスの運転手として、突如として現れた植物鑑定人の豆銑礼。自らの情報が漏れたことをチクチクと言いながら、背後から迫ってきているという敵から逃げる。パーキングに停めたところで、その敵の一端を窺うことに。木を巻き込みながら?地中をなにかが移動してくる。ドロミテに続き、姿の見えない追跡タイプのスタンドか。地面に立つことを危険と考える豆銑の先導で、3人はスキーリフトに乗る。ここまで「メンドーなことに巻き込みやがってクソが!」という態度だった豆銑が、急に『ロマノフ』というデザートを作るときのテンションの移り変わりの激しさについていけない。リフトの支柱を生活の拠点にしているというのは、やはり第4部の鋼田一豊大を連想させられる。それから、スタンドの『ドギー・スタイル』の能力も、徐倫のストーン・フリートとほぼ同じだな。

・#066 植物鑑定人‐豆銑礼(31) その②
まず、ロマノフを食べた時のリアクション。康穂の「ンまあああああいッ!」は億泰のセルフパロディだし、静かに涙を流す仗助とか面白すぎる。それから、やっぱり豆銑の性格はつかみずらい。リフトハウスの説明や農業の話をしていたかと思いきや、急に敵の話題へと移り変わる。しかし、定助が『死を克服した存在』というのは、確かに言われてみればヤバいな。豆銑は、敵がロカカカの実の科学成分を分析しようとしていると推測する。定助もチラリと思い出していたけど、医者であるホリーさんがにわかに怪しくなってきたな。そして、移動する木の襲撃を受ける。定助がとっさに康穂をかばったことで、豆銑がダメージを被ってしまう。キズの広がりは防いだものの、改めて最優先で自分を守るべきと主張し、康穂をリフトから突き落としてしまう。いまだ敵スタンドの正体も分からない状況で、定助はどう戦う!?




定敏は田茂環たちではなく、いま攻撃しているチームの使いっ走りってことなのか。














テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/22(金) 20:16:42|
  2. ジョジョリオン
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 43号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、都丸紗也華さんです。





・GREAT OLD/伊科田海
新連載巻頭カラー。世界の知能が結集した最高学府を、わずか15歳で首席卒業したシャール・ムーマン。彼は、人智を超えた理が集まる『神智学会』で学ぶべく進学を決意する。その目的は……? なんらかの理由でドラゴンも実在するんだろうし、召喚や錬金が可能となると、かなりファンタジー色が強い内容になりそう。62Pは、かなり完成度の高いデザインだと思う。そして、最後に出てきたのは短期連載の主人公、マックス・ウッド博士か?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
アゴが外れてしまった勇子ちゃん。その理由は? 掲載のタイミング的に、あらかじめ用意してあったものかな? しかし、今季のロッテの成績……。

・刃牙道/板垣恵介
昴昇が解説する、徒手の先端における多様性。素手で刀並みの切れ味を実現しても、リーチ差はいかんともしがたいよな。

・弱虫ペダル/渡辺航
箱学に700Mの差をつけられてしまう。ロードレースにおいては絶望的な数字だが、総北2年3人のリアクションはちがった。そういえば、坂道はこの大会で目立った仕事をしていないような。

・ヒマワリ/平川哲弘
センターカラー。町中が、アイドルになった清春の話題で持ち切り。蓮はモヤモヤとした気持ちを抱えることに。そんなときに、清春をスカウトした櫻田が蓮の家にも立ち寄る。まずは研究生ということだが、蓮は話に乗ることに。櫻田と清春父あたりの過去エピソードが、後々大きな意味を持ちそう。

・六道の悪女たち/中村勇志
菫三兄弟の回想エピソード。雷乃&風乃が異性装していた理由も明らかに。TS的な事じゃなかったのね。雷乃と風乃が入れ替わった経緯も描かれれ、雷乃vs天乃の兄妹ゲンカに。カメラを壁に固定してバトル模様を描く演出が新鮮だった。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
パソコン校長の休息回。クオーツ先生だって、精密機械だろうに。

・BEASTARS/板垣巴留
ルイがシシ組トップになった経緯の回想パート。ルイに何か思惑があって……というよりは、シシ組の方に狙いがあってのことだったのか。あの市長ともやり合わないと、いけなくなるんだろうな。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
意表を突く諸手突きから、石川をほうふつとさせる速い回転の突きをくり出していく。次回以降は、天雷の反撃ターンか。

・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話/車田正美
瞬は、眠りに落ちた黄金聖闘士たちを尻目に、蛇夫宮に到達。そして、白羊宮のシオンの前に、オデッセウスが姿を現す。でも、まだ幻の可能性もあるかな。

・ハリガネサービス/荒達哉
糾弾される羽座川を助けようとして、お金を渡していたことを明かしてしまう下平。そこから、恐喝を受けていたと誤解されることに。飛び出した羽座川を追う下平は、道路に飛び出してしまい……。この事故で、性格が激変したのか。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
いよいよ、窓の修繕にとりかかることになり、倉庫を探してみる。なんか、ひさしぶりにプレーンなふし研を読んだ気がする。

・囚人リク/瀬口忍
リクを差し出せという剣崎の申し出を、レノマが拳で却下する。このタイミングで、光さんが援護に駆けつける。レノマ以外の8人が「誰!?」となっているのが、面白すぎる。このままレノマvs剣崎かな。

・魔入りました!入間くん/西修
いよいよ師団披露本番。今回は、それぞれの家族の様子や他の出店の紹介など。そして、キリヲは花火玉を無断で持ち出していた。なんか、ここ数話はもうちょっとコンパクトにできた気がする。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
以前ナギリにやられた警官の、ケイ・カンタロウが吸対課に配属され新横浜に戻ってくる。そうとは知らずにナギリと接触し、いっしょに新横の街を駆け回ることに。また、濃いキャラが出てきたな。

・Gメン/小沢としお
1月になり、3年生は進路を考える時期。伊達はセンター試験のために勉強。八神は海外放浪。英二は自衛隊に入ることに。これ、受験編で次回以降も続くのかな?

・JINBA/浦田カズヒロ
サラに人気も男を奪われたと思った白石さん。ジンバの騎手の座を横取りしようとするものの、あっさりと断られブチギレ。物理的にジンバを排除しようとする。厩舎なんだから、他の人の目もあるだろうに。

・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
相容れない考え方の2人がぶつかってしまうのは、避けようがなかった。アイさんのミミックを、おタエさんが一撃で葬る。さて、ミミックを失った人間はどうなってしまうのか?

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
第3の虫武将・ウエスギケンシン(トンボ)が登場。チョウソカベとレース勝負することになる。敵っていうか、ライバルがいたほうがいい気がする。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
最終回。こまりが母親の まりと出会い、ネコ化したしっぽも姿を現し、無事に家族が再会してハッピーエンド。初連載で1年半の完走、お疲れ様でした。

・木曜日のフルット/石黒正数
大人になったと思うのはどんなとき?という話。そもそも鯨井先輩だけ、TシャツGパンだしね。









次号から、吉野宗助の短期?連載がスタート。セトウツミの出張版もあります。










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/22(金) 15:01:59|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

champion タップ! 9/21更新分の感想

タップ!の感想です。今週は5本が更新されました。
ネタバレにご注意を。





・ナナ+イチ/阿崎桃子
七緒への、赤嶺さんらのイジメ現場を目撃した京一。ここまでキッパリと言ってのけるとは思わなかった。そして、赤嶺さんがなぜ七緒に執着するのかという疑問が。 ハシラにクライマックスとあるし、2人の蜂に関する思い出も明らかになったし、終わってしまうのか?
→ 次回は10/19更新予定。

・おひ釣りさま/とうじたつや
船釣りで『夜メバル』を狙う星羅さん。たまたま同船した渋谷(自称釣りマニアのヤツ)に腕の違いを見せつけるが……。またひとり、釣りバカの道に誘ったという感じか。
→ 次回は10/5更新予定。

・絶望男子と中国娘/理央
龍龍に対する、西村君の複雑な感情。っていうか、マラソン大会で103位の太郎より遅い13人って、なにしてたの?
→ 次回は10/5更新予定。

・史群アル仙のメンタルチップス~不安障害とADHDの歩き方~/史群アル仙
自分らしく生きると決めたアル仙さん。その結果、愛に飢えるようになってしまう。そして、いきつけのバーで、ある女性から声をかけられる。漫画家になったら連載終了かと思ていたけど、そういうワケでもないんだな。
→ 次回は9/28更新予定。

・ロロッロ!/桜井のりお
10月からの週チャンでの連載を控え、以前短期連載されたものを再掲載。家に帰り、メンテをしてもらうイチカ。そこにポリさん(女警官)がやって来る。この人も大概なので、本格連載になったら存分に活躍していただきたい。
→ 次回は9/28更新予定。







来週は『セツナフリック』と『凪のお暇』と『ベルリンは鐘』と『魔法少女サイト』と『ロロッロ!』と『メンタルチップス』が更新予定です。












テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/21(木) 17:21:03|
  2. タップ 2017
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 42号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は、新連載の『ヒマワリ』。グラビアは久松郁美さんです。





・ヒマワリ/平川哲弘
新連載巻頭カラー。広島の片田舎に住む日向蓮。敬愛する幼なじみの胡清春とともに神楽を舞い、ケンカに明け暮れる青春の日々を送っていた。が、ある日、姿を消した清春が(東京で?)アイドルとして活動している様子をテレビで目撃する。広島が舞台だし予告で刀を持ているし、得意のヤンキー物だと思っていたけど、まさか男性アイドル路線なのか?

・刃牙道/板垣恵介
紅葉によって、花山は一命を取り留める。そして刃牙は、武蔵が鍛錬せずに日常を過ごしているならば、自分も特訓を行わず戦いに挑もうと考える。究極のイメージトレーニングみたいな感じか。

・弱虫ペダル/渡辺航
最後の泉田回。全力でチームを引き、総北を突き放す。「アブReady?」「光の彼方へ!! アッブゥ!!」など、名言のオンパレードだった。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
小鉄が、家にあった謎の道具の正体を推理する。仁と2人でバランスを取っているところが、地味に面白い。あと、喉にチョップを入れたら、天龍みたいな声になっちゃうぞ、のり子。

・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話/車田正美
アテナは、アスクレピオスの眷属の大蛇によって一命を取り留める。そして、蛇遣座の黄金聖衣が復活し、ついにオデッセウスが蘇る。でも蛇夫宮じゃなくて墓場で復活したので、いちばん近くにいるのは誰になるんだ?

・六道の悪女たち/中村勇志
大佐&課長が天乃に向かっていくものの、あっさりと返り討ちに。六道は菫兄弟に挟み撃ちにされてしまうが……。菫兄弟関連は、何度も裏をかかれて驚かされる。これで一気に鬼島との頭数の問題も解決したな。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
センターカラー。鯉太郎の連続ブチカマシをこらえた天雷は、強引に頭をつかんで振り払う。さらに、指を1本引っかけただけで強引に投げに行く。天雷、こんなにも怪物的なパワータイプだったのか。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
夏休みの間、ハワイ旅行を満喫していた旭先生のリア従自慢。でも……。次回予告で、また窓のことに触れているけど、これ直さないでずっと行くパターンなんじゃないのか?

・BEASTARS/板垣巴留
なんと2ヵ月ぶりに、ルイが姿を現す。なにも変わらない様子だったが、演劇部に退部届を出し、シシ組の車で帰っていく。どうやってトップの座に収まったのか? 何が目的なのか?

・ハリガネサービス/荒達哉
練習中に、羽座川と言い合いになった子供の親が、羽座川家の現状を調査。月謝を払っていないことを、他の子供たちの前で明らかにしてしまう。ここからバレークラブ内での立場も悪くなって……という感じか。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
台風が接近。リンガベルが田んぼの様子を見に行こうとする。マンガの表現って、自由だな。

・囚人リク/瀬口忍
なぜ剣崎がゲート前にいたのか?ということの、理解できない理由説明。そして剣崎は、なにやらリクに目を付けた様子。なにか条件を出してくるのかな?

・魔入りました!入間くん/西修
入間が隠し部屋を見つけられたのは、指輪のおかげだった。キリヲも上手くごまかし、師団披露本番に。キリヲはあくまでも計画を優先するのか、入間に影響されるのか?

・Gメン/小沢としお
家族の和解、そして再びの別れ。梅田家としては大きな節目を乗り越えたけど、マンガ的にはなぁ……という感じ。

・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
アイさんに捕らえられた音子さん。人を喰べることの是非について言い合う。というところで、ルビが救出に駆けつける。ミミックバトルが、どういう感じになるのか?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
夜の学校に出没する、オバケの調査に来たロナルド&ドラルク。その正体は……。2ページ目の出落ちで全てを持って行かれた。

・JINBA/浦田カズヒロ
カキバンチョー、ササミダイヤとのデッドヒートを制して、1着に。でも、ジンバはレース後、心臓に痛みを覚える。早くも、身体に問題を抱えたか。そして、先輩女性騎手の白石みさきさんが登場。どうやらサラに嫉妬している様子。なにか嫌がらせしてくるのかな?

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
デクが来たことによって、居城を獏の家に移したチョウソカベ。あっさりと姉の羊に正体がバレてしまう。そして、どちらが獏を下僕とするかの勝負に。チャンピオン伝統の美人姉枠だな。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
ある日こまりが目を覚ますと、しっぽが消えていた。沙耶らが総出で捜すことに。そこに現れたのは……? 次回が最終回です。最近の感動路線は、やっぱりそういうことか。

・木曜日のフルット/石黒正数
ダニーが家族ごと引っ越しを考えているという。その行き先は? 最後のコマのフルットの背中が怖い。









次号から、伊科田海の新連載がスタート。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/15(金) 15:20:18|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

映像研には手を出すな! 第2巻の感想




手を出すなと言われても、出さざるを得ない。『映像研には手を出すな!』第2巻の感想です。


・第8話 鉄巨人あらわる!
生徒会から、なにやら怪しい?話を持ちかけられる金森氏。いっぽうその頃、浅草氏は校内で発見したロボットの一部を水崎氏とともに再確認しに行く。アウェイの場所ではとたんに大人しくなり、かつ水崎氏を見捨てて逃げてしまう浅草氏。結果的に、ひとりだけ事情を知らないままビビっているのが面白い。映像研は、ロボ研からの依頼で文化祭で上映するロボアニメの制作をすることになる。さっそくサイズや武器に関する侃々諤々の話し合いを聞いて、映像研の厄介さにロボ研の方々が気づくラスト1ページの情報密度が最高。

・第9話 地底の遭遇
ロボットアニメ制作のため学校内にある地下ピットに探検、もといロケハンに来た3人。暗く不気味な場所に終始ビビり気味な浅草氏が、小動物っぽくてカワイイ。でも、床が抜けて落下したところからたった1ページで脱出するアクティブさも見逃せない。この知識は、いざというとき役に立ちそう。あと、浅草氏の言っている「イマジネーションは現場にある」っていうのは、意外と他の仕事でも生かせそう。しかし、この芝浜高校。いったいどういう経緯で広大な地下ピットの上に学校を建てることになったんだろうか? 他の話では湖を埋め立てたとも言われているけど。

・第10話 現実的な戦う巨大ロボ建造!!
これからのためにロボ研と会議をすることに。しかし、ロボ研側は映像研のことをよく思っておらず……。ロボットの持つ虚構性と、現実とのギャップに関する悩みをブチまけ、唐突に和解へと向かっていく流れが最高だった。そして、ロボットにそれぞれが思い思いの装備を付加させていったことで、前例を見ない『ガテン系』のロボが誕生してしまう。イメージパートで、水崎氏が何のためにあるのか分からない、スイッチを順番に『チッチッチッチッ』と入れていくコマに、萌えるし燃える。作画的には、集中線やベタフラッシュを初めて使った回だと思う。

・第11話 労働の対価
金森氏回。今回は、第1巻の予算審議委員会のときより時間に余裕はあるものの、それでも厳しいスケジュールには違いない。ということで、敏腕プロデューサーの金森氏が動く。手際よくパソコンや液タブを調達していく様は流石。そして、これから忙しくなる2人に先にラーメンをおごっておくというマネジメント術も見逃せない。この巻では、第1巻のときよりも存在感が薄くなった印象だけど、やっぱり映像研は金森氏がいないと上手く回らないということを実感させてくれるエピソード。あと、ラーメンを食べる時にメガネをカンザシ代わりにしているけど、キューティクルハンパないな。

・第12話 二人のスイッチ
ムラはありながらも、描くときには一気に絵コンテを仕上げる浅草氏。(水崎氏と2人で作画していると思っていたけど、そういうわけでもないんだな)。しかし、ふとしたことからロボットアニメそのものに疑問を持ってしまう。「ロボアニメ業界てのは半分が敵で、もう半分は将来の敵なのだ!」「あなたがダメだと思うから、この作品はダメなんですよ。」など、名言の多い話だった。この話で、ガテン系ロボ『SHIBA 8』の内部図解図が紹介されるけど、見開き解説ページがこの話までしかないというのは、ストーリー上仕方ないとはいえ、ちょっとさびしかった。

・第13話 音曲温泉の休息
大雨が降って、学校が午前で休校に。雨に濡れた3人は、第1話から名前の出ている『音曲温泉』で温まっていくことに。アニメ制作がお休みなのと同様、いわゆる箸休めのお風呂回といったところ。気になったのは、水崎氏が襟足を刈り上げている髪形だと判明したこと。そういうオシャレなのか? そして、湯船での浅草vs水崎のウルトラマンパロの攻防戦などが面白かった。あとは、単行本の表紙にもなっている『湯内専用ボート足漕ぎ式』が進むときの効果音が『じゃおじゃお』など、独特なのも良かった。

・第14話 こだわり
文化祭も間近に迫ってきたころ。作画に悩んだ水崎氏が、アニメではなく『アニメーション』に対する持論を展開する。これまでイメージパートは浅草氏主導で入ることがほとんどだったけど、今回は水崎氏メインだったのが新鮮だった。特に、ラストで魔法のじゅうたんに立って啖呵を切っているシーンの立ち姿は、さすが読モっていうほどのキマリっぷり。あとは、例えのひとつとして出た打ち上げられたロケットに角度がつく件は、激しく同意せざるを得ない。

・第15話 大芝浜祭
あまりにもアクロバティックな理由(監督と脚本家がプロデューサー殺害未遂で逮捕)でスケジュールが空いた水崎両親が、文化祭に来ることに。腹をくくった水崎氏は広告塔となり、アニメ上映会に客を集める。しかし、この時に着ているエイのポンチョ(?)は、ホントにオシャレなんだろうか? エラのところが気持ち悪くないんだろうか? そして、上映は見事に成功。用意したDVDが完売するほどの盛況を見せる。水崎両親も、娘のやりたいことに理解を示したした様子。最後の浅草氏のセリフ含め、3人の団結がより一層たしかなものになったということかな。


第3巻は、来春発売予定とのこと。次は、どんなアニメを作るのか?



映像研には手を出すな! 第2巻の感想

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/14(木) 19:37:33|
  2. 映像研には手を出すな!
  3. | コメント:1

champion タップ! 9/14更新分の感想

タップ!の感想です。今週は4本が更新されました。
ネタバレにご注意を。





・魔法少女サイト/佐藤健太郎
来年のアニメ化と、10月からの週チャン移籍が発表されました。本編では、要がついに美炭の調教からの脱出を企てる。壁にかかっていたのは、ステッキかな? そして彩は、奴村さんと最後の思い出作りをする。次回が、タップ版の最終回かな。
→ 次回は9/28更新予定。

・史群アル仙のメンタルチップス~不安障害とADHDの歩き方~/史群アル仙
連載再開。なぜか理不尽な絡まれ方をすることが増えてしまったアル仙さん。次第にストレスがたまっていき、爆発してしまう。この連載も、無理なく続けていただきたい。
→ 次回は9/21更新予定。

・ベルリンは鐘/ニャロメロン
夏休みの宿題を、すっかり忘れていたミミちゃん。リンガベルらが総出で手伝うことに。セリフとかはないけど、猫画像さんひさしぶりに登場したな。
→ 次回は9/28更新予定。

・ロロッロ!/桜井のりお
10月からの週チャンでの連載を控え、以前短期連載されたものを再掲載。今回は水泳の授業。しかし、水にぬれると故障してしまうイチカは、ロボットとしてのポテンシャルを発揮できない。ロロッロは、割と出していくスタイルなんだな。
→ 次回は9/21更新予定。





来週は『おひ釣りさま』と『中国娘』と『ロロッロ!』と『メンタルチップス』が更新予定です。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/14(木) 14:24:37|
  2. タップ 2017
  3. | コメント:0

別冊少年チャンピオン 10月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『SAND STORM SLUGGER』です。





・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
巻頭カラー。無死二塁のチャンス。ツーストライクと追い込まれてしまった清丸はスリーバントを敢行し、一二塁間に見事なプッシュバントを決める。國蔵のセカンド・芹澤と清丸の因縁はこの試合中ずっと続く感じか。そして、無死一三塁の状況で三番の瀬戸が、初球をレフトスタンドに運ぶ。一気に、3点先制!

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
待宮編エピローグその2。こっそりとIHを観に来ていた、待宮の元カノの佳奈ちゃん。人ごみの中で彼女の声を聞いた待宮が追いかける。そして、ひさしぶりの再会。もう1話続く感じか。

・わがままハニイホリック/みなもと悠
センターカラー。今回も62Pと増量中。いちおう『ハニイの彼氏宣言』するものの信じてもらえず、底辺生活が続くことに。さらに、サキュバスが催淫を使えることを知ったまといは、関係の解消を申し出るが……。二宮や王司といったあたりがどういう行動を起こすかが、今後のカギになりそう。二宮→王司→ハニイ→まといみたいな図式か。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
生きたまま捕獲し情報を聞き出すには、オオサコの電撃の異能は、かなり厄介。シゲオが作った混乱に乗じて逃げられてしまう。そして、ケツ持ちの組織が『ダンジョウ拳闘倶楽部』であることが明らかに。追いついたカナメとイヌカイのあいだでバトルが勃発することに。ちょっと痛い目に遭いそうな気もするけど、シュカもいるしな。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
センターカラー2本立て。クレオパトラのところに、弟のプトレマイオス13世が現れる。亡くなった父親の遺書に従い、結婚して国を治めようという話を持ってくる。それに乗れば、ドサ回りアイドル生活ともオサラバできるが……。今回は仲良し姉弟として描かれたけど、歴史上だと結構な戦いをするんだな、この2人は。

・セトウツミ/此元和津也
古い言葉がカッコイイと思う瀬戸。樫村さんへの恋文を、内海に古語風に訳してもらう。ただ、その一節から一触即発の空気に。こんなピリピリした感じで、ドラマ化を迎えようというのか。

・ぐるぐる学園探偵レイジー/中村ゆきひろ
8月号に続いて2回目の登場。今回も読み切り2本立て。迷い犬の飼い主探しと、学校の怪談の真相究明をする。話数表記も継続しているし、このまま連載狙いという感じかな。あと、エクトプラズムはヌルヌルしているものなの?

・レイリ/岩明均&室井大資
連載再開。いよいよ、犬渡り猿渡りからの脱出作戦がスタート。レイリは、鉄砲に撃たれた馬を壁代わりにし、迫りくる敵を射殺していく。これ、味方の脱出が終わるまで、レイリの体力と集中力が持つのかな?

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
センターカラー。リノンたちの策略により、羽井がお泊りすることに。これを受けて魅重義は大機を召喚するという荒業に打って出る。というところから、本当のところ『羽井のことをどう思っているか?』話に、そして『魅重義の辛い過去』の話へと移っていく。ここの組み合わせは、こういうスピードで仲を深めていくんだな。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
敗れてしまったゲッターロボ。しかし、不進化体もとどめを刺さずに別空間に移動してしまう。そして、武蔵が入院中の竜馬に、自分の本名が『車 弁慶』だと伝えたことをキッカケに、平行世界に異変が起こる。次回予告を見るに、ここまでが序章だったのか?

・呉-甘寧興覇という男-/山口陽史
読み切り。6月号に続く、シリーズ第2弾。子供のころ、戦ったすえに命を助けられた孫堅のことを執拗に狙う甘寧。何度も返り討ちに遭いながらも、執拗に孫堅に挑んでいく。羽や鈴を身につけたキャラデザはいいと思うが、どうも話に乗りきれない。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
ほのかの幼なじみの、馬場畑善史君。彼の意中の人である陸上部のマネージャーに想いを告げるため、走り高跳びの練習につき合うことに。ユーラシアキンタマスイスイが出てきてからは、言うことなし。最高。

・ビンゾー/古谷野孝雄
センターカラー。今回は、ミユちゃんの感動エピソード。そして、母親からスマホにメッセージが。生きているのか、知性型になっているのか? 現在位置が浦安を出たところで、目的地が南房総。これを徒歩で移動しなければならず、かなり時間がかかりそう。

・妖怪教室/斉藤いくみ
読み切り。妖怪の頭の娘・山ン本雅が地上に侵攻。妖怪への畏怖の心を思い出させるため学校の先生になり、教育のという名のトラウマを植え付けようとする。が、今際野八十というネジのぶっ飛んだヤツが教え子にいた。割とポップな絵柄だけに『生人体解剖図』がグロいったらありゃしない。15年11月号にも読み切りが掲載されているが、内容が思い出せない。

・ゴールドラッシュ/平岡一輝
読み切り。悪徳保安官パンプキンが“商人ダラー”と呼ばれる賞金首を確保。彼だけが知るという『金を無限に産み続ける生物』の情報を聞き出そうとする。ある程度、ネタの先読みはできるけど、それでもしっかりと読ませる構成力があった。ダラーのアクションも、21世紀の銭形平次とも言える趣きで、なかなかカッコ良かった。

・Sleepless nights/小家健太
読み切り。NEXT CHAMPION奨励賞受賞作。サンタクロースは、7歳の子供の前に現れ『夢』に関するプレゼントを渡す。という設定。若いサンタもある少年の前に姿を現し、プレゼントを渡そうとする。警察関係はちょっと荒いかなという気がするけど、サンタの過去と子供の現状をオーバーラップさせる展開は、上手いと思った。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
4コマ×3本の構成。ゴリ山に嫉妬する、お前は誰やねん。








次号から、AIの遺電子の移籍連載がスタート。BEAST COMPLEXが載るほか、黒飛ただし、鈴木優太、櫻井あつひとの読み切りもあります。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/13(水) 13:52:16|
  2. 別チャン 2017
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 41号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は『聖闘士星矢』です。





・聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話/車田正美
連載再開巻頭カラー。ついに蛇夫宮がサンクチュアリに出現。その効果によって、十二宮内にいる聖闘士たちの傷が回復していく。しかし、同時に『ヒュプノテラピア』という現象により、深い睡魔に襲われてしまう。次回でオデッセウスが復活するらしいが、結局夢の中でしたというオチになりそう。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
寝ているときにエア喫煙していることから、順子ママが大鉄を禁煙外来に連れて行こうとする。本部キャラは、もっと早い時期に投入できなかったものか。

・弱虫ペダル/渡辺航
センターカラー。今回は、黒田がここまで泉田を温存していた作戦の経緯などを振り返る回想編。そして加速を始めた泉田は、左右の上脚筋にペテルとマークと名前をつける。でも、そこの筋肉って大腿四頭筋って言うんじゃないの?

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
学校の池で飼われている鯉に対抗意識を燃やしたチョウソカベ。鬼若子モードになって爆釣する。チョウソカベの天下取りネタでいくと、夢見の森若さんへの恋心が邪魔になるような。

・刃牙道/板垣恵介
総合格闘家の阿部大治選手との対談記事アリ。刃牙は、改めて現代において場違いな存在である武蔵に宣戦布告する。刀のリーチと、抜刀の速さへの対応をしないといけないだろうな。

・ハリガネサービス/荒達哉
羽座川の現状を知って力になろうとする下平。あくまでも対等の関係でいるため、必要な物をあげる代わりにバレーを教えてもらう取引をする。そして、ほかのバレークラブのメンバーも本当の羽座川を知れば、特別扱いではなく対等な友達になれるのではと考える。この考えが悲劇を招くわけか。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
テレビを叩いて直そうとして、ケガしてしまったリンガベル。古い物って頑丈に作られていたりするからね。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
引き続き過去編。半猫又化したしっぽが猫神として祀られ、そして忘れられていく様子が語られる。なんか終わりそうな雰囲気だったけど、そんなことはないのかな?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
センターカラー。以前、校内新聞にチラリと登場していた元化学部の平塚和香さんが登場。ふし研部室を乗っ取り、化学部を再興しようとする。次回予告を見るに、部室の窓は夏休みの間ずっと壊れっぱなしだったのか。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
いよいよ、鯉太郎と天雷との取組が始まる。いきなりのブチカマシ2発で、相手の巨体を浮かせてみせる。ここをこらえて捕まえてからが天雷の形か。

・BEASTARS/板垣巴留
レゴシとジャックが友達になった経緯が描かれる過去編。この世界におけるイヌとネコが、戦争を経て作られた改良品種であるという設定が、なかなかに斬新だった。草食と肉食のように、原種と改良種という問題もあったというわけか。

・六道の悪女たち/中村勇志
飯沼渾身のカウンターは寸でのところかわされてしまったが、課長からもらった根性を乗せた一発で朱井を撃破する。トランシーバーでの六道たちとのやり取りが最高。しかし、童子の命令に背き、六道にも攻撃を加えようとする菫兄妹をどう突破するのか?

・Gメン/小沢としお
梅や母親が語る、広樹を置き去りにしなければならなかった理由。そして広樹も、どんな気持ちで生活してきたかを打ち明ける。ここからどうガンバっても、スッキリとしたオチにはならなそう。

・魔入りました!入間くん/西修
改めて師団披露の概要説明。準備を進める中、キリヲは秘密の隠し部屋で謎の計画の準備をすすめる。が、その場所に入間が入ってくる。悪魔は気づかないけど、人間なら……ってパターンなのかな?

・囚人リク/瀬口忍
ついに油圧ポンプが爆発。9人そろってゲートを通ろうとするが、その前にいたのは剣崎ッ! リクたちは、あっさりと発見されてしまう。御母堂パワーがさく裂か。

・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
上尾アイさんがどのようにターゲットを物色し、捕食してきたかの解説。そして、次の標的として音子に狙いを定める。これをルビが助けるんだろうけど、勝った後にアイさんを食べるかどうかだよな。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
退治人の祖・アルミニウス・ヴァン・ヘルシング展が、新横で開催される。幽霊として復活したヘルシングが、依り代としている聖剣を抜いてもらうことで、憑依する相手を探そうとする。なんだかんだ、みんなマナーがいいんだな。

・JINBA/浦田カズヒロ
サラの言葉で、クルルが馬肉になる心配のないことを知ったジンバが、一気に追い上げる。カキバンチョーとの一騎打ちかと思われたが、大外からもう一頭駆け上がってくる姿が。まぁ、説明通りのレース運びをしているのはコイツだしな。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
最終回。学園祭で、DJスキルに開眼した魯良とサウエが、ラップを披露してシメ。ギリギリ稲虎が滑り込んだのと、美人幽霊の名前がDJサラを分かったのが、せめてもの救い。よっしゃしゃっす〆


・虚ろう君と/古川一&白土悠介
最終回。さなかの能力は、血を変質させること。知理の血も利用した合体技で、ウロガミを倒す。バトル後の展開はちょっと物足りないけど、仕方がないか。

・少年ラケット/掛丸翔
最終回。大会が終わり、墓参りに来たイチローとヨルゲン。と、お母さんたち。ジョーとロッキーがダブルスを組むことになっていたり、ヨルゲン母のアレコレとか、描くことができなかった設定をできるだけ描いたという印象。でも、それでもキレイにまとまっていると思う。

・木曜日のフルット/石黒正数
頼子の整体プロファイリングが久しぶりに展開される。2~3コマ目でちゃんと答えが描かれているのが上手い。








次号から、平川哲弘の新連載がスタート。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/08(金) 07:00:24|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

champion タップ! 9/7更新分の感想

タップ!の感想です。今週は4本が更新されました。
ネタバレにご注意を。





・息子の嫁/忍
オール4コマ構成の特別編。インスタントカメラを手に入れた桃が、縁の笑顔を撮影しようとする。九十九が「シックスヘッドジョーズ」と言っているのに、パッケージの英語が『SixHeadShark』になっているのがツボ。
→ 次回は10/3更新予定。

・おひ釣りさま/とうじたつや
星羅さんと柏崎さんの謝った情報を、玲美ちゃんから聞いた吉井。早急に釣りの腕前を上げる必要があると、タナゴ釣りに挑戦する。公園の池で出来る釣りもあるんだな。
→ 次回は9/21更新予定。

・絶望男子と中国娘/理央
マラソン大会があるので、練習する太郎たち。その途中、休憩で寄ったコンビニで、龍龍が西村に入学に関するアレコレでお礼をする。それを受けて西村は……。意外なところから恋敵が現れたな。
→ 次回は9/21更新予定。

・ロロッロ!/桜井のりお
10月からの週チャンでの連載を控え、以前短期連載されたものを再掲載。今回はちとせのライバルの、戌井うみこさんが登場。『どっちが先に友達ができるか対決』で、ちとせと意地を張りあう。林田さんって、ここだけの登場だっけ?
→ 次回更新は9/14更新予定。



来週は『魔法少女サイト』と『ベルリンは鐘』と『ロロッロ!』が更新予定です。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/07(木) 17:13:19|
  2. タップ 2017
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 40号の感想



チャンピオンの感想です。表紙は刃牙道。グラビアは、SUPER☆GiRLSの渡邉幸愛さんです。





・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。力尽きた花山に、内海警視総監が最大の謝辞を贈る。武蔵はとどめを刺そうとするが、それを刃牙が止める。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
先日亡くなったジョージ・A・ロメロ監督に捧げるエピソード。晴郎が追悼パーティーを企画し、大沢木家にゾンビメイクの集団が押しかける。これだけ騒ぎになっているのに、顔も見せないのり子って……。

・刃牙道/板垣恵介
2本立て2本目。あくまでも命のやり取りをしようとする武蔵に対し、刃牙は現代での『決着』を力説する。そして、いよいよ再戦ということになりそう。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
読み切り。折り紙でバラを作る花山。本編で壮絶な死闘をくり広げた後にコレを読んで、何を感じろというのか?

・弱虫ペダル/渡辺航
手嶋は、最初の登りが終わった後の2.5キロの平坦区間を休みどころだと考えていたが、箱学の狙いは違った。ここで泉田が先頭に立ちチームを引く。このために、ここまで温存していたのか。ここは鳴子で対応するしかないんだろうけど、そうすると3人になっちゃいそうだな。

・六道の悪女たち/中村勇志
課長パンチがヒントとなり、飯沼が突破口を見つける。栓抜きで自分の指を折っておいて「指折れ兄弟」とか言ってしまうセンスもスゴイが、やっぱり全部が吹っ切れたような110ページの「皆で戦おうぜ六道 仲間なんだからよ」と言うときの笑顔が素晴らしい。

・JINBA/浦田カズヒロ
センターカラー。クルルが無理な先行をしたのは、全体のペースを上げてジンバをサポートするためだった。そのことを察知したジンバは、サラの想定よりも早いタイミングで上がっていく。腕をこういうふうに使うとはね。

・ハリガネサービス/荒達哉
羽座川の置かれた環境を知った下平。辛い言葉を投げかけられながらも、それでも羽座川の味方であろうとする。このころは感情をぶつけることができているので、中学あたりでなにか人間味をなくすできごとがあったのかな?

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
スイカの種の話。そもそも1本目のリンガベルは、どこに種を飛ばしているのか?

・BEASTARS/板垣巴留
夏休み。講習に出るレゴシ。ハルと会ったときにシッポをブンブンしているのと、あの夜のことを聞きたいけど聞けないジャックが面白い。そして、ルイの消息はいまだに不明。このまま姿を現さないままなのかな? あと、ヘラジカの角の上にハツカネズミを乗せたって記事は何なんだ?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
1日限定で、知り合いの喫茶店でバイトすることになった大祐。しかし、運悪くそこに高浜さんが来店する。バイト禁止の校則なので、女装して乗り切ろうとするが……。これは、のちのち女バージョンで会わないといけなくなるパターンだな。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
取り組みを前にしての、鯉太郎と天雷の心境。鯉太郎は、部屋で感じた四股の『違和感』が消えているとのこと。これはいい兆候なのかどうか?

・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
音子は、敷地内に有名ショップを誘致できるほどの大金持ちだった。ルビを招待し、それぞれの境遇を語り合う。そして、音無邸に行く前に分かれたアイさんも、ミミック持ちと判明。しかし、こちらは欲望に忠実な様子。バトルになるのかな?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
缶詰明けのロナルドとドラルクが、オータム書店名物の『オータムデンジャラ』というゲームをすることに。部屋に入ったときに3人しかいないというのが、伏線になっている見事な構成。あと、モブ編集を追い払うサンズがカワイイ。

・囚人リク/瀬口忍
油圧は上がれど、リクの意識は戻らず。レノマの懸命の蘇生に応えて、タイムリミットギリギリで意識を取り戻す。あと、沢田はどこへ行った?

・魔入りました!入間くん/西修
花火の準備をする入間たち。アメリからマンガを借りて、参考にする。しかし、キリヲには他の企みがある様子。電話の相手は、会議を欠席していたグラシアかな?

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
新たな虫武将が登場。これからチョウソカベ軍を大きくして……という感じだが、さすがに中島可之助は注釈が必要だと思うし『蓬莱宮の寛典』の説明も必要だったと思う。内輪受けみたいになっている。

・Gメン/小沢としお
広樹に話を聞く気はさらさらなし。援軍に来た勝太たちと金狼会でケンカが始まる。というところで、電話で呼び出した母親が現れる。おばあちゃんも来た方がいいな。梅田家で家族会議だ。

・HOTEL R.I.P/西倉新久
単行本発売を記念しての、タップからの出張読み切り。地味メンながら、同じ日にクラスのヒロインと幼なじみにデートに誘われた若森海翔くん。しかし事故で死んでしまい、ホテルへとやってくる。迎らのキャラ説明があったり、本編の解説的内容。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
夏休み最後の日。MC不動の店でのバイト帰りに、自らのラップ技術のなさを嘆いた魯良がゴミ捨て場のラジカセに祈ると、ラップの魔人キャンタマが出現する。願いをかなえてもらうためラップバトルに、サウエが挑む。そして、次回が最終回とのこと。よっしゃしゃっす〆


・猫神じゃらし!/福地カミオ
しっぽが猫神になる前の過去編。猫又の少女まりと出会う様子が描かれる。しかし、猫又のシッポって自力で裂くものなのか?

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
最上のパートナー虚人こそが、ウロガミ教を作り上げたウロガミ本人であると明らかに。人々からの祈りを得るために、現在のようになってしまったらしい。強敵に立ち向かうため、知理はさなかと共に戦う決意を固める。次回が最終回。

・少年ラケット/掛丸翔
いよいよ準決勝の紫王館戦が始まる。S1は、イチロー対ヨルゲン。待ちに待った2人の対戦が始まる……というところで、次回が最終回。なんか、数年後とかになっていそう。

・木曜日のフルット/石黒正数
闇の商人が久しぶりに登場。相手のステータスが分かるメガネを買う。もしデンを見た場合、ハートの項目はどんな数値になっていたのか?








次号から、聖闘士星矢の連載が再開。





テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/09/01(金) 13:49:19|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

FC2Ad