fc2ブログ

記事一覧

木曜日のフルット 第10巻の感想

ついに2桁到達! 『木曜日のフルット』第10巻の感想です。・この巻は何と言っても、A地区関連のエピソードにふれざるを得ないでしょう。関係する話は全部で13話。ページ数的な割合で言えば、単行本の約2割がA地区編という圧倒的なボリューム。フルット初の大長編ということで、読みごたえも抜群でした。ただ、時期的にロシアのウクライナ侵攻とカブッてしまったのが不運というかなんというか……。もともとA地区の存在がほのめ...

続きを読む

木曜日のフルット 第9巻の感想

新型コロナウイルスにも、フルットたちは負けない! 『木曜日のフルット』第9巻の感想です。1年半ぶりの発売となります。・この巻も出張版や増ページのない、全て1エピソード2ページの純フルット100%構成となっています。そして『リストの巻』以降は、登場人物がマスクをつけたりリモート飲み会をしたり、新型コロナウイルスの影響を受けた世界となります。前巻では平成・令和の移り変わりが描かれましたが、2巻続けてこう...

続きを読む

木曜日のフルット 第8巻の感想

元号が変わっても、半ノラライフは終わらない! 木曜日のフルット第8巻の感想です。・時期的には、別冊少年チャンピオン連載分が全て掲載されてもおかしくないのに、『終焉の巻』と『最終回の巻』が収録されず。これは、リアルの最終巻まで温存しておくのか? それともお蔵入りなのか?・この巻ではカラーの『HANABIの巻』が収録されましたが、今週号の週チャン掲載分もふくめ、カラー作品のストックが3本ある状態に。単行本に...

続きを読む

木曜日のフルット 第7巻の感想

週チャンを代表する動物マンガ! 木曜日のフルット第7巻の感想です。・この巻でも前巻に引き続き、全て1エピソード2ページの、純フルット100%構成。でも、それ町終了~天国大魔境開始という時期なので、致し方なしかなという感じ。・カラーの『HANABIの巻』はともかく、他に『鯨井先輩の巻79』『無になろう』『木の巻』の4本が掲載順を飛ばされた形に。どれもお蔵入りになるような内容ではないので、単なる構成の問題かな。...

続きを読む

木曜日のフルット 第6巻の感想

『それ町』は終わったけど、それでもフルットがいてくれる。『木曜日のフルット』第6巻の感想です。・この巻では珍しく他誌へ出張版や、増ページのエピソードがありませんでした。全て1エピソード2ページの、純フルット100%という趣きになっています。・今回は『フルットの巻98』(雑誌掲載時のタイトル)がトバされました。でも、これは『世界の巻』を収録するための処置でしょう。世界情勢を風刺した内容だけに、1年以上経っ...

続きを読む

ブログ内検索

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

カテゴリー

Amazonオススメ

殺し屋の推し 2 (ハルタコミックス)
大島 琳太郎(著)
¥792(2024/04/01 18:54時点の価格)
ハルタ 2024-APRIL volume 113 (ハルタコミックス)
ハルタ編集部(編集)
¥935(2024/03/15 18:17時点の価格)
天国大魔境(10) (アフタヌーンコミックス)
石黒正数(著)
¥759(2024/02/14 13:26時点の価格)
ダンジョン飯 14巻 (HARTA COMIX)
九井 諒子(著)
¥792(2023/12/15 07:46時点の価格)
転がる姉弟(5) (ヒーローズコミックス ふらっと)
森つぶみ(著)
¥713(2023/12/10 17:07時点の価格)
木曜日のフルット(10) (少年チャンピオン・コミックス)
石黒正数(著)
¥455(2023/12/10 17:10時点の価格)
メガロザリア 2 (青騎士コミックス)
みやま るん(著)
¥809(2023/12/10 17:11時点の価格)