晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

六道の悪女たち 第4巻の感想




『六道の悪女』第4巻の感想です。表紙は、しっかりと赤い糸が結ばれている“つっぴぃ”こと椿です。



・第26話 死神の呪い
白バイ隊員が事故に遭い、莇美が葵を憎むようになった事故の詳細が描かれる。これは、路上に出ていた莇美にも問題があり、一方的に葵が悪いとは言い切れない感じだな。それだけに『法律違反・危険運転』だから悪女という、六道の判定がちょっとビミョーに感じてしまった。どちらかといえば、自分の命を顧みない危険な行為をしていることが悪。という印象。スピードでは葵に分があるだけに、ここからどうやって『鬼ごっこ』対決での勝利につなげていくのか? 

・第27話 六道の魔法
六道の決死の言葉を受けて、ついに莇美が泪ながらに本心を吐露する。乱奈や幼田が外に向けて暴力という形で悪意を発していたのに対し、莇美は自らを責めて痛めつける内罰的な悪女という側面もあったのかな。そして葵は、ヒジで路面を削るギリギリのコーナリングで振り落とそうと試みるが、六道の伸ばした手がギリギリ莇美に届いていた。これで決着ッ!

・第28話 自由の象徴
莇美編のエピローグ的な話。『鬼ごっこ』に勝利した莇美が葵を連れて、実は生きていた白バイ隊員に会いにいく“罰ゲーム”を執行する。これで過去のわだかまりもなくなったかな。そして、ラストのみんなでツーリング行く様子も良かった。飯沼のバイクセンスは鉄板だし、乱奈の後ろにチョコンと乗る幼田もカワイすぎる。それから、冒頭で敵チームの山田と語っている大佐が意外すぎる。もはやヤンキーに対しての気後れはないのか。

・第29話 乱奈と幼田
幕間的な話。全校あげて、校内清掃をすることに。乱奈と幼田が協力して?教室をキレイにしていく。幼田が先輩風を吹かせて(実際年上だけど)いろいろ教えようとするのも、それを聞きながら不満顔をする乱奈もどちらもカワイかった。あと、通常顔の六道が久しぶりなせいか、黒目が小さすぎるように感じた。特に83P上段の六道は、催眠状態のように見える。この話で飯沼の子分の角山がひさしぶりに再登場したけど、いつか黒方&ヒロにもチャンスがあるんだろうか?

・第30話 髪飾り
休日のショッピング回。六道たちと合流する前に、常にセーラー服姿の乱奈の服を買うことに。実は読者モデルだった椿のコーディネートで、幼田や莇美もオシャレをする。第15話で六道からもらったヘアゴムを、乱奈がどう思っているかが分かるシーンが良かった。あと、仮にもJK4人が集まって、バッグを持っているのが椿1人というはヤバい。乱奈と幼田は仕方ないとしても、せめて莇美はお嬢様なんだから手ぶらはまずかったと思う。

・第31話 鬼島連合の脅威 
集会を潰し、葵を倒したことにより激突が避けられない状況となった、鬼島連合の概要を飯沼が説明する。葵以外の幹部は、総長以下総勢6名(NO.5が2人。うち女性は2人)。六道たちは潔く頭を下げる意向を固めるが、そのトップどころが直接学校に乗り込んでくる。乱奈が一度鬼島連合を潰していたという過去も明らかになるが、2年前ということは普通に考えれば中2のときか。“最凶スケバン”誕生秘話も気になるところ。

・第32話 震える童子
ついに鬼島連合が亞森高校にやって来たッ! が、カチコミというわけではなく、まさかの転校だった。トップの松ヶ宮童子以下幹部6名が六道のクラスメイトになる。女性+トップの童子は植物の名前入り。それに加え、全員が鬼にちなんだ名前になっているのか。
松ヶ宮童子 → 酒呑童子など
椰子谷唯 → 夜叉
朱井公平 → 赤鬼
般東若之介 → 般若
菫雷乃・風乃 → 雷神・風神
本当の目的は乱奈を鬼島に引き入れることらしいが、童子の性格が『怖がり』ということも判明したし、まだまだ動きはありそう。NO.2の朱井が、第26話にも1コマだけ登場していたというのも、細かい演出。

・第33話 悪女だって女の子
鬼島連合が転校してきてからの現状確認。ひさしぶりのトイレの個室で、対策を話し合ったり問題点を明らかにする。したり、こういうときでも大佐は有能だな。そして、最初に六道の術の影響を受けたのは、まさかの菫雷乃。男子トイレに入ってきているので、男のはずだが……? そして、童子は乱奈に接触をはかる。
六道4巻見開き
この巻のベスト見開き

・第34話 閉ざした少女
まず菫“きょうだい”は、男のような雷乃が姉で女のような風乃が弟の、見た目と性別が逆転している姉弟だと明らかに(なので、雷乃が六道の術中に堕ちた)。さらに童子は他人の心が読める?能力持ちということも判明し、朱井と飯沼の間にも因縁があるらしいことも発覚するなど、いろいろと設定が明らかになった回だった。184ページの童子のサイコっぷりからの、188~189ページの見開きのギャップが最高。でも、これで本格的に六道がロックオンされることになるのか。





次巻では、学園祭編がスタートッ!



スミレの花言葉は『誠実』。なので雷乃は、素直に秘密を打ち明けたということか。
六道4巻花










スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/05/10(水) 18:44:08|
  2. 六道の悪女たち
  3. | コメント:0

少年ラケット 第10巻の感想



少年ラケット第10巻の感想です。このタイミングで、公式ツイッター公式サイトができました。なにか、メディア展開があるのかな?



・SPIN.79 団結と決意
救護室に付き添うイチロー。そこで、負傷したのが左足首ということ、ヒロがかねてより右ヒザを痛めていたことが判明する。これまで部活をサボっていた理由(と、第1話の入浴シーンの意味)が分かる流れが良かった。ただ「出られるのは、あと1試合」とのこと。紫王館と当たる準決勝まで、勝ち進むことはできるのか?

・SPIN.80 熱血オレンジメン
1回戦で負けた藤元中から、橙山中が全員フットワークに異常な自信を持ったチームだという情報を得る。「どんなボールもフォアに回る」と言っているので、いかに逆を突くかの戦いになるか。そして、S1ジョー・S2イチロー・D埋金&鳥飼・S3ロッキー・S4シゲというオーダーで2回戦に挑むことになるが、試合開始前に橙山中顧問からジョーの出場にクレームがつけられる。

・SPIN.81 情熱のファーストドライブ
橙山中顧問は“西の猛犬”と呼ばれていたころのジョーの過去の行動を持ち出し、出場辞退を迫る。ここでの西澤先生の毅然とした対応の仕方が良かった。第25話でのヒロに対する態度といい、実技面以外で部に貢献している感じ。そして初戦のジョーvs泥谷(豪)。まずはジョーがシュートドライブを決めて、特訓の成果を見せる。

・SPIN.82 決裂のセカンドドライブ
ともにドライブ型のジョーと泥谷(豪)。まずは、相手にドライブを打たせないために、ツッツキやストップを駆使した『台上対決』になる。が、ここで泥谷(豪)が持ち前のフットワークを生かして1本取り返したことにより、今度は激しいドライブの打ち合いに。確実にイチローとやった時よりも成長しているんだけど、なんかジョーは勝ちビジョンが浮かびにくい。

・SPIN.83 脱出のラストドライブ
ドライブの打ち合いが続くが、徐々に泥谷(豪)が点差を広げていく。そして、ここからはフォアで返せないと思われた角度からも、強烈なバックのカウンタードライブを決めて、第1ゲームを先取する。フォアだけでなく、バックからも強烈なドライブを打てるというのは、かなり強力な印象。得意のドライブで後手に回るとなると、ジョーに勝ち目はあるのか?

・SPIN.84 唯まっすぐに二人
回想パートで泥谷(豪)の卓球にかける情熱が明らかになる。顧問の交代を実現させるとか、中学生でここまでの行動力があるというのはなかなかのもの。顧問の戸田先生も、ただのカタブツというワケではなかったんだな。いっぽうジョーにも、この試合に全てをかける覚悟がある。ここまで使っていなかったしゃがみ込みサーブを解禁する。

・SPIN.85 持たざる者だからこそ
ジョーのしゃがみ込みサーブは、効果絶大。第2ゲームを取る。でも、同じくしゃがみ込みサーブを得意とする泥谷(朔)からアドバイスをもらったようだし、まだまだ試合の行方は分からない。横のフットワークに加えて、しゃがみ込みの上下の動きも加わることで、ジョーの脚への負担も大きそう。144~145Pの見開きは、久しぶりにビシッと決まった印象。

・SPIN.86 エースの輝き
泥谷(豪)もすぐに立て直す。第3ゲームはジョーに譲ったが、第4ゲームを取り返しゲームカウントは2-2に。勝負は、最終ゲームにもつれ込むことに。泥谷(豪)が、弟の朔のほうが実力が上と認めながらも、それでも自分がエースであろうとする回想パートが良かった。

・SPIN.87 白く
ジョーvs泥谷(豪)、最終ゲーム。ともに譲らない激しい攻防。森原のベンチでの、イチローらのジョーに対する評価が、なかなか興味深かった。欲を言えば、西原先生の分も欲しかったかな。そして、ゲームの熱量に押されて、周囲も白くなる182ページからのラスト5ページは、かなりの迫力。そして、勝利したのは……?




次巻、イチローがまさかの覚醒を見せるッ!
あと、裏表紙で宮原さんのラケットが紹介されているんだけど、分かる人が見ればコレで戦型が予想できたりするのかな?











テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/05/10(水) 17:13:06|
  2. 少年ラケット
  3. | コメント:0

FC2Ad