FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/8月は六道の悪女たち。

木根さんの1人でキネマ 第6巻の感想




『木根さんの1人でキネマ』第6巻の感想です。




・29本目 字幕vs吹き替え
『映画は字幕で見るか吹き替えで見るか?』で部下が言い争い。木根さんは、そういった論争を超越した存在なので上手くあしらったかに思われたが、翌日以降も工藤ちゃんが食い下がってくる。他の作品でも扱われていたテーマだし、これは映画ファンに突きつけられた永遠の課題なんだろうな。個人的にはどっちかにこだわらず、映画の内容やジャンルによって切り替えていけばいいと思う。あと、今更だけど木根さんって何の課長なんだろう? 後の話では取引先と顔を合わせるっぽいけど、営業じゃない雰囲気なんだよな。

・30本目 君の名は。/ホラーvsアニメ
木根さんとキョーコ(の所蔵しているDVD)が入れ替わってる~!? 互いの趣味(ホラー映画とアニメ)を貶し合った翌日、それぞれが持っているDVDが入れ替わってしまうという謎現象が発生。相手のジャンルに理解を示さないと元に戻らないのでは?と考え、観てみることにしたのだが……。一見対極的な位置にある2つのジャンルを『かつて世間からバッシングを浴びたことがある』という共通点で結びつけたのは上手いと思った。そして、入れ替わり現象が戻ってからのオチのつけ方が、いい意味でヒドイ。


・31本目 ジャッキー映画
『カンフー・ヨガ』を観てジャッキー・チェンにハマったセッちゃん。かねてより『若者のジャッキー離れ』を憂慮していた木根さんは、往年の名作も薦めようとする。木根さんによるポリスストーリーの伝説の電飾ポール滑り降りシーンの再現は、あのスピードだとおマタがこすれて大変なことになっていそう(久しぶりの尻描写もあった)。それから、木人椿が売っているショッピングモールってどんな品ぞろえなんだ?


・32本目 ロード・オブ・ザ・リング3部作
実はいまだに、以前の夫との結婚指輪を大事に保管していた佐藤さん。それを発見した木根さんが処分することになるのだが、木根さんもまた指輪の魔力に……。まず、結婚指輪を『一つの指輪』に置き換えるアイデアが上手いし、2人の会話シーンが大部分を占めていて『1人でキネマ』感が強くて良かった。その一方、木根さんらが佐藤さんと元夫との再会を陰から見守っていたのも最高のシーン。ウェディングドレス姿がカバーも飾ったし、この巻のベストエピソード。


・33本目 マトリックス
結婚していて中学生の一人娘がいる。そして映画を観たことがない。そんな木根さんのところに『SATO』という謎の人物からメッセージが送られてくる。はじめは抵抗していた木根さんだったが、SATOの言葉に従いマトリックスを観てみることに。『赤と青のどっちの薬を飲む?』のシーンで思ったけど、爆弾を解除するときに『赤と青どっちの線を切ったほうが多い?』っていうのを調べてほしい(無茶なお願い)。あと、マトリックスのアレ(字が落ちてくるヤツ)の中に、過去に取り扱った作品名が紛れ込んでいる。




29本目のなかで対立のひとつとして挙げられ、名前がクリスの俳優多すぎ問題(エヴァンスとかヘムズワースとか)は、誰か解決策を示してほしい。










スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/04/26(金) 19:08:41|
  2. 木根さんの1人でキネマ
  3. | コメント:0

木根さんの1人でキネマ 第5巻の感想




『木根さんの1人でキネマ』第5巻の感想です。



・24本目 マイ・フェア・レディvsベスト・キッド
子供のころの木根さんは、近所のレンタルビデオ店によく出入りしていた。しかし、そこは店長の大鳥さんの意向により『マイ・フェア・レディ』や『ローマの休日』など、往年の名作を中心に取り扱っているのだった。当時からハリウッド大作やアクション好きだった木根さんとの意見の対立は避けられず、そこに大鳥さんの友人でもある木根母も参戦し、三つ巴の争いに発展してしまう。後半で現在も営業されていることが描かれているけど、こういう名画中心の個人経営店が存続しているのは、ちょっとした奇跡だと思う。


・25本目 レオンとディレクターズ・カット版
部下の古谷君たちが、ハラスメント講習を受けることに。なぜそうなったのか?と木根課長が問いただす。タイトルにある劇場公開版、ディレクターズ・カット版、そしてテレビ放送版まで出てくると、もうややこしすぎる。そこにデジタルリマスターとか、吹替が○○とか加えていくと、もう数限りなくなっちゃうんだろうな。深く考えないのが吉か。今回で、工藤ちゃんと古谷が同期というのが判明したけど、もっと早い段階で他の社員の名前とか上下関係を明らかにしておいたほうが良かった気がする。あと『ツッコミ妖精 サトー』は、なぜリアル頭身で出現したのか?


・26本目 卒業
『花嫁を結婚式の最中に花婿から奪い去る』シーンでおなじみの映画『卒業』。しかし、実際は佐藤さんが思い浮かべていたものとは違う内容だった。パロディが繰り返されるうちに、本当の意味とは違ってくるっていうのはよくあることだよな。珍しく木根さんが映画の背景を冷静に説明したのに、佐藤さんは『嫌いのツボ』に入っており全く聞く耳を持たない状態に。キョーコらを巻き込み事態が悪化したことを受けて、木根さんも対処せざるを得なくなる。ネットに思いの丈をぶつけさせ、自己反省に持っていくという作戦は見事だったが、そこからの卒業パロディオチが良く分からなかった。


・27本目 「007」シリーズ
007のブルーレイ24枚組を買った木根さん。このタイミングでフォロワーから『何代目のボンドが一番好きか?』という難題を投げかけられる。しかし木根さんは年間ベスト10や人生で一番面白かった映画など『ベストを選べない女』だった。全シリーズを見直して、ベスト・ボンドを決めようとするのだが……。ベタにショーン・コネリーか、子供のころに観たロジャー・ムーア(年齢バレの危険があるが)にしとけばよかったのに。あと、007シリーズの説明を受けての佐藤さんの「『水戸黄門』みたいだね」という意見が的確すぎる。


・28本目Part.1 バーフバリ 伝説誕生
2017~18年にかけて話題になった『バーフバリ』。キョーコらは全員がドハマり状態だが、木根さんがまさかの未鑑賞だった。「3人で観た」という話を聞いてキレる木根さんにすぐ誤って、即許すコマのテンポ感が最高。木根さんは同じく未鑑賞の佐藤さんを仲間に引き入れようとするが……。1話完結映画紹介コメディなのに、まさかこんな伏線が仕込まれていたとは。「インドで観た。」って、バーフバリに関わらずパワーワードすぎる。


・28本目Part.2 バーフバリ 王の凱旋
勢い余って部屋を飛び出した木根さん。映画館やシアタールームなどを手当たり次第に回るものの、どこも満席だったりで観ることができない。そこでたどり着いたのは……。大鳥さんの名画屋のエピソードで始まった巻のクライマックスが、名画屋での母親からの言葉というのも、なかなか見事な構成。あと、オマケに登場するアフロ兄がセッちゃんの父親なんだよな。奥さんは、いったいどんな美人なのか? いつか登場していただきたい。


・特別編 アカデミー賞特集
アカデミー賞発表前に、Yahoo!ブックストアで公開された特別編。アカデミー賞の説明をしつつ、木根さんと佐藤さんがいつもの感じでやり取りをする。確かに、作品賞と監督賞の違いは分からない。












テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/07/28(土) 18:26:56|
  2. 木根さんの1人でキネマ
  3. | コメント:0

木根さんの1人でキネマ 第4巻の感想




映画紹介マンガの第一人者『木根さんの1人でキネマ』第4巻の感想です。



・19本目 エクソシスト
お正月で、実家に帰省中の木根さん。そこで娘の(極度の)映画好きを案じる母親と、永年の恩讐を越えて対峙することに。まぁ、三十ウン歳を越えても映画ばかり観ている娘は、まさに悪魔にとり憑りつかれているようなモンだろうからな。見どころとしては、年月を経て魔窟化していく木根さんの部屋の様子×3が最高だった。特に中期は、チェーンソー(のオモチャ?)を買っていたり、連続殺人モノによく出てくる地図(付箋がベタベタ貼ってあったり、犯行現場をヒモで繋いでいるヤツ)が飾ってあったりと、ネタ度が濃すぎる。


・20本目 ◯◯の危機コメディ
佐藤さんが急にジムやカルチャースクールに通ったり、インドに自分探しに行ったり、金髪にして会社を辞めようとしたりする。心配になりながらも、映画によくある『中年の危機コメディ』を引き合いにだし、自分にできることは何もないと考える木根さんだったが……。44~45Pの涙を浮かべながらビンタする木根さんなど、女性版ブロマンス的な感じが良かった。この巻のハイライト。あと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』って映画、コメディのくくりに入れてもいい内容のものだったのか。


・21本目 ダイ・ハード
仕事が終わって帰ろうというタイミングで、エレベーターに閉じ込められてしまった木根さん、佐藤さん、工藤ちゃんの3人。修理まで時間がかかるとのことだが、3人ともトイレに行きたくてしょうがないのだった。この話では木根さんが擬態中ということもあり、工藤ちゃんが説明役に回るのが新鮮だったし、ガマンの限界(色んな意味で)を迎えた木根さんの怒涛のカミングアウト?からの「イピカイエ 分かったか!!」への流れが素晴らしかった。しかし工藤ちゃんは、普通の?映画ファンとしての地位を確立したな。


・22本目 トイ・ストーリー
母親の強制執行によって、実家にあった映画グッズが現在の家に送りつけられることに。それを受けてDVDたちはご主人(木根さん)のところに行けることを喜ぶのだが……。後半の木根さんの語りは別に映画に限らず、本やゲームなんかを積んどく人にとっては耳の痛い内容かも。作中では『プライバシーに配慮』ということで、各DVDはイニシャル表記されているのだが、メインとなるR・B・Cが、なんの映画なのかが分からない。Rは色んなバージョンで出てて、BはDVDのみでボックスみたいな形。CのDVD版は、CDと同じサイズのパッケージだろ……? 


・23本目 ロッキー
楽しみにしていた映画を観るため、仕事を早く片付け体調を整えて、万全のコンディションで映画館に飛び込んだ木根さん。しかし、上映中にずっとガサガサという雑音がして内容に集中できないのだった。ロッキーを心の支えにガツンとクレームを言ってやろうとした木根さんだったが……。134~135Pの見開きは、セリフが書かれなかったことで「何を言ったんだろう?」と、いろいろと想像が働かされて良い演出だった。上映後のやり取りをふくめ、この巻のベストエピソードだと思う。


・番外編 40歳の童貞男
佐藤さんが主役の番外編。ほとんど映画を観ない佐藤さんだが、木根ライブラリの中で唯一気になる作品があった。それは『40歳の童貞男』。自身の男性観から逸脱したタイトルに興味がかき立てられるのだが、木根さんにバカにされることを警戒して踏ん切りがつかないのだった。途中のドタバタ具合、特に151Pの佐藤さんの惨状は笑えるものだったが、本家の映画もこんなテイストなのかな? あと、この話ではじめて佐藤さんの下の名前が香澄と判明。初登場してから約2年も名前が不明だったのか。















テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/10/28(土) 11:15:36|
  2. 木根さんの1人でキネマ
  3. | コメント:0

木根さんの1人でキネマ 第3巻の感想



『木根さんの1人でキネマ』第3巻の感想です。電子版で買ってみました。


・13本目 『ダークナイト』とアメコミヒーロー映画
映画『ダークナイト』にトラウマのある佐藤さんにとっては、アメコミ映画はどれも同じに見えてしまうものだった(全部バットマン)。木根さんは『初心者』だからとあしらうが、それが『相手を論破したいだけウーマン』という、おそろしい悪役を生み出してしまうことになるとは……。「アメコミ映画で描かれる正義とは何か?」というテーマに答えを見つけ出し、和解するときの荒いドットのアメコミ風の絵になる2ページが良かった。あと、各ジャンルの映画にも突っ込んではいけないお約束があるという説明の中で、何気にディスられているホークアイがカワイそう。


・14本目 ジョーズ
姪の星莉奈ちゃん(セッちゃん)をあずかることになった木根さん。佐藤さんや高校時代の友人3人も巻き込んで面倒を見ることに。遊園地の帰りにレンタルショップに立ち寄るが、そこでセッちゃんが選んだのは『ジョーズ』だった。5歳児に見せていい映画なのかどうか? 激論が交わされることになる。『ディープ・ブルー』が2種類あったりといった小ネタも豊富だが、この話の肝は『子供が映画から受ける影響について』だよな。あと、サメ映画が多いというネタもあったけど、他のマンガで『ヒレとキバでサメと認識できる』『歩かせる必要がない』と理由が説明されていたな。


・15本目 夏のホラー回/ホーム・インベージョンムービー
突然、何者かが家に侵入してくるホラー映画『ホーム・インベージョンムービー』を観た日の深夜、チャイムを鳴らす音がだんだんと近づいてくることに気づき目を覚ました木根さん。佐藤さんを起こし対応しようとするが、ことごとく『ホラー映画あるある』を踏襲してしまうことに。基本的には、木根さんが1人でパニクっているだけなのだが、63~64ページの見開きや、オチのつけかたにゾッとさせられる。海外ドラマを観ていても思うけど、アメリカの家ってすぐに家宅侵入されちゃう印象がある。ドアも木製で、すぐに蹴破られるし(偏見)。


・16本目 ファイト・クラブ
木根さんの部下、工藤ちゃんが(木根さんのものと知らずに)ブログ『1人でキネマ』を発見。そこから映画にハマっていき、映画部を発足させるにまでいたる。最初は、周囲の人間が映画の話をすることにホクホクの木根さんだったが、次第に工藤ちゃんが先鋭化していき他の社員から白い目で見られることに……。ブログ開設時の言葉が、今回の騒動を引き起こしたカルマ的な展開が良かったが、93ページで洗濯物をたたみながら佐藤さんが言ったひとことが解決につながる流れが、個人的なこの巻のハイライト。仮にドラマ化されたら、この話が最終回に相応しいと思う。


・17本目 新世紀エヴァンゲリオン
高校時代の友人でアニオタのキョーコさんと、飲み屋で口論になった木根さんは『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビシリーズのDVDを借りることに。第壱話から第弐拾四話でドップリとハマっていく流れ。そこからの残り2話で終わっていない!とブチギレ、キョーコ宅に押しかけて『シト新生』を借りる → 終わっていない! の天丼展開、さらにエヴァならではの次回予告オチも最高だった。118ページでキョーコさんが語っているエヴァへの思いは、30~40代くらいの人は激しく共感できるはず。それにしても映画の『:||』は、いつ公開になるんですかね?


・18本目 スタウォーズ回エピソード5/3バカの逆襲
4本目に登場した、スターウォーズのことが好きなオッサン社員3人が再登場。『シリーズをどの順番に見るか問題』をぶり返す。これまで培ったスキルを使って、なんとか鎮火させようとする木根さんの努力もむなしく、オッサン社員たちはスターウォーズ上映会を開催する。木根さんが様子を見に行った141~142ページの見開きが切なすぎる。3人だけでお菓子や飲み物を用意したのかと思うと泣けてくる。それにしても、ジョージ・ルーカスですら被害を受けるって『スター・ウォーズ・ハラスメント』嫌すぎるだろ。スター・ウォーズの新作が公開されるたびに、このシリーズは続くんだろうな。





この巻では、お尻描写が激減。16本目で工藤ちゃんを叱るシーンくらい。














テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/01/29(日) 07:36:42|
  2. 木根さんの1人でキネマ
  3. | コメント:0

木根さんの1人でキネマ 第2巻の感想




映画好き“ウザ”コメディ『木根さんの1人でキネマ』第2巻の感想です。


・7本目 ジブリ映画
木根さんの表(?)の顔は立派なビジネス・ウーマンであり、複数の部下を持つ課長。そんなカワイイ部下たちと行った飲みの席で『ジブリ映画』を観たことがないという事実が発覚してしまう。そこから佐藤さんも参戦し(前話のリベンジ)、ジブリ映画おすすめ地獄が開幕してしまう。それを静めるための“滅びの言葉”を口にする前の木根さんの「魂がハゲる」は、名言だと思う。あと、すでにジブリの制作部門が解散されていて、もうジブリ映画は作られないということを、どれくらいの人が知っているんだろう?

・8本目 ラブ・アクチュアリー
クリスマス回。ゾンビやアクション物だけでなく、実はロマコメも好きな木根さんと、元夫とのことをいろいろと思いだしダウナー気味の佐藤さんが『ラブ・アクチュアリー』を観る。2人の会話は主にアラサー女子の出会い・結婚うんぬんに割かれる。45ページの木根さんの「面倒くせぇえええええ」までの流れ、48ページの佐藤さんが語る『アラサーが陥りがちな穴』の話は、胸に刺さりまくって痛すぎる。あと、この巻でもケツメインのコマはあるんだけど、それに加えてこの話では脚が強調されているような……。


・9本目 洋画タレント吹き替え問題
アリス・ガードナーは、女優を夢見て田舎からハリウッドに。レッスン、バイト、オーディションの毎日に気持ちが折れかけていたころ、ついにひとつの役をつかむ。しかし、直後に悲劇が待っていた……。顔に大きな傷が残ってしまったアリスは、女優になることができずに荒れた生活を送っていたが、妹から渡されたぬいぐるみの中に隠されたメッセージを見つけ、再び夢に向かって歩き出す……。っていう映画の吹き替えをポンコツ新人タレントがやるということに、木根さんがブチギレる。『話題の超大作』と『声優初挑戦』は、ひとつの文の中に同居できないと早く気づいてほしい。

・10本目 タイタニック
木根さんが同窓会に参加する。高校時代の擬態は完璧なものではなく、思春期の自我が災いし『評価の高い映画を評価する私カッコイイ』という状態になってしまっていた。そのため、対外的には(本当は好きな)ハリウッド大作をディスるようになっており、隠れて観に行った『タイタニック』の劇場で、友人3人と鉢合わせしてしまう……。10年以上の時を経て真実を告白しあい、和解する流れは素晴らしいものの、友人3人の左手薬指にそれぞれ光る物があるということに気づくと、一気に切なさが逆転する。


・11本目 マッドマックス 怒りのデス・ロード
2015年。『マッドマック 怒りのデスロード』を観るためにくり返し劇場に足を運ぶ木根さんに、佐藤さんは呆れ顔。熱が冷めたと思ったころに届いたブルーレイを佐藤さんも観ることになるが、そこで見事にV8教に入信してしまう。128~129ページの見開きは、木根さんはもちろん、いつもは無表情だったり暗い表情が多い佐藤さんも笑顔なので、とても楽しい気持ちにさせられる。それから、特に内容の説明や感想がないにもかかわらず『映画ビリギャル』は、すごいディスられた感がある。


・12本目 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
10本目で和解した友人3人、キョーコ、ネネ、トッシーを自宅に招待し、鍋パーティーすることになる。そこで木根さんは、主賓としてどんな映画を上映すればいいのか悩むが、皆そんなに興味はないのだった。それでも『ハングオーバー!』に上手く誘導してから『木根さんの みんなでキネマ』が開幕する流れは面白かったが、152~153ページの見開きの中で結婚未経験なのが木根さんだけというのが、なんとも……。あと、冒頭の死屍累々の見開きで、段ボールの中にクリーチャーが潜んでいるのがとても気になる。誰が持ち込んだんだ?



次巻、木根さんと佐藤さんのシビル・ウォーが幕を開ける……ッ!














テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/01(金) 18:42:05|
  2. 木根さんの1人でキネマ
  3. | コメント:0
次のページ