晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 30号の感想

チャンピオンの感想です。表紙とグラビア&ポスターは、NMB48AKB48の山本彩さんです。






・極悪バンビーナ!/中島こうき
新連載巻頭カラー。一挙2話掲載。主人公の白咲ニーナは、銃の腕前は世界一ながら虫も殺せない優しい心の持ち主。日本不動産を牛耳る大企業の御曹司を暗殺するために、日本の高校に転校してくるが……というコメディ。目標は大きいながらも小さなところで話が展開していくのもいいし、絵もうまい。最近の新連載の中でも、上位の出来だと思う。ただ、キャラのデフォルメ具合が中途半端なところがあって、ちょっと不気味な頭身になっている。

・弱虫ペダル/渡辺航
青八木が『バンビスタイル』を開発した経緯が明らかに。しかし、残り400メートルで銅橋に捕まってしまうが、さらに横から鏑木も追いついてきていた。去年の田所・鳴子・泉田のスプリント勝負の再現ということか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
順子ママが、2個の腹筋ローラーで乗り物のようになってしまう。アニメは、大沢木家(の一部)しかキャストが発表されていないけど、この4人で全部の役をまかなうんじゃないだろうな?

・刃牙道/板垣恵介
刃牙は武蔵の鼓動を感じたことでアクビが止まる。いっぽう花山vs勇次郎は、あっさりと勝負がつきそう。ただ、この勝負を双眼鏡でのぞいている迷彩服の男は、徳川の光ちゃんなの? そして車で現代の日本の光景に驚く武蔵の横を、坂道が通る。

・実は私は/増田英二
黒峰&白神さん2回目の遊園地デート。しかも今回は銀さんのプロデュースということで、案の定グダグダ内容に。ひさしぶりに、ラブ方面の展開か。

・黒虎/鈴木快
黒船『ハルシオン』の一味に幕府が壊滅させられてから7年が経過。成長した虎鉄は、ハルシオンのゲルが支配する村に到着。そこで非道な行いを目にし、バトルに発展する。2話目にして『飛ぶ斬撃』を使うとは、テンポがいいな。

・囚人リク/瀬口忍
暴動に便乗して、発火装置を埋めようとする。腐食させたフェンスが修繕されていたが、松尾&史郎のパワーブラザーズの活躍から天野が目標を達成したかに見えたが、肝心のヤモリが逃げてしまう……。失意に暮れるリクたちだが、ここで原田看守が絡んでくると思う。

・侵略!イカ娘/安部真弘
栄子とイカ娘が夏バテ。渚が海の家に連れて行こうとするが……。最後のコマのその後を想像するのがコワイ。

・ハリガネサービス/荒達哉
山縣先生とキャプテンがインターハイ予選の抽選会に行ったので、残ったメンバーは同じポジションの2人が組んで5点先取の総当たり戦をやる事に。下平は間白と組んで、まずは上級生のウイングスパイカーコンビ・五十嵐&大船と対戦する。大船のジャンピングサーブに手も足も出なかったが、間白が成功率の低さを見抜く。今度は、下平のサーブの番。他の部員の度肝を抜くか?

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
鯉太郎の下手投げを王虎が小手投げに切りかえし、さらに鯉太郎が呼び戻しで向かえ打つ激しい攻防。王虎が自身の考えの間違いに気づいたし、次週で決着か?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
小林は後続の3人を抑えるが、藤村も、義経・山岡・サルを三者三振に切って取る。そして5回の表、豆タンはサードライナーに倒れる。テンポよくゲームが進んでいる。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
技野が、姉とイマキマキたちの買い物につき合わされることに。基本的には吏毘堂(兄)の大活躍なんだけど、全編に渡ってイマキマキがカワイかった。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
尾上のシュートがクロスバーに当たってこぼれたところを、成田、二宮、百瀬(の誰か)が体ごと押し込んで、市蘭が土壇場で同点に。あの『ループシュートに全員でネットに突っ込む』をこういう形で生かしてくるとは。勝負はPK戦に。でも、ごんぼのオチの「しけい!!」からの市蘭イレブン「決めろー!!!」の流れは、ずるい。

・クローバー/平川哲弘
吉良が必殺のハイキックで蛭間を圧倒して2連勝。そして次は、ハヤトと綾瀬の大将対決。綾瀬には何か策があるみたいだけど、たぶんハヤトの瞬殺だろう。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
バニー&リコスvsタマちゃんのバトル。普通にアクションしている。木の陰から見守るさゆりちゃんだけど、早く球への恐怖心を克服して、一発ブチかましてほしい。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
桃ちゃんの指示通り投げる蓬莱だが、ここは弐敷が一枚上手。右中間を破る2点タイムリー(&蛮堂のスプリット返球)を浴びてしまう。ここで、ついに桃ちゃんがキレる。正体をあらわにする「にゃあらー!」のコマが素晴らしすぎる。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
辻が参加する黎明学院の『ハムレット』がスタート。その最中に、出演者のひとりが毒殺されてしまう。容疑者は、名前の出た変態部員4人と部長か。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
東京中部地区予選がスタート。レンの初戦の相手が、中学時代にイジメられていた郷原だと明らかになる。ここは、次回の1ページ目でブン投げてもらいたい。あと、日下部の八乙女先生へのボディタッチが見逃せないレベルに。

・名探偵マーニー/木々津克久
スティンガーのナンバー2・犬飼さんの依頼で、入院中の病院から姿を消したナンバー1の東堂さんの行方を追う。やや難航気味の推理パートからの、怒涛の真相だった。

・ペーパーブレイバー/藤近小梅
魔王戦後、改めてレベルを確認する聖利たち(聖利→Lv.40 八兵衛→Lv.35 剛島兄妹→Lv.38)。しかし、ビカリさんはLv.1のまま。途方に暮れたところで、楠本さんの『攻略本』の職業が発動する。しかし、この職業名は他になかったのか?

・パルピテーション/田口一
読み切り。サッカーの練習中に擦りむいてしまったしまった足を好きな相手に見られない北畠さんと、女子の体に興味津々な楠木君の甘酸っぱいふれ合い。以前の森薫テイストはなくなったものの、話の焦点が定まっていない感じ。あと最近の高校生は、男女の仲の深まり具合をABCで現さないと思う。

・木曜日のフルット/石黒正数
多重猫格ネコが登場。フルットが助けてもらおうとするが……。でも、1コマ目はゴミ捨て場に隠れているけど、トラに一撃入れてるんじゃないか。







次号は『息子の嫁』と『セトウツミ』が出張掲載。橋本健太郎の読み切りも載ります。






スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/27(金) 20:52:08|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

champion タップ! 6/26更新分の感想

タップ!の感想です。今週は7本が更新されました。
ネタバレにご注意を。




・花と嘘とマコト/あさの
新連載。夏休みの前に突然死んでしまった『マコト』と『私』のゆるい共同生活の様子を描くショートストーリーで、今回は2話公開。なぜマコトは死んで、復活したのか? どうして私と暮らすことになったのか? ということは、あまり気にしないほうが楽しめそう。
→ 次回は7/3更新予定。

・5つ数えれば君の夢/今日マチ子
実在のアイドル・東京女子流を主人公にした同名映画とのコラボ作。最終回。今回の主人公は、ヒトミ。Five Starsが日本一のアイドルになったことで夢が叶い、目標を見失ってしまう。そんなときに幼なじみの翔太が上京してくる。ヒールの高い靴 = アイドルとしてのプライドとして描かれているのが良かった。単行本は8月発売だそうです。

・神のごときミケランジェロさん/みのる
今回は、ことごとく相容れない存在のミケランジェロとダ・ヴィンチの話。そして、政庁舎の壁画で対決する…かと思いきや、ミケランジェロは教皇直々の依頼でローマで彫刻を造ることに。ダ・ヴィンチが怪力だったというオチも豆知識になっているのか。
→ 次回は7/31更新予定。

・絶望男子と中国娘/理央
もうすっかり太郎と龍龍の仲が良くなって、いっしょにどこかに行っている。これではコミュ障とは言えない感じ。あと、4コマだと施川ユウキやニャロメロンが比較対象なので、分の悪さは否めない。
次回は7/10更新予定。

・黒街―クロマチ―/小池ノクト
苦取荘は、老人を元気に若返らせる場所だった。ただし、従業員(父親)の生命力を奪って。真実を知った幸一は、父親を連れてなんとか逃げ出す。これ、祖父は独自にこの方法を開発したってことなのか?
→ 次回は7/24更新予定。

・わっちゃんはふうりん/サメマチオ
傷の手当てをしながらの、稲造と婆の会話が良かった。そして戻ってくる、りよ。なにやら大きな展開がありそう。
→ 次回は7/24更新予定。

・アルパカかあさん/三谷知子
アルパカかあさんに夢中な大井川さんが再登場。ぐうぜん、パカさんといっしょにフットサルをやることになる。体毛の広さからGKをつとめるパカさんだが、ホントはフィールドプレーヤーの方が良かったとは……。いちおうW杯開催中だからということなのかな?
→ 次回は7/10更新予定。



来週は『息子の嫁』と『みずきちゃん』と『僕は犬』と『ベルリンは鐘』と『花と嘘とマコト』が更新予定です。





テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/26(木) 16:47:22|
  2. タップ 2014
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 29号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は聖闘士星矢NDです。





・聖闘士星矢ND/車田正美
袋とじオールカラー特別読み切り。ポスター付き。今回は劇場版と単行本の宣伝、作者インタビューが主な内容という感じ。

・黒虎/鈴木快
新連載巻頭カラー。51P。時代は徳川幕府がおさめる天下泰平の世。その徳川家に仕えて数々の功績をあげた十二の家元『徳川十二支神将』のひとつ、寅の黒縞家次男・虎鉄が主人公。ある日、空から黒船が襲来したことによって家族を失い、戦いの日々が始まる……という感じ。設定は、忍空×銀魂という印象。こういうジャンプっぽさを今後どう生かしてくるか? あと、十二支をモチーフにすると、全員そろう前に打ち切られるイメージがある。

・弱虫ペダル/渡辺航
鏑木のアシストを得て青八木が先行するが、それも銅橋の計算のうち。本能に任せて余裕の追走をする。そして、ここで肉弾丸で丸くなっていた青八木が『筋力弾丸バンビスタイル』で太ももだけを太くする。何なの? ゴム人間なの?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
カープが1位で浮かれる佐渡勇子ちゃんだが、あかねちゃんらニワカカープ女子にイラつく。今度は、交流戦急降下ネタもやってほしい。

・刃牙道/板垣恵介
花山の拳が顔面に入るが、勇次郎は余裕の笑顔。そして、武蔵は2時間かけて状況説明を受ける。アオリで『初戦の相手は…!?』とあるので、いきなりバキと激突するわけではないのか。

・囚人リク/瀬口忍
センターカラー25P。須藤による発火装置の説明。動物を使うというのは予想外だったが、ヤモリの力で絶縁体は外れないんだろうか? そして野球大会の途中で起こった暴動のドサクサにまぎれて、松尾・天野・史郎の3人が装置をセッティングすることになるが。この3人だと何かミスりそう。沢田あたりがフォローするのか?

・侵略!イカ娘/安部真弘
早苗の飼い犬・アレックスが脱走。見つけた人には謝礼金10万円が支払われることになり、みんな躍起になって探すが……。ラストはイカ娘が触手で捕まえた方が手っ取り早かった気がする。

・ヤング ブラック・ジャック特別出張版 インタビュー・ウィズ・マクベ/手塚治虫&田畑由秋&大熊ゆうご
ヤングチャンピオンで連載中の『ヤング ブラック・ジャック』の出張版。ある女性漫画家(大熊先生?)が『ブラック・ジャック』という人物が実在したかどうかを、手塚作品の名脇役・ワクベに聞くという内容。

・実は私は/増田英二
嶋公に彼女ができるッ! が、その正体は委員長のお兄さんだったッ! これほどまでに禍々しいデート場面は見たことがない。そして岡がみかんのことが好きだということも明らかに。最後のページは青春してて甘酸っぱかった。それから、さくらさんにも好きな人がいるのか……?

・ハリガネサービス/荒達哉
下平は、お昼を松方らと一緒に食べる仲に。そこで『打倒・駿天堂』という目標を確認する。そして、山縣先生不在の練習では何をやるのか? 話の流れ的に紅白戦かな?

・クローバー/平川哲弘
綾瀬チームは、ナンバー2の蛭間を出してくるが、吉良が一方的に攻める。そして、来栖ら3人が紅葉神島に乗り込むのは予想できたが、もうひとりフェリー乗り場にいるフードの男は誰だ?

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
委員長との図書室ライフのために、図書委員になろうと吏毘堂が画策する。河津君のポッと出感もスゴイが、教室に入ってきたのはハチではない別の生き物だと思う。


・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
『藤村ナックル』が変化しきらず、力動にレフトスタンドに運ばれてしまう。小林は2者連続で一発を浴びたわけだけど、このまま続投なのか? ベンチに、他のドリーム投手はいないのか?

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
王虎の猛攻を浴び続ける鯉太郎。しかし、飛びそうになった意識のなかで火竜から檄を受けて、最後の力を振り絞る。そして、取った左下手。投げの打ち合いになるかな?

・最強少女さゆり/福田やすひろ
ヒーローショーを観に来たさゆりちゃんだが、バッセン爺さんと球型ロボに遭遇してしまう。これを、バニーとリコスが協力して迎撃することに。なんだか、主役がさゆりちゃんからバニーに移っている感じ。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
残り時間わずか。市蘭の猛攻。乾、成田、百瀬がシュートを打つ。そしてジミーのパスが、尾上に渡る。これが最後の攻撃か?

・思春鬼のふたり/反転邪郎
左腕をケガしている辻は、WCOから“お使い依頼”を受けて、他校の演劇部内にいるターゲットを特定することに。そして都合よく、その演劇部の助っ人になる。今回は犯人探しのミステリ風か?

・名探偵マーニー/木々津克久
数人の老人が、いっせいに行方不明になる事案が発生。その中に前花さんの祖父が含まれていたことから、マーニーが動き出す。たしか規模は違うけど『フランケンふらん』でもあったな、こんな話。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
清作は試行錯誤しながらも弐敷へのライバル心 = 愛 と置き換えて、ライト線にヒットを打つ。ワンアウト一・三塁、打者弐敷のピンチでマウンドに登るのは、蓬莱。こっちが、本当のエースなの?

・ウチコミ!!/村岡ユウ
純&希が立学のある東京西部地区予選を偵察。これからの予選の流れを説明する。そして、八乙女先生を胴上げするときの日下部の抜群のポジショニング。

・ペーパーブレイバー/藤近小梅
庭にあったトランポリンにバリアをぶつけて、となりの家の窓を破壊してしまった聖利。そこから爺さんとバトルになりかける。右華が助けに来てからの「やっぱ無理」という流れがイイ。

・木曜日のフルット/石黒正数
キラキラネームの話。頼子の友人・吉良さんの初登場は11年7月だから、約3年越しでフルネームが判明したわけか。



次号から中島こうきの新連載がスタート。田口一の読み切りも載ります。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/20(金) 18:09:13|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

champion タップ! 6/19更新分の感想

タップ!の感想です。今週は4本が更新されました。
ネタバレにご注意を。




・かるしうむ!/てるてる法師&Deino
ニコニコ動画などで活躍する3DCGデザイナーのDeinoさんが作りだしたキャラクター『シーエ』を主人公にした新連載。体の半分が機械の女子高生・石灰詩絵美は、幼なじみでマッドサイエンティストなエムジのことを考える毎日。というところまではいいのだが、妄想がほとんどド直球の下ネタだし口から節足動物の足的なパーツが出てくるのもキモチワルイし、エムジも頼まれたからシーエを縛ってあげるのはともかく、せっかくだからと江戸時代の拷問の縛り方をするし。いろいろとレベルが高すぎる。
→ 次回は7/17更新予定。

・ベルリンは鐘/ニャロメロン
ビッグベルがクラスメイト達と秘密基地(ピラミッド)を作るが、その中で罠が作動する。ビッグベルの足跡が『ビッグベル』なのがヒット。あと、後ろを向いている時に顔が横に表示される仕組みは、斬新。
→ 次回は7/3更新予定。

・アルパカかあさん/三谷知子
アルパカかあさんと、マーくんのメールのやり取り。結果として『一本指打法』ということが明らかになったけど、アルパカってラクダの仲間だからヒヅメなんじゃぁ……。
→ 次回は6/26更新予定。

・フラグタイム/さと
改めて村上さんと話し合おうと、家にお邪魔した森谷さん。でも、村上さんはベッドにお誘い。どうやら殺風景な部屋もあわせて考えると、村上さんは他人の望むようにを演じ続けて、自分の考えがない様子。トビラには『クライマックス目前』とあったけど、新たな問題が浮上した感じ。
→ 次回は7/17更新予定。



来週は『わっちゃん』と『黒街』と『ミケランジェロさん』と『サナギさん』と『中国娘』と『アルパカかあさん』が更新予定です。





テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/19(木) 17:07:12|
  2. タップ 2014
  3. | コメント:0

ハルタ vol.15の感想


ハルタ 2014-JUNE volume 15 (ビームコミックス)ハルタ 2014-JUNE volume 15 (ビームコミックス)
(2014/06/13)
森薫、白浜鴎 他

商品詳細を見る



ハルタ第15号の感想です。


・表紙
嵐田佐和子先生が担当。セーラー服美少女ライダー5人が描かれています。もう碧風羽先生は、帰ってこないんだろうか?

・乙嫁語り/森薫
第12話(通算38話目)。アニスは、風呂屋で気になっていたシーリーンと知り合い、仲良くなる。今回は、女中のマーフやシーリーン、ペルシャ猫の描き方をかなり変えてきた印象。スミスはそんなに変化が感じられないので『この地方の人はこういう顔』っていうことなのかな?

・エニデヴィ/白浜鴎
第11話。新人天使のキリエルが、エニエルの性格やファッションマニアっぷりにイライラする。でも「人生で一度の迎えなら美しい天使に会いたいでしょう?」というセリフには、納得。あと、62~63Pの鳥と一緒に飛ぶ見開きが素晴らしい。デヴィの登場はナシ。

・ダンジョン飯/九井諒子
第5話。今回は、チルチャックが主人公。自分の指示に従わずトラップを作動させまくるセンシに腹を立てながらも、協力してかき揚げを作る。大蝙蝠、マンドラゴラ、バジリスクの卵と、これまでにゲットした食材を有効活用しているのが良かった。それから、チルチャックは『ハーフリング』という種族だそうです。ホビットとか言ってゴメンナサイ。

・白銀妃/睦月のぞみ
第8話。エーデル&マルテナからのアドバイス通り、無言でアルスラ王を誘惑しようとするリリーニャだが、逆効果に。次回は、3人がかりでリベンジする様子。

・ヒナまつり/大武政夫
第37話。若頭に昇格した新田に何かお祝いしようと考えるヒナだが、周囲のアドバイスを聞きすぎてどんでもない事態に。134~135Pの見開きは、何度見ても笑える。

・タイマンズ/設楽清人
第2話。マサルがラブレターを受け取るが、その相手は町唯一のレディース『美衣無巣』のリーダーのリカだった。『匂艶』(フェロモン)を操り男からの攻撃を受けつけないが……。意外と真面目にヤンキー物をやっている印象。

・ルドルフ・ターキー/長蔵ヒロコ
第16話。相も変わらず命を狙われ続ける、ルドルフ。それを指揮していたのは副市長のギル・ゴートだった。が、本当の目的は『ある男』の市長当選を阻止すること。そのために、ルドルフたちを指導していくことになる。次回からは修行編か。

・不死の猟犬/八十八良
第10話。剣崎と風鈴の激しい撃ちあいの中、事情を知ったベクターの女が現場に戻ってしまい任務失敗。そして、剣崎との電話で高宮が「元いた所では人口が70億」だったと発言。なんだ? これは並行世界とかそういう話だったのか?

・健全ロボ ダイミダラーOGS/なかま亜咲
第7話。今回は、一部書店等で購入すると『カニメガ大接戦!』の小冊子が付くということで『火星ロボ大決戦!』を経て『健全ロボ ダイミダラー』につながるペンギン・サーガをペンギン帝王が振り返る。という内容。

・イン・ザ・ボックス/徳永龍人
読み切り。2話掲載。何でも出てくる不思議な箱を持つハコさん(無言)と、ツッコミ役の友人によるコメディ。ゴムパッチン、アツアツおでん、モノボケとお笑いでよく使われるネタだったが、上手く乗り切れなかった印象。なにかが足りない。

・カプチーノ/菊池まりこ
第15話。前回から寝込んでいるのを心配してお見舞いに来た相沢&緒方のアドバイスから、萩原さんとの関係修復に成功する。あの表情も家族(=恥部)を見られたからだったし、相沢のブレザー&おさげ姿もレアだったし、まるくおさまったな。

・ジゼル・アラン/笠井スイ
第28話。同い年のお嬢様ソフィからの依頼で、男装し恋人のふりをすることになったジゼル。今回は、主に兄のモーリスが振り回される形になったが、ソフィの目的は何なのか?

・乱と灰色の世界/入江亜季
第40話。前半は、泣きすぎて風化してしまった乱の破片を、集める仁央と日比。そして後編では、骸虫と魔法使いの戦いの始まりが語られる。これは、最終回が近いのかな?

・A子さんの恋人/近藤聡乃
第3話。アメリカから帰国するときに荷物を厳選し、狭いアパートの中なのにA太郎から貸されてしまったコートの行方が分からなくなる。荷物の分類整理の方法は、勉強になった。しかし『懐の深い男』と『懐に入り込む男』のどっちが罪深いんだろうか?

・紅い実はじけた/高橋那津子
第6話。つき合いはじめたばかりの須賀と、もっと話したり一緒にいたいと考える美穂だが、文化祭の打ち上げではそう上手くはいかない。コタツの下で手を握る368~369Pの見開きが良かった。甘酸っぱいね。

・ストラヴァガンツァ~異彩の姫~/冨明仁
第12話(通算18話目)。ミテラにも段々と人が戻ってくる。ジョシュ少年は子犬のぺロと仲良くなるが、すでにエシンの毒に犯されていた。しかし、黒幕の意図がまるで分らないな。

・でこぼこガーリッシュ/原鮎美
第15回(通算36回目)。織子と九条君、ナッツンと桜先生の恋の話。イスの上に正座してたこ焼きを食べるナッツンが最高。

・ハクメイとミコチ/樫木祐人
第15話。ハクメイ主導で新参が古参側に攻撃を仕掛ける。その最中にも、ジュレップ作りに必要な材料確保を忘れない。次回で蜂蜜館編が完結の様子。

・補助隊モズクス/高田築
第23話。倫虫がミサイルを撃ってきたので、脱出に失敗。何人かが取り残されてしまう。一度はオスプレイに乗った東海林だったが、現場に戻る決意をする。最終回が近いのかな?

・鋼鉄奇士シュバリオン/嵐田佐和子
第17話。巨大化したレッドと復活したデス・ユニバースの巨大兵器『ノルドシュトルム』のバトルになるのかと思いきや、熱で倒れたレッドをノルドシュトルムが看病するというまさかの展開に。でもその動力源は、どうやら中にいる3人(+メトロイア)の生命エネルギーの様子。あと、レッドの質問に目をそらすドン・ミレニアムのビミョーな表情。

・少年の名は/渡邉紗代
第8話。幼いキースが、はじめて学校にやって来た時のことが描かれる過去編。意外とヘビーな幼少期を送っていたんだな。そして、恩のあるホリー先生が校長を引退することに。このことが、キースと庭造りにどういう影響を及ぼすのか?

・犬神姫にくちづけ/宮田紘次
第14話。今回は、特処課に興味を持った一般社員の、今野さんが主役の特別編。547Pからのかずらのセリフがイイ。いつのまにか心身ともに成長している感じ。

・狼の口/久慈光久
最終幕 第7話(通算22話目)。森林三邦のひとつシュヴァイツ軍が、ハプスブルグ家の代官所を攻める様子が描かれる。この作品特有のグロ描写はないが、それでも戦闘のテンポの良さは健在。

・秋津/室井大資
第14話。不定期シリーズ。10万部作家の洗練された仕事場に影響を受けた秋津が家具を大量購入するが、実際の組み立ては山口さんが担うことに。小さいサイドテーブル(×3個)をあてがわれたいらかが棚にすることを思いつくも、接続部分がガムテープというのが小学生の限界で切ない。

・予告
次号は、水かき、想幻の都、坂本、トトコ、不思議の国のバードが載ります。高橋拡那の新連載と、畑田知里、浜田咲良、百名哲、山田果苗の読み切りも載ります。





テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/16(月) 15:20:08|
  2. ハルタ 1~30号
  3. | コメント:0

別冊少年チャンピオン 7月号の感想


別冊 少年チャンピオン 2014年 07月号 [雑誌]別冊 少年チャンピオン 2014年 07月号 [雑誌]
(2014/06/12)
不明

商品詳細を見る



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙はクローズZEROⅡの源治。弱虫ペダルのポスターが付録です。






・REBOOT/根建飛鳥
W杯記念巻頭カラー。名波&又吉対談アリ。2次予選1回戦で当たることになった、帝都学院の偵察に来た東条のメンバー。そこで、U-17代表のDF&GKを手玉に取る浅野詠人と、小6以来の再会をする邦光と晃。でも、個人的には浅野のチームメイトの司令塔・柳沢が気になる。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
今回は、全編に渡って姫路のターン。第九世代の魔法少女たちをさらう様子が描かれる。そして、第八世代であるつくねに子供を産ませるように改変していたのが、これまでの出来事だった様子。しかし、一回ウイルスで死んでも即復活できる姫路の体はどうなっているんだ?

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
センターカラー。エマを殺し、魔皇拳の呪縛から逃れたコカロを、デフテロスが倒す。次回からは『双子座のアスプロス編』がスタート。裏表紙には劇場版の広告が載っているのだが、牡羊座がメガネをかけているのと、蠍座(?)が着ているのが黄金ぽくないのが気になる。

・みつどもえ/桜井のりお
今月も2本立て。1本目は、ナマコちゃんを大ヒットさせた吉岡父からマージンを取ろうとする、ひとはと杉崎と勘違いする吉岡。2本目は、ひとはのドッキリ写生でふたばが失禁。先月に続いて、みつばの出番がかなり少ない。

・セトウツミ/此元和津也
単行本発売記念のセンターカラー。バレンタインのチョコが激減した理由は『サッカー部を辞めたから』だと分かっているのに、その例えが上手くない瀬戸。そして、ここから2人が連続してラブレターを受け取るという、まさかの展開に。次回、河原に4人でいたら、ちょっと笑う。

・バキどもえ/さいとうなおき
1本目はアメリカ産の肉(オリバ)を食べようとして、逆に飲み込まれるバキ。2本目は、烈のタイムスリップ編。キリスト(柴小春)と出会う。ゴルゴダの丘とかまでやるのかな?

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
単行本発売記念のセンターカラー。警察署内に入り込んだカナメ&シュカは、タゴナカさん(異能は透明の飼い犬との感覚リンク)と接触し、ダイヤリングのナンバーを手に入れる。が、行動は共にしない様子。そしてヒイラギの所には、相性の悪いシグだけでなく衝撃波を操るエイスの幹部ケーイチも現れ、致命傷を負ってしまう。ホテルごと自爆して、道連れか?

・こんかつちゅう/ひらいたけし
夏句が、恋窪を婿に迎え入れようとする前後編。でも、百を越える企業のトップったって、自分ではほとんど何もしないだろうにもったいないことをしたんじゃないかな。あと『婚活重力室』が最高。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
周囲からは『頭がいい』と思われている風森さんだが、実はそうでもなかった。大機に暗記のコツを聞こうとするものの、いつも通りのトンチンカントークに。風森さんのひと言をキッカケに、大機があっというまに骨折を完治させる流れが素晴らしかった。「回復魔法じゃねぇか!!」のために、一枚羽織っていたのね。

・サンセットローズ/米原秀幸
ナイトの青年・スパイダー・リリーによって、モーちゃんは深手を負わされてしまう。村長の口からは、この村にかつて隠れていたナイトのリグス・トルムはバグロスに連れ去られてしまったものの、しずくの器は村長の娘のスゥエルが持ち出したことが語られる。そしてもうひとりの鳥人であるブラッシュが、ブルじィの息子だと明らかに。夜なのに飛び出してしまったブルじぃを、サン&デンが追う。一時的に、ハーティーハーティーがバラバラに。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
センターカラー。海老塚三人衆、阪東など、実力者は鳳仙を返り討ちにするものの、筒本はリョウに病院送りにされてしまう。そこで時生は、源治と多摩雄のトップ会談をセッティング。これで、鈴蘭がひとつにまとまることができるか?

・9デイズワンダー/福井瞬&オオノヨウ
月華城でマルコと再会した美樹が聞いた、ソウシキの悲しい過去。病死した妻が、神話のイザナミとひとつになってフォークロア化。娘を殺し、その娘の魂は母親を救うために月光に宿っているとは。初期のころには考えられないヘビーな設定だな。

・やさい学園/前原三十日
学園祭の話。全体的に賑やかなんだけど、自室でツッキーと電話するときのシイタケが素っ裸なのが、スゴイ違和感。

・少年Y/ハジメ&とうじたつや
坂井柚希と遊園地に来た匡は、生き返った10人のうちのひとり・長谷川海斗と『落石(ズドーン)ジェンガ』でグッズ勝負することに。しかも、痛覚はユズルと逆転した状態で。506Pの石が左手を貫通した絵は、かなりショッキング。チョチョイのチョイス。

・サクラサクラ/もりしげ
コレットや敷島さんの行動から性欲が爆発寸前の花坂は、橘先生のアドバイスもあり姫城さんと長々と(8ページ)ディープキスをする。もう、いろいろと吹っ切れた展開。あと、3段ブチ抜きで登場したのに、ブチ抜き感がない橘先生のコンパクトさ。

・マッドサイエンティストブギ/西森茂政
読み切り。3度目の登場。ドン子ちゃんがJKにからまれたのをキッカケに、メイドカフェをすることになる。全体のテンポや、パロディの混ぜ具合などよくなっていると思う。ただ労働コーリング → ロンドンコーリングは、分かりにくいのでは?(余計な注文)

・眠らないでタエちゃん/中村ゆきひろ
今月も2本立て。1本目は、間違って父親のメガネをかけてきてしまったタエちゃん。2本目は話の途中で居眠りしてしまうタエちゃんに、ミフネちゃんの堪忍袋の緒が切れる。枠外マンガに登場した数学マンの「マスマティックにただいま検算」というセリフが、カッコイイ。

・お嬢さんとポリスさん/石坂リューダイ
読み切り。親のコネで婦警になってしまった元暴走族のヘッド・二階堂しぐれが、超怪力のお嬢様・風車友鳥と知り合ったことから始まるドタバタコメディ。週チャンに短期連載された『ばどばどミント!!』のときから絵も話のテンポもいいので、もっと頻繁に登場してほしい。あと、友鳥はヤクザの娘ってことでいいのかな?

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩が子供からなぞなぞを出されるが……。この街には詐欺とか強引な勧誘が多すぎるだろ。1コマ目で隣に座っているのも、デート商法バアさんだし。




来月号は、山口ユタカの読み切りが載ります。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/13(金) 18:05:07|
  2. 別チャン 2014
  3. | コメント:2

週刊少年チャンピオン 28号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は刃牙道です。





・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。バキシリーズの名言小冊子付き。ただ本編では、勇次郎vs花山のケンカがスタート直前まで、目を覚ました武蔵が飛び起きてひと言しゃべるところまでという、ちょっと消化不良な内容。

・弱虫ペダル/渡辺航
単行本の着せ替えカバー付き。先輩の実力不足や連取態度が気に入らないたびに殴って退部させられ、すぐに入部し直していた銅橋の過去が明らかに。次回で、ファーストリザルトが決まるかな。

・侵略!イカ娘/安部真弘
センターカラー。17巻に付くアニメの情報と、早苗役の伊藤かな恵さんのインタビューあり。本編は、婦警の古川さんが無銭飲食しそうになってしまう。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
父の日ネタ。小鉄が大鉄の肩を揉もうとするが、タダではいかない。最近、大鉄は何かから逃げてばっかりな気がする。

・クローバー/平川哲弘
ボロボロのゲンゲンだが、頭突きの連打から執念の一発で勝利をもぎ取る。次鋒は、吉良。一気に3連勝で決めてしまってもいいかもしれない。

・実は私は/増田英二
委員長の触角が光るのは、求愛行動をするときのみ。黒峰を意識すればするほど、光ってしまう。そこに校長がつけこんでスイーツをゲットしようするが……。お約束の『目にアイス』からの冷峰呼ばわりが良かった。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
連載100回突破記念センターカラー。鯉太郎が土俵際まで押し場内は鮫島コールに包まれるが、王虎は強引に体勢を入れかえる。虎城親方と王虎の考え方の食い違いが切ない。

・ハリガネサービス/荒達哉
金田は深くポジションを取ることで、あえてネットインサーブに狙いを定めるが、下平は無回転サーブを打つ。複雑な変化に反応した金田の勝ちで2人の対決が終わるが、それも下平の狙いなのでは?と松方が考えるのが良かった。ここからは、1年4人と上級生の争いかな?

・ブラック・ジャック創作秘話/宮崎克&吉本浩二
最終回。手塚プロ漫画部最後のひとり・伴俊男先生が、手塚氏との思い出を振り返る。198~199Pの怒るシーンと、これまでの登場人物が勢ぞろいする212~213Pの見開きが素晴らしかった。単行本5巻は8月の発売だそうです。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
木田のとどまらぬ悪行に星野さんの決意も揺らぐが、辻が殺して依頼を遂行する。それぞれの考えは変わらないものの、ひとまずの和解エンドだったが星野さんの再登場はあると思う。次回から新章突入。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
王島の狙い球は何なのか? 山田のサインは何なのか? という読み合いを制した王島がライトスタンドまで運んで、阪神が同点に。続く打者は力道。小林は、大量失点しそうだな。

・囚人リク/瀬口忍
脱獄の前段階として、野球大会で暴動を起こさせる下準備をする。友好関係にあるチーム同士を、偽造した新聞一枚で操ってしまうレノマはさすが。史郎が活躍する場面はあるのか?

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
古川がゴールを決めて、船学が勝ち越し。残り時間は23秒。市蘭が最後の総攻撃を仕掛ける。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
マンガの画力向上のため、枷井が美術部に入部。意外と充実した部活ライフを満喫する。今回は、オチよりも絵の下手さが発覚したイマキマキのほうがヒットでした。あと、美術部にあるネプチューンマンの石膏像。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
結局、さゆりちゃんとお母さんは出会うことができず。さゆりちゃんに受け継がれた超パワーの秘密?とか第3の宇宙人の動向とか、話のメインがソッチに移行してきている。

・錻力のアーチスト/細川雅巳
サクッと5回が終了。桐湘は、スタミナに不安のある蛮堂に球数を投げさせようとする。児島が粘って、柊が出塁。清作は、ここら辺でいいところを見せたい。

・名探偵マーニー/木々津克久
朝の通勤電車で、小学生がチカン被害に。その容疑者が母の事務所の調査員だったことから、マーニーが真相を調べる。そこから久しぶりの母子の再会、そして、メカニックの関わりも浮かんでくる濃厚な内容だった。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
地区予選が、再来週にせまる。柔道部員たちは練習に励むが、この描写を見るとレンをイジメていた真壁の入部もありうるのか?

・ペーパーブレイバー/藤近小梅
連載再開。楠本が彼氏を欲しがっているのを偶然知ってしまった、新芝と杜子。そこから誤解の連鎖が始まる。杜子がペロキャンを食べるために服を脱いだ経緯がよく分からない。

・中古ビデオ屋の女性店員X/窓ハルカ
読み切り。約2年ぶりの登場だそう。タイトルの通り、中古ビデオ店のアダルトコーナーに入った男子(9歳)を注意する女性店員という内容。以前より絵は上手くなっているけど、何とも表現しがたい不快感みたいなのは残っている。

・オーマガ町の怪/川地和樹
短期連載最終回。深夜子先生のドッペルゲンガー“カゲ”が出現。夜の校舎で対決するが……。個人的には、もう1シーリーズぐらい読みたい感じ。でも、画力はもうちょっと上げてほしい。

・木曜日のフルット/石黒正数
『狂闘先生!』が、ついにメディアミックスすることに。しかし、単行本の表紙で宇宙服を着ている賀馬先生は、どこまで行こうというのか?



次週は『聖闘士星矢ND』が帰還。鈴木快の新連載がスタートし『ヤングBJ』の出張版も載ります。




テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/13(金) 17:53:49|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

champion タップ! 6/12更新分の感想

タップ!の感想です。今週は6本が更新されました。
ネタバレにご注意を。




・絶望男子と中国娘/理央
今回も縦長構成だったが、4コマ形式だったので読みやすかった。しかし、前回出会った中国少女の龍龍(ロンロン)と根子太郎の関係が一足飛びに仲良くなっているのと、ときどき2人がどこにいるのか分からないのが気になる(身長の話のときとか)。
次回は6/26更新予定。

・サナギさん/施川ユウキ
テーマは『クレーム』。ほぼ全編に渡ってフユちゃんの独壇場のような感じ。「後の伝説的モンスタークレイマーですけど…」がヒット。
→ 次回は6/26更新予定。

・アルパカかあさん/三谷知子
前回、毛を短くしすぎたおかげで、風邪をひいてしまったアルパカかあさん。「病院に行けば?」と心配するマーくんに対する「行ったって獣医とお医者をたらい回しにされるのがオチよ…」という返しが、素晴らしい。過去に何があったんだ?
→ 次回は6/19更新予定。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
ひさしぶりに彩の兄である、朝霧要が登場。周囲の人間全部を『クズ』とコキ下ろす6ページ目が良かった。そんな彼が、なぜか第7話に登場した直戸を病院に運ぶことに。この2人の接触は、なにかストーリーに影響があるのか? それとも、彩のクラスに虹海が転校してくる橋渡し役だったのか?
→ 次回は7/10更新予定。

・セブンきゅ~ぶ/上月まんまる&谷崎あきら&円谷プロ
単行本も、2巻が発売。映画の撮影が進むものの、蘭の長い髪がスーツの中で引っかかってNGを連発。スケジュールが押してしまう。蘭は意を決して髪を切るものの、そのことにみくらがショックを受けてしまう。台風も近づいているみたいだし、文字通り風雲急を告げる展開か。
→ 次回は7/17更新予定。

・さくらの園/ふみふみこ
さくらに生理が来る。が、先生曰く「こんなことははじめて」らしい。今回は、ちょっとページが短かった。
→ 次回は7/10更新予定。


来週は『フラグタイム』と『5つ数えれば君の夢』と『ベルリンは鐘』と『アルパカかあさん』が更新予定です。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/12(木) 12:48:33|
  2. タップ 2014
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 27号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は弱虫ペダルです。





・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。増ページでポスター付き。しかし、ポスターが別チャンだけならまだしも月刊プリンセスにもつくとは。フィギュアの発売も決まったし、勢いがスゴイ。本編は、青八木と鏑木の間でひそかに交わされていた交流。ついに総北の2人は先頭に追いつくが、銅橋にはまだ隠している武器がある様子。あと、27P2コマ目の鏑木の顔は落書きレベル。

・ハリガネサービス/荒達哉
センターカラー。下平がサーブに特化した選手になった理由が、アキレス腱を切ったからだと明らかに。ジャンプすることができなかったので、サーブ練習のみをしていたらしい。そして、リベロの金田はその攻略法を見つけたという。ただ、ネットインor低弾道の2択だけということはないと思う。

・刃牙道/板垣恵介
ついに連続カラーが途切れるッ! 寒子が口移しで武蔵の体に魂を注入。体に傷跡が刻まれていく。『クローンだから戦いの経験がない』というのを、こうやってオカルト的に解決したということか。

・侵略!イカ娘/安部真弘
イカ娘が携帯電話を持たされるが、それはキッズケータイ。千鶴に監視されてしまう。今回は、久しぶりにオチの弱いヤツ。

・ブラック・ジャック創作秘話/宮崎克&吉本浩二
シリーズ最終章の前編。少年キング&少年チャンピオンの編集者だった小林さんの証言で“漫画の神様”手塚治虫に対する“ギャグの神様”赤塚不二夫の姿が描かれる。でも、個人的には壁さんが遅くに家に帰る言い訳に赤塚さんを利用する件が良かった。『壁村耐三列伝』も読んでみたい。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
校長室から、捨てられる直前の高級椅子をもらった春巻。ご満悦な一日を送るが、ワックスで磨いたあとは滑って座れなくなってしまう。でも、これを本家でやるとタップの『闘え!春巻』は、どうすればいいのか。

・思春鬼のふたり/反転邪郎
単行本発売記念のセンターカラー。これまでのあらすじも振り返られていて、プッシュされている様子。前回捕まった5人組のリーダー・木田が親の力を使って釈放。星野に復讐を仕掛けてくる。殺すか殺さないかというイデオロギーの争いよりも、190P2コマ目に隠れていたりする白雪さんのほうが見逃せない。

・囚人リク/瀬口忍
ヘリのロック解除作戦の一環として、農場のフェンスの支柱の根もとを腐食させる。看守の足止めのために天野が漏らしたり、レノマが苛性ソーダを手に入れる代わりにエロ写真を入手しなければならなかったり、ギャグ要素の強い回だった。あと菅のバッティングフォームは、なんなんだよ?

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
鯉太郎が前ミツを取る。体力に勝る王虎は、力勝負で前に出る。田上の王虎評が良かった。

・いきいきごんぼZ/陸井栄史
雨の日。吏毘堂がウ○コをもらしながら、委員長と2人で帰宅することに。内容よりも、ドカベンの前という掲載順におののく。


・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
山田はツーストライクと追い込まれた3球目を、レフト線へ弾き返す。が、星王がホームで刺されて追加点はならず。3塁で止めろよな、コーチは。

・宇宙怪人みずきちゃん/たばよう
単行本発売記念で、タップからの出張掲載。育てているポコドン(怪獣)でキャッチボール、食事はセミと、相変わらずの倫理観のブッ壊れ具合が最高。

・クローバー/平川哲弘
万全ではないゲンゲンは、やっぱり劣勢に。っていうか、ホントに寝込みを襲ったのは綾瀬チームだったのか。春木チームが綾瀬チームを騙っているものだと、てっきり。

・実は私は/増田英二
藍澤さん(中身)がみかんに見つかってしまい、フィギュアだとごまかそうとする。黒峰が『エロ峰』の汚名を着てまで救出するが、そこからまさかの展開に。黒峰―藍澤間の『仮に恋人になってもサイズが違う』問題を解決しにきたか。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
客席からの大声援を受けて、船学が猛攻に出る。成田はすでに両足をつったし、乾と二宮も体力の限界。ココを耐えたとしても、反撃に出られるのか?

・錻力のアーチスト/細川雅巳
蓬莱には一発を浴びるものの、蛮堂を抑える。喜多がアンダースローに活路を見出すようになった回想と、361Pの「球よく見ろ蛮堂!!」「俺には桃ちゃんしか見えん!!」「辞めちまえバカ野郎!!」のやり取りが最高。

・最強少女さゆり/福田やすひろ
入院中だったさゆりちゃんのお母さんが、病院を脱走して家に帰ってくる。病院の窓やバスを破壊しているし、さゆりちゃんの怪力は遺伝だったのか。あと、第3の宇宙人も登場したし、暴走ギャグから路線転向か。

・名探偵マーニー/木々津克久
セレブ・アイアン・スティンガーの三大派閥がいがみ合う異常事態になってしまった原因を、マーニーが探る。この派閥系の話は、毎回名称だけでクラクラする。今回登場しなかった『ブックス』というグループは、ただの読書好きの集まりなの?

・オーマガ町の怪/川地和樹
短期連載第5回。顔のパーツが指でできたオバケ(口裂け女?)を聖水で撃退する歩。次回が最終回ということだが、個人的には深夜子先生がツバをペッペッしているシーンがもっと見たい。

・ウチコミ!!/村岡ユウ
成美は、八乙女先生の美しさに魅了されて、道場をあとにする。でも、レンの心臓の鼓動音が『美クン』になっていたり、確実にツメ跡を残した感じ。あと、八乙女先生が髪を切ったのはもったいなかったんじゃないかな?

・木曜日のフルット/石黒正数
さまざまな罠に引っかかるフルット。そろそろストックも溜まっていると思うけど、4巻発売はいつごろかな?





ペーパーブレイバーは休みでした。次号は、窓ハルカが久々の登場です。
(っていうか男のお漏らしが3本で描写されるって、週刊少年漫画誌としてどうなの?)






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/06(金) 14:34:54|
  2. チャンピオン 2014
  3. | コメント:0

champion タップ! 6/5更新分の感想

タップ!の感想です。今週は3本が更新されました。
ネタバレにご注意を。




・ベルリンは鐘/ニャロメロン
風邪が大流行する。リンガベルとビッグベルのパートが、ニワトリでつながるのが良かった。あとは、マスクを着けただけで攻撃力が飛躍的に上昇するところ。
→ 次回は6/19更新予定。

・僕は犬/米代恭
夢子が結城の考えを看破する8~9P、遺書を書く18~19P、結城が涙を流す24~25Pの3つの見開きが素晴らしかった。もう、後戻りはできない感じ。
→ 次回は7/3更新予定。

・宇宙怪人みずきちゃん/たばよう
ニキビ型異星人『ニニニニリオン』は、海中でみずきちゃんとバトってたヤツに集合して、怪獣型宇宙船『ニニリン』となり、町を破壊する。とりあえず副隊長が向かって行ったものの、次回ではポコドンとのバトルになるか? ニニリンの関節部の気持ち悪さ。
→ 次回は7/3更新予定。



来週は『さくらの園』と『セブンきゅ~ぶ』と『魔法少女サイト』と『アルパカかあさん』と『サナギさん』と『絶望男子と中国娘』が更新予定です。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/05(木) 11:40:06|
  2. タップ 2014
  3. | コメント:0

ヤングキングアワーズ 7月号の感想


YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2014年 07月号 [雑誌]YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2014年 07月号 [雑誌]
(2014/05/30)
不明

商品詳細を見る



ヤングキングアワーズ7月号の感想です。表紙は、最終回の『ワールドエンブリオ』です。





・ライプニッツ/大石まさる
巻頭カラー。到着したエウロパで、先乗りしていたUNASAが地球外生物(藻)を発見する。先を越されたと悔しがるスシールたちだが、ニーナには両親が出会った『彼ら』が他にいるという確信があった。どうも、こうサクサク進むということは、単行本1巻で終わりなのかな?

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
連載再開。401がフルファイア3連発。コンゴウはアカシのサポートを受けノーダメージだったが、助けに入ったアシガラが沈められてしまう。その最後の頼みを聞いた“タカオの妹”アタゴが猛反撃に出る。今回は、久々の激しい海戦で満足。

・ガーゴイル/冲方丁&近藤るるる
土方は、刀を逢是の斬騎刀に吸いつけられて腕を折られてしまう。鉄菱をくらってピンチになったところで『紐』を操る“不死の暗殺者”斉藤一が復活。島田も戦線復帰し、ここから新撰組の反撃か。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
今月も、カラーページでアニメの情報アリ。今回は、前回まるっとスルーされた高橋君に加え、宇佐の前には佐久間の同級生の椎名さんが登場。これで、一緒にゲームをするくらい仲良くなっていた宇佐と律っちゃんの関係がどうなるか?

・パルパル&ロケッタ/おがきちか
太ってしまったパルパルが『軽くなる木の実』をゲットするが……。こういう、いままでとは違う感じのネタもいい。

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
女ジンが少年ジンの死体?を連れて退却。しかし、その前にボス子の体から胎児を取り出していた。ヤツハが取り戻したこの幼い命が、新しいリュウマとなるのか? そして、王族が途絶えた国を率いるのはアインスなのか。

・師匠シリーズ~師事~/ウニ&片山愁
連載再開。ある団地の一室で、小学生の男の子が描いた家族風景の絵の中にいる『三人目の大人』の怪談をする師匠。知らない人でもなく死んだ人でもない、いてはいけない人物とは……? 正統派の一本という感じ。

・それでも町は廻っている/石黒正数
福沢さんからの依頼で、26年前の謎の映像の真相を解き明かすことになった歩鳥。3年生なので歩鳥の推理力が上がっているのはもちろん、タッツンの助手っぷりも板についている。

・スピリットサークル/水上悟志
ラファルは、アイゼンとリフルのケースの掃除をし終わった後も、仕事を続けることを決意。亡くなったクラーロ所長の後任には、タリオが就く。そのお祝いの帰りに道で、今度はラファルとラピスがスパスシフィカを見る。このことは、どういう意味を持ってくるんだ?

・天にひびき/やまむらはじめ
ドイツから急遽、須賀川&美月が来日。どうやら、本番の前にひびきと恋愛方面の決着をつける様子。そして、梶原&波多野さんの特訓シーンが、なんか良かった。

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『TAKAMI SAKURAGI』です。下着姿です。

・ライターゴースト/鈴木小波
読み切りセンターカラー。ラブレターを書こうとするも文才の無い川辺たんぽぽちゃんの座っている椅子に、文豪の荒川乱歩が憑依。まさしくゴーストライターとなって代筆する。いちいち文学的に話す乱歩のセリフ量が読みにくかったが、352Pからガラッと展開がダーク方面に転がり落ちていく様子が良かった。

・清々と/谷川史子
本八幡先生と国分寺さんの関係が気になりながらも、清は一歩踏み出す勇気を得る。その一連の流れの相談を受けていた星野君は、逆にあきらめてしまうのか? あと、本八幡先生がスマホを使っているのに、ちょっと違和感。

・こいコイ!~球場ラヴァーズ~/石田敦子
いま話題の『カープ女子』に、知らぬ間に自分がなってしまっていたことに気づく恋子。そこから、ルーキーの大瀬良や田中、移籍してきたばかりの一岡と絡めて『みんな1年目がある』と、つなげたのが良かった。基町姉さんと日南子さんももゲスト出演。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
今回は、アワーズGH掲載の話とリンクしているそう。大人気自転車マンガ『テッペン・ノボレ』の舞台にハマッたミイとケイは、登場人物が乗っているロードバイクを購入し、聖地の峠に挑む。顔や腕が自在に変形するミイちゃんスゴイ。

・ソレミテ それでも霊が見てみたい/小野寺浩二&石黒正数
秩父湖の吊り橋へ行くソレミテ一行。霊感の強いゲスト(2回目)の萩原さんが参加するものの、見事な空振り……と思いきや、デラさんだけ異変を感じていた? 編集・大野さんと同じく霊感がアップしているのかも。石黒Pは、また派手なデザインのジャージを着ている場合ではない。

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
八郎が元服。剣の道に進むことを決意する。『秀穎』という名をつけてくれた中根淑と、鎌吉の料理を食べながら稽古の話をする。青あざを作るほどの兄弟弟子の稽古より、型を見るだけの父親の稽古がキツイ理由はなんだ?

・トランスノイド/テルミン
エヴァンズは、アンドロイドとは思えない生存本能の強さを爆発させて、アダムズを圧倒する。次回で最終回ということだが、上手くまとめられるだろうか?

・(ア)部! 葉桜中学アニマル部/吉川景都
七緒の『動物に愛され体質』が弱まっていることが発覚。スズメ、ヤギ、犬が近くに寄ってこない。これは、ラストが近いのか?

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
イエナの戦いで大陸軍は勝利するものの、ネイやダヴーのところで、問題が起こっていた様子。あと、乳首毛がないオージュローには魅力がないな。

・ドリフターズ/平野耕太
土方は、黒王に従い渋々退却する。豊久もダメージが深く、与一にチクチク縫われる。信長とサンジェルミは今後の展望を話し合う。信長は、まだ陳宮レベルか~。そして、ラストで出てきた『グリビンネン商業ギルド』。ここは、山口多聞が関係していた所か?



オービタリアがお休みでした。次号はトランスノイドが最終回。アオとハルが載ります。












テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/02(月) 17:19:49|
  2. アワーズ 2014
  3. | コメント:0

FC2Ad