FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/8月は六道の悪女たち。

別冊少年チャンピオン 12月号の感想




別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『ダーウィンズゲーム』です。






・おしかけメイドの白雪さん/もりしげ
巻頭カラー。写真を見た灰音さんのリアクションは、おおむね好意的(?)なものだった。なんとか、その場はまるく収まるが、翌日の学校に白雪さん&赤月が生徒としてやってくる。陽一郎がトイレに行っているあいだに、なにか密約を交わしたか。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
祝!アニメ化決定センターカラー。さらに小説化の企画も進行中ということで、メディアミックスが進んでいる。本編では、ついに海賊側の侵攻が始まる。プレイヤーが本物の鬼ってことは、日本邑と同じようにパラレルワールド的な世界から来たのかな。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
田所編エピローグ。話を聞いた鳴子の感想と、金城との会話。スプリンターの後輩として鳴子が話を聞いたんだろうけど、だったら青八木でも…という気がしないでもない。でも、可愛がっていた後輩が、この話を知らなかったというのも難しいか。

・フェンリル姉さんと僕/阿崎桃子
センターカラー。神造兵士の精神攻撃にも屈せず、ガルムが勝利。しかし、テュールの罠により、駆けつけた陽介が冬花の胸を貫いてしまう形に。テュールは「ギャヒヒヒ」と笑い始めてから、小物化した印象。このパートは、ガルム推しなんだな。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
寝付けないゆいかが、夜の散歩へ。そこで『睡眠時無股間症候群』の男性を発見。夜の公園で集会を開く、自走チン○たちを発見する。ゆいかがチン○たちに名前をつけるくだりで、概ね食べ物関係なのに、なぜひとつだけ『ざこば』なのか? 次回に続く。

・レイリ/岩明均&室井大資
センターカラー。本能寺の変を知った家康は、三河に戻ることに。そこにレイリが現れ、裏交渉をする。穴山を討ち、見事に目的を果たしたわけだが、これからどうするのか? 次回が最終回です。

・バスを待ちながら/吉野宗助
読み切り。田舎のバス停でバスを待つJK2人のやり取り。相変わらずギャグのキレも、キャラのカワイさも最高。いちばん面白かったのは、しりとりの流れでヒナが「もがぺこ」って言ったのに、しーちゃんが「ペンキ」で返すところ。

・フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス/米原秀幸
バーツがかつてのクルーを集めると考えたココは、ハルクの所へ。ここで手に入れた『太陽のパズル』が、ゼルヴァンスへのカギになるのかな。そして、バーツはミガルの所へ。そこにはデッドの姿も……。話のポイントは、デッドの現在ということになりそう。

・NはNullのN/中村ゆきひろ
センターカラー3本立て。1本目は用途不明のカギの使い道を探して、世界を放浪する。丸い人の目出し帽姿が面白い。2本目は、地下のモグラ帝国。3本目はバズったランプの魔神。オチが藤子・F・不二雄の短編のよう。

・先生、〆切ですよ!!/浜岡賢次
若葉先生の目次コメント取りに苦労するYG。カレー沢薫先生は目次コメントに敵意ムキ出しだし、漫画家受けは悪いんだろうな。ツイッターやってればネタもないだろうし。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
クリエイティ部のみんなで初詣に。おみくじの内容が、今後の展開を暗示していそう。そして、蛍樹がティ部で孤立気味なのを気にする描写が。これは、誰かパートナー候補が現れるってことかな。

・Shine/野部優美
読み切り。3月号に続き2度目の登場で、シリーズ4作目。プロレス会場でバイトをしていると、翼がサイコパスプロレスラーに因縁をつけられボコボコにされてしまう。怒りに燃えるタットが、マスクを被りリングの上で復讐をしようとする。登場人物の紹介とかが欲しかったところ。

・インコンプリートアニマルズ/平沢バレンティーノ
3本立て。1、2本目はニワトリとラクダの愛のカタチ。1本目のオチはそれでいいのか? 3本目は生類憐みの令の隠された真実。「脱ペティグリー!!」が良い。

・AIの遺伝子 RED QUEEN/山田胡瓜
人類の破滅と存続。どちらも憂慮したナグモの考えを受け、マリオがロビジアを2つに分けた経緯が語られる。須堂は引き続き仮装空間の中。今度はヒューマノイドが集まる『セカンド・ユニバース』へ行く様子。しばらくは、こういう問い掛けが続くのかな。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
前回登場したのは、メタルビーストと判明。號たちを襲う。ここで隼人が救出に駆けつける。これは仮想世界のほうでいいんだよね?

・張と河井は超カワイイ/陸井栄史
読み切り。モテない河井が、張の工場で作られた中国4千年の神秘『雌ーツ』を来て、ギャルJKに変身してアレコレする。青春の濁ったリビドー感など、相変わらずのクオリティ。このまま連載しちゃえばいいのに。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
2本立て。1本目は、シーザーvsスパルタカスの戦車競走。この競技を観たのは、ジョセフvsワムウ以来だな。アクション巨編。2本目は葬式関連のバイトをしまくるブルータス。なんか、1回ちゃんとした彼女を作ったほうがいい気がする。史実でも妻はいたわけだし。

・魔王様の人類支配/櫻井あつひと
読み切り。2000年ぶりに、侵略のために魔王が人間界に降り立つ。しかし、想像していたよりも社会が発達していて人口も多いので、破壊ではなく洗脳に方針変更。ユーチューバーを目指すことに。秋田書店も早く公式Vtuberとか作ればいいのに。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
別冊掲載分の最終回。ここまで潔く『俺たちの戦いはこれからだ!』エンドをできるのも、2誌で連載していたからできることか。







と、いうわけでフルットが最終回を迎えたので、別冊少年チャンピオンの感想は、今回で最後にしたいと思います。よろしくお願いします。








スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/11/12(月) 19:12:23|
  2. 別チャン 2018
  3. | コメント:0

別冊少年チャンピオン 11月号の感想




別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『先生、〆切ですよ!!』です。






・スピーシーズドメイン/野呂俊介
巻頭カラー。恵良さんが、大機に告白。軽く言った1回目の反省を踏まえての、2回目の本気の告白からの流れが最高だったが、大機の返答が……。これで風森さんの大機株も低下した感じだけど、今後にどう響いてくるか?

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
寒咲にしごかれ、スプリンターとしての心構えとムキムキの身体を手に入れた田所。クリテリウムで結果を出す。次号がエピローグとのことなので、1年IHに触れるのかな。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
表面的には米軍に協力しつつも、カナメらは出くわしたロンらとともに、逆に飛行船に襲撃をかける様子。そして、海賊側も夜の闇に紛れて襲撃を開始する。米軍&サクジあたりが防衛に専念し、カナメらが飛行船に乗り込んで…というところか。

・先生、〆切ですよ!!/浜岡賢次
週チャンで板崎恵介先生の原稿を取りに行った編集長の赤門学が、こっちでも登場。森マリモ先生の原稿の催促に行く。編集長なのに、連載作家の顔も知らないって大丈夫なのか?

・インコンプリートアニマルズ/平沢バレンティーノ
引きこもりのカンガルーなど、5本掲載。ドMの競走馬とかバカになるカバとか、下ネタは控えたほうが良いような。

・おしかけメイドの白雪さん/もりしげ
灰音さんが家にやって来る。なんとか自分の部屋を見せることは回避したい陽一郎だったが……。赤月は、あれだけ長時間部屋にいたんだから写真を片づけてやれよ。そして、灰音さんと陽一郎は、幼いころに出会っていた様子。

・フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス/米原秀幸
中立港に立ち寄ったバーツらは、必要な物資を買いそろえる。見開きの街の風景の中に、誰か隠れキャラがいるような気もする。そして船に戻ると、潜んでいたココが姿を現す。ここからバーツvsココの激闘が20ページ以上にわたって描かれる。これで2人は完全に決別。ゼルヴァンスを目指す敵となったということか。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
上空にゲッターの姿を浮かび上がらせているのが、敵であり宇宙最初の生命『創造種』であり、ゲッター線もそこから生み出されていることが明らかに。ただ、すぐに戦うというわけではない様子。ラストで登場したサイボーグ少女?は何者なのか?

・如月くんは負けられない!!/みなもと悠
読み切り。好きになった娘のために、町最強のヤンキーの座を捨てて転校した如月マサカツ。しかし、初デートの日に仲間が、かつての敵対組織に拉致られてしまう。彼女を取るかダチを取るか……。絵、話ともさすがという感じ。仲間のインテリが、たいしてインテリではないのも面白い。

・AIの遺伝子 RED QUEEN/山田胡瓜
センターカラー。インプラントを埋め込まれてしまった須堂は、電脳空間でマリオ・ルザマニ(を模したAI)と出会い、南雲博士との出会いの経緯を知ることに。冒頭の網目の地面から様々な人の顔が飛び出してくる描写が、すごく不気味。

・妖かしテニス/水村友哉
読み切り。テニスプレイヤーの父親が死んでから、ラケットの手入れは欠かさないものの、他人と打ち合うことはしなかった玲。しかし、ある夜にテニス好きの妖怪たちに襲われ、強制的に試合をさせられることに。その正体は途中で読めるものの『妖怪たちにテニスを流行らせた怪球鬼』というキャラ設定が面白すぎる。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
連載2周年記念センターカラー3本立て。1本目はカラーページで宣伝。しかし、いまだに単行本が1巻しか発売されていないとは……。2本目は敏腕クラッスス。3本目はクレオパトラの料理。まぁ、実質ブルータスがいないほうが上手く回るのかも。

・レイリ/岩明均&室井大資
信長にボコられた明智は、武田信玄からの書状を読んで自らを慰める。しかし、これは信勝の策で作られたニセモノで、ここから本能寺の変につながるとは……。そしてレイリは、土屋の息子を寺に預け、再び男装姿で旅に出る。狙いは武田家を裏切り報奨をもらった穴山か。

・NはNullのN/中村ゆきひろ
3本立て。1本目は免許取りたての丸い人が、バケットホイールエクスカベーターを運転する。2本目は博士と助手。3本目は重力が90度傾いた世界。丸い人のほかにも、セミレギュラーみたいな存在が欲しい所。今回の博士と助手とか、いい感じだと思うけど。

・変霊が見える桜沙/鈴木優太
読み切り。変な霊ばかり見える佐々木桜沙。頭が口で、水をがぶ飲みし続ける変霊に憑りつかれてしまう。なんとか除霊するため、原因を調べる。こういう変なキャラの問題を解決するのは、作者の得意分野という感じ。今回はオチのつけ方も良かった。霊相手なんだからノーカウントでいいじゃん。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
ゆいかの課題のため、ケベスが童話作家のチンデルセンを召喚。さらに陰茎法師まで登場し、カオスに。1回意気投合したチンデルセンと陰茎法師が3ページ後に決裂するスピーディーさが最高。

・僕と僕の女王様/大谷優
読み切り。女子トイレの個室に隠れて「見つかるかも」という興奮を味わっているドMの末原くん。優等生の加藤さんに見つかってしまったことから、危険な秘密の関係が始まる。ほぼ全編にわたって2人の変態性を見せつける内容。他の雑誌のほうが真価を発揮できる気がする。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
ジェンドが久しぶりの登場。と思ったら、別冊のほうは次回で最終回とのこと。週刊のほうにも登場したらヤバいな。






次号は、陸井栄史、櫻井あつひと、野部優美の読み切りが載ります。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/10/12(金) 18:39:07|
  2. 別チャン 2018
  3. | コメント:0

別冊少年チャンピオン 10月号の感想




別冊少年チャンピオンの感想です。表紙はジョン・バーツさんです。






・フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス/米原秀幸
巻頭カラー。街中を散々引っ掻き回したバーツが出航。ゼルヴァンスへのカギを握るライラ姫を、ココが連れ去りに来ると思い込んだワイボが暴走したかに思われたが……。2人の気持ちが通じ合ったであろう55Pが最高。まずはバーツが1本とったということか。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
退部届を出した田所。それを受けての寒咲キャプテンの対応。田所が驚いたように、80~81Pの見開きは迫力があった。ここからスプリンターとして磨きをかけていくのか。

・先生、〆切ですよ!!/浜岡賢次
YGがもう一人の担当作家、森マリモ先生のところに現行の催促に行く。YGが主人公で、女性漫画家に振り回されるっていうフォーマットが固まったかな。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
センターカラー。カナメたちと米軍が会談。中にはDゲームをナメた輩もいたが、手を組むことで合意。いっぽう海賊船に乗っているのはツノ?が生えた種族の様子。異世界から来たのか。それから、このシリーズでプッシュされそうなオオサコが気になる。

・NはNullのN/中村ゆきひろ
2本立て。1本目は、石を積み上げ空の果てに到着した男。今回の丸い人は、こういう役割か。2本目は壁に開いた穴が移動して自我を持つように。ラストのコマは、特定の人にとって恐怖でしかない。

・おしかけメイドの白雪さん/もりしげ
センターカラー。白雪さんのソーププレイ。しかし、赤月は経験がなかったのか。あんなこと言っといて。そして次回は、灰音さんが訪ねてくる様子。どう考えても、部屋の写真を見られるじゃないか。

・レイリ/岩明均&室井大資
裏切られた小山田の軍勢に行く手を阻まれる武田の残党。そこで見事な言葉を投げかけたレイリは、お役御免を言い渡され土屋の息子と2人で逃げることに。ハシラでしつこく宣伝している5巻が最終巻なのかな?

・インコンプリートアニマルズ/平沢バレンティーノ
センターカラー。象牙のヤツが良かったが、トビラで、作者が『週3でバイト』していることを明かさないほうがいい気がする。夢がない。

・埋まる?赤鬼/鈴木雄太
読み切り。地面に体半分が埋まった赤鬼。バカだけど優しい少年の柿太郎が助けようとする。相変わらずのストーリーテリングぶり。読み返すと鬼のほうは「埋まった」と一言も言っていないのが上手い。

・フェンリル姉さんと僕/阿崎桃子
前大戦のときのガルムのアレコレ。ただのワンコキャラではないということか。そして、ヒルドの挑発に乗って冬花と2人で出撃する。しかし、残った陽介をテュールが狙っていた。けっこうヤバい状況だな。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
ケベスがコック勢調査をしているあいだ、男性型スマートスピーカーのナオユキくんが、ゆいかの世話をすることに。ゆいかの母親が登場したのって、何気に初めてじゃないの?

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
センターカラー。雪華は、思ったようにデートを運べず。そのまま告白するものの、撃沈してしまう。しかし、ユニコーンの名前が聖闘士に偏っている。いっぽう恵良さんは、大機が特に嫌がる素振りを見せないのをいいことに、やりたい放題に。調子に乗りすぎじゃない?

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
3体の百鬼獣を、ゲッターは一撃で倒してしまう。ということろで、一般市民の一文字號が登場する。新しいフェーズに突入したってことかな。

・AIの遺伝子 RED QUEEN/山田胡瓜
須堂はカーラに連行される形で、レッドクイーンと対面する。復讐心を持っていたカーラだがいざとなると身動きが取れず、須堂はインプラントを注射されてしまう。それぞれに動きがあったが、さらに大きく進展するのは次回以降か。

・くぅの忍ばず飯/東和宏
読み切り。6月号に続き、2度目の登場。水と油で、性格が合わないと思われたくぅと静香だが、マヨネーズ→タルタル唐揚げで仲直りする。料理担当のくぅと食レポ担当の静香という割り振りもいい。

・召し昇がれ/いなずまたかし
読み切り。2号連続登場&2話掲載。1話目は子供の霊、2話目は過労死した店長に、召し昇がっていただく。しかし、グルメ物の読み切りが連続で掲載されたけど、そういう連載を始めたいのかな?

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
2本立て。1本目は前回の話の流れを受けて、ネコの衣装でシーザーの気を引こうとするクレオパトラ。2本目は、大富豪のクラッススが登場。ブルータスが借金漬けになる。そのまま逃亡生活させていたほうが、シーザーは安全なのに。

・魔術師のいるスタジオ/櫻井あつひと
読み切り。大人気漫画家・魔上よしゆき先生のところにアシスタントに行くことになった好子さん。その超絶テクを目の当たりにすることに。これ、描いている原稿って『辻浦さんとチュパカブラ』じゃないの?

・家のペットさん/中村たつおき
読み切り。モモちゃんの家では、犬、猿、鳥の3匹のペットを飼っているが、政策によりひとつの家で飼えるペットは一匹と決まってしまう。食いしん坊のママが1匹を残すため残りを食べようとする。前回登場時のように、ギャグとホラーの中間のような感じ。どっちかに振り切れればいいのに。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
鳥人間コンテストに、リアル鳥人が出場する。ついに亜人もありの世界観になったか。






次号は、栗原未奈、水原友哉、みなもと悠、鈴木優太の読み切りが載ります。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/09/14(金) 15:19:26|
  2. 別チャン 2018
  3. | コメント:0

別冊少年チャンピオン 9月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は田所迅さんです。






・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
巻頭カラー。合宿で倒れてしまった田所。目を覚ましたあと、金城に行き場のない気持ちをぶつける。そして自分の限界を悟り、退部を決意する。ただ、ここで辞めないというのは分かり切っているので、いまいち盛り上がらない。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
集合したカナメたち。ほかのプレーヤーから指揮を執るように頼まれるが、同時に米軍も参加者の結集を呼び掛けていた。どっちが主導権を取るのか? そして船内ではイエイリ&シゲオやロンも動きを見せ、さらに敵の海賊サイドは別の船に乗っている様子。船内でのバトルではなく、船そのものを使った大掛かりなバトルになるのか。

・おしかけメイドの白雪さん/もりしげ
3人のメイド、雪月花が集合。本来は3人一組で陽一郎らの世話をするはずだったが、白雪が1人で担当することを強行した様子。その理由はなんだ? そして龍之介は黒花とすぐに打ち解ける。やっぱり、将来が心配だ。

・先生、〆切ですよ!!/浜岡賢次
センターカラー。ファミレスに来た若葉先生。目の前の席にいる中年キモカップルを視界に入らないようにするため、YGを召喚する。ファミレスの店名など、グスタフ・ホルスト推しなのは何故なのか?

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
前回の話の流れで開催された尻相撲『手術約束杯』の結果を報告しようと、尻小路貫選手がやって来る。「HEY! 尻!」や『明日(ASS)へ架ける橋』など、前回で使いきれなかった尻ネタを盛り込んできた印象。NETFLIXでアニメ化しないかな~。

・フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス/米原秀幸
ライラ姫が完成させた秘薬を投与。ついにキャプテン・バーツが復活するッ!!! 街中が沸き返るシーンは鳥肌モノ。このままココと一緒に旅をするのかと思ったら、別口でゼルヴァンスを目指す様子。バーツに想いを託そうとしたライラ姫の気持ちの行方も、気になるところ。

・AIの遺伝子 RED QUEEN/山田胡瓜
センターカラー。サラハ、テディ、トオル、ティムは、いったん協力体制を取って情報交換。そこで、レッドクイーン=須堂の母親のコピーという仮説を立てる。実際それは当たっているわけで、カーラにも母親としての気持ちは強く残っている様子。ティムが話した超AIのことや、テックマフィアの元締めの存在など、まだまだ謎は多そう。

・機動家電レイゾウコ/佐藤周一郎
読み切り。幼いころから、強烈な機械解体欲を持っていた楽市ラクザ。姉が暮らす離島でネイチャー修行をすることに。しかし、釣りに行った浜辺で不法投棄された機動家電(人型の家電ロボット)を見つけ、気持ちを抑えきれず修理する。クライマックスの『しなやかネイチャー』のシーンなど、機械関係の絵の細かさがスゴイ。ストーリー面でもレベルが高いし、次回作に期待したいです。

・NはNullのN/中村ゆきひろ
センターカラー2本立て。1本目は「楽しすぎて時間が経つのが早い」って、相対性理論じゃね?って話。オチのつけ方が落語のよう。2本目はドラゴン牧場でウロコ刈り。毎回登場するのであろう、あの丸い人をどういう気持ちで受け入れていいのか、まだ分からない。

・インコンプリートアニマルズ/平沢バレンティーノ
血の匂いを嗅ぎ分けるサメ、妖艶な蛇の脱皮、オウムが卑猥な言葉を話す理由の3本立て。部屋に貼ってあるポスターが、根本はるみというところにセンスを感じる。

・レイリ/岩明均&室井大資
織田の攻撃を避けつつ、岩殿城を目指すレイリたち。しかし武田の威光も陰りを見せ、総勢90名ほどまでになっていた。そして、小山田信茂に信勝の死を知られてしまう。このままでは籠城作戦も難しいだろうし、土屋と2人で逃げるのか?

・フェンリル姉さんと僕/阿崎桃子
ガルムが加わってのアレコレ。でも今回は、一気に5人の新キャラが登場した神サイドが本題。まだオーディンやトールといった大物はいないし、中ボスクラスってところなんだろうな。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
現実世界に来た竜馬たちとの情報のすり合わせ。誰がどっちの世界のキャラなのか、頭の中で整理が追いつかない。そして『疑似個体』と呼ばれる敵が出現。現実世界で一度倒している相手だけに、竜馬たちは余裕を見せるが……。でも、一度に3体だしな……。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
風森さん&雪華と、大機&恵良さんのデート。雪華が背伸びしている感じがするので、現在は大機組のほうがリードしている感じかな(なにが?)。恵良さんの発明品に対するリアクションもいいし。後々、恵良さんはインスタントを「家系」って言ってツッコまれるネタがあると思う。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
エジプトの危機を救う2本立て。エジプトの壁画風見開きとかは良かったけど、ネコをどかそうとする以外の切り口も欲しかったところ。

・召し昇がれ/いなずまたかし
読み切り。焼き肉店でバイトに励むまいちゃん。しかし、ある日の閉店後に謎の客が姿を現す……。普通のお仕事モノと思われた前半から、ホラー展開になる後半への落差が見事。次号には一挙2話掲載だそうです。

・トラピスト/桃井龍之介
読み切り。NEXT CHAMPION 佳作受賞作。冒険者のロクは、訳あり美少女シリカの護衛を務めることに。不思議なアイテムが多く登場する正統派ファンタジーという感じで、絵、ストーリーとも完成度が高く新人離れしていると思う。再登場していただきたい。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
謎の洞窟を探検していた冒険家が見つけたのは、空き缶とパンの袋だった……というところから、ホラーオチに持っていく手腕がさすが。








次号は、櫻井あつひと、いまずまたかし、東和宏、鈴木優太、中村たつおきの読み切りが載ります。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/08/11(土) 18:52:00|
  2. 別チャン 2018
  3. | コメント:0

別冊少年チャンピオン 8月号の感想




別冊少年チャンピオンの感想です。表紙はレイリです。






・レイリ/岩明均&室井大資
連載再開巻頭カラー。対織田に出兵したものの、家臣たちの裏切りに遭い意気消沈の勝頼。このタイミングで暗殺があると直感した信勝が身を挺してかばう。信勝はレイリとダブル主人公のような感じだったので、ここで死んでしまうとは。このまま最終章って感じなのかな。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
田所は登りにも対応できるように体重を落とす。しかし、急激なダイエットは体に悪く……。金城らにライバル心を燃やすのはともかく、上級生にはアドバイスをもらえばいいのに。

・先生、〆切ですよ!!/浜岡賢次
電話越しでもYGを翻弄する若葉先生。YG以外が得をするようなオチも良かった。

・フェンリル姉さんと僕/阿崎桃子
センターカラー。戦いの影響か、陽介は高熱を出し寝込んでしまう。夢で見たのは、前回のラグナロクかな。そして、冬花が呼んだ援軍のガルムが登場。まさか、ワンコタイプのロリっ子だとは。コメディ方面を担うのか?

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
ゆいかが盲腸の手術で入院。励ますために、尻小路貫など、名だたるプロ尻相撲選手が集まって来る。いろんな尻用語が飛び交ったが、個人的には『浮き往生』がいちばんのヒット。

・NはNullのN/中村ゆきひろ
新連載センターカラー。SFショートストーリーオムニバス。今回は、謎の卵と宇宙幽霊の2本立て。タエちゃんのころとは違う、新境地を開拓した印象。1本目で卵を預けた人物が、通常の人間と違うデザインなのには、ツッコんではいけないのか。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
現実世界に投下されたゲッターは『強制進化』を開始。自分の意志で敵を倒す。かと思われたが、その中には仮想世界の竜馬が乗り込んでいた。竜馬同士で戦うのか?

・やわらかハンターブラザーズ/西修
センターカラー読み切り2本立て。ゴルドとシルバのハンター兄弟が、戦うのではなくゆる~い方法でミッションをこなしていく。あんまりなかった切り口だと思うので、定期的に登場していただきたい。

・おしかけメイドの白雪さん/もりしげ
写真を見られた陽一郎と、勝手に気持ちを伝えてしまった白雪。誤解はとけたかに思われたが実際は……。赤月&黒羽の家宅侵入もバレたし、次回はちょっともめそう。

・インコンプリートアニマルズ/平沢バレンティーノ
新連載センターカラー。数度の読み切り掲載を経て連載化。コウノトリの赤ちゃんの話から、死んだ豚鶏牛のダジャレへの警告と、生命のスパンに基づいた構成。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
イベント『海賊王との決闘』がスタート。カナメたちは取りあえず合流を目指すが、そこにロンの部下も紛れ込んでしまう……。さらに船には米軍のほかにも、オオサコやシゲオも参加することに。プレイヤーたちが一致団結することはあり得ないか。

・AIの遺伝子 RED QUEEN/山田胡瓜
ザンティナという街の情報屋ティムが、須堂らに興味を持つ。レッドクイーンからの指示を無視し、隠れ家に連れて行こうとするタイミングで、カーラに目撃されてしまう。怒りをたぎらせ、走って車を追いかけてくるシーンは、さすがヒューマノイドという感じ。街中での乱闘となり、須堂、サラハ、テディはバラバラに。まずい状況になってしまった。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
冬休み直前。ここで恵良さんが大機をクリスマスイブにデートに誘うという、大勝負に打って出る。風森さんの計らい?もあり、無事に2人きりで出かけることになる。そして風森さんは蛍樹弟と遊びに行くことに。さすがに冬はイベントが多いので話が動くな。あと、女子がみんなセーター着用なのが良かったですが、羽井さんのコートのボタンは多すぎるような。

・フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス/米原秀幸
ニグを退けた一行。地下世界に行く前に、不死の秘薬の製造を優先することに。完成すればバーツに投与する予定なのだが、同時に『棺桶』となるスイートマドンナ号の建造も指示していた。ココの回想の中で、前作のメンツが現在の絵で描かれているのは、ファンにとってはたまらないものがありそう。

・星の兄弟/荒井俊太郎
読み切り。NEXT CHAMPION 佳作受賞作。侵略してきた異星人を鹵獲し改造。再び来る異星人に対抗する兵器にしてしまう。まず、この異星人のデザインが独特で不気味だしインパクトがある。パイロットに選ばれた青年の行動が、結果的に因果応報になっているというのも、見事な構成。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
2本立て。1本目は水中パフォーマンスを観に行く。いまはシンクロナイズドスイミングじゃなくて、アーティスティックスイミングなんだってね。2本目はブルータスが心霊現象に悩まされる。そうか、単行本は1巻しか出ていなかったか。

・HERO/林たかあき
読み切り。殺し屋のK。依頼を実行するが、そこには予定外の女の子がいた。その子を引き取り、奇妙な共同生活が始まる。ときどきバッドエンドに転がりそうな描写を入れつつも、そうはいかないという演出が上手かった。でも、殺し屋の武器を日本刀にしたのは間違いだったような。なんとなく、世界観にあっていない。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
虹にまつわる伝説を信じるトラと、その夢を壊さないようにするフルット。トラの横顔は、デフォルメが効きすぎている。







次号は、いまずまたかし、佐藤周一郎、桃井龍之介の読み切りが載ります。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/07/12(木) 19:06:00|
  2. 別チャン 2018
  3. | コメント:0
次のページ