FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月はトクサツガガガ、スピドメ、天国大魔境、フルット。

スピーシーズドメイン 第11巻の感想




スピーシーズドメイン第11巻の感想です。大機がついに表紙に登場。



・第66話 説明するジンくん
ジンくんが取り替え子の相手(風森家の実の息子)だと知った風森さん。ジンくんが魔法だけでなくエルフ語を流暢に話したのに加え大機のある発言から、メンタルがいっぱいいっぱいになってしまう。これまではどんな展開でもコメディ色が強かったけど、さすがにこの巻はシリアスな空気が強かった。なので、田中&蛍樹の一般人としてのリアクションが救いになる。
Screenshot_2019-10-08-11-41-38.png
風森さんをフォローする土和さん

・第67話 ときめく蛍樹さん
ジンくんにこちらの世界の科学を紹介するために、蛍樹が家電量販店などを案内する。これまで恋愛方面では“ガヤ”の役割が強かったけど、いざ当事者となると赤面連発だし、ジンくんへのアドバイスもフワッフワだし、意外と耐久力(なんの?)が低かった印象。あと、ジンくんはこちらの世界の科学を学ぶための留学ということだけど、他にも何人か来ているのだろうか?

・第68話 向き合う風森さん
屋上前の例の場所で話し合ったことで、少し打ち解けた風森さんとジンくん。そこで、ジンくんの耳がノーマルのままな理由を聞いたことから『実の母』に会いに行くことに。それまでは普通にしていたのに、いざ、という場面になってからの風森さんの動揺具合が見ていて辛すぎる。

・第69話 奮い立つ風森さん
前話の報告を受け、沈痛な面持ちのクリエイティ部のみなさん。しかし、ここでも大機は空気を読まない発言をする。ところが、これで風森さんにスイッチが入り、勢い任せに学校を早退して家に帰り、ジンくんを母親に紹介する。母と息子の対面から、コチラでの名前をもらうシーンが良すぎる。本人も言っているけど、よく弓矢縛りでここまで意味の通ったネーミングができたものだよ。

・第70話 気付いた風森さん
わだかまりが解消されたので、ジンくんから異世界の追加情報が。取り替え子3人が王家の生まれということが判明し、コチラ生まれの亜人種も高貴な血筋なのでは? → 田中だけ一般人じゃね? というヒエラルキーの転落具合が最高だった。そして、第66話での大機の発言を記憶映像で聞き、風森さんは大機への気持ちを自覚する。そのときの想い出見開きシーンで、なぜ蛍樹だけがショタ告白の場面なのか?
Screenshot_2019-10-08-11-42-57.png
田中によじ登る土和さん

・第71話 伝えたい風森さん
風森さんは恵良さんと雪華に事前報告したうえで、大機に告白。赤面からの即時撤退は主人公らしからぬ行動と思ったが、その後の田中と魅重義に『恋とは何か?』を教えてもらうパートが面白かったから、まあいいか。しかしコレ、普通はアンドロイドとかモンスターとかがやるシチュエーションだろうに。そして、ラストではジンくんが何者かに追われるという緊急事態に。いきなり風雲急を告げる展開。



・オマケマンガ
異世界での異世界転生モノ関連のネタが良かった。特に風森さんが世界樹になっちゃうヤツ。


・神と犬と山下のスピーシーズドメイン板
次巻で最終巻ということで、武神がヌイと山下の関係性にケリをつけようとする。山下カッター使わないかな。



ジンくんを追うのは何者なのか? そして風森さんと大機は無事につき合うことができるのか?








スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/10/09(水) 17:48:37|
  2. スピーシーズドメイン
  3. | コメント:0

スピーシーズドメイン 第10巻の感想




ついに2ケタ到達。スピーシーズドメイン第10巻の感想です。表紙の、この少年はいったい……?


・第60話 恵良さんの恋心
風森さん&雪華と、大機&恵良さんのデート。雪華が背伸びしている感じがするので、序盤は大機組のほうがリードしている感じかな(なにが?)。恵良さんの発明品に対するリアクションもいいし。インスタントラーメンを「家系」って言うという勘違いを、オマケ4コマで拾ってくれたのが良かった。

・第61話 風森さんと雪華くん
雪華は、思ったようにデートを運べず。そのまま告白するものの、撃沈してしまう。しかし、ユニコーンの名前が聖闘士に偏っている気がする。いっぽう恵良さんは、大機が特に嫌がる素振りを見せないのをいいことに、やりたい放題に。「もっといけ~!」と思うが、同時に「やりすぎじゃない!?」とも思う。

・第62話 恵良さんと大機くん
恵良さんが、大機に告白。軽く言った1回目の反省を踏まえての、2回目の本気の告白からの流れが最高だったが、大機の返答が……。帰りの電車内での気持ちの乱高下具合が、切なくて何とも言えない。この報告を受けた風森さんの大機株も低下した感じだけど、今後にどう響いてくるか?

・第63話 言及する蛍樹さん
クリエイティ部のみんなで初詣に。おみくじの内容が、今後の展開を暗示していそう。そして、蛍樹がティ部で孤立気味(自分以外で3ペアできているので)なのを気にする描写が。これ、この巻ラストの展開的に、彼がパートナー候補ってことなのかな。あと、この巻では目立った活躍のなかった田中が、ただの『初詣の作法に詳しい人』になっている。
土和 初詣
土和さん、この巻では目立った活躍はナシ。

・第64話 試される羽井さん
ちょくちょく魅重義らの家に泊まりに来ている羽井さん。入浴中に『産卵』するという異常事態に。しかしヒロイン格が卵を産むとは、展開がエクストリーム過ぎる。これまでも月1で卵を産んでいたのか。他作品だと『モンスター娘の日常』くらいか? そこからの公園での魅重義と羽井さんのやり取りは良かったが、ラストで表紙の新キャラ、アルヴール・ジン・アルフェイムくんが登場する。

・第65話 揺れる風森さん
三学期がスタート。ジンくんが、大機らのクラスに転校してくる。彼はエルフで異世界からやって来たのだという。風の魔法を披露し、風森さんと取り替えられた存在だと明かす。異世界の存在が証明されて、取り替え子3人の表情が沈んでいるのが辛い。心のどこかで折り合いをつけていたことのバランスが崩れてしまった感じか。なので、蛍樹のショタコン発覚と月崎の噛ませ犬ムーブが救いになる。


・オマケマンガ
身悶える恵良さんのヤツがいいけど、4コマ目はその角度だと腰が折れちゃわない?


・神と犬と山下のスピーシーズドメイン板
失恋した恵良さんを、温泉で慰める。今回は、あんまり山下に山下感がなかった。





ジンくんの存在が、どんな嵐を巻き起こすのか? そして、蛍樹とのカップリングは?







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/04/08(月) 17:19:58|
  2. スピーシーズドメイン
  3. | コメント:0

スピーシーズドメイン 第9巻の感想




スピーシーズドメイン第9巻の感想です。表紙は風森さんと、赤面する長渡さん。



・第54話 紅川くんと長渡さん
紅川が漢らしく告白。長渡もストレートに返事をする。『クラスのみんなには、まだ隠しておこう』という段階なのに、それを暴露する校内放送への投稿がサイテーだけど、それを受けての長渡の赤面テレテレ具合が可愛かったので問題なし。そして、蛍樹の弟でエルフである雪華が学園祭見物に現れ、強いあこがれを持つ風森さんにアプローチをかけようとするが、そこに大機が登場する。まぁ、このへんは、次巻への布石という感じか。あと、蛍樹がお姉ちゃんしているのが良い。

・第55話 気付いた黒樹さん
ニーズヘッグのリーダー奥田が自分ではなく、土谷さんのことを好きだと知ってしまった黒樹さん。いろいろと気をまわして?告白の場をセッティングする。バカかどうかはともかく、土谷さんも黒樹さんも真っ直ぐな性格なので見ていて気持ちいい。ただ、クリエイティ部でもクラスメイトでもないところでの話に、ちょっと尺を取りすぎかなとも思う。

・第56話 歌う風森さん
後夜祭。第50話で作詞した歌を風森さんが披露する。その内容は、相田さんに向けたもの。その歌詞が、これまでの名場面をバックに紹介されるので、なんだか最終回のような雰囲気に。アニメ化された際には、隕石打ち落としの回が1期の最終回。そして今回が2期の最終回だな。あと、司会の米盛さんに対するイケメンバンドのガチ勢の言葉が、おっかなすぎる。
拍手する土和さん
歌い終わった風森さんに拍手する土和さん

・第57話 驚かせたい大機くん
文化祭で行われた人気投票の結果を受けて、次期四天王に風森・羽井・魅重義・鬼王が内定。大機にも特例として役職が設けられることに。そして、ついに長年の課題であった『風を自由に操る』発明を完成させる。しかし、風森さんのリアクションがお気に召さないようで……。異性への興味云々以前のハードルがトリッキーすぎるんだよな、大機は。
土和さん、むふーっ
「むふーっ」とする土和さん

・第58話 目覚めつつある田中くん
田中&土和回。土和の魅力を理解しようと努力中の田中。腋毛の良さを見出そうとしたり、土和家にお邪魔したりする。そして、大機のスマホを借りて2人で肉を焼こうとするのだが、電源が落ちて屋上から戻れなくなってしまう。その後、びしょ濡れのまま雨宿りすることになるシーンは、少年誌どころか一般誌の限界を越えていたと思う。人外物に定評のあるコミックリュウでも、ここまでのものは載らないだろ。
セクシー土和さん
土和さん、セクシーショット

・第59話 動く恵良さん
冬休み直前。ここで恵良さんが大機をクリスマスイブにデートに誘うという、大勝負に打って出る。風森さんの応援?もあり、無事に2人きりで出かけることになる。そして風森さんは同行を避けるためのアリバイとして雪華と遊びに行くことに。さすがに冬はイベントが多いので話が動くな。あと、女子がみんなセーター着用なのが良かったのですが、羽井さんのコートのボタンは多すぎるような。


・オマケマンガ
牛尾のヤツと血潮&鞍馬のヤツと、かわいい掛け算をする風森さんのヤツが良かったです。

・神と犬と山下のスピーシーズドメイン板
相田さんが召喚され、ヌイの犯行の手助けを強要させられる。山下、パット入れてたのか……。



あと第54話のモブの中に、ハリガネサービスの登場人物たちがいます。これで間白はダークエルフということが確定か。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/10/07(日) 13:37:17|
  2. スピーシーズドメイン
  3. | コメント:0

スピーシーズドメイン 第8巻の感想



スピーシーズドメイン第8巻の感想です。表紙は、風森さんと恵良さん。珍しく強気な表情の風森さんが印象的。




・第48話 週明けの風森さん
体育祭が終わり、素の表情を見せてしまったクラスメイト達と、どう接していけばいいのか悩む風森さん。そこに音無森さんが泊まりに来たり、酒入りチョコを食べたりで睡眠不足に。そこで、気をきかせた音無森さんが風森さんの身体で登校。ひさしぶりの学校生活をハイテンションでエンジョイする。個人的には、ラストで「はい ごっくん」している恵良さんがカワイイ。ここら辺からプッシュが始まっていたんだな。

・第49話 来ちゃった羽井さん
リノンたちの策略により、羽井さんがお泊りすることに。これを受けて魅重義は大機を召喚するという荒業に打って出る。というところから、本当のところ『羽井のことをどう思っているか?』という男子トークに。そして『魅重義の辛い過去』の話へと話題が移っていく。『取り替え子』という根本的な問題だけに、いろいろと根深いモノを抱えているんだな。魅重義と羽井さんの組み合わせは、こういうスピードで仲を深めていくんだな。

・第50話 相田さんと風森さん
文化祭編がスタート。クリエイティ部では、蛍樹発案でバンドをやる事に。全員楽器ができないので、ボーカル決めの作詞コンペが行われる。でも、話の本筋は相田さんの風森さんへの謝罪。最近の何か理由あり気な表情には、こういう理由があったのか。まぁ、でも考えすぎな気がしないでもない。相田さんが真面目過ぎる気も。そして、悪ふざけした男子ィのせいで準備が間に合うかギリギリの状況に。
作詞する土和さん
作詞する土和さん。

・第51話 銭湯の風森さん
壊れた装飾の修復は、意外とあっさりと終了。時間が余ってしまったので、全員で銭湯に行くことに。そして木下や相馬が中心となり、下ネタトークがさく裂する。スピドメ史上屈指のお肌成分も良かったけど、入浴中や風呂上がりにいつもと違う髪形なのも新鮮で良かった。あと、大根カレーの美味しさを「えへんこ!」と力説したり、寝るときに魔女コスを着ている恵良さんがカワイすぎると思う。
入浴中の土和さん
入浴中の土和さん。別チャン掲載時は隠されていた。

・第52話 推したい風森さん
木下主導による、深夜の恋バナ回。とりあえず、長渡と紅川の両想いが確定。ともに文化祭での告白を決意する。そして、話の流れで大機のいいところをプレゼンせざるを得なくなってしまった恵良さんの心境にも変化が……。ハッキリ言って、この巻のMVPは恵良さんに決定だな。ほかにも判明した好みのタイプを相関図をまとめると……
スピドメ 相関図
こんな感じか。

・第53話 どうかした恵良さん
文化祭がスタート。大機らのクラスの出し物は『脱出ゲーム』。これ、結構いいアイディアだと思う。流行りだし、ほかのクラスを回る必要があるから祭り全体を楽しめるし。あと、最後の扉を開ける係を担当しているのが、これまで顔出ししていなかった月泉だよな。外見的な亜人感はなしか。あと、最初に足立が仕切っているのは文化祭担当の委員だからか。設定がしっかりしている。そして、長渡と紅川が一緒に学園祭を回ることに……ッ!
土和さんの衣装
特別な衣装を着る土和さん。


・オマケマンガ
様々な話の幕間ネタが4コマ形式で。吉江さんファッ研入り。妻良、隠れ巨乳。水野で妄想を広げる男子。の3本が良かった。

・神と犬と山下のスピーシーズドメイン板
今回はエルザさんが召喚されるが、本筋は菜月さんとの百合。たぶん、これからは本筋に絡んできにくいだろうから、ここで成就させたわけか。



次巻、紅川の告白は成功するのかッ!?






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/07(土) 19:56:48|
  2. スピーシーズドメイン
  3. | コメント:0

スピーシーズドメイン 第7巻の感想




スピドメ第7巻の感想です。表紙は、風森さんと蛍樹。背表紙も蛍樹。レギュラーメンバーなのに、これまで木下や音無森さんに先を越されていたがついに……。よかったね蛍樹。



・第42話 田中くんは前途多難
前巻ラストでの土和とのデートを受けて、いろいろと思い悩む田中。それでも今まで通りでいようと教室に入ったら……。週末の様子を土和さん本人監修のもと、芝居で再現したりする。観客の男子たちやSNSの書き込みを田中に見せる西原など、ホント、ノリの良いクラスだこと。でも、即興ラップで注目をそらした紅川が個人的なMVPかな。そして、何度もデートのことをリピートしたいという土和のリクエストに応え、記憶読み取り装置で映像化しようとする。ラストで豪快にツッコまれているオルガさんを見ると、6巻の表紙が詐欺のよう。
名場面を見たい土和さん
名場面を見たい土和さん。

・第43話 風森さんと体育祭
この話から『体育祭編』に。冒頭でメインとなるリレーの様子を描きつつ、この話の本筋は誰がどの種目に出場するか決める話し合い。ワイワイとした感じが、ホントに楽しそう。クラスの仲がいいんだな。あと、途中で佐武のことをみんなが「佐竹」と勘違いしていたというネタがあるんだけど、海に行ったときの話で全員が「佐竹」と呼んでいたというのが細かすぎる演出。そして、夏休み明けということで?席替えが行なわれている様子(前話から)。大機、田中、羽井は窓側の前列に固まっていて、蛍樹と風森は廊下側の後ろのほうか。あと、魅重義が左手でチョークを使っているけど、左ききだったのか。

・第44話 思い詰める風森さん
体育祭がスタート。この話は、紅川の100M走と、田中&土和の障害物競走がメイン。まわりくどい勝利宣言から、ゆれる脂肪を前進する力に変換した紅川が、見事に勝利。1位の旗を長渡にプレゼントする。これは、紅川-長渡がつき合うのも時間の問題だな。そして、安定の田中&土和。こちらも1位になるが、田中へのブーイングがキツイ(他の田中姓の方々から)。そして、放送部のレポーターとして百蛇川さんが登場するが、オマケページで彼女がゴルゴンの亜人と判明。流石に石化能力はないだろうけど、なんらかの邪眼系の力は持っていてほしい。
出場する土和さん
出場する土和さん。

・第45話 ロミジュる羽井さん
この話は、魅重義と羽井が出場するオリジナル競技『ロミオとジュリエット』がメイン。前話ラストで登場した鬼王酔姫さんが魅重義を挑発し、羽井さんにもプレッシャーをかけてくる。てっきり恋敵へのライバル心からの行動かと思われたが……。そういうご趣味をお持ちとは。亜人×百合って、どれくらいの需要があるんだろう? レース本番でも魅重義&羽井は、お姫様抱っこからの翼ホールディングというレベルの高さを見せる。早くつき合っちゃえ。あと、意外と四天王候補って多くいるのね。体育祭の活躍度も、選定の参考になるのかな?

・第46話 勝ちたい水野さん
この話は、水泳のメドレーリレーがメイン。体育祭だけど、水泳をするよ。各クラスとも人魚やカッパなど水に強い種族を起用し、勝ちを狙いに行く。セルキーっていうものを初めて知った。名前のトッカリもアザラシのことだしね。そして、レース本番。本命と目される人魚の沙魚川に挑発された水野さんが、これまで隠されていたベールを脱ぐ。『実は人魚でした』だけでも相当のカミングアウトなのに、もう1段階秘密があるとは。読み返してみると、42話で伏線が張られているんだな。

・第47話 走る風森さん
いよいよ、最終種目であるリレーがスタート。開始前に、陸上部の狐狭間さんに挑発された風森さんは、堂々と勝利宣言する。しかし、1位でバトンを受け取ったものの、やはりそれほど足は速くなかった。イメージを守るためにアンカーを買って出たことを悟ったクラスメイト達が、そのときとった行動は……? 42話冒頭部分を見ると、力尽きた大機が倒れながらバトンを渡しているように見えるけど、実は、高速四足走法状態だったとはね。徒競走のときもシューズを禁止されたし、この巻は発明方面ではちょっと物足りなかったかな。あと、野宮がハチマキをネコ耳にしているのが、すごいカワイイ。
優勝した土和さん
優勝した土和さん。

・オマケマンガ
今回は大増量で12ページも。カッパの河上が水野と沙魚川の人魚同士の行為を想像するヤツ、トッカリちゃんの結婚うんぬんのヤツ、ハイタッチを要求する風森母のヤツが良かった。

・神と犬と山下のスピーシーズドメイン板
脱がす方向から、こういう方面に転換するとはね。山下の髪って、こんな感じだっけ?


ラストで、ちょっと意味ありげな表情を見せていた相田さんの心の内が気になるところ。あと、オマケ以外で木下と六川の絡みが一切なかったけど、このあと速攻で別れていたら面白い。













テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/10/07(土) 18:27:22|
  2. スピーシーズドメイン
  3. | コメント:2
次のページ