晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

別冊少年チャンピオン 1月号の感想




別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は、新連載の『ゲッターロボ』です。




・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
新連載巻頭カラー。カラーページでは、ゲッターロボの歴史を振り返る特集記事も。両親の惨殺死体を目撃して以来、他人との接触を避けてきた流竜馬。彼の前に『不進化体』と呼ばれる怪物が姿を現し、クラスメイト達を殺してしまう。なんとか逃げた流の前に姿を現した謎の博士は、ゲッターロボで戦うことをうながす。典型的なヒロインのミチルをいきなりブッ殺すという、インパクト大のスタート。次回は、激しいロボ戦か。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
風森さんが要望していた風を操る……ではなく、未来シミュレーターを大機が完成させる。未来10年分の経験をした風森さんは、すっかり人当たりが丸くなってしまい、ティ部メンバーは戸惑う。そして一番の衝撃は、10年後には田中が死んでいるということ。次回は、未来を変えるための作戦が始まる。なんだか、シュタインズ・ゲートのような展開に。

・レイリ/岩明均&室井大資
落ち武者狩りから逃げるレイリだが、弟の平太はあっさりと殺されてしまう。そして、自分も襲われそうになったところを丹波守に助けられる。家族の首を見たレイリの中で何かが変わり、そこから剣の稽古に邁進し、現在のような強さを手に入れたことが描かれる。ただ、丹波守が115Pで突然現れて、手を出す寸前まで傍観しているように見えるけど、演出ミスかな?

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
京都伏見の“がまんの男”石垣光太郎編のプロローグ。昨年のIHでリタイアした後の状況を、井原と山口に聞く。彼が目指していた『がまんのチーム』とは? 御堂筋が絡んでこざるを得ないだけに、イイ話っぽくするのは難しそう。

・HiGH & LOW/Team HI-AX&細川雅巳
センターカラー。村山とのタイマンをコブラが制して、鬼邪高との因縁にケリをつける。そして、その情報を聞きつけたのは、ホワイト・ラスカルズのロッキー。次はW編というワケか。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
センターカラー。出塁した大生は、例の奇跡の目で投手のモーションを盗み、盗塁を成功させる。さらにライト前のポテンヒットで一気にホームに生還。俊足っぷりをアピールする。しかし、これで上級生に火をつけてしまった様子。ただ、まだ絵が荒れ気味なのが気になる。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
シーズン2最終回。亜種魔法少女がつくねと貴衣のDNAから造られていたこと、過去のパペットマスターはマリアだったこと、姫路が『まじかるパニック』を引き起こした理由など、現代編と未来編をつなぐ様々なことが明らかになる。次回からはファイナル・シーズンに突入とのことです。

・百足/フクイタクミ
センターカラー。巨漢揃いの七番隊と、遠距離攻撃中心の六番隊から同時に攻撃を受ける馬頭丸。しかし、ものともせずに戦い続ける。この話で倒したのは13人。残り四十四人。これまでに一、二、四、七、八番隊が(ほぼ)全滅して、六番隊の約半数が殺られたという状況か。

・みつどもえ/桜井のりお
2本立て。1本目は、ダブルデートでイベントに行くことによって、詩織をSSSから脱落させようとする佐藤。しかし、ふたばの変装をした吉岡は、よく寒くなかったな。2本目は吉岡家での女子会(母親ばかり)に呼ばれたみつばが、サンタに扮した吉岡父に迫る。今回は、片目を星にするブームだったのかな?

・セトウツミ/此元和津也
センターカラー。倍増40P。内海が投手。瀬戸が捕手。打者が馬場で、田中くんが審判をやって野球をするのかと思いきや、それぞれのモノローグが複雑に交錯する展開に。そこにニダイメや瀬戸のオカン、樫村さん、ハツ美ちゃんだけでなく、まさかのハラダ親子の息子のほうまで同じ場所に集まって、オールスター状態に。濃厚な内容。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
カナメたちは、Dゲームの『クリア条件』ついて考察する。そのキーとなりうる可能性の高い『A1ランクプレイヤー』だが、シュエランやシュカですらA4ランク止まりというのが意外だった。あとは、ランキング2位の『ギョクト サクジ』は、今後のキーパーソンか。そして、カナメはイベント『ハンティングゲーム』に(なかば)強制参加することに。今度は、どんな敵が待っているのか?

・サンセットローズ/米原秀幸
キャプテン・グローリーの命令により、リグス・トルムとリザース・テイルは、アルバトロスを離れることに。いっぽうチェリーたちは、故郷のツバイテンゴの港に入る。リリーら、ナイトしか正体を知らないと思われていたフィソステギアだが、チェリーと父親のシャドックとも因縁がある様子。というところで、過去編へ。あの巨大鉄球の正体は何なのか?

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
ハクレイは炎の陣を敷き、祭壇星座の権限を行使。相手から小宇宙を奪っていく。しかし、ゲートガードも自らの命を投げ打つ覚悟で、これに対抗する。その2人の間に割って入ったのは、天秤座の黄金聖闘士だった。童虎の先代(?)なだけに強キャラ臭をプンプンさせている。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
センターカラー。源治は崎島を、鳴海は牧瀬をそれぞれ撃破する。このケンカも、いよいよ大詰めか。しかし、ここまで掲載順が後ろになったのは、初めてだろうな。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
先生が没収したエロ小説の切り抜きを、風邪で休んでいる米田君に返却する役目を任されたゆいか。家を訪ねたゆいかは、肥大化した米田君の息子Bを静めるために切り抜きの朗読をすることになるのだが……。途中まではいつも通りなのに、なんで『大御所が昔描いていたホラー』みたいなオチになっているのか?

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩がサウナで倒れた事件の犯人として、頼子が逮捕されてしまう。今回、語り部役となった刑事って、実は初期から登場しているんだな。



次号から、スペアバイク石垣編が本格スタート。付録にカレンダーがつきます。













スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/12/14(月) 15:45:21|
  2. 別チャン 2015
  3. | コメント:2

別冊少年チャンピオン 12月号の感想




別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『HiGH & LOW』実写キャストの鈴木伸之さん、岩田剛典さんです。ちなみに今号はストーリー系の長期連載作品に、あらすじ説明ページがついています。




・レイリ/岩明均&室井大資
新連載巻頭カラー。一挙2話掲載。時は天正七年。岡部丹波守配下の雑兵では歯が立たないほど、圧倒的な剣の腕前を誇る少女・レイリの鬼気迫る立ち合いの様子が描かれる。そして、2話目では時がさかのぼり、4年前。長篠の戦いで敗走する丹波守を追ってきた落ち武者狩りが、手柄をでっち上げるためにレイリの家に上がりこみ両親を殺す様が描かれる。ここから逃げ延びる過程で、レイリが剣の才能を開花させていったのか? 正直『青き未来』のことが気になっていたけど、そんな不安を払拭するほどの高内容。

・HiGH & LOW/Team HI-AX&細川雅巳
センターカラー。ドラマの情報もあり。チハルは自ら戻り、ケジメをつけようとする。それを知った大和と連絡を受けたコブラは鬼夜高に乗りこむ。次回はトップ対決で『O編』が終わりという感じかな。ノボルは逮捕されたらしいこと、コブラは小学生の先生が「コブラ君」と呼んでいるので、本名らしいことが判明する。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
センターカラー。朝ごはんをしっかりと食べてきた牧瀬は、おにぎりを補給したばかりの鳴海に対し優位に立つ。タックル攻撃からのボディーブローが決まり、かなり優勢な雰囲気。いっぽうの源治は“隣のヤツ”こと崎島浩太に、手痛い一発をもらう。大将vs側近という構図か。

・セトウツミ/此元和津也
『まるで○○の如く甲子園』が開催される。本当に、このネタだけで1話描き切ったのはスゴイと思う。個人的には「まるでデアゴスティーニの如く」が好き。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
小関さんを主人公にした、4コマ特別編。「浜田さんが淹れるコーヒーは、チェーンオイルなのでは?」と思うネタが良かった。次回からは新章だけど、誰が残っているかな?

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
成人になった花山が、組の儀式として1週間の山籠もりをすることに。G・Mを倒した後は、それなりの緊張状態になるかと思っていたけど、意外とのんびり過ごしているんだな。次号は、休載です。

・みつどもえ/桜井のりお
2本立て。1本目は、スーパー銭湯に行くことになり、ふたばに胸部の特殊メイクをしてもらう杉崎。2本目は、海江田先生の下着が行方不明に。お風呂回なので裸とか下着が出まくりだけど、あまりエロスは感じられない。しかし、ひとはが浴衣の上から付けてピッタリって、Aカップどころの騒ぎじゃないな。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
本当の駒とアソ駒を事前にすり替えるというケベスの奇策から、珍法陣によりキングアソ駒を召喚し、ゆいかが勝利する(的確なあらすじ)。助川が解説を入れるたびに、ワケが分からなくなっていくのがスゴイ。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
助っ人に現れたリュウジの活躍で、天笠先生を倒す。スズネの異能は、様々な動物の能力が使えるようで、大きな戦力になりそう。いっぽう、『トリニティ』のテミスと『カネヒラ保険組合』の金平が話し合い。次のイベントで、カナメ排除に動く様子。レーベンズから、カナメひとりだけの参戦というのが気になるな。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
なんとかヴァレリーベのビルから脱出した白金社長は、いったん貴衣&殿ヶ谷が保護するものの、何者かに殺害されてしまう。これは、ふつうに真壁&姫路の犯行か? そして事件から2ヶ月が経過。つくねが『終焉黙示録(オブ・ジ・エンド・カタストロフ)』の切れ端を持っていることを突き止めた真壁は、それを奪うが姫路の裏切りにあってしまう。いちおう悪役は姫路に絞り込まれたけど『悪魔祓人』とか、いろいろと謎をバラまく話だった。

・百足/フクイタクミ
お泉と再会し、いっときの休息を得る馬頭丸。あの年齢でこの状況で気が使えるとは、田彦おそろしい子……ッ! そして夜になり再び七番隊の攻撃を受けた馬頭丸は2人を村に帰らせ、自分の命に代えても百足を止めることを決意する。この話で倒したのは1人。残り五十七人。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
杉ノ森レギュラー陣が登場。さっそく1年vs2・3年の紅白戦が行われることに。8番(ライト)に入った大生は、3回に打順が回ってくる。ボテボテのサードゴロを、持ち前の俊足で内野安打に変えてしまう。今回は、これまでにくらべて背景が簡略化されていたり、絵が荒れていた印象。

・サンセットローズ/米原秀幸
海中に落ちたバグロスを助けようとしたモーちゃんだが、逆に右腕を解放したバグロスによって海上に投げ飛ばされ助けられる。ただ、ハッキリした描写がないので、バグロスはいずれ復活するはず。そして、サンを捕らえたラムナスの船は、謎の巨大球体『巨神雷球フィソステギア』の中へ消える。そして、次に姿を現したのは、街船アルバトロスの前。リザース・テイルとリグス・トルムの2人のナイトがいるとはいえ、かなりの戦力差がありそう。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
海編最終回。蛍樹から田中への告白は、幼少期からからかわれ続けてきた2人のチキンレース的なモノだった。そこから、溺れた羽井さんを魅重義が助けたりする流れを受けて、風森さんが恋愛についてちょっと考える。馬壁は帰り道を気にしていたけど、こういうときに量子テレポートを使えばいいんじゃないかな?(誰の携帯に?)

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
フランキスカの圧倒的なパワーに押されるセージだが、霊魂を使ったワナで逆転に成功。正気を取り戻させることに成功する。そして、今回の主犯と明らかになったゲートガードの攻撃に絶体絶命のピンチに陥ったハクレイを救ったのは、矢座のアルコン。次回は、2人で白銀聖闘士の意地を見せるのか?

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
様々なものとの比較で、物の大きさの感じ方が変わる話。鯨井先輩が着ているシャツは初めて見る気がするから、とっておきのヤツなんだろうな。






次号から、ゲッターロボの新連載が始まります。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/11/13(金) 17:57:35|
  2. 別チャン 2015
  3. | コメント:0

別冊少年チャンピオン 11月号の感想




別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は、新連載の『HiGH & LOW』です。





・HiGH & LOW/Team HI-AX&細川雅巳
新連載巻頭カラー。5つのチームが存在し、微妙な均衡状態を保っているSWORD地区。そのチームのうちのひとつ『山王連合』に所属している大和は、成り行きから『鬼邪高』の千晴を匿うことになり、連れ戻しに来た鬼邪高の面々と一触即発状態に。今月下旬から始まるドラマのコミカライズということなんだけど、表紙以外に情報が載ってないのはいいんだろうか? あと細川先生の作品に、女性キャラが多く登場したのが珍しかった。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
金城編のエピローグ。昨年のIH優勝後、小関さんに報告をする。アニメの3期も決まったし、まだまだ作品の勢いは止まらなそう。

・百足/フクイタクミ
四番隊を(ほぼ)全滅させた馬頭丸。かなり疲労がたまってきたものの、襲い掛かってきた八番隊も(ほぼ)返り討ちにする。そして、崖を飛び越えた先で、お泉と再会を果たす。この話では十三人倒して、残り五十八人。ただ、散黒や芦姫のように殺し損ねたヤツらは、後からどういう役割があるのか?

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
センターカラー。芥と今木は、忍を匿っている施設に潜入するが、あっさりと返り討ちに。どうやら今後は花飼母娘のために動くことになりそう。そして真壁は、ヴァレリーベ社内を外界から隔離し、マリアの体内にある(魔法少女の)核を姫路に移植する。さらに鞘野の拉致られてしまい、かなりピンチな状況に。殿ヶ谷&児上って、かなり不安なコンビだな。

・みつどもえ/桜井のりお
2本立て。1本目は、PS4目当てにハロウィンの仮装大会に出場するふたばと佐藤。2本目は、佐藤の姉がSSSに潜入する。つけられたあだ名の『腐れマゾ眼鏡』がひどすぎる。そして、詩織の策士っぷりがスゴイ。

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
センターカラー。教皇の小宇宙が消えたことを感じたセージとハクレイは、まだ洗脳されていない仲間を探すために聖域に散るが、そこで牡牛座のフランキスカと、牡羊座のゲートガードの襲撃を受ける。特にフランキスカのほうは、牡牛座らしからぬ強キャラ感を漂わせているので、セージとの戦いは楽しみ。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
夏の対抗戦第2幕。佐武は無残に散ったものの、魅重義が『水中呼吸』の発明を希望した理由が明らかになったのが良かった。そして、最終ビーチバレー対決でのインちゃんの活躍により、クリエイティ部が勝利する。最後は『蛍樹がまさか……!?』という感じになっているけど、次回冒頭ではギャグになっているだろ。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
センターカラー。平穏を取り戻したゆいかたちの前に、将棋界のプリンスと持てはやされる霧野恭介が現れる。彼は、対局相手の股間を模した駒を蒐集する変態棋士だった。実は将棋部部長だった助川が敗れたリベンジのため、そして霧野のコレクションを手に入れるため、ゆいかが対局することに。なんか、霧野が正体を現すシーンは、キン肉マンみたいなノリだった(ネプチューンマンがマスク狩りをアピールする的な)。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
やはり、的場はバテてきていた。伊崎がボディブローからのヒザ蹴りで、とどめを刺す。そして次の対戦は、牧瀬vs鳴海となる様子。すぐに決着しちゃいそうだな。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
大生は、体育コースのある私立杉ノ森高校に進学。さっそく野球部の練習に参加するが、そこで先輩部員から『國蔵の三軍』呼ばわりされてしまう。しかし、大生はどこのポジションを守ることになるんだろうな? 俊足を生かすんなら外野なのかな?

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
センターカラー。傘下の組長たちから送られた特殊仕様の装甲車を、花山はパンチ一発で破壊してしまう。『疵面』というよりも『創面』に近い内容。次回から、新章とのことです。

・小五の長い午後/陸井栄史
読み切り。『鳥になりたい』という夢しか見えない友人・将二に、主人公の省吾は厳しい現実を突きつけるが……。将二が進化する386Pの静止感が素晴らしい。あとポリゴン丸出しの堀ちゃんが気になった。

・サンセットローズ/米原秀幸
燃え盛るフィフスホーンズの船、迫る嵐。ナスター・シャムらは、負傷者の救助に当たる。その混乱のさなか、サンはラムナスの手中に堕ちてしまう。そして、マストの最上部に隠されていたしずくの器をチェリーに託したあと海中に落下したバグロスが回想した子供時代で、フィフスホーンズの名前の理由が明らかになるのが良かった。

・セトウツミ/此元和津也
センターカラー。いつもの場所に残された『腐れ刃で二人刺す この後S』という謎のメッセージ。誰が犯人なのか推理する。内海は樫村さんが犯人と考えたけど、いくら電話もメールも拒否されたからって、こんな複雑な暗号のメッセージを樫村さんが作るかな?

・魍魎彼女/斉藤いくみ
読み切り。幼いころから、小動物のSOSを聞きつけることができた主人公の八十は、負傷した白蛇を助ける。ソイツは、魑魅魍魎を束ねる魔人の娘・山本雅の眷属だった。八十は、そのお礼としてお露という女性を彼女として召喚してもらうが……。絵柄とか全体的な構成は悪くないものの、イケメンのクラスメイトの存在意義とか、オチのつけ方とか、連載を意識したような感じなのが、個人的にはマイナスなポイント。

・ゴーストレイト/古川一
読み切り。純粋な怪異(妖怪)は珍しくなったものの、混血の怪人はめずらしくないという世界観。人間の神田は、鬼の混血で友人の宇野の性格が荒っぽくなり、犯罪に手を染めようとしているのを、鎌鼬と雪女の怪人の便利屋・風吹と当真に止めてもらおうとする。アクションパート自体はそれほどでもないが、当真のキャラクターと正体が明らかになる流れが良かった。混血率が強さの目安なのも面白かったし、これで風吹が女だったら、さらにポイントが高いな。

・薬師シュゼル/脇山樹人
読み切り。科学技術とシャーマン的な文化が融合したような世界観。薬師のシュゼルは、モンスターに襲われていた少年・カギを助けたことから、部族の儀式を見ていくことになるが……。『アクション・バンド』のアイディアも良かったし、謎解きの仕方も面白かった。これで読み切り掲載が3回目くらいだと思うので、ボチボチ連載してみてほしい。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
ブロンの隠された過去が明らかに。だから、ナイフを扱えていたわけか。あと、地味に子猫時代の姿がカワイイ。残ったウッドロウの過去は、いつ明らかになるのか?






次号から、岩明均&室井大資の新連載がスタートします。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/12(月) 14:57:07|
  2. 別チャン 2015
  3. | コメント:0

別冊少年チャンピオン 10月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『クローズ ZEROⅡ』から、滝谷源治さんです。





・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
巻頭カラー。入学当初の伊崎とのイザコザを思い出しながら、檄を飛ばす戸梶。それでも、的場の壁は厚いかと思われたがラストの描写を見るに、戸梶の奮闘が効いてスタミナが切れかかっているのか?

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
先月の段階で勝負はついていた様子。レックスがG・Mを撃破したことによって、警察や暴走族やマスコミなど様々な立場の人間の思惑が、花山に向かうことに。次回から新展開とのこと。

・みつどもえ/桜井のりお
センターカラー2本立て。人気投票の結果発表あり。三つ子の上位独占を阻止した、宮下の空気の読めなさ(ちなみに海江田先生は8位でした)。今回は、2本とも運動会で行われる女子のダンスがテーマ。ふつうだったら、1位のみつばにスポットが当たってもいいものなのに、2位のひとはと3位の宮下がメインという形に。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
小関の背中を追い続けていくことを、諦めないと心に誓った金城。最下位から着実に1人ずつ抜いていき、前回からひとつ順位を上げた60位でゴールする。次回は、金城編のエピローグです。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
センターカラー。月めがけて発射された大仏を止めるために、ゆいかの淫宇宙(エロス)を開放する。その影響で反町湖芽賀男が、いったん芽賀美を経て『ソリマチンコ女神』へと転生する。いろいろと超越していて、ついていけない。これで鎌倉編は完結。けっきょく観光はせず。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
プレ連載センターカラー。今回はゲッターロボが、魚のような怪獣?を撃破する様子が描かれています。1月号から正式連載スタートのこと。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
天笠先生にだまし討ちされる形で、Dゲームに引き込まれたスズネ。病気の体をおしての戦闘で、天笠先生に倒されてしまったかに思えたが、謎空間での父親ヒイラギとレインとの会話で、戦う覚悟を決める。ここからスズネの反撃というところで、次号は休載です。

・2年3組すみたん推し!!/大江しんいちろう
読み切り2本立て。『アイドルしか愛せない』でおなじみの高間タカマル君が、地味なクラスメイト橋野住美子に推し変するところから始まるコメディ。想いの量と相手との距離の取り方が、通常のラブコメと違うのが良かった。あと、ちょこちょこアイドルの曲名がセリフにまぎれているな。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
2号連続センターカラー。大生は、甲子園常連の強豪校『國蔵』のセレクションを受けることに。そこで少年時代の友人である藤吉と再会するが、プレー面でも心理面でも大きく差が開いてしまっていた。大生は打撃で非凡な才能を見せつけるものの、結果は不合格。次回で高校入学らしいので、どんな部員が待ち受けているかというところか。

・サンセットローズ/米原秀幸
センターカラー。双剣になったことで早さと手数を増したバグロスの攻撃に、チェリーは防戦一方に追い込まれる。しかし、全てを賭けた『逆転の一矢』が決まり、勝利する。しかし、そこにレンジア三男が操縦する船首に火をつけた船が、フィフスホーンズの船に突っ込んできて大混乱に。ラムナスとオージが不穏な行動を取っているし、文字通り風雲急を告げる展開か。

・HiGH & LOW/Team HI-AX&細川雅巳
プレ連載。『ムゲン』という伝説のチームが、雨宮兄弟に壊滅させられたことにより、統治していた地域が5つに分裂したという説明がされる。次号から、本格連載がスタートです。

・百足/フクイタクミ
センターカラー。馬頭丸は、この話で十一人倒して残り七十一人。ほぼ四番隊を壊滅させた形に。そして、山に響く大声で救出宣言をする。なんか、お泉を狙っているハゲのヤツは、けっこう最後の方まで生き残る気がする。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
真壁の凶行は、白金社長らの知るところとなるが、居場所まではつかめていない。姫路は、男性版として復活したようだが、まだまだ惨たらしい改造が施される様子。マリアの必死の報せを受けた鞘野&殿ヶ谷は救出へ向かえるか? そして、忍は自身の中の悪魔を抑え込むのに必死な様子。みかの母娘に何か考えはあるのか?

・セトウツミ/此元和津也
瀬戸の『最初から否定から入るヤツ』の話を、真っ向から否定してみせる内海。その流れが続いていたところでの、見事なカウンターの切れ味が凄まじかった。『鼻の頂点』は、瀬戸が提唱したほうが正しいと思う。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
センターカラー。海辺を舞台にしての、おヒゲ愛好会vs馬術部のリベンジ戦が行われる。今回は勝敗うんぬんよりも、照れる水野さんや、デブ専が発覚した長渡、棒倒しをする羽井さんなど、それぞれのキャラの描写が良かった。そして、次回はクズすぎる相馬をかばった佐武が、男を見せるのか?

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
冥王軍に寝返った蟹座の黄金聖闘士セージと、祭壇星座のハクレイの激しい戦い。と見せかけ、これはかなり危険な囮作戦だった。これにより、ハーデスの狙いが『黄金聖闘士12人の洗脳』であると明らかに。少なくとも、牡羊座のゲートガードは、すでに冥王軍側に寝返っている様子。誰が味方か分からない状況で、双子はどう戦うのか?

・サクラサクラ/もりしげ
最終回。“正妻”姫城さんから前向きなお許しが出たので、コレットとも関係を結ぶ花坂。そして、学校には、世界中から最後の世代の女の子が転校してくる。いろいろと、設定に関する話もあったけど、この話らしいラストだったと思う。

・奇人ニズム/鈴木優太
読み切り。主人公・南下人津は、校舎裏でクラスメイトの賀多目乃子が、自分の指を弁当として食べているところを目撃する。そして、彼女を奇人専門の病院へと連れて行くことに。テーマから話の展開や、1ページの大ゴマの使い方など、全体の構成力が高かった。特に、賀多目が自分の体を食べて人間ドーナツを始める見開きは、江戸時代の幽霊画のような迫力があった。人津のほうの“秘密”は、冒頭でお金がないと言っていたから『首が回らない』みたいなことなのかな?

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩と白川先生が、やたらと注意が多い映画を観る。前にも、頼子が注意書きに逆らってひどい目にあっていたな。





次号から、Team HI-AX&細川雅巳の新連載が始まるほか、斉藤いくみ、脇山樹人、古川一、陸井栄史の読み切りが載ります。











テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/09/14(月) 21:26:10|
  2. 別チャン 2015
  3. | コメント:0

別冊少年チャンピオン 9月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『弱ペダ SPARE BIKE』から、小関さんです。





・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
巻頭カラー。『ストラップ付きチケットホルダー』が付録に。小関と一緒に走ることのできない自転車に意味はないと考えた金城は、これが最後と決めたレースに出走する。しかし、不安定なメンタルで走っていたために、レースの流れに乗れずにコースアウトしてしまう。そこに駆けつけたメカニックの浜田さんの言葉によって、心に火がつく。最下位から大逆転するパターンか。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
新連載センターカラー。交通事故によって両親を亡くし、両足に大ケガを負ってしまった朝富士大生は、2年のリハビリを経て草野球で復帰戦を戦おうとしていた。長いブランクがあっても『甲子園』を口にする大生に対し、対戦相手の甲子園経験バッテリーは辛辣な言葉を投げかける。大生の強肩・俊足で動体視力に優れているというのは、野球マンガの主人公としては珍しいと思うので、今後に期待したいところ。ただ『母親からもらったブラウン管TVに映る砂嵐を見続けていてら、チャンネルごとの違いが見分けられるほどに動体視力が高まった』という部分は、いまいち共感しづらかった。逆に目が悪くなりそう。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
鈴蘭vs鳳仙の大ゲンカは、まだまだ乱戦模様。そして、的場に伊崎が挑むが、パワー負してしまう。そこに戸梶からの檄が飛ぶ。この2人は1年の時に因縁があった様子。次回は、回想編か。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
CIAのレポートという形式で、現状の説明と主要キャラの紹介をするという構成。エイスのテリトリーを乗っ取ったレーベンズは、シブヤでの勝手なDゲームを禁止。そのおかげで関東でのプレイヤーが減少するが、逆に新規プレーヤーを招待し自ら狩る『養殖』という行為が流行ることに。この毒牙が、ヒイラギの娘・鈴音に伸びる……。やっぱり、父親と同じ植物系の異能かな?

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
前回のデートの様子を、風森さんは羽井さん&蛍樹に、大機は田中に報告する。特に、風森母が娘の恋愛事情や友達関係を聞き出そうとするところが良かった。そして、両陣営に海へのお誘いが届くが、このウラには馬術部残党の策略が働いている様子。っていうか、土和ちゃんがどんな水着を着るのかという問題も……。

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
連載再開センターカラー。老双子編がスタート。ロストキャンバスより20年前。蠍座の黄金聖闘士ザフィリは、冥王軍の動きがあるのに、アテナの誕生を待つだけで動きを見せない聖域に業を煮やし、ポセイドンの復活を画策する。彼を止めるために魚座のルゴニス、獅子座のイリアス、水瓶座のクレスト(思念体)が姿を現すという、豪華な出だし。この一件が前聖戦のときの再現とのことで、その回想に入っていく。いつの聖戦の時に誰が戦っていたのかとか、ちょっとこんがらがりそう。

・セトウツミ/此元和津也
映画のキャストが発表(内海 → 池松壮亮。瀬戸 → 菅田将暉。)。正直、進撃の巨人とかテラフォより、実写化のハードルが高い気がする。本編は、いつもの場所でいつもと違う時間(深夜3時)に話す2人。なんか、ひさしぶりに仲が良い感じだったけど、ビミョーに内海の家に帰りたくない思いみたいなのが垣間見えるのが切ない。

・百足/フクイタクミ
幼少期の馬頭丸の回想によって、百手無双流が自らの身体を武器とするだけでなく、相手の行動を百通り先読みすることに本質があるということが明らかになる。この話では十人倒したので、残り八十二人。しかし、百足の伝令を盗み聞きし馬頭丸が戦っていることを知ったお泉がトキメク → 恋する娘の匂いをかぎ取った大男に捕まる。という最後の流れが素晴らしい。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
激しいバトルが終わり一段落した状態で、今後への様々な情報を小出しにしたつなぎの回かと思いきや、ヴァレリーベの研究職員・真壁が姫路の親であることが発覚。しかも何人かの女性職員を拉致しており、その中のひとり安倍乃マリアが魔法少女ということも明らかになる。382Pは、ひさしぶりに佐藤先生の性癖が炸裂したという感じ。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
センターカラー。レックスのタフさは、鈍さからくるもの。拳はガードされたものの、折れて飛び出た骨がG・Mの身体に突き刺さる。ここから、一気にレックスのターン。地面に叩きつけ、投げつけ、殴りつける。ついに、G・Mの口からギブアップ宣言が? でも、これですんなり終わりはしないだろうな。

・サンセットローズ/米原秀幸
いよいよ、チェリーvsバグロスの大将対決が実現。実力ではバグロスが上回るものの、チェリーは右目のサングラスを吹っ飛ばすことに成功する。すると、バグロスの右腕が肥大化。人間業とは思えないパワーを見せる。さらに、自らの剣を二刀流用に分解し、本気モードに。ただ、しずくの器が消えていたり、一隻だけ戦場に残っている船とか、気になることも多い。

・仇討ち姉妹と仇討ちされる侍/西森茂政
読み切り。7月号以来の登場。今回も、餅々月姉妹が仇討ちの相手を勘違いしまくる。でも、このオチだと再登場はナシか。割と広げやすそうな設定と思っていただけに、ちょっと残念。

・みつどもえ/桜井のりお
2本立て。1本目は、松岡さんに、海に行ったことを隠そうとするひとはたち。2本目は、佐藤家の庭を掘って金魚用の池を作ろうとする。真由美が塀を飛び越える時の躍動感が、印象的。そんなにアグレッシブな人じゃないだろうに。

・サクラサクラ/もりしげ
業を煮やした旧世代は、花坂だけを回収しようとするが、敷島さんと篁らの活躍によりオスプレイを撃退する。そして花坂と姫城さんがアレして花火が打ちあがる。次回は、最終回です。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
まず、トビラで頼朝復活のためのアソコの差込口が、1000本なのか1192本なのかという、作中の矛盾したセリフに対する対応が面白すぎる。そして『大仏危機一髪』が始まろうとするが「どっちが勝っても、大仏は飛び出すんじゃね?」という、ゲームの盲点に國男が気づき、なんやかんやで頼朝と和解する。しかし、記念撮影しようとしていた背後で、北条三姉妹はゲームを続けていた。大仏は発射されるし頼朝は死んじゃうし、かなりピンチな状況に。

・はんまにゅ!/潮里潤
読み切り。蜂谷スズメさんは、美人だが動物の交尾に激しく興味を示す変人として有名だった。同じ生物部の熊井君は、いつも彼女の言動に振り回され、周囲からあらぬ誤解を受けていた。ハムスターの交尾からスズメ先輩も発情してしまい、熊井君の性欲が暴走する流れが良かった。同じ設定で、もう1本読みたい感じ。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩の母校に忍び込もうとする、謎の影の正体は……? 給食費を盗まれた時を小6と仮定すると29、小4でも27歳か。意外とアラサーだったんだな。





次号は、鈴木優太と大江しんいちろうの読み切りが掲載。清水栄一&下口智裕と、Team HI-AX&細川雅巳のプレ連載が始まります。










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/08/13(木) 16:51:10|
  2. 別チャン 2015
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad