晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

ハルタ vol.44の感想



ハルタ第44号の感想です。今号でも森薫先生のラフスケッチ集が付録に。



・表紙&カバー・ストーリー
犬童千絵先生が担当。いまは『アメリカ・インディアン』という呼び方があるのですね。

・ダンジョン飯/九井諒子
第34話。いまだに変化を続ける迷宮のチェックに行ったライオス以外の3人。そこでコカトリスと遭遇してしまう。バジリスクときの教訓を生かして戦うものの、マルシルが噛まれて石化してしまう。爆炎を背負っての名乗りも良かったけど、不自然な姿勢で固まってしまったマルシルを安定させるためとはいえ、漬物石代わりにするとは。…テンションが高くて面白すぎる。

・ヴラド・ドラクラ/大窪晶与
新連載。ドラキュラのモデルになったと言われるワラキア公国公主ヴラドⅢ世を主人公にした歴史もの。ハンガリー王国とオスマン帝国にはさまれた地理的な背景、貴族たちが政治の実権を握っていることなどが語られる。そのなかでヴラドは繊細な立ち回りを演じ、国のために尽くす。理知的で控えめな印象のあるヴラドが、どうして“串刺し公”と呼ばれることになったのか? 隔号連載です。

・丁寧に恋して/サワミソノ
第3話。今回は、台湾にいる丁寧の親友・李麗(リリィ)の話。恋人の志龍(ジーロン)にピアスを開けてもらう様子が描かれる。丁寧・永松・豊田先生の三角関係に加えて、丁寧・李麗・志龍の三角関係もある。みたいなことになりそう。

・乙嫁語り/森薫
第36話(通算62話目)。今回は、カルルクが狩りに使う鷹の調教に挑戦する。どうやら、今はカルルクの『男修行』シリーズとのこと。ということは、ひとりだけで大きな獲物を仕留める。みたいな、イベントをこなさないとならなくなりそう。

・今日のちょーか!/戎島実里
第4話。渚ちゃんを釣り部に引き込むための、接待釣りが行なわれる。『釣り 味の素』で検索したら、本当にそういう方法があるんだな。さすがにしょう油とかはないみたいだけど。

・忍ぶな!チヨちゃん/設楽清人
第4話。秘伝の色香の書を使って外見を劇的に変化させたものの、当のタマミにワタル殿に告白する勇気は……。今回は、ナイスな女同士の友情物語という感じ。しかし、チヨ代はいつからワタル殿のことが好きなんだ?

・星明りグラフィクス/山本和音
第5話。自分の知らないところで出品された、校内コンペで佳作に入った吉持。ふとしたことから、同コンペでグランプリを取った黒沢君の課題を手伝うことになる。吉持がその才能に嫉妬したということは、かなりのレベルの人なんだろうけど、周囲に対するあたりの強さとかが、妙にリアル。

・ニコラのおゆるり魔界紀行/宮永麻也
第2話。バルに入ったものの、魔界では食べられるものが少ないニコラ。さまざまな種類の魔族の特徴を紹介しつつ、童話的というか教訓めいたオチをつけるというレベルの高い構成。

・LITTLE MAFIA/大上明久利
読み切り。ガンマンやカウボーイが必要なくなったアメリカ西部。賞金稼ぎとして育てられたテレサは街に出るものの、盗みにあったり仕事も見つけられず、上手くいかない事ばかり。大事な服を盗んだドロボーと再会したところから、一気に物語が好転していく場面は爽快感が高かった。芸は身を助けるってことか。ぜひとも続編が読んでみたいところ。

・不死の猟犬/八十八良
第39話。まず、日常を取り戻した針魚と魚鷹の会話。2人はコンビを解消することを決める。魚鷹はともかく、針魚のほうは物語的にも退場かな。そして、風鈴からの情報提供。麻理絵さんがRDSで死んだのは“本来結ばれるはずだった”男性がRDSになったために感染したのだという。つまり、この世界では結婚相手やいつ死ぬかといったことが、あらかじめ決められているのだという。解明編のスタートということか。

・公安部特異人種課56/菊池まりこ
第9話。須丸を確保し、あとは脱出というところで、組織犯罪対策課のガサ入れが始まってしまう。要&常田は美月の指示に従い屋上へと逃げる。今回は、影のつけ方や表情など、かなり絵柄を変えてきた印象。

・ひつじがいっぴき/高江洲弥
第2話。想像力の限界もあり、怜夢が生み出したアラコータではクモンスターに勝てず。そこで、本物の荒康汰の夢に行き、助けを求めることに。無事にクモンスターを撃退したが……。これで一件落着というワケではないんだろうし、次に再会したときに問題が起きそう。

・今日の柳子ちゃん/進美知子
第2話。ママにかまってほしくて、大暴れの柳子ちゃん。不定期で8ページは、やっぱり短いな。もっとコンスタントに載ってほしい。

・ヒナまつり/大武政夫
第66話。ヒナのごく普通の一日に密着する。着替えのパートと、上級生ヤンキーにあいさつされるパートが面白かった。

・欅姉妹の四季/大槻一翔
第3話。映画に行く予定の朱美といずみ。しかし、朱美の服はことごとく胸の部分がきつくなっているのだった。今回は、四女・瞳の出番がナシ。次回も朱美&いずみの話ということなので、基本的にこの2人を中心に展開していくことになりそう。

・北北西に曇と往け/入江亜季
第13話。慧が清を案内する形で、レイキャビックの名所案内やアイスランドの気候紹介という内容。清が撮った住人の中に、乱っぽい子がいたのは、ファンサービスか。

・A子さんの恋人/近藤聡乃
第32話。I子3部作2話目。K子宅に討ち入りに来たI子が、A太郎の後を追いフラれた顛末を涙ながらに語る。なにげに、話が終わるまで外で待っていたA太郎のお隣さんが偉いと思う。そして、I子はK子の家に来る前に、A子の家にも言っていたのだという。どんな話をしていたのか?

・真昼の百鬼夜行/比嘉史果
第7話。周囲から変わり者と敬遠されている黒崎実梨さんの唯一の友達は、狸の源太。2人でゴミをあさったり木の実を採ったりする。しかし別れの時が……。これは、大人になってからの続編を読んでみたい。

・ふしぎの国のバード/佐々大河
第18話。越後街道編。新潟を出発したバードさんは、牛に乗って東北を北上する。山中で出会った歩荷(大きな荷物を運ぶ仕事)の おゆう さんとの文字を介したコミュニケーションが良かった。しかし、バードさんは古傷のある背中を痛めつつある様子。旅の障害にならないといいけど。

・ハクメイとミコチ/樫木祐人
第44話。32話に登場した司書さんが再登場。ヒガキやジャダらに翻弄され、仕事がうまくいかない。しかし、閉館間際に現れたのは……。この人、一生ハクメイに負け続けそう。

・まだ見ぬ春の迎えかた/井上きぬ
第3話。掃除中に見つかったカセットテープ。そこに録音されていたのは、幼いころの修ちゃんが引いたバイオリンの演奏だった。どうやら修ちゃんは、音楽留学をしている様子。つづみと舞ちゃんは、修ちゃんの姉が働くカフェでバイトすることになる。

・ゲス、騎乗前/西公平
第22話。GⅢを目指すという方針を覆させるため、2レース目も圧勝した牧&ミタマノチンコン。しかし、三田がレース直後に告白し玉砕してしまう……。玉野ちゃんに対する牧の説教が気持ち良かった。なんか、作者自身いろいろ溜まっているものがあったのかな。次は、GⅠレース。

・蕾と青嵐/黒川裕美
読み切り。街で人気のイケメン郵便配達員の小野瀬さん。そんな彼に、ただひとり無愛想な対応をする剣道少女がいた。小野瀬は、なんとか笑顔を見ようとするが……。全体的な雰囲気はいいものの、終わり方が少し唐突過ぎる気がする。

・ネコと鴎の王冠/中村哲也
第9話。ドイツの民族衣装・ディアンドルをテーマにした、変則4コマ構成。クリスマス市で着る衣装を決めるため、女子会が行われる。作者はバニー好きだけど、新たな萌え属性を発見した様子。

・ルドルフ・ターキー/長蔵ヒロコ
第46話。ギル・ゴートの指示で、ゴンドランドは無法地帯に。しかし、モモコやペイルらの活躍で事態を治めていく。そして、エグマリヌは再びルドルフのもとに戻ろうとするが……。アオリでは『修羅場』と書かれているが、それ以上の激しい展開になりそう。

・サーカスの娘オルガ/山本ルンルン
第7話。サーカスの女の子、ラウラとポリーナからイジメを受けるオルガ。ついにはブチギレてサーカスを抜けることを考える。それを止めたのはレオ。オルガに何をさせようというのか? あとターニャが、いつのまにか貴婦人キャラになっている。

・B/W /渡邉紗代
第4話。高級スーツを仕立てる様子を皮切りに、バービーが関わる女性をオトしていく様子が描かれる。そして、クラブのオーナーであることも明らかになる。ギャンブルものかと思っていたけど、どういう路線に行くのか分からなくなってきた。

・マシュマロメリケンサック/浜田咲良
第5話。いよいよ決勝戦。G組の頭・窪塚は、残虐性を持った暴力の固まりのようなヤツだった。薬島は、いつものようにあきらめないどころか、自らの手で自分の奥歯を抜き、窪塚を降参させる。これで1年トーナメントは終わったわけだけど、ともに非暴力に屈する形になった火野と窪塚は、どういう行動に出るのか?

・ぽんたとそのた/中河星良
読み切り。40、42号に続き3度目の登場。隔号連載なの? 今回は、散歩中に置き去りにされたぽんたが、自力で家に帰る。ジョギングをしている男性が、高橋留美子キャラ過ぎると思う。

・モテ孝/緒方波子
最終回。牛田さんとデートを重ねて、パークハイアットのバーでの変則的な告白から、無事に恋人を作ることに成功する。この連載、まさかハッピーエンドになるとは。おめでとう波ちゃん。事後報告もお願いします。

・予告
次号は、弓道部、ホルスの瞳、スーさん、ストラヴァガンツァ、燕のはさみが掲載。川田大智と山田果苗の新連載が始まるほか、上瀬達也と佐藤春美の読み切りも載ります。









スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/05/17(水) 18:21:22|
  2. ハルタ 31号~
  3. | コメント:4

FC2Ad