FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/6月はトクサツガガガ、六道の悪女たち、いそあそび、ゴールデンカムイ、ヴィンランドサガ。

週刊少年チャンピオン 29号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、モーニング娘。'19の牧野真莉愛さんです。






・バキ道/板垣恵介
巻頭カラー。実力に疑問を呈した宿禰に、渋川が実力の一端を垣間見せる。6人だとキリが悪いので、もう1人追加参戦があるかな。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
岩合文太郎という少年が、ゴウモンとあだ名されイジメられる様子。彼が成長してゆうえんちに参加しているのか、それともただ一人の友人というのがゴブリン春日あたりなのか。

・さちおくん/キャットタング鈴原
さちおくんが、犯罪は嫌いだということをハッキリと意思表明する。ホッコリオチだけど、今回は2ページを持て余しているような。

・弱虫ペダル/渡辺航
センタカラー。ウイリーや悪路を登っていくMTBの姿に、衝撃を受ける小野田。しかし、サスペンションを知らないものかね?「動いた!!――」じゃないだろ。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
シャンプーキャップを被って、雨の街に飛び出す小鉄。そこで鈴ちゃんと出会う。超低速ドラゴンスープレックスが良かった。

・六道の悪女たち/中村勇志
人質として、もてなされている六道。クロムサムのメンバーから情報収集をする。元鬼島のメンバーが在籍しているなど、ここにきて強大な戦力が明らかになる。椰子谷vs雷乃は確実として、野玄は六道と幼田のどっちとやるのか? あと乱奈もいるし、クロムサム側の頭数が足りていないような。

・ロロッロ!/桜井のりお
ポリスが拾った子猫の飼い主を探して、会長の家へ。しかし、来客中なのに致そうとするなんて、会長と旧部長の関係性が発展しすぎじゃない?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
センターカラー。プール掃除に借り出されるふし研。和香の薬剤の影響で、プールがツルツル状態になってしまう。和香は、トビラでだけメガネを外すルールか?

・BEASTARS/板垣巴留
レゴシの母親・レアノがどうやって育ってきたかという回想。美しいオオカミとして生きてきたが、あるとき、背中に鱗が見つかる。レゴシ、すごい経緯で生まれたんだな。あと、早く体に戻らなくてもいいの?

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
九里虎勝利。全中戦争を制覇する。しかし、決勝の舞台をチームの売名に利用したとして、リボンにヘイトが集まるが……。このまま花火を見てシメでもいいと思うが、単行本も重版したそうだし、まだ続くのかな。

・足芸少女こむらさん/灰刃ねむみ
花火羅ルルヱさんが登場。持ち前のバレエと根性で、こむらさんに対抗しようとする。このヒキだと、まさかの三角関係に突入か?

・魔入りました!入間くん/西修
講師陣が集まって、1日目の総括&弟子自慢。まぁ『初日0Pで優勝したヤツはいない』とかは、フラグだよなぁ。キレるバチコが良かった。

・もういっぽん!/村岡ユウ
3戦目でもエンジン全開の未知に押されるなっちゃん。OBたちが博多南ではなく、なっちゃんの応援をするのが良かった。引き分けで決着っていうのもあり得るのか。

・謀略のパンツァー/古田朋大
本命の動物園を前に、初日のホテルで獣のパンツァーが仕掛けてくる。パンツァー感についていけなくなってきた。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
ランニングフローターを対角線に打ち込むことで、松山の陣形を揺さぶる下平。現在18点だから、このまま1セット取っちゃうか。

・美少女戦士とパパ/吉田達弥
読み切り。死んだ父親が妖精に転生。娘を美少女戦士にスカウトする。クリーチャーのデザインが良かったのに、あまり動かなかったのが残念。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
要と位置を入れ替えた清春の攻撃。さらに、小雨らの援護を受けて王を追い詰めていく。このまま決着かな?

・0 前編/荒井俊太郎
短期連載第3話。化物が現れるという『第零中』に向かった徹夜。そこにいたのは、外からの番長をひとりで狩り続けていた男だった。13ページ目の腕のない徹夜は、戦意を削がれた的な解釈でいいの?

・ヒマワリ/平川哲弘
本番直前のルミエール。次回が最終回だけど、そのステージの様子が描かれるのか? 終わった後で、それぞれの家族と話して……みたいな流れかもしれない。

・鮫神鉄拳ジャッポ/綿貫琢己
読み切り。NEXT CHAMPION新人大賞受賞作。治安が最悪で銃の使用が当たり前の国。主人公のジャッポは尊敬する父親の言葉を守り、銃に頼らない強い男になろうとしていた。絵や話の構成などレベルが高く、しっかりと面白い。攻撃の跡が背中側に現れるところが最高。今回は『対銃』という軸がしっかりしていたけど、連載になるとちょっと苦しいと思う。

・月とスッポン/柳沢きみお
チャンピオン50周年記念読み切りリバイバル掲載。ダメな主人公の新一が、美少女ヒロインの世界ちゃんからひとり立ちしようと奮闘する。現代でも通じるテーマ、ストーリー運びだと思う。インタビューに応えられていないということは、引退したってことなのかな。

・木曜日のフルット/石黒正数
なぜネズミを追いかけてしまうのか? という根本的な疑問について考えるフルットたち。カートゥーン感の強いオチ。









次号の50周年企画は『浦安鉄筋家族』。触媒ヒロオミの新連載が始まります。








スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/06/20(木) 17:46:52|
  2. チャンピオン 2019
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 28号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は小野田坂道さんです。






・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。部活が休みの日、小野田はひとりで峰ヶ山にサイクリングに行く。そこで話に聞いていた旧道を登ってみることに。まさか、ここからMTB編が始まるのか? そこで培った物をロードのほうに還元できるものなんだろうか?

・足芸少女こむらさん/灰刃ねむみ
購買の最後のパンをめぐって、こむらさん、月長、桐津さんが三つ巴の戦いをくり広げる。足で「なるほど!」って、やるなよ。

・BEASTARS/板垣巴留
ミーゲルの機転で、なんとかピンチを切り抜ける。ただ、これでルイの心の中で再びシシ組(と裏市)の存在が大きくなったことは間違いないはず。そしてレゴシは、まさかの臨死体験をしていた。ファンタジーの上にオカルトまで被せてきた。展開のふり幅が大きすぎる。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
蘭陵王から『入園心得』を聞かされた無門。棺桶に入り、いよいよ ゆうえんち での戦いが始まる。いきなり隣に参戦者がいる状況だが、話の流れ的にゴブリン春日かな。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
センターカラー。仲間の想いを背負って戦うリボンだが、九里虎の蹴りがさく裂する。ここは粘って立ち上がると思う。

・さちおくん/キャットタング鈴原
謎のクリーチャーから、まよちゃんを助けようとするさちおくん。このクリーチャーは現実に置き換えた場合、野良犬と同レベルという受け止め方でいいの? それともガチの変質者なの?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
演劇本番。見事に?白雪姫を演じる。演劇部さん、名前が分からずじまいか。

・バキ道/板垣恵介
刃牙たちの前に金竜山が現れる。相撲協会vs地下ファイターwith宿禰で対抗戦ということか? ただ、大関に勝った宿禰より刃牙は上なわけで、勝負になるのか?

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
新しい公園ができたせいで、古い公園は荒れ果ててしまっていた。のり子の足をなめるとか、小鉄エロいな。

・魔入りました!入間くん/西修
センターカラー。今回はガープのお人好しがフィーチャーされる。これで問題児クラスの修行後は全員紹介されたかな。っていうか前回登場した女子は合コンに来た子たちか。

・六道の悪女たち/中村勇志
ヨースケ(幼田)は幼田に、ハルオ(飯沼)も飯沼への変装を完了させる。亞森と針蔵の歴史的な共闘の瞬間なのだが、岡森自身はそれに気づくはずもなく……って、もうちょっと疑えよ。そして、ここで“真打ち”乱奈が登場。風乃に自分を「男にしてほしい」と頼む。六道の女装姿を見て……って感じか。

・謀略のパンツァー/古田朋大
修学旅行がスタート。実は鉄好団のメンバーでもあった生徒会副会長・灰屋と会計・星出が真澄と護国の監視役になる。さっそく新幹線内で星出のパンツを狙う2人だったが……。あれは『対パンツァー』じゃなくて、普通のエチケット的なヤツなのでは?

・ハリガネサービスACE/荒達哉
センターカラー。松山側が自己申告して、下平の得点が認められる。ここで好感度を回復したのに加えて、間白の新技もさく裂したし、このまま豊瀬が押し切る流れかな。あの客席の姫は、成宮の関係者か。

・もういっぽん!/村岡ユウ
未知は次鋒のこっちゃんも倒す。ここで残るなっちゃんに、客席のOBたちからのプレッシャーがかかる。未知で3人抜きしてもいいし、姫ちゃんで決めてもいいしって感じか。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
地球を離れようとする王。要が最後の頼みだが、まさか美炭の調教が伏線になっているとは。っていうか、芥はどうした?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
畏怖を与えるためのトレーニング中に、吸血ムカデの怒りを買ってしまったドラルク。なんとかハッタリで押し通そうとする。下ネタに強い吸血鬼が多いのは何故なのか? 前後編なのに、次号が休みとは。

・ロロッロ!/桜井のりお
校内を全裸で走る会長。イチカたちが事情を聞く。これが僕ヤバでバズっている作者のダークサイドか。全裸でベンチに座ったら、トゲがおしりに刺さりそう。

・1/荒井俊太郎
短期連載第2話。一中の副番長・一文字が三中に電撃移籍。徹夜と激突する。今回のスタンドはマッチ売りの少女(?)だけど、強いヤンキーは、普通に出現させることができるものなの?

・ジュニオール/灰谷音屋
草野のアタックチャンスは、志摩でも予想外だった。ここでジュニオールが声をかける。どうしたの? 泣いてる? すごいフェイント 気にしてない 関係ない 大丈夫 やれ!! 楽しんで! やろう!! って感じかな。なんだか、最終決戦のような雰囲気に。

・ヒマワリ/平川哲弘
櫻田&広瀬が瑛太と再会。過去のわだかまりを生産する。そして、次回は武道館ライブの様子。このままシメかな。

・キリちゃんとノン/恩田チロ
読み切り。友達のいないノンちゃんが、召喚した悪魔のキリヒトと仲良く暮らす。女の子のカワイさや話の運び方は相変わらず上手いのだが『連載の第1話』感は、あまり好きではない。

・らんぽう/内崎まさとし
チャンピオン50周年記念読み切りリバイバル掲載。大きな種を植えたら雑食植物が咲き、花の妖精が現れる。ドタバタギャグながら、前半の大家さんの話がフリになっている上手い構成。

・木曜日のフルット/石黒正数
奈良に旅行に行った頼子。ナラやシカでの言葉遊びが上手い。






次号の50周年企画は『月とスッポン』。綿貫琢己と吉田達弥の読み切りも載ります。












テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/06/13(木) 17:59:37|
  2. チャンピオン 2019
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 27号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は花木九里虎さんです。






・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
巻頭カラー。負けられないリボンは、自らの新チーム旗揚げを宣言。ヤンキー漫画的には、九里虎よりもこっちのほうが筋の通った立派なモチベーションという感じ。次回で決着かな。

・弱虫ペダル/渡辺航
IH優勝記念として、今年も秋葉原へくり出す。かなりラフな絵もあるけど、まぁこういう内容なら。前回のヒキだと御堂筋の話になると思っていたけど……。

・BEASTARS/板垣巴留
もともと、そこまで本気ではなかったことに加え、ルイの角が抜け落ちたことで殺す云々の話はお流れに。そのまま事務所にお邪魔するが、そこに新ボスが現れる。こういうつながり方をしてくるとは。

・足芸少女こむらさん/灰刃ねむみ
センターカラー。風邪をひいた月長を、こむらさんが介抱する。月長は動物の写真を撮ることが趣味だと思っていたけど、部屋がぬいぐるみだらけだとは。

・魔入りました!入間くん/西修
日中に動きすぎた疲労から、多くの生徒が初日の夜にリタイアに追い込まれる。しかし、アガレスは城を築くなど、万全の拠点を構えていた。修行で会得した能力で建てたものか。

・謀略のパンツァー/古田朋大
センターカラー。深い事情はまだ謎ながら、真澄は修学旅行中に阿井のパンツを見てほしいという依頼を受ける。しかし学校内に7人もパンツァーがいたら、そこらじゅうでパンチラ案件が発生していそう。

・さちおくん/キャットタング鈴原
シュガー(ワイルドイケメン)とベルウッド(インテリイケメン)が、カレーとシチューのどちらを食べるかで、話し合い。やっぱり2ページのネタではない気がする。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
町田隼人が語る、ゴブリン春日のおそろしさ。別に餓狼伝とかの登場人物というわけではないのか。やっぱり、ゆうえんちへの参戦者かな。

・バキ道/板垣恵介
徳川さんが、独歩らを誘う様子。最後のアオリにあるように、ほとんど話が進んでいない。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
演劇部から助っ人を依頼される、ふし研。しかし演劇部員さんは、名前の前に性癖が明らかになるとは。

・六道の悪女たち/中村勇志
クロムサムの要求は、亞森の番長を連れてくること。ここでヨースケ(幼田)が立ち上がる。幼田が幼田のフリをするという、なんともややこしい状況に。岡森が亞森を憎む理由と、野玄が針蔵の元番長だったことが明らかになるが、これやったのあの人じゃないよね……。

・もういっぽん!/村岡ユウ
体格で勝るさっちゃん相手に苦戦する未知。ここでミドリコに教わった、対大型選手用の背負い投げがさく裂する。1本を取る気持ちよさがビンビンに伝わってくる。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
金欠の春巻。しかし、なけなしのお金で買ったホームランバーで連続して当たり棒を引く。フグオ、ここを通りかかったら良かったのに。

・鬼のようなラブコメ/いづみかつき
最終回センターカラー。金木との戦いを制し、ついに赤志はきこちゃんと……。もともと、ここまでの構想だったっぽいし、キレイな幕切れという感じ。最終巻は8月発売予定。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
ブロックアウトをめぐる攻防。下平は見事に相手ブロックの指先を撃ち抜くが、アウトの判定。バレーだと、こういう場合どのくらいの抗議が許されているんだ?

・2/荒井俊太郎
短期連載第1話。頭脳明晰ながら二中の番長に君臨する二階堂。一中番長の奥徹夜がケンカを挑む。アインシュタインのスタンドを出現させるところが良かった。前回の読み切りが『3』で次回のタイトルが『1』。その後に『0』がくるんだろうけど、最終回はどうするんだろう?

・ロロッロ!/桜井のりお
校内写生。雨でピポ歩鳥が省エネモードになり、しおらしくなってしまう。TKBの色をRGBで発表するとは。あと森繁博士、あの格好でよく学校内に入れたな。どうなってるんだセキュリティは。
f2b0b1.png

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
全人類(?)の精子化が終了。王の目的が地球の宮ごと、他の星に移り住むことと明らかに。話が壮大になりすぎて、ついていけなくなってきた。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
下半身透明にお化け屋敷のバイトを頼まれるが、ロナルドもドラルクもむいていなかった。アベックにく美とかいい線いきそうだったけど、意外と適任がいないもんだな。

・ヒマワリ/平川哲弘
要が動画の件を桐谷さんに説明し、事態は解決。ルミエールのデビューが決定する。上手く事が運びすぎな気がするけど、しかたないか。広瀬&櫻田は、瑛太の所へ行く様子。最後のわだかまりの解消というところか。

・ジュニオール/灰谷音屋
草野がアタックチャンスを敢行。しかし、ボールを奪われ、高速カウンターから失点してしまう。でも、これを責めたら可児三じゃないからな。ここから、もう一度攻めに出ていけるか。岐阜中央の梅津は、すっかりジュニオールのファンじゃないか。

・熱笑!!花沢高校/どおくまん
チャンピオン50周年記念読み切りリバイバル掲載。デートで映画館に行ったときに、ウ○コを漏らしてしまった力勝男。ヤクザの親分が犯人捜しをする。ウ○コで引っ張りすぎだろ。

・木曜日のフルット/石黒正数
たとえ日本の熱帯化が進んでいても、気持ちを切り替えていこう。タイトル下の鯨井先輩の元ネタは何だ?










次号の50周年企画は『らんぽう』。恩田チロの読み切りも載ります。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/06/06(木) 18:35:34|
  2. チャンピオン 2019
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 26号の感想





チャンピオンの感想です。表紙は『魔入りました!入間くん』です。






・魔入りました!入間くん/西修
巻頭カラー。クララが身につけたのは、好きなものを出せる空間で、対象と遊ぶ術だった。収穫祭のポイントは稼げなかったけど、ヒロインポイントはかなりの高得点をたたき出した。入間たちも0点だけど、まぁ主人公だし…という安心感がある。

・REVENGE TOKYO/板垣恵介
新装版単行本に収録されたものが特別掲載。今回はシコルスキー編。自慢のピンチ力を見せつけるが……。今まで以上に「だから……?」という感が強い。独房で大人しくしているのも、他の囚人と変わらないし。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
プロレスラーの町田隼人へのインタビュー。オリンピックの強化選手から、プロレスラーに転身する経緯が語られる。これが、本筋にどう絡んでくるのか?

・弱虫ペダル/渡辺航
今度は、個人の表彰。各日の山岳・スプリント賞を獲りながらも、総合優勝を逃してしまった箱学。っていうか、新開弟はどこに行ったんだ? リタイアなのかゴールしたのか。そして、次回は御堂筋君の話の様子。

・さちおくん/キャットタング鈴原
あかちゃん(おじさん)の頭をなでなでするさちおくん。この作風だと4~8ページくらいあったほうがいい気がする。

・もういっぽん!/村岡ユウ
センターカラー。金鷲旗開幕。試合前に埼玉県勢で拳を合わせるのが良かった。そして初戦は未知vsさっちゃん。冒頭の回想シーン的に体の大きなさっちゃんを投げて、作中初の一本勝ちをあげる流れだが……。

・足芸少女こむらさん/灰刃ねむみ
スパッツを忘れてしまったこむらさん。足技を使った時に下着が見えないようにと、月長が奮闘する。初期は戸惑っていた印象だったけど、いつのまにか彼氏らしくなっている。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。春郎ルパンを、宮崎危機が襲う。のり子、正面から飛んで延髄を蹴るとはやるな。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
全中戦争決勝。九里虎vsリボン。かなりハイレベルな攻防を見せる。でも、これだけギャラリーがアレコレ言っていたら実際はやりにくそう。

・BEASTARS/板垣巴留
声をかけてくる肉食獣のあしらい方も上手くなり、順調に大学生活を送っていたルイ。しかし、ふとした気まぐれから裏市に足を踏み入れ、シシ組と再会してしまう。レゴシに続いて被弾とは。こんなところでシンクロしなくてもいいのに。

・六道の悪女たち/中村勇志
センターカラー。椰子谷は六道(桃子)への気持ちを恋だと判断。好待遇でもてなす。確かに男性相手の時と反応が違うし、他の術にかかった悪女の反応とも似ているので、同性愛者と考えたほうがシックリくるか。そして、雷乃とつき合っているという情報を得る。危険な元鬼島対決が実現か。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
記憶に抜けた部分があるヘルシング。吸血鬼がやっているメンタルセラピーを受ける。これ、アニメとかだったらヘルシングの記憶にドラルクの重要な過去が隠されていて……みたいなパターンだな。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
松山科学のチーム力と、大船のパワーのぶつかり合い。松山が流れを取り戻したか?というところで、下平がコートに戻ってくる。次は、どんなサーブを打つのか?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
スポーツテスト。田中さんと組んだことで、大祐が高い成績を残す。最近、和香が部室にいる率が高い。

・謀略のパンツァー/古田朋大
半田の正体は男の娘。『男が穿いているパンツ』を見せることで、戦意をそぐのが目的だったが、真澄は意に介さず。そのまま、彼(女)が所属する対パンツァー組織『鉄好団』のアジトに行くことに。しかし、まさか『謀略のパンツァー』が、真澄のことではないとは。意外な展開。

・ロロッロ!/桜井のりお
Twittterでバズる、面白エピソードのマンガを描くうみこ。パソコン部だったはずだけど、すっかり美術部になじんでいる。それにしても、ミッシェル金剛はネット強者だな。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
みかりの執事や、花夜の父親らが協力して壱を追い込む。“魔法少女”感はないが、バトルの熱さはある。

・ヒマワリ/平川哲弘
多央らの熱い言葉に、蓮が応える。5人だけで活動していこうかというところで、櫻田&広瀬も広島にやって来る。動画の件が片付いているといいけど。

・ローンウルフ/奥嶋ひろまさ
読み切り。車イスのおじいちゃんと、その孫が大金を持っていることを知ったヤクザが仕掛けてくる。しかし、この2人が……。トビラで孫のほうは予想できたけど、まさか爺さんのほうまでもとは。子連れ狼の介護版ということか。

・鬼のようなラブコメ/いづみかつき
赤志がキレたのは、やっぱり「きこちゃんにキョーミない」っと言ったところ。そして、譲られる形になるのも気に食わないので、金木とガチで決着をつけることに。次回が、最終回です。

・ジュニオール/灰谷音屋
最悪のタイミングで失点してしまった関工業は、集中力を切らしてしまう。可児三はフリーキックのチャンスから、CBの草野が仕掛ける。アタックチャンスか?

・エコエコアザラク/古賀新一
チャンピオン50周年記念読み切りリバイバル掲載。遺産狙いで殺人を犯した兄弟2人に、死体を消す黒魔術を教えるという黒井ミサ。でも、このオチだと魔術というよりは、ちょっとトンチっぽいのでは?

・木曜日のフルット/石黒正数
先週、自分のマンガが載ったことを自慢する鯨井先輩。でも、頼子にはオチが伝わらず。こういう構成でくるとは。










次号の50周年企画は『熱笑!!花沢高校』。荒井俊太郎の短期連載も始まります。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/05/30(木) 18:43:14|
  2. チャンピオン 2019
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 25号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは黒木ひかりさんです。高校に留年していることを売りにするってのもスゴイな。







・六道の悪女たち/中村勇志
巻頭カラー。クロムサムの、というか椰子谷の狙いが、六道を『最強の番長』に仕立て上げたところを倒すためと判明。そこで改めて針蔵狩りに動き、六道(と集団下校中の生徒たち)と出くわす。ラストの椰子谷の感情は、恋なのか何なのか?

・弱虫ペダル/渡辺航
表彰式の様子。『わずかな高み』に登るにあたっての、手嶋の気持ち。実際、いちばんプレッシャーがあっただろうからな。あとは先輩たちと再会して、箱学側の様子も描いてってところか。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
全中戦争決勝の日。舞台となる神社は、不良たちでゴッタ返していた。九里虎vsリボンを描いて、シメって感じかな。

・BEASTARS/板垣巴留
センターカラー。メロンの確保自体はあっさりと行われる。しかし、連絡のためヤフヤが席を離れたわずかな時間で、レゴシは同じ混血種であるメロンに強烈なシンパシーを抱いてしまう。そしてラストの衝撃。命は助かるだろうが、ヤフヤからは見限られるかも。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
大沢木夫妻の強烈な追いかけっこ。例えの通り、順子ママのターミネーターっぷりが面白い。「ロバート!」「パトリック!」っていう効果音はなしか。

・バキ道/板垣恵介
トリケラトプス拳による投げを見事に着地して見せた宿禰。ここで花山らが闘技場に降りてくる。連戦するとは思えないので、次はどうするのか?

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
時間切れにより、映像はここまで。このあと瀕死の太山は無門のところに来たということか。しかし、その後の3Pにまつわる件は何だったんだ? ゆうえんちでの戦いでは法華がカギになりそう。

・さちおくん/キャットタング鈴原
さちおくんに善い行いをマネさせようとするヴァンクリフト。実際、何歳くらいなんだろうか?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
センターカラー。超高速で移動し、他人のプリクラに写り込む吸血鬼が出現。対処に苦労する。捕獲するのが得意なタイプの退治人はいないのか? あと条例には接触じゃなくて抵触するだと思うよ。

・魔入りました!入間くん/西修
入間たちの前に現れた、クララ&エリザベッタ。今回はエリザベッタがリードを手玉に取る。そして、次回はクララのターン。これは、かなり期待できそう。

・もういっぽん!/村岡ユウ
金鷲旗開会式。前回バスを教えてくれた湊幸ちゃん擁する博多南が1回戦の相手となる。描写的に3人しかいないっぽいので、勝つことは可能か。そして、青西のオーダーも決定する。先鋒は未知!

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
最近お目にかかることの少なかった松子が、行方不明に。校内を捜索する。作者も松子の扱いに困っていそう。

・鬼のようなラブコメ/いづみかつき
金木の生い立ちの説明。いよいよ最終決戦かというところで、金木はギブアップを宣言し、お見合い計画自体を頓挫させようとするが……。赤志は、何故キレているのか? きこちゃんを好きにならないわけがない的な?

・ハリガネサービスACE/荒達哉
野々原の左でのアタックや、猫田のコーチングで対抗する豊瀬。こういう感じなら家守や成宮も活躍できそう。

・ロロッロ!/桜井のりお
同人誌即売会に参加するミッシェル金剛。しかし、いかがわしいことと勘違いしたギャル2人が尾行してくる。256ページのイチカと歩鳥のポーズは、それでいいのか?

・ジュニオール/灰谷音屋
センターカラー。再び関工業の鬼プレスに苦しめられるが、ここで吉村がアタックチャンスを行使。必殺の吉村ルーレットを敢行するが……。まぁ、フェイントの役目は十分に果たしたよな。ジュニオールのゴールは、凄すぎる。得点する時間帯も最高。

・足芸少女こむらさん/灰刃ねむみ
こむらさんが、メイド喫茶でバイトすることに。ひさしぶりに正当な足技を見たような。定期的にメイド喫茶ネタがくる気がする。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
彩の前に現れたのは火本君の姿をした……。これ、ちゃんと単行本で読んでいれば正体が分かるのかな? そして、倒れた魔法少女の家族たちも続々と集合してくる。

・謀略のパンツァー/古田朋大
護国のところに駆けつけた真澄、そうとは知らずに半田のパンツを狙う。カウンターパンツという言葉の強さ。未登場の生徒会メンバーが3人、謎のパンツァーが2人いることが判明。世界観を広げてきたか。

・チューイしたガール 桜田日菜子(16歳)/林たかあき
読み切り。風紀委員の桜田日菜子が、転校生で昭和のヤンキーバリバリの風貌の、大鷲ミユキを注意しようとする。どうもノリきれなかった。前の読み切りのほうが良かった。

・ヒマワリ/平川哲弘
瑛太が抜けた後、会社をクビになっていた櫻田と広瀬。その時と同じ気持ちを味合わせないためにも、ルミエール全員を呼び戻そうとする。いっぽうオミたちも広島で蓮を見つけていた。こっちは瑛太から話を聞き、東京のほうは事件の経緯を突き止めって感じかな。

・渡辺大輝ギャグ劇場/渡辺大輝
読み切り。企画書に始まり、いろいろな物を破いてしまう課長。別に会社で電話を鳴らしてもいいだろ。仕事かもしれないんだし。

・バビル2世/横山光輝
チャンピオン50周年記念読み切りリバイバル掲載。バビル2世とヨミの直接対決。超能力者なのに肉体接触を必要とするのは、時代ゆえか。ヨミはもっと派手な髪型のイメージだったけど、あれはアニメだからか。

・未来ゲロ/鯨井早菜
フルットが落としたので鯨井先輩の代原が掲載。なぜか食べたことのないものを嘔吐する。というシュールなSF。確かにフルットでこのネタはできないし、読み切りで描くにも……という感じ。









次号の50周年企画は『エコエコアザラク』。奥嶋ひろまさの読み切りも載ります。










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/05/23(木) 17:32:52|
  2. チャンピオン 2019
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad