晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

GIANT KILLING 第24巻の感想

GIANT KILLING(24) (モーニング KC)GIANT KILLING(24) (モーニング KC)
(2012/07/23)
ツジトモ

商品詳細を見る



ジャイアントキリング最新刊の感想です。

・表紙
後半の展開的に羽田と笠野さんが反対の方向を向いているのは分かる。ただ、堺が堂々とセンターを飾っているのには違和感がある。この巻の中で活躍しているのは1話だけなのに。

・#228
ETU対川崎戦の続き。ガブリエルがエラシコ(?)から右サイドを突破してクロス。吉崎の前に出た堺が胸トラップ。星野が飛び出してきたところを横に流して決めたのは、丹波! ETUが逆転に成功する。堺が、喜ぶ仲間を横目に『ゴール前でシュートを打たないFWは牙が抜けてしまったのか?』と自問自答する姿もいい。しかし、堺は完全に『星野キラー』だな。

・#229
貴賓席をにらみつける達海。フロントは知らせていなかったが、大江戸通運の副社長が観戦に来ていることを分かっていた様子。達海は、川崎だけでなくスポンサーとも戦っていたということか。そして、ジーサンたちとおっさん達のやり取り。吉蔵さんの「サッカーはブームではなく日常の一部になっとったんだよ」というセリフがイイ。対するゴローは「きっかけは確かに達海だったけど… 今は…」とモンモン。この後にどんな言葉が続くかがポイントか。

・#230
八谷のシュートがクロスバーを直撃。さらにFWを投入して川崎は反撃ムードに。副社長の質問に後藤さんが上手く答えるものの、さらに切り替えされて言葉に詰まってしまう。そこからの笠野さんの話、特に「今の日本サッカー発展は あなた方スポンサーさん達のお陰なんですよ」というところは良かった。選手や監督、協会関係者が認められることはあれど、こういう形でスポンサーの貢献を認めたのって、けっこう意義深い事だと思う。

・#231
チームとしての優勝、その先にある代表入りを渇望する八谷だが、この思いは作中で実を結ぶことがあるのだろうか? 八谷のスルーパスからロドリゴがシュートを打つが黒田がブロック。ETUがカウンターに出る。椿のロングボールに宮野が抜け出すが、エリアを飛び出してきた星野がブロック。そのこぼれ球をジーノが無人のゴールに流し込んでETU4点目。シュートするときの「これで決まりだね」は「ご苦労バッキー」以来の名言か。あと、ロングボールを蹴る椿が力を込めて口を膨らませているコマがイイ。

・#232
試合終了。4-2でETUが勝利。何気にベンチに引っ込んでいるジーノが面白い。副社長、八谷、ゴロ―、といったあたりが、試合前とは違う顔つきになっているのが面白い。しかし、パッカくんが参加した記者会見は、どんな感じになったんだろうか?

・#233
幕間の話。サッカー専門誌で特集が組まれたことの喜びを抑えきれない有里ちゃん。藤澤さんとの貴重な女性キャラ同士のやり取りは全体的に荒れ気味な空気のこの巻にあって、一服の清涼剤のよう。ただ、12ページと短い。

・#234
引き続き、雑誌についての話。藤澤さんが後藤に取材した記事の内容が、スカルズに火をつけることになってしまう。「笠野さんと達海には頼っていられない」というのは後藤も羽田も共通した考えなんだけど、その意味合いがこうも違ってくるとは。

・#235
クラブハウス前でスカルズと(有里ちゃんに残業を押し付けられた)副会長が激突。「勝っているのに文句を言われる筋合いはない」という副会長も「選手のためだけに声ふりしぼっている」というスカルズも、チームを思う気持ちの強さは、そんなに違わないと思うんだけどな。あと、笠野さんが街中で出会ったという、年に1回スタジアムに行く程度の『熱心ではないファン』というのが、クラブにとっては重要な存在な気がする。

・#236
ここからは、過去編。10年前の羽田を中心にスカルズ結成の経緯を描いていく。羽田はもともと生徒会長とサッカー部のキャプテンを掛け持ちするほどの優等生だったが、父親の会社の倒産 → 離婚 → 高校中退と、見事に人生を転がり落ちていく。信頼していた中学校の担任カベセンが家を訪ねてきて励ましてくれるものの、その心は押しつぶされてしまいそう。

・#237
羽田が、ワル仲間たちと東京ダービーを観戦に隅田川スタジアムを訪れる。このあたりは、14~15巻と比べながら読むと面白さが2倍になる感じ。鬱屈した日常から解放してくれるスタジアムという空間。羽田にとっては、やっとみつけたオアシスのように感じただろうが、それも長くは続かなかった。

・ETUホームタウン活動報告書
オマケとしてETUが地域の人たちと触れ合う様子をレポート。ゴミ拾いとかチャリティとか募金活動はともかく、三社祭に参加(黒田)、ヘアカタログのモデル(夏木)あたりは訳が分からない。描きおろしで12Pのオマケというのは正直うれしいが、その代わりに次巻予告がラフになっていたりモーニングでの休載が多くなっていたり、このあたりのバランスを上手く取ってほしいです。


GIANT KILLING 第24巻の感想
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/07/25(水) 13:16:16|
  2. GIANT KILLING
  3. | コメント:0

GIANT KILLING 第23巻の感想

GIANT KILLING(23) (モーニング KC)GIANT KILLING(23) (モーニング KC)
(2012/04/23)
ツジトモ

商品詳細を見る


ジャイキリの最新刊の感想です。

・表紙
今巻は、ネルソン監督や八谷を中心にした川崎フロンティアメインのデザイン。これは、山形戦に続いて合体表紙をやるということなのか。

・#218
前巻のラストプレーを別角度から。八谷からの縦パスに対し鋭い動き出しで黒田の背後を取ったロドリゴが、そのまま鋭いシュートを決めて川崎が先制点をあげる。すかさず、相手サポーターが多いといった嫌なところを突いてくる大江戸通運の副社長。そして、スカルズの声援におびえるキョーコちゃんなど、この試合はピッチの外でもいろいろなストーリーが進行している。

・#219
達海の「守備から入れ」と「守備に追われろ」の違いは、なるほどと思った。チームとしては優勝を狙い個人としては代表入りを夢見る八谷は、以前の対戦のときにくらべてシリアス度が増している印象。だけど、この回のハイライトは羽田にチームOKKOの場所を邪魔しないように直談判するコータ。そうなんだよな。第1巻から登場しているし、コータもETUというクラブを取り巻く“主要人物”のひとりなんだよな。

・#220
椿のパスカットから、堺が倒されて得たFKをジーノが決めてETUが同点に。しかし川崎も、ロドリゴのシュートがクロスバーに当たったところを浅香がダイビングヘッドで押し込んで、すぐに突き放す。1話で2ゴール生まれたのは、ジャイキリ史上はじめてのことか。

・#221
追いついたと思ったら、またリードされた。攻めるのか守備を立て直すのか、選手の意思統一を図るのが難しいシチュエーションながらも、達海の檄でETUは前に出ていくプレーで固まる。攻撃的な川崎と初めから打ち合う気マンマンだった達海と、ETUの選手に『のびしろアイ』を発動させるネルソン監督の対比も面白い。

・#222
ゾロ目の回。殿山のパスからガブリエルが右サイドを疾走。宮野と世良がシュートするが星野に止められる。しかし、こぼれ球を椿が遠めからシュート! これが決まって、ETU再び同点に。そして、前半終了。

・#223
激しい展開のゲームに、副社長のことを忘れて盛り上がる会長と営業の人。それを笠野さんがフォローするのだが、ここは後藤とか会長にガンバってほしかったところ。まあ、笠野さんがひょうひょうとスタジアムでサッカーを見る楽しさを説明するのが適役なのはわかるんだけど、それだと他のフロント陣が使えない人ばかりな印象になってしまう。

・#224
世良が丹波と交代。後半開始前に円陣を組む前の杉江の語り口調が、なんかイイ。かなりキャプテンぽくなっていると思う。しかし、ジーノは杉江のことを『スージー』って呼んでいるのか。女の子の名前じゃないか。川崎は、ある程度下がって守りを固めて、そこからのカウンターを狙う作戦に切り替える。

・#225
いきなりゴールに迫られるETU。この試合を欠場している村越が活躍を期待するベテラン陣の顔が、順に描かれる流れがイイ。また、個人技でチャンスを作ろうとする川崎のサッカーを松ちゃんは「シンプル」「スタミナ温存」と感じているのに対し、達海が「手堅い」「ウチの攻撃を怖がっている」と、分析しているのが面白かった。久しぶりに達海の悪役顔を見た気がする。

・#226
ロドリゴのクロスから浅香がヘッドしようとするところを椿がクリア。この試合、黒田はロドリゴに好きなようにやられている。偶然バックスタンドで集合することになった江戸前応援団は、むかしのスタジアムにいたジーサンたちと再会する。しかし、10年以上スタジアムに通い続けていたジーサンたち、2部に落ちても応援し続けたスカルズ、子どもだけでも頑張るOKKOに対し、達海が戻ってきたからサポーターをまたやりだした江戸前応援団のおっさんたちは、いちばん説得力のないグループになってしまった。こんなんじゃゴール裏を取り返すなんて、とてもとても。しかしETUには、4世代のサポーターグループがあるのか。

・#227
清川の素晴らしいアーリークロスが入るが得点には結びつかず。「読み勝ち」と言う星野に対する堺の口撃がイイ。チームのバランスを取るために下がり目のポジションを取った椿のタックルから殿山がパス。ガブリエルがドリブル突破…と見せかけて、狙うのは堺。この最後のページの堺が、スゴイカッコいい。

次巻では、川崎戦が決着。そして、スカルズ結成前の羽田の過去が描かれます。



GIANT KILLING 第23巻の感想

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/25(水) 20:20:51|
  2. GIANT KILLING
  3. | コメント:0

GIANT KILLING 第22巻の感想

GIANT KILLING(22) (モーニング KC)GIANT KILLING(22) (モーニング KC)
(2012/01/23)
ツジトモ

商品詳細を見る


ジャイキリの最新刊が発売されました。表紙は水色バックに大きく描かれた達海と、いかにもなデザインなんですが、あまり内容を反映していないからか妙な違和感が。今巻の隠れキャラは、キョーコちゃんでしょうか。あと、初版限定のステッカーは『迷彩殿山』なんですが、もっと見えにくい形にしても良かったと思う。

#208
引き続き、山形vsETU。ボディーランゲージのみで意思疎通をはかるガブリエルと殿山。ともに夏の新加入選手で一緒にプレーした時間も限られているはずだが、なぜかコミュニケーションがとれている。変り者同士、気が合うということか。ガブリエルが殿山のパスから瀬古の裏を取り鋭いドリブル突破を仕掛けるが、大倉に潰されてしまう。

#209
ロスタイム5分。山形とETUは、カウンターの打ち合いに。ガブリエルの2回目の突破はループシュートを狙うが、あと一歩のところではじき出されてしまう。小森の丸岡へのクロスを佐野がパンチングで弾く。緑川さんの欠場以後ゴールマウスを守っている佐野だが、ミスらしいミスをしていないのはスゴイと思う。ベンチで世良のバク転の話を聞いていたときとは顔つきからして変わってしまっている。

#210
小森がドリブル突破。殿山と黒田をかわしてパス。それを受けた丸岡も石神のタックルを外してから無人のゴールへシュート。それを村越が懸命のカバー! そこからETUがカウンターへ。ガブリエル3回目のアタック(パスを出した殿山が小森のショルダーチャージを受けながら出しているのが、地味な好プレー)。今度は単独で突破はせずに、宮野とのワンツーでエリア内に侵入していく。そして夏木へパス。こういう目まぐるしい攻防の緊迫感スピード感の描き方はさすがだと思う。しかし、ブラジル人のガブリエル以上にモジャモジャしている夏木の髪の毛っていったい…。

#211
絶好の位置でパスを受けた夏木。疲労からトラップをミスしてしまうが、そこにメンデスのタックル。審判の下した判断は、PK。そしてメンデスにはレッドカードが。ガブリエルの突破に対し無理に大倉のカバーに行ってしまったため、夏木のケアが遅れてしまったメンデス。自分の個性を出しながら、殿山や夏木のことを信じてプレーしていたガブリエルに対して、メンデスは最後のところで大倉を信じ切れていなかった差が出たということか。そして、ジーノがPKを決めるのと同時に試合終了のホイッスル。ETUの勝利。しかし、キッカーを決めるときに夏木とジーノのやり取りがあるが、こういうのってチームで決めておくものなんじゃないだろうか。なんとなく、達海が決めてなさそうなのもわかるけど。

#212
試合終了しての、それぞれのやりとり。達海との会話もいいが、個人的にはサックラーと理解のある社長や、ロッカールームでの選手たちとの会話が良かった。あと、羽田が「7戦負けなし」と言い、次の話でコータが「7位」と言っている。最終的にETUは、どこまで順位を上げるのだろうか?

#213
この回は、田沼親子を通してサポータ問題を取り扱う。スカルズと江戸前応援団の対立構図にコータたちの『チームOKKO』(大人 顔負け 子供の 応援 の頭文字)が割って入る三つ巴の構図に。しかも、次の川崎戦には#123で登場した大江戸通運の副社長が視察に来ることに。田沼父のTシャツの『APPLE STAR』は、リンゴ・スターということか。

#214
浅草寺で田沼父が笠野さんに愚痴るサポーター問題。そして、大江戸通運がスポンサーを継続してくれるかということに悩む後藤と有里ちゃん。くわえて村越の欠場も決まり、川崎戦は試合のほかにサポーター問題、スポンサー問題と多くのテーマが描かれることに。

#215
試合前の両チームのロッカールームの様子。八谷、姜昌洙あたりは、様子は変わらないが、星野はネルソンへの反発心がなくなっている。そして村越が欠場するETUでキャプテンマークを巻くのは杉江。そして清川は夏仕様で髪を縛るが、個人的には紐か細いゴムを使ってほしい。そして、ゴール裏の一角に集まるチームOKKO。キョーコちゃんもサッカー初観戦となる。キョーコちゃんを見ただけで舞い上がるコータに対して、女の子の扱いに慣れている様子のテッタ。きっとこのコミュニケーション能力の差が後々の人生で物を言うことになるんだろうな。

#216
山井さんの見どころ解説が入ったり、八谷が椿を挑発したりする。黒田はもちろん、世良や清川、堺も勝利への意欲が強いETUだが、川崎は3位と優勝争い真っ最中。その自信が星野や八谷のプレーにも出ている。あと、子供を泣かせて写真を撮られる八谷が面白い。

#217
この話は、ピッチ上よりもスタンドで観戦しているベンチ外のメンバーのやり取りがメイン。堀田が感じる村越の変化や、杉江がこの試合で臨時キャプテンを務める理由など、なかなか興味深い。しかし、なによりも注目なのは村越の奥さんが『随分若い元タレント』だということ。しかも『若手が聞くことがはばかられるタブー』扱いということは、女優とかフリーアナウンサーみたいな感じじゃなく、巨乳グラビアアイドルだったんじゃないかと想像してしまう。いつか、登場してほしい。


川崎戦はゲーム展開だけでなく、スカルズ、チームOKKO、江戸前応援団、そして第4のサポーターグループによる応援スタイルの違い、そしてフロント陣と大江戸通運副社長とのやりとりなど、多くの視点を通して描かれていきます。





GIANT KILLING 第22巻の感想

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/01/24(火) 16:24:19|
  2. GIANT KILLING
  3. | コメント:0

GIANT KILLING 第21巻の感想

GIANT KILLING(21) (モーニングKC)GIANT KILLING(21) (モーニングKC)
(2011/10/21)
ツジトモ

商品詳細を見る


ジャイアントキリングの最新刊が発売されました。
この巻も、前巻に引き続き山形vsETUの熱戦が展開されています。ちゃんと計算はしていないですけど、第19巻から始まった山形戦は、ジャイキリ史上最長の対戦になったようです。表紙のデザインは、第20巻と対になるデザインになっています。

・♯198
小森システムに変更したものの、ETUに上手く対応され攻撃のリズムがつかめない山形。山形側の飲んでいるドリンクが『DYNAMO』なのがいい。昔、若いころの達海がCMをやっていたヤツ。

・♯199
押しているうちに追加点を奪いたいETU。そんな状況の中で達海が言う「ウチに不利な点」とは? 山形は、ポジションを一列上げたメンデスがジーノに向かってドリブルを仕掛ける。そこから、フリーになった小森へパスが通る。極端な話、山形はコレを繰り返していれば勝てると思う。オマケページのジーノの「これってボクのせいじゃ… …ないよね」に腹がたつ。

・♯200
記念すべき200回目。ノールックでアウトサイドのパスを出した小森も、至近距離からの丸岡のシュートをセーブした佐野もスーパープレーだと思う。前話の達海の言葉の答えは「試合スケジュールの違い」だった。中3日でホームの山形、対し中2日でアウェイのETUはコンディション面に不安があった。

・♯201
スタミナの切れた堀田が後ろから瀬古を倒してしまい、一発レッドで退場。ETUは10人になってしまう。そして、山形のセットプレーからゴール前が混戦に。最後に押し込んだのは、ケン様!

・♯202
1コマ目、ポスト際をケアするふりをして、特に何もしていないジーノが笑える。ケンが同点ゴールを決めたことで、スタジアムを巻き込んで完全な山形ペースに。ETUは、世良に代えて殿山を投入。オマケページで審判に気づいてもらえない殿山が面白い。

・♯203
この話から、清川と石神のサイドが入れ代わる。しかし、殿山のステルス性能は恐ろしい。味方の黒田も気づかないとは。123P1コマ目で小森にチェックして足だけ見えているコマも味わい深い。達海が宮野に支持を出す前にピッチ全体を観察する流れが、とてもいい。なんか好きだ。

・♯204
ETUはベタ引きの守備。ボールを取っても攻めるのは、宮野と夏木の二人だけ。しかし小森も殿山のことを気にしすぎていてリズムを崩してしまう。オマケページで同い年の宮野を応援する椿が微笑ましい。

・♯205
ETUがガッチリ守備を固めているので、山形は得意のスピードを使った攻めが出来ない。管野に代えて高さのある米田を投入するが、いきなり競り合いに弱いことが発覚してしまうのが、妙にリアルだと思った。お前、ガタイがいいんだから、もっと体張れよと思う。

・♯206
東京居残り組の椿イジリが面白い。特に矢野。でも、確かにこのシチュエーションで椿がいれば、だいぶ展開は違っただろうな。達海が小森システムにおけるケンの重要性を説明するところは、なるほどと思った。あと、堀田はベンチの後ろから声を出しているけど、コレってルール違反だと思う。

・♯207
清川に代えてガブリエルを投入。交代するときの清川の憎まれ口がなんか良い。システムも3-4-2に変更。しかし、ガブの最初のプレーはトラップミスからピンチを招いてしまう。でも、だからといって山野さんの「監督として最低だ達海!」ってセリフはどうかと思う。あんた、いままで、達海の何を見てきたんだと。


山形vsETUの決着は次巻へ持ち越し。そして、すぐさま川崎戦が始まるのです。


GIANT KILLING 第21巻の感想

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/10/22(土) 14:49:54|
  2. GIANT KILLING
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIANT KILLING 第20巻の感想

GIANT KILLING(20) (モーニングKC)GIANT KILLING(20) (モーニングKC)
(2011/07/22)
ツジトモ

商品詳細を見る


ジャイアントキリングの最新刊が発売されました。

・表紙
サックラーをメインに山形とETUの選手が混在しているデザイン。これは確実に達海メインの第21巻とつながる形になるでしょう。でも、山形のユニフォームは青と白のストライプだと思っていたので、青と黄色だというのが意外だった。国見カラーか。

・♯188
ETUが攻め続けるが、赤崎の無謀なドリブルで流れが悪くなり、段々と山形ペースに。ETUのクラブハウスでテレビ観戦する居残り組の椿イジリが面白い。

・♯189
サックラーの回想。その①。運動神経はないが、幼いころからサッカーを見る目を持っていたサックラー。いわゆる少年サッカー特有の『ワーワー』状態から離れてパスをもらおうとしたり、カウンターの方法を考えていたり。なんとなく、探訪編の小学生のころの椿とダブる。そして、大学生になったサックラーはプロ1年目の達海のプレーに衝撃を受ける。

・♯190
サックラーの回想。その②。達海と自分のサッカー観に共通点を見つけ、ピッチに立ちたいという情熱が甦ったサックラーは、指導者になることを決意する。事務のアルバイトから育成のコーチ → 育成の監督 → トップチームのスタッフ → そして監督とちょっとしたサクセスストーリー。このあたりは、モウリーニョとか日本だと三浦俊也あたりを意識したのか。しかし、サックラーのサッカー技術で、よくS級のライセンスを取れたな。

・♯191
達海と対等の立場で戦えることに喜びを覚えるサックラー。山形の選手たちも、ETUの攻めに慣れてきた感じ。しかし、村越のミドルの威力は、かめはめ波くらいあるんじゃないか? それくらいの描写。

・♯192
ケン様、輝く(プレーで)。メンデスからパスを受けると、一度丸岡を経由して、佐野が反応できないバー直撃のシュート。スタジアムは完全に山形のイケイケムードにしかし、副会長はETUがゴールできない理由を後藤に聞いても仕方ないだろ。昨日今日サッカーを見始めたわけじゃあるまいに。

・♯193
試合中なのに寝るという達海。さすがに、この描写はどうかと思った。「想定内すぎてアクビが出ちゃった」ぐらいで良かったんじゃないだろうか? そして、清川のパスから世良のシュートが唐突に決まる。122Pのジーノ、堀田、村越が並んでいるコマの安定感は異常。

・♯194
世良のゴールシーンの解説を、いろんな視点から。確かに世良は立ち上がりからのETUの攻めの中でもあまり目立っていなかったし、清川は意外とロングパスの正確性がある。必然のゴールか。124Pでメンデスが大倉に注意していれば防げたのかもしれないが、瀬古とか丸岡はハイな状態だったから、やっぱり無理だったのかも。そして前半が終了。

・♯195
羽田のモノローグは、長年チームを見てきたからこそ『優勝争い』じゃなくて『上位に食い込む』なんだな。ロッカールームの赤崎は椿にジェラシーを抱いているけど、これは今後なにかの伏線になるのか? ETUとは反対に重い空気の山形の控え室。サックラーが声をかけたのは、小森。

・♯196
山形にゲームメーカーがいないと山井さんは言うが、サックラーは小森にボールを集める作戦で後半を戦う決断をする。小森はサックラーを見下していて、いわゆる不満分子だが、それでもゲームの行方を託すというところが良かった。個人的な好き嫌いで物事を判断していないというのが。(もちろん、小森の才能を認めた上での話だけど)

・♯197
椿が♯183で言っていた「ミスはするけど上手い」選手は、小森のことだった。その小森にボールを集めようとする山形だが、ETUは村越がプレスをかけたり瀬古へのパスをカットしたり、ことごとく攻撃を潰していく。山形が小森システムに移行するのを見越して先手を打っていた達海。久しぶりに、策士らしさを見た気がする。


・山形戦の決着は次巻(次々巻?)に持ち越し。ただ、初版ステッカーの女性は誰? 世良の彼女?




GIANT KILLING 第20巻の感想

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/07/25(月) 15:19:32|
  2. GIANT KILLING
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad