FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/12月はジョジョリオン、ゴールデンカムイ。

いそあそび 第3巻の感想




自給自足な青春デイズ。『いそあそび』最終巻の感想です。




・第11話 ライバル出現! なぞ鍋対決?
前巻ラストからの流れで、カメノテやエビなど大漁のセト。それらの材料を全てブチ込んだ鍋を食べたいという。ここで登場した製紙会社の御曹司・二神ケントが、その『宝楽焼き』を提供しようとするのだが……。画像検索してみたら鯛を筆頭に具だくさんで本当に美味しそう。借りを作りたくないというセトに対して、六郎が作ったミニ版も素晴らしいアイデアだと思う。ただケントは残り話数的に、持ち味を発揮しきれなかったのが残念。

・第12話 突き刺せ! 青春?
釣りでも銛でも相手にされない天敵の魚・チヌに、六郎から借りた装備でセトが挑む。魚突きに関するウンチクもあるのだが、とにかく溺れかけたセトを救出する六郎がカッコよすぎる。飛び込む→セトの重りを外す→チヌにとどめを刺すという、一連の流れがスムーズ過ぎて、そこらへんのヒーローよりも全然頼りになる。51Pの手を取り合うシーンあたりから、なんだかキャラの顔つきが大人びたように見える。

・第13話 ロープでドッキリ?
セトとケントがロープでお楽しみ?と勘違いした六郎は、ひとりで家へ。しかし、2人と珠子は、あるサプライズを企画していた。実際にここまでキレイに成功するかどうかはともかく、見開きはインパクトがあったし77~78Pの4人で波打ち際で遊ぶシーンもとても良かった。でも、ここで主に頑張ったセトや珠子ではなく、ケントにいちばんシンパシーを感じてしまうのが六郎の六郎たるゆえんという感じ。あと六郎の家は、両親が出張ということは漁師や農家じゃなくて会社勤めなんだな。

・第14話 接近中! 台風と2人の距離?
星海町に台風が接近。海が近いこともあり、強い雨風にさらされることに。しかも、ケントと部下たちが船酔い状態でセトの家へ来たことで、六郎と珠子も一緒にお泊りすることに。基本的には恒例のクッキング回なのだが、停電による六郎とセトの急接近により、ラブ方面でも急展開を見せる。98Pでセトのスカートが巻き込まれているのが、細かいながらも見事な演出。もっと長く連載が続いていたら、どういう距離の縮め方をしていたんだろうか?

・第15話 星海町の宝島?
前話で食材を大盤振る舞いしたため、セトの家が食糧難に。くわえてニナ貝の乱獲も明るみになったことから、六郎は秘密の穴場にセトを招待する。しかし、そこは町の言い伝えでは……。この回も六郎の告白?があったりラブい空気が漂う。そして父・軍平が姿を現し風雲急を告げる展開に。でも、トビラの珠子の錨型モーニングスターやセトのハズキルーペパロディなど、小ネタも効いている。

・第16話 さようならセトさん?
大手ゼネコンで業績を上げた軍平は、星海町に化学プラントを造るプロジェクトを立ち上げる。これが成功すれば町は潤い、セトも東京に戻ることができる。しかし、今までのように魚を獲ることはできなくなってしまう……。セトに残ってもらい、かつ父親とも一緒に暮らすことにできる起死回生の案を六郎が思いつき、プレゼン資料をクラスメイト達と徹夜でまとめる。ところどころで触れられているけど、友人たちを掘り下げる話も読んでみたかった。

・最終話 いそあそび
化学プラントの説明会に六郎たちが乱入。自分たちが考えた『いそあそびランド』を提案する。決め手となったのは釣りのオジサン(の正体)による一言だったとはいえ、中学生でこれだけのアイデアをまとめ上げるのはシンプルにスゴイ。ラストの浜辺のシーンは六郎とセトの会話よりも、その前の珠子の強がりのほうが印象に残った。

・描き下ろし
東京に進学した2人の様子。『都会のいそあそび』というネタは、仮に続編があったら期待したいところ。ところで、母親は外国で何をしていたの?






磯遊びの楽しさ、そして村上セトという素晴らしいキャラクターを描き切ったと思います。次回作に大いに期待したいです。











スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/06/09(日) 18:32:45|
  2. 佐藤宏海/いそあそび
  3. | コメント:0

いそあそび 第2巻の感想




元お嬢様の自給自足ライフ。いそあそび第2巻の感想です。




・第5話 獲物へ向かってヨーソロー?
食糧確保の大本命である釣りに、セトが挑戦する。はじめは普通の浮き釣りをするつもりだったが、セトの性格を考慮し六郎が『手釣り』に変更する。はじめの浮き釣りの説明で、他の釣り漫画なんかだと1話使っちゃうケースもあるけど、それを2/3ページくらいにまとめたのはナイスな判断だったと思う。それから六郎は麦わら帽子をかぶり、シャツ+長袖のインナーという服装で釣りキチ三平みたいになっているのに、オマケページでも触れられていないのはちょっと不憫。

・第6話 浜辺の約束?
学校にもすっかり馴染んだセト。2人でいる時間が少なったことにモヤモヤしていた六郎だが、釣りの師匠のオジサンにアドバイスされ行動に出る。このオジサンは、この巻からの登場だけど名前などは判明せず。実は日本有数の金持ちとかで、村上家復権の手助けになったりするパターンかな? それから、この話ではセトはジャージを羽織っているシーンが多いけど、制服を買っていないことを考えると、六郎から借りたままということなのかな? 

・第7話 追憶の畑?
梅雨の時期になり、保存していたワカメの大半にカビが生えてしまう。くわえて貝毒が発生したことで、一気にセトの食糧事情が厳しくなる。六郎の一言で、別荘として使っていた時に野菜を植えていたことを思い出すが……。75Pのびしょ濡れのまま雑草を持つセトは、過去最高のカワイさ数値をたたき出していると思う。あと、回想シーンで母親が初登場。現在何をしているかも気になるところだけど、メガネの家政婦さんも今後登場してくると思う。

・第8話 かわいいモンスター?
街を探訪中のセト。天日干し中のちりめんじゃこを盗み食いする小学生と話しているところを、店のババアに見つかり濡れ衣を着せられることに。罰としてちりめんじゃこの中から異物を取り除く仕事をすることになってしまう。いわゆる『チリメンモンスター』は関連本や専用のサイトがあったり趣味としている人も多いので、セトがあそこまで楽しめるのも納得。『網元 祇園丸』は実在しているようなので、80Pでセトが言っている「おしゃれな かぺーっと」っていう看板も、どこかにあるんだろうな。

・第9話 「賢者の石」大事件?
珠子は、セトのために浜辺でいろんな物を拾っている六郎を目撃し、嫉妬してしまう。しかし、六郎に言わせれば一人で磯遊びをするようになった原因は、珠子(や同地区の女子たち)にあるのだという。よくある男子女子のケンカ的な問題じゃなかったのは、六郎の性格ゆえかな。珠子は、126Pのテレ顔からラストの「とっても素敵です」の落差が良かった。あと、ラストでこの話が第8話と同じ日だったと分かるのはうまい構成だと思う。

・第10話 亀の手はエビの味?
お嬢様時代のアルバムを見る流れで、セトの好物がイセエビと発覚。六郎は奮起してエビを捕まえようとする。しかし、小型のイソスジエビでは物足りないのだと瞬間的に判断し、カメノテに路線変更。前の巻でもあったし、3人での青空クッキングは恒例にしてほしい。そしてラストでは、謎のイケメンが登場。時期的に夏休みも近いだろうから、六郎の恋のライバルとして全面対決することになりそう。




磯ネタのボリュームはそのままに、前巻よりマンガ的な面白さがアップしていると思う。



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/10/08(月) 19:44:14|
  2. 佐藤宏海/いそあそび
  3. | コメント:0

いそあそび 第1巻の感想




瀬戸内の磯で育む青春デイズ『いそあそび』第1巻の感想です。作者の佐藤宏海先生は、これが初連載初単行本ということになります。
試し読みはこちらから。


・プロローグ
good!アフタヌーンの17年7月号に掲載され、その後連載化されるほどの好評価を得た1本。コンビニやファミレスのない田舎町で育った浦島六郎は、海岸で行き倒れていた村上セトと出会う。社長だった父親が失脚したことでビンボー生活を強いられることになったセトに、六郎は持ち前の知識を生かし『ニナ貝』の採り方をレクチャーする。ボーイ・ミーツガール+狩猟グルメという内容だし、画力も高いので面白くないわけがない。

・第1話 ワカメは何色?
セトは大量のワカメを採るが、それは食用に向かないアナアオサだった。というわけで六郎と一緒に本当のワカメを採取する。ワイルドに海に飛び込む姿が、お嬢様らしくなくて良い。その前までセトは水着の上にプロローグで六郎に貸してもらったジャージ(学校の体操服)を羽織っているのだが、ニナ貝に飽きていて、すでに何回か?差し入れしている状況なので、そんな長い日数貸していても問題ないんだろうか?

・第2話 本当の名は?
日用品を買い出しに出たセトは、真珠養殖用の筏にくっついた『ムール貝』を見つける。このときの堤防からジャンプするシーンの解放感が印象的。そこは、六郎の幼馴染である岬珠子の家の物だったので、ゲットした『ムラサキイガイ』(和名)を料理することに。普通に屋外でガスコンロを使って調理し始めるので、なんとなくグルメロケみたいな雰囲気になっているのが面白い。しかし珠子は外見や性格など、セトと正反対にしてきたな。

・第3話 道が消えた?
セトは14歳なので、サバイバル生活に専念するわけにはいかず、六郎らと同じ学校に通うことに。しかし、転校初日なのに学校に現れなかった。担任の先生が間違った道を教えていたことを知った六郎はあることに気づく。しかし、古い道だからって本当に水没することがあるのかな? このあたりは、ちょっとピンとこなかった。この話では六郎らのクラスメイトが多数登場するが、個人的にはバレー部の裏エースと紹介された金髪の子が気になる。

・第4話 村上家の居候?
家の中に侵入してきたヤドカリに振り回されるセト。いつのまにか愛着がわいてきたある朝、カニと残された貝殻を発見する。食べられてしまったと落ち込むセトだったが、六郎は生存の可能性を信じ捜索を行う。プロローグから2話目まではグルメ要素が強かったけど、この話は海洋生物ウンチクが満載で別方面の面白さがあった。これでセトはペット(キャップ君と命名)を作品的にはマスコットをゲットした形に。

・描き下ろし
第1話のその後を描いたオマケ漫画。大量に採れたワカメの処理方法を説明する。そして表面には、謎のエイリアンのような生き物が……。こうしてみると、落ちぶれたとはいっても、セトの服は結構バリエーションがあるんだな。



第2巻では、いよいよ“本命”の釣りに挑戦する!







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/10(火) 19:13:35|
  2. 佐藤宏海/いそあそび
  3. | コメント:0