FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/1月は、六道の悪女たち。

一端の子 の感想




一端の子 の感想です。作者の深山はな先生は、これが初連載初単行本。帯には『持ち込み即、連載決定!!』『現役大学生の新鋭が放つ』という景気のいい言葉が並びますが、それに負けない高レベルのオムニバス作品集になっています。




・第1話 えがお
クールビューティーの月子は、フワフワ系の友人えなの恋愛を応援することに。月子の本当の狙いが分かる26~27ページの見開きは、背筋がゾクッとする。他の話の登場人物たちが自分の置かれた境遇に悩んでいたり、自分の気持ちに正直に向き合っているのに対し、月子は欲望を満たすために動いていて、作中で最も“悪”の側の人間なのかもしれないと思った。

・第2話 CUT(E)
母親が美容師の美琴は、幼なじみの ゆず の髪を切ってあげていた。そこに、友達以上の並々ならぬ執着心を込めて……。ゆずに対しアプローチをかけてくる馬淵を上手くけん制できていたと思われたが、2人がつき合うことになってしまい、美琴の気持ちが暴走する。教室での別れのシーンと、時間が経過して美容室での再会のシーンのギャップが良かった。

・第3話 無題
大学のサークルの飲み会から抜け出した、おばぎ先輩についていこうとした代田。しかし、行き先がレズビアンバーと知り躊躇してしまう。仕切り直しでの代田からの相談と、それに対するおはぎ先輩の答え(85ページあたりから)は、この作品全体のテーマに対する答えのひとつかもしれない。それから、過去に告白してきた友人と、その恋人と飲むシーンで、卵焼きが2個残っているのが気になる。代田は、自分の分を食べなかった?

・第4話 と或る女たち
まずトビラが、ミステリ漫画のよう。『この中に犯人がっ!』みたいな。そこで紹介されたJK4人が「セフレがほしい」という話題で盛り上がる。ここまでの3話は1対1だったのに対し、4人でとりとめもなく話している様子が楽しいし、なにかオチがつく前にコロコロと話題が移り変わっていくのも見ていて面白い。が、その空気感がラスト4ページでひっくり返される構成も見事。

・第5話 午後八時の生熟れ
初芽あきは、ふとしたことからクラスでイジメられている南と、夜の公園で語り合う時間を作るようになる。初芽自身は、友人の真柴に対する気持ちをまだ割り切れてはおらず、南のことも正面から受け止められたわけではないので、ラストでセリフがほぼ無くなり表情も沈んでしまうのが、なんとも切ない。そういうことに至った経緯が不明なだけに、モヤモヤが残る。

・第6話 あろえなあなた
第3話に登場した、おはぎ先輩こと萩元さんが高校生の時の話。美術部でゆる~く活動していたが、半強制定期に大会に参加することに。そのことを要求してきた阿炉江先輩のことをよく思っていなかったが、大会当日に意外な一面を垣間見ることになる。今回のことを踏まえて第3話で語っていることを読み直すと、いろいろと違う一面が見えてくる。

・第7話 防弾ガラス張り
彼女と上手くいかなくなっていた陽輔は、新しくバイトの同僚になった蓮水さん(第4話で名前だけ出ている)に猛アプローチをかける。ついに食事に誘うことに成功したが、その場所に彼女の姿も……。218ページの蓮水さんの「こんな間に合わせの戯言は鵜呑みにするのに わざわざ言葉にした事実は なんで伝わらないんだろうね」という言葉が、作品全体でいちばん印象に残っている。

・最終話 某日
第5話の初芽&真柴が再登場。高校受験を前にした不安を語る。2人で『楽しいこと』を言い合う流れが青春ドラマのようで素晴らしかっただけに、その後に初芽がした『発言』が、どんなものだったのか非常に気になるところ。それから、ファストフード店の隣の席に梨元&楓(第4話に登場)がいたり、各話の登場人物たちがカメオ出演していて、ラストにふさわしい賑やかさ。



・おまけマンガ
第6話で、阿炉江先輩の相手として登場した みちる が顔出しをする。こういう演出だと『次回作の主人公ですよ』みたいな感じだけど、どうなんだろう?











スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/12/20(金) 17:35:16|
  2. そのほかの漫画
  3. | コメント:0

最近買ったマンガの感想 2019冬

『このマンガがすごい!』で上げられたなかでチェック漏れだったものを、年末年始&インフルエンザにかかってヒマだった時期に多く読んだので、まとめて感想を書いてみたいと思います。


・アンドロイドタイプワン/YASHIMA/双葉社
人型アンドロイドが普及して、家事をしたり子供の遊び相手になったりするのが珍しくないという世界観。様々なIOTとリンクしていたり、不法投棄が問題になったりといった地に足の着いた良質のSF。メイン2人の関係性をもう少し読んでみたかったが、話は謎のアンドロイド『ノイエ』をめぐる方向にシフトしていく様子。


・異世界おじさん/殆ど死んでいる/KADOKAWA
17歳で事故に遭ったおじさんが、17年ぶりに目を覚ます。その間おじさんは、異世界で大冒険をくり広げていた。作者は同人界隈で名のある人らしく、さすがに面白い。ツンデレエルフなど、異世界での波乱万丈の体験談も面白いのだが、おじさんの人生ともいえるS●GA関連ネタもキレッキレ。近代サブカルチャー解説書的な側面もある。


・乙女文藝ハッカソン/山田しいた/講談社
IT業界などで行われる『ハッカソン』を小説でやってみようという異色作。まだ本番は先のことなので、現状は各キャラの紹介と小説創作ウンチクといったところ。構成の練り方とかアイデアの出し方とか、いろいろとタメになる。文科系チームバトルというジャンルは唯一とも言っていいので、今後は、それをどうやって見せていくのか。


・恋する寄生虫/三秋縋・ホタテユウキ/KADOKAWA
コンピューターウイルスを作った潔癖症の男と、寄生虫に詳しい視線恐怖症の女の子の恋愛モノ。仲を深めた2人に、1巻のラストで衝撃の事実が告げられる。デートで行った寄生虫館での、ヒロインの話がとても興味深かった。そのあたりの空気感が良かっただけに、次巻以降は違うテイストになりそうなのが、ちょっと心配。


・セイキマツブルー/ヒロタシンタロウ/ワニブックス
恐怖の大王と、強大な昆虫。異形の存在を間に置いた、少女2人の友情モノ2編をおさめた短編集。心の距離感の描き方は上手いし、クリーチャー描写なんかは新人離れしている。初単行本でこの内容なら、十分に及第点だと思う。


・パンダ探偵社/澤江ポンプ/リイド社
遺伝子の病気により、人間が完全に動物に生まれ変わってしまうことがあるという世界観。主人公の半田は、ジャイアントパンダになりかけの状態で、同じ変身病を患った人たちの問題に関わっていく。とても優しく、そして寂しいトーンの話なのだが、吹き出しの外の書き文字がいい味を出していると思う。こういうのは『動物のお医者さん』からの伝統か。


・ライドンキング/馬場康誌/講談社
プーチン似の大統領がテロリストに襲われたことをキッカケに異世界へ。かねてより持っていた『騎乗欲』を満たすため、持ち前の格闘技術を駆使してモンスターと戦っていく。出オチになりやすいテーマだけに、どうやってストーリーを展開させていくか。プロレス関係の小ネタも豊富。


・ロジカとラッカセイ/紀ノ目/新潮社
ゆるいキャラクターたちが織りなす、ちょっとブラックなストーリー。1話完結スタイルで、それぞれの話のバリエーションや、オチのつけ方が上手い。ところどころで描かれるブラックな要素もいいアクセントになっている。個人的には、ミセス・グレイスに大仕掛けがあるような気がする。













テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/01/18(金) 17:54:55|
  2. そのほかの漫画
  3. | コメント:0

ヤスミーン 第3巻の感想



暴力動物アナーキズム『ヤスミーン』。完結となる第3巻の感想です。表紙は、チーターさんです。


・第12話 妄走の美食家
トゥリブの案内で、キトのいる洞窟を目指すマルシアス。それを食い止めようと追走するマッド率いるチンパンジー族は、スピードではかなわない。唯一追いつける速さを持っているのはブエナだが、近づけば鋭い爪で追い払われてしまう。意を決したブエナは、正面からぶつかる体勢を取る。ブエナの勇気と、マルシアスの“足を止める”狙いが良かった。そして、バトラーと対峙するバッジオだが、サバンナと違い足場の悪いジャングルの中では、自慢の蹴りを当てることができない。そこに現れた白い悪魔が、戦いのアドバイスをする。

・第13話 本能よ駆けろ
四足歩行で逃げる、白い悪魔とバッジオ。バトラーに追いつかれそうになった時に、バッジオの蹴りが初めてヒットする。軸足が3本になったことで、蹴りの精度が安定。バックキックのラッシュで、バトラーを始末する。いっぽうマルシアスは、トゥリブを取り戻そうとチンパンジーたちを薙ぎ払いながら猛追する。マッドは、トゥリブを殺して口封じすることをブエナに迫るが……。そして、巣穴に到着した白い悪魔が目撃したものは、無数のチンパンジー族の死体と、王族の手に堕ちた我が子の姿だった……。

・第14話 白い暴動
対峙する白い悪魔とマルシアス。73Pからマルシアスが語る、キトを食べることへの偏愛と言える異様な執着 → 白い悪魔がムッサに孕まされ続けるイメージカットの流れが、最高に気持ち悪い。その反動で、狩りをするときはセーブしているスピードを解禁しての、白い悪魔の突撃シーンの爽快感が素晴らしかった。それからマルシアスは、タテガミを巧みに使った格闘術を披露するけど、これって幹部ライオンたちは全員扱えるものだったのかな? 

・第15話 戦いの理由
坂道を転げ落ちるキトをめぐって、全力で駆け下りながらの白い悪魔とマルシアスの、二転三転する攻防が見ごたえ満点。バトラーも使った、木の枝を利用しての槍攻撃がなかなかに厄介。そして、白い悪魔は我が子を守るために、猛スピードのまま岩に激突してしまう。そのピンチに、追いついたバッジオ、マッド、ブエナが抵抗するものの、まったく歯が立たない。そこに、意を決して止めに入ったトゥリブも、あっさりとマルシアスのツメの餌食になってしまう……。

・第16話 呪われた運命
白い悪魔とマルシアスの、最終決戦。タテガミを使った投石攻撃や、ノド元への噛みつき攻撃など、このマンガならではの展開はあるものの、普通にバトルアクションとして見ても十分にレベルの高い攻防だと思う。それから、第13話で自分を殺さなかったトゥリブの疑問に対する、ブエナの返答が良かった。これが、このマンガのテーマのひとつだし、ブエナの大きなモチベーションだからな。

・最終話 命の意味は戦いの中に
スクトゥの森に来る前、白い悪魔は王都に戻っていた。そのとき、ただ追い返した責任を取ってゾンに惨たらしい刑罰が執行される。そのとき、ズタボロになったマルシアスが帰還したことで、ゾンはブエナの活躍を知る。そして、白い悪魔の本名が『ヤスミーン・ラスタム・チーター』と明らかに。ブエナが、バッジオ、マッドとともに旅に出るというところで、終幕。途中、ボノボ族のムペンズイが語るシーンの背景に出てくる動物たちが、仲間に加わってどういう戦い方を見せるのか見てみたかった。キリン、ゾウ、サイ、カバなんかは戦力として計算できるし、ミーアキャットは見張り役として活躍しそう。でも、イボイノシシあたりはどんな役割だったのかな?


第1巻の熱量が凄まじかっただけに、早期の打ち切り終了は残念。次回作に期待したいです。



ヤスミーン 第1巻の感想

ヤスミーン 第2巻の感想



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/03/22(火) 09:54:37|
  2. そのほかの漫画
  3. | コメント:2

ヤスミーン 第2巻の感想



暴力動物アナーキズム『ヤスミーン』第2巻の感想です。表紙は、トムソンガゼルさんです。


・第6話 森の主たち
白い悪魔の住処があるという『スクトゥの森』に足を踏み入れたブエナだったが、すぐに森の大半を縄張りにしているチンパンジー族が仕掛けた罠に捕まってしまう。そこに現れたチンパンジー族の兵士の対応は丁寧な物だったが……。同じく森に到着したマルシアスは「森に火を放つ」と脅し、白い悪魔の捜索を命じる。従わざるを得ないチンパンジー族は、もてなしの品としてウサギを献上する。この巻の主役ともいえるチンパンジー族は、道具を使いこなしたり食事に毒を仕込んだりと、頭を使って行動しているのがイイ。特に槍を投げるための道具が素晴らしいと思う。

・第7話 王族の証
チンパンジー族のボス“悪食”のマッドは、雑食ゆえの自由を唱え徹底抗戦を主張する。いっぽうマルシアスは、この世界は『王族とそれ以外』だとして「自由は我々から享受されるもの」だと言う。毒槍を何本も体に受けながら自ら毒を排出し、不足した血をチンパンジー族の心臓を狙って補給するという、50~51Pの見開きからの流れがアツい。

・第8話 希望の命
マッドたちは一時撤退。森の中でのゲリラ戦に切り替える。部下が、その前祝いとしてブエナを連れてくる。悪食のマッドは、王族がマズイというトムソンガゼルの味に興味を持つが、ブエナは「王族と戦う動物に食べられるのなら」と自らの体を差し出そうとする。その態度を見て気が変わったマッドは、ブエナに協力者を連れてくるように言う。彼が洞窟の奥で世話をしているのは、まさかの白いチーター族の子供……! 名前の通りクレイジーさを前面に出していたマッドが、親のような顔を見せるのが印象的。

・第9話 狂乱の森
マルシアスは、かつてスクトゥの森から追放されたボノボ族を呼び戻し、チンパンジー族に揺さぶりをかける。好戦的なチンパンジー族とはちがい平和主義を掲げるボノボ族は、人間に近いS●Xをする動物。その説明の見開きがこの巻のハイライトと言って間違いない。描かれているのが猿とはいえ、ほとんどR18的な内容。その享楽的な生活風景を見たチンパンジー族の兵士はイライラを募らせ軽率な行動に出てしまい、王族に発見されピンチに陥ってしまう。そこに助っ人として駆けつけたのは、ブエナが連れてきたバッジオ! 豪快な前蹴りが炸裂する!

・第10話 憂鬱のボノボ
王族との戦いの前に、マッドはチーター族の子供『キト』をブエナとバッジオに見せ、自分と白い悪魔の関係を話す。白い悪魔の出産までの流れも大切なところだが、かつて森にいたというヒョウ族は、なぜ忍者のような服装をしているのか?というほうが気になってしまう。 木登りが上手いからって覆面で顔を隠す必要はないだろうに。いっぽうマルシアスは、これまで友好的に接してきたボノボ族が結果を見せないことから、強行な態度をとる。

・第11話 白い宝石
キトを発見したボノボ族の青年・トゥリブに対し、ブエナは自分たちに協力してほしいと言うが、返ってきた答えは「NO」。トゥリブは「どうせ組むなら強い方」と、王族に情報を流す。洞窟に向かうマルシアスを追う形になったブエナたち。バッジオはマルシアスの執事バトラーと1対1に。ということは、マルシアスをマッド&ブエナで食い止めなくてはならなくなるが、そのとき白い悪魔がスクトゥの森に戻ってくるッ! しかし、チーター族の子供がいる(自分だけが、それを食べることができる)と聞いたときのマルシアスの恍惚の表情がなんとも味わい深い。

・ヤスミーン 特別編
ニコニコ静画にて公開された特別編。第0話のような感じで、ライオン族が支配する王国に疑問を持つブエナとゾンが、いっしょに夜空を見上げるという内容なのだが、冒頭のゾンの親の交尾がすべてを持って行った印象。


次巻では、バッジオvsバトラー、白い悪魔vsマルシアスというマッチアップかな。ブエナたちはキトを守り抜くことができるのか?



ヤスミーン 第1巻の感想

ヤスミーン 第3巻の感想





テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/21(水) 21:00:29|
  2. そのほかの漫画
  3. | コメント:2

ヤスミーン 第1巻の感想


ヤスミーン 1 (ヤングジャンプコミックス)ヤスミーン 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2015/02/19)
畑 優以

商品詳細を見る



暴力動物アナーキズム『ヤスミーン』第1巻の感想です。ミラクルジャンプに昨年8月号から連載されているもので、作者の畑優以さんは、これが初単行本になります。
試し読みはコチラから。

・第1話 王族の国
ライオンが絶対的な存在の王族として君臨し、ハイエナを配下に、トムソンガゼルを奴隷として、王国を築いていた。なぜ草食動物のトムソンガゼルが食べられないかというと、かつてあまりにも多く食べ過ぎて不味く感じるようになってしまったから。『美食』を求める王族たちの考えや、自分たちが現在置かれている環境に違和感を持つトムソンガゼルのブエナは、ライオンたちが狩ってきたシマウマの子供たちを逃がそうと考える。ハイエナの中で唯一近い考えを持つゾンの助けを得て、王族の食事場に忍び込んだブエナだが……。18Pのボロボロのシマウマの顔や、58~59Pの食事シーンなど、作者の「これが描きたいんだ!」という熱量がビンビン伝わってくる。

・第2話 白い悪魔
シマウマの子供たちを守ろうと、ライオンたちの前に立つブエナの前に、半年前に死んだと噂されていた通称・白い悪魔が現れる。他の種族が二足歩行に進化するなか四足歩行を貫くことで、速さと身体能力を得たチーター族は、彼女が最後の生き残り。『王族だけを食べる』というポリシーのもと、ライオンたちを手玉に取る。主役はブエナなのだが、この話は白い悪魔無双といった感じ。

・第3話 食聖
王族にとって美食の至高は、チーターの子供。その恨みをはらすために、白い悪魔はライオンのメスだけでなく、オスの喉笛にも噛みつく。そこに現れたのは、王国NO.3のムッサ(肥満ライオン)。友好的な態度と口調で、土下座してまでチーター族を食べつくしてしまったことを謝るが「白い悪魔に種付けして生まれた子供を食べさせてほしい」という提案は、下種の極み。ここまでの流れを見たブエナは、彼女と共に戦うことを決意する。

・第4話 サバンナの洗礼
王国の外に出たブエナとシマウマの子供たちを待ち受けていたのは、厳しいサバンナの洗礼。やっと見つけた水場で、凶悪なジャッカルの群れの襲撃を受けてしまう。ブエナでは歯が立たなかったが、シマウマ族の戦士・バッジオに助けられる。前蹴りでジャッカルをボウリングのように弾き飛ばす姿が、カッコ良すぎる。王族に魂を売ったトムソンガゼルは良く思われていないが、バッジオはブエナを群れに連れて帰る。

・第5話 マルシアス
王族会議。ムッサは、白い悪魔が生きていた責任をマルシアス(長い鬣のイケメンライオン)になすりつけ、改めて生け捕りを命じる。シルエットのライオンがあと三頭いるので、これが幹部で、この上に王と王妃がいるというのが王族上部の構成か。いっぽうブエナは、バッジオから一度白い悪魔と対峙した時の様子と、サバンナで生き残っていくための覚悟を聞かされる。そして、白い悪魔の住処が『スクトゥの森』にあることを教えてもらう。が、そこにはマルシアスの部隊も向かっていた……。あと、シマウマの群れの中にいる一本角のトムソンガゼルの老人・ネグラがどういう存在なのかが気になる。


『ヤスミーン』は、ペルシャ語で『神からの贈り物』という意味があるけど、この作品内で、ソレは何を指すのか…?



ヤスミーン 第2巻の感想

ヤスミーン 第3巻の感想





テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/02/21(土) 19:54:04|
  2. そのほかの漫画
  3. | コメント:1
次のページ