晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

週刊少年チャンピオン 21号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は『刃牙道』、グラビアは久松郁美さんです。




・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。各部門のトップが集まった、対武蔵緊急会議が行われる。そこで白羽の矢が立てられたのは……花山ッ! なかなか面白そうなマッチアップ。

・弱虫ペダル/渡辺航
回想編。待宮を『大物』と定めた浦久保は、練習中も執拗に付け狙うようになり、最終的にはケガをさせるまでに至る。そのことにより部内で孤立してしまったのが、昨年のIHにいなかった理由。そのとき、唯一味方になってくれた庭妻の気持ちに応えるべく、現在のスタイルを開花させていった様子が語られる。手嶋との勝負は残り800m。負ける感じが予想しにくい。

・六道の悪女たち/中村勇志
元々はただの不良の集まりだった、チーム竜宮。ケンカの流れで合流した乱奈の活躍もあり、躍進していく。が、そこで鬼島連合に目をつけられてしまう。ここから乱奈がひとりで壊滅させ、童子が再建。竜宮は現在のような平和なチームへ、という流れか。乙姫さんから『友達の証』として贈られた木刀は、第1話で持っていたヤツだよな。あの後、どうなったんだろう?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
百雲回想編。兄弟子や後援会、そして恋人・綾子の存在に恵まれた百雲は、順調に番付を駆け上がっていく。そして、泡影との取組が……。ここから性格が激変してしまうわけか。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
花見ネタ。タンポポに寄生されるビッグベルが面白すぎる。

・少年ラケット/掛丸翔
センターカラー。イチローは、泥谷(朔)を撃破。この時点ではまだ森原中の勝利は決まっていないのだが、ビリーたちや天海監督らは完全に「ここを勝っても、次の藍天大付属には勝てない」という流れで話をする。まぁ、和久津以外の部員もキャラが立っている感じで強豪感はあるんだけど……。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
小鉄と鈴ちゃんが、互いの忘れ物をマジックで描いて補おうとする。小鉄がメインに絡んだのがひさしぶりの気がする。

・BEASTARS/板垣巴留
メス動物の下着姿とか、また少年のいけない扉を開いてしまいそうなトビラ。本編では、ジュノがルイに“宣戦布告”する。これは計算なのか天然なのか? あと、サイさんの頭部の大きさが気になる。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
呪いの人形かと思われていた松子だが、持っているとラッキーなことが起こる様子。髪の長いオバケ→貞子みたいに、古い日本人形→松子というネーミングも一般化した印象。

・ハリガネサービス/荒達哉
駿天堂は、シンクロ攻撃やバンチリードブロックなど、最新戦術を使いこなす。桐城のサーカスバレーを時代遅れと評し、点差を広げていく。応援の口火を切るのが金田というのがイイ。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
別チャンからの出張連載。巻物状の書物をバラバラにし、本の状態に作り直す過程で、何度もブルータスに殺されかける。これ、◯週連続とか書いていないし、作中のセリフからするとしばらく続くのかな?

・囚人リク/瀬口忍
決死のダイブから、3人が生還。松尾や史郎のかける言葉がイイ。そして、内海は……。あとは、どうやってレノマたちと合流するかだな。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
寒恋家でツッコみつかれるたぬのしん。雪子は改めて、たぬのしんの飼い主を探す決意をする。すぐ眠るのは、遺伝だったのね。

・絵江の変人解放運動/鈴木優太
短期連載1話目。エエル・ルル・絵江さんは、その体質故に引きつけてしまう変人たちを助ける活動をしていた。『間食』として、あらゆる物を食べてしまう女性の悩みを聞くのだが、真相の予想がしやすかった。このまま、正式連載してもいいのに。

・魔入りました!入間くん/西修
位階決めで入間が受けたのは『悪食の指輪』と呼ばれる、魔力吸収の指輪だった。騒動の収め方を見るにサリバン理事長は、かなりの実力を持った悪魔なのか? いちおう敵悪魔に対する武器を得たって感じなのかな?

・Gメン/小沢としお
ここまでスポットが当たることのなかった薙編がスタート。中学時代の元カノ五月と再会する。それぞれに気持ちは残っているんだろうけど、ヨリを戻すところまでいくのかどうか? 薙の下の名前が『竜二』と判明。

・守護いね守護霊さん/炎堂たつや
2週連続掲載2週目。愛が重すぎるサチが、スバルと喜多村さんの仲を引き裂こうとするものの……。喜多村さんのヤンデレ具合もいいし、再登場していただきたい。

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
比嘉の探求欲は、子どものころからズバ抜けていた。数学の複雑な問題や、殺人事件の究明に取り組んだいた過去が描かれる。そして、知理との情報交換。虚人の情報を(ある程度)信じ、自分の追っている連続殺人事件と関連があると予想する。その背景には、あるカルト教団が絡んでいる様子。なんか、大掛かりになって来たな。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
MC不動の案内で、暗黒クラブに潜入した佐上たち。今回のラップパートは、佐上によるあらすじ紹介だけだったので、ちょっと物足りなかった。よっしゃっしゃす〆


・AIの遺電子/山田胡瓜
死後の世界を提唱する、スピリチュアリストのヒューマノイドの女性。しかし、いっぽうでは須堂のところで延命治療を受けていた。仮に中野さんが記事にしたところで救われる人も少ないだろうし、いろいろとモヤモヤの残る内容。

・冥界だより/円山晃
短期連載4話目。仕事が面倒くさい閻魔が、少年に仕事を手伝わせる。今回は閻魔がいつもの服装ではなく、私服?を着ていたのが印象的。「スタンプぺたぺたのお役所仕事」って語感がいいな。

・SIX/いなずまたかし
かつて大火災を起こしたホテルの跡地を再開発することになったが、そこは都内最悪の霊的磁場だった。除霊不可能の現場に乗り込んだ悠は、ボロボロの葛城を発見する。依頼人と地縛霊の名字が同じなのは、何かのヒントなのか?

・木曜日のフルット/石黒正数
美ネコのケイトの写真集が発売されることに。でも出来に満足がいかないので、さらなるスタイルアップを目論むが……。最初のヤツとブリッジはヨガなのかどうか?







次号は、読み切りとかは特になし!








スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/04/21(金) 16:44:08|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

FC2Ad