晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

岸辺露伴は動かない の感想


岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)
(2013/11/19)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る





『岸部露伴は動かない』が発売されました。
これまで、週刊少年ジャンプなど各誌で発表されてきた『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の登場キャラクター・岸部露伴を主人公とした短編作品が、1冊にまとめられています。通常のジャンプコミックスと同じサイズですので、本棚でジョジョシリーズのとなりに並べても違和感はありません。

・世界観など
読み進めていくうちに気になるのは『これはジョジョ4部の世界なんだろうか? それとも8部の世界なんだろうか?』ということ。それぞれと繋がりがあるようなセリフがあったりキャラが登場しますが、基本的には関係のないパラレルワールドと考えるのがイイと思います。リーゼント頭の高校生が顔を見せないのが、その証拠かと。

・エピソード#16 懺悔室
初出が97年なので、今から16年前に発表された作品。99年に発売された『死刑執行中脱獄進行中』という短編集に収録されているので、これが2度目の単行本化ということに。そのときも、エピソードナンバーは16なので、このサブタイトルで間違いではありません。ある事情で『ピンクダークの少年』の連載を中断しなくてはならなくなった露伴が、取材旅行に訪れたヴェネツィアの教会でうっかり懺悔室の『神父が入る方』に入ってしまったことから、ある男の奇妙な体験を聞く。というもの。やる事は『ポップコーンを放り投げて3回連続で口でキャッチする』というだけなのに、かなり緊迫度の高い駆け引きを含んだバトルになっています。この話では『ヘブンズ・ドアー』は使わず、ただ話を聞くだけで終わります。タイトルの“動かない”というのは『露伴は主人公ではなく、物語のナビゲーターですよという意味』と『死刑執行中~』のあとがきに書かれているので、本来はこういうスタイルの連作を想定していたのかも。

・エピソード#02 六壁坂
初出は08年のジャンプSQ。単行本化よりも先に、トビラ絵がフィギュア化されたりペンになったりした作品。作者も『本当に不気味な話』とコメントに書いてあるように、この単行本のベストエピソードと言っていい高内容。妖怪伝説を取材中の露伴が、ある女性の記憶をヘブンズ・ドアーで読んで知った衝撃の事実。全ての世話を人間にさせ、責任も苦労も何も背負わず『死ぬ時』が幸福の絶頂というのは、得も言われぬ不気味さがあった。でも、露伴が冒頭で編集者に妖怪伝説の取材を続けるためリゾート計画を阻止するため、周りの山6つを買ったら価値が暴落して一文無しになった。というのを告白するインパクトも凄かった。

・エピソード#05 富豪村
12年10月の週刊少年ジャンプに掲載された作品。周囲とは道路一本もつながっていない豪邸ばかりが建つ小さな『村』。住んでいるのは会社の社長やCEOばかり。しかも、みな『25さい』のときにこの村の土地を買い、そこから出世していったという…。露伴は、この村の一員になることを望む女編集者についていくことに。そこでは、厳しい『マナー』の試験があった。ただ、今回は露伴が『動き』すぎていたかなぁという印象。案内の少年を本にしたり、最後にいっぱい食わせたりしないと村から出られないとは言え、もうちょっと傍観者然としてほしかった。いちばん勉強になったマナーは『ティーカップの取っ手に指を突っ込んではいけない』ということ。

・エピソード#06 密漁海岸
先月のジャンプに掲載された最新作。杜王町に住むイタリア人の料理人・トニオ・トラサルディーから、海岸へアワビの“密漁”に同行してほしいと頼まれる露伴。内容的には、2人が海に行って体にくっつくと強い重みを感じて海底に引きずり込まれるアワビと格闘する。というもの。大人の男2人がアワビを獲るだけでマンガとして成立しているのがスゴイと思う。あと、冒頭の露伴の目がドロドロに溶け(たように見え)るシーンは、トニオさんのスタンド『パール・ジャム』の説明が全くないので、ジョジョ第4部を読んだことのない人には、かなりホラーに映ると思う。

・岸部露伴 グッチへ行く
GUCCIのブランド創設90周年&荒木飛呂彦執筆30周年記念作品として、集英社のファッション誌SPURの11年10月号に別冊付録として発表されたものです。このときのSPURは増刷され、その年の雑誌大賞を受賞するほど話題を呼びました。当時はA4サイズオールカラーでしたが、今回はB6モノクロでの収録なので、正直見づらかったです。内容は、祖母の遺品であるグッチのバッグを修理してもらうためにフィレンツェにあるグッチの工房を露伴が訪れるというもの。ただマンガとしてみると、通訳の女性の着替えシーンに3ページ使っているのは、やっぱりおかしいと思う。


『懺悔室』と『密漁海岸』のあいだには、17年の隔たりがあるとはいえ絵柄の変化の違和感もなく、ストーリーのテイストにも統一感がありました。











スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/11/21(木) 12:20:08|
  2. 岸辺露伴など
  3. | コメント:0

SPUR2月号 『徐倫、GUCCIで飛ぶ』


SPUR (シュプール) 2013年 02月号 [雑誌]SPUR (シュプール) 2013年 02月号 [雑誌]
(2012/12/22)
不明

商品詳細を見る


『徐倫、GUCCIで飛ぶ』が別冊付録のSPUR2月号が発売されています。

・表紙
左側に貼られたジッパー型のシールをはがして広げると、中から徐倫のイラストが現れるという驚きのギミックが施されています。中を開けて見てみたいという欲求と、キレイに保存しておきたいというマニア心を同時に刺激する、ニクイ仕掛けとなっております。

・徐倫、GUCCIで飛ぶ
『岸辺露伴 グッチへ行く』以来の、荒木飛呂彦×GUCCI×SPURのコラボ第2弾。母親が死んでしまったので、東京の遠い親戚の行くことになった女子高生の空条徐倫(17さい)が、空港で政府関係者で重要な『生き物』を探しているブチャラティとアバッキオと出会う。という内容。スタンドは出てこないし、徐倫の境遇やブチャラティたちの仕事がちがうので、ジョジョ本編や第7~8部の一巡した世界とも関係のない独立した世界観の物語と考えたほうがいいようです。フルカラー23Pとボリュームたっぷりで、消えた『生き物』をめぐる徐倫とブチャラティたちのやり取りも緊迫感がある。なにより、異なる部のキャラクターが競演しているというだけで、満足度がたっぷりです。あと、ブチャラティがタブレット端末で監視カメラの画像を確認するときのピンク一色で描かれているパートが、なんか好きです。

・GUCCI × 荒木飛呂彦
さらに、来年の1~2月にかけて今回の徐倫のイラストが、世界各都市のグッチ直営店のウィンドウを飾るとのこと。アニバーサリーイヤーが終わっても、まだまだジョジョの勢いは止まりそうにありません。
徐倫



あと、ヴォーグの元編集長・ダイアナ・ヴリーランドさんのタバコを吸っている写真が、超ジョジョっぽい。




  1. 2012/12/25(火) 13:07:11|
  2. 岸辺露伴など
  3. | コメント:0

ジョジョメノン と 岸辺露伴は動かない

JOJOmenon (集英社ムック)JOJOmenon (集英社ムック)
(2012/10/05)
荒木飛呂彦

商品詳細を見る


ジョジョの奇妙な冒険連載記念ムック本『JOJOmenon』が発売されています。

○PART1 HIROHIKO ARAKI
前半は、荒木先生ご自身に注目された内容になっています。

・HIROHIKO ARAKI MEETS クリント・イーストウッド
巻頭を飾るとともに、この本を代表するといっても過言ではない豪華な内容。荒木先生がロサンゼルスにおもむき、映画監督で俳優のクリント・イーストウッド氏と出会います。荒木少年が、父親に連れられて観に行った映画『続 夕陽のガンマン』。そこに登場するイーストウッドの気品ある立ち姿が、承太郎のルーツになっていることから企画されたこの対談。荒木先生が終始ファン目線で質問しているのが面白かったです。特に印象的だったのが荒木先生が立ち姿をほめたことに対し、イーストウッド氏が
「そいうことは知りたくないね(笑)。自分で分析しちゃいけないんだよ。そうじゃなくて、外を見ているべきなんだ。(中略)自分のことは見ない。自意識過剰になるだけだ。」
と答えているのが印象的でした。そして、表紙のイラストを額装したものを贈られたイーストウッド氏が承太郎と同じポーズをとっている1ページが、この本のハイライトと言えるでしょう。ただ、指さしポーズをしているだけなのにオーラがビンビンに感じられます。

・「ジョジョは第4部で終わっていたかもしれない」
史上最長インタビューで語るジョジョの25年。時系列順にふり返る形になっています。気になった部分を箇条書きにしていくと…
連載前 → 最初にできたキャラクターがディオ。ジョナサンの名前の由来がファミレスからというのは間違い。実際に打合せしていたのは『デニーズ』。
第1部 → ジョジョのテーマである『人間賛歌』は、単行本カバー折り返し部分のコメントを書くときの思いつき。
第2部 → エンジンが本格的にかかってきた。気持ちがはやって、早く第3部に行きたくてしかたがなかった。
第3部 → 担当編集に「もう波紋は古い」と言われて考えたのがスタンド。ジャンプは19ページの掲載なのに、ネームを考えるときは常に21ページ。いつも2ページ削る作業をしていた。
第4部 → 重ちーは大好き。すべてのシリーズを通して一番好きなキャラクター。第1~3部はひとつの流れがあって、そこからゆるやかにつながって広がっていったのが第4部。初期の構想から考えると、『ジョジョ』は第4部で終わっていたといえるのかもしれない。
第5部 → エピローグは『ジョジョ』の25年間の歴史の中でも最も印象的なエピソードかもしれない。『ジョジョ』シリーズの神髄が、あそこには表れていると思う。
第6部 → 年齢的にも少年誌で描くのも終わりだと思った。『こち亀』の秋本先生以外はみんな若いマンガ家ばかりなので昔から浮いている感じはあった。
第7部 → 荒野とか草原をずーっと描いていると、精神的にくる。本当に疲れた。早く日本に帰りてぇと思った。
第8部 → 家系図が重要になってくる。家系図を眺めているだけで一晩中ご飯が食べられるくらい面白くなるんじゃないか(笑)
これから → モチはモチ屋じゃないけど、荒木飛呂彦はずっと『ジョジョ』でいんですよ。もう『ジョジョ』しか描かないし、『ジョジョ』しか描けない。

・荒木飛呂彦 ニューヨークへ行く
グッチのクリエイティブ・ディレクターであるフリーダ・ジャンニーニ女史と再会。2013の新作を紹介してもらい、フィレンツェで開かれる『荒木飛呂彦展』のイメージイラストにつながっていきます。それから、ニューヨークの名所探訪。ジョジョの名シーンと重ね合わせて紹介していきます。やっぱりメインは、SBRのゴール地点だったトリニティ教会でしょうか。この地下には、あの遺体が…。

・山口晃・荒木飛呂彦 筆とペンのはなし。
荒木先生と画家の山口晃氏の対談。ジョジョリオンになってハッチング(斜線で影を表現する技法)が多用されていることとか、カラーの色使いがフラットになっていることなど、鋭い指摘をされているのが面白かったです。

・マンガ家の仕事場
荒木先生のアトリエ訪問。三菱の鉛筆を使っているとか、消しゴムはやっぱりMONOなんだとか、細かいところに興奮してしまいます。書棚のなかに多数ある資料のなかで『巫女さん作法入門』っていう本があるけど、これはどのエピソードで使ったんだろう? あとドラゴンボールが全巻そろっているのが、ちょっと意外でした。

・円城塔・荒木飛呂彦「スタンドは、書くことができない」
小説家の円城塔氏との対談。マンガ家と小説家の立場から、どんな本が好きかといったことから創作の悩みまで語られています。『時をかける少女』や『サザエさん』クラスのモノを書かないと母親に認めてもらえない。というあたりが面白かったです。あと荒木先生は「スタンドはマンガでしか描けないような気がしますね」と言ってますけど、何作もノベライズされてますけど…。

○岸辺露伴 グッチへ行く
『SPUR』2011年10月号に掲載されたものの再録です。

○PART2 STAND
後半は『ジョジョの奇妙な冒険』という作品自体に注目した内容です。

・よしもとばなな 小説「ヘブンズ・ドアー」
過去に暗い出来事を抱えながらも結婚を決めた女性が、父の友人のお通夜に参加するために幼き日をすごした『杜王町』を訪れる。この主人公の女性は現実世界にいながら、仙台を『杜王町』と言い換えているので、ちょっと混乱してしまった。あと、挿絵のコラージュがとても良かったです。

・「三角屋根の少女」
このムック本を編集しているのは、モード誌の『SPUR』。ということで、イタリアン・レストランで食事したりポストの前を犬を連れて歩いてみたり、第4部的なシチュエーションとファッションアイテムがコラボ。写真の雰囲気がかなり良いので、こういうイメージで名場面をつなぎ合わせた写真集みたいなものも面白いと思いました。

・「ジョジョ句会」開きました。
千野帽子(日曜文筆家)、長嶋有(作家)、柴崎友香(作家)、堀本裕樹(俳人)、米光一成(ゲームデザイナー)の5名によるジョジョをテーマにした句会の様子。個人的なベストは、
蛙が降るあいだ素数を数えている 
です。あと、下五に『だが断る』が来たときの破壊力の高さの件。

・あの街でJOJOを見たか?―『ジョジョ展inS市杜王町』リポート―
仙台で開催されたジョジョ展の様子を紹介した写真が盛りだくさん。各種イラストよりはブラフォードの剣とか弓と矢のような、この企画のために製作された立体物のほうが興味深かったです。あと、ビンの中にためられた使用済みのペン先が印象的。

・すぐわかる! 女子のためのジョジョ入門 集中講座
ストーリー紹介から、イケメン図鑑、、日常で使えるスタンドなど。ヘブンズ・ドアーで浮気を調べるとか、初心者の女子用の内容。個人的には、いらなかったかなという感じ。

・Wht's REMOTE ROMANCE?
ジョジョ展に現れる謎のスタンド『リモート・ロマンス』の紹介。Rのモチーフの使われ方とか、腕の部分がキーボードのようになっているとか、思いのほかカッコいいビジュアルです。

・付録のステッカー
ジョジョ展のイメージイラストやジョジョ特有の『ドドド』『ズキュウウゥン』『ドガパァーッ』などの擬音がステッカーとして封入されています。


・岸辺露伴は動かない エピソード5富豪村
10月6日発売の週刊少年ジャンプ45号に掲載された読み切り作品。『~動かない』シリーズは、3作目ということになります。周囲とは道路一本もつながっていない豪邸ばかりが建つ小さな『村』。住んでいるのは会社の社長やCEOばかり。しかも、みな『25さい』のときにこの村の土地を買い、そこから出世していったという…。露伴は、この村の一員になることを望む女編集者についていくことに。ただ、今回は露伴が『動き』すぎていたかなぁという印象。案内の少年を本にしたり、最後にいっぱい食わせたりしないと村から出られないとは言え、もうちょっと傍観者然としてほしかった。



  1. 2012/10/09(火) 16:35:58|
  2. 岸辺露伴など
  3. | コメント:2

ウルトラジャンプ  10月号

ウルトラジャンプ 2012年 10月号 [雑誌]ウルトラジャンプ 2012年 10月号 [雑誌]
(2012/09/19)
不明

商品詳細を見る


ウルトラジャンプ10月号が発売されています。

付録の『ジョジョの奇妙な冒険 25周年記念BOOK』の内容は、以下のようになってます。

・A TRIBUTE JOJO
25周年お祝いイラスト。ジョジョシリーズ通算100巻のときはUJ連載陣が中心でしたが、今回は、尾田栄一郎、岸本斉史などWJで連載中の漫画家が中心。個人的には、荒木飛呂彦本人ですら再現するのが不可能になってしまった3部当時のタッチを完全に再現している村田雄一郎の承太郎が、上手いと思いました。そして、10月6日発売のジャンプに『岸辺露伴は動かない』の最新作が掲載されることが決定。これは、見逃せません。

・THE EXHIBITION OF JOJO
ジョジョ展の情報。やっぱり注目は、このイベントのために生み出された専用スタンド『リモートロマンス』でしょうか。ネットワーク上に存在し遠隔操作できる、とか興味をくすぐられまくりです。あと、物販がもの凄く充実している印象。

・THE ANIMATION OF JOJO
10月から始まるアニメの情報。キャラ設定、背景、音楽などが紹介されています。個人的には、シリーズ構成の小林靖子さんのインタビューのなかの「仮に設定とかに矛盾があったとしても、キャラの感情にさえ矛盾がなければ、こちらは全然乗っていけるんですね。」という言葉が印象深かったです。

・JOJO ALL STAR BATTLE
ゲームの情報。承太郎、ジャイロなどのほかに花京院やミスタの参戦も確定。2部のジョセフも登場しますが、3部バージョンも登場するのか? 承太郎は3部、4部、6部で能力に違いがあるのか? というところが気になります。

・VS JOJO
小説の情報。このシリーズは、上遠野浩平、西尾維新、舞城王太郎の3人で終わりらしいけど、不定期でも続けていったら面白いと思う。

・JOJO×SPUR JOJOmenon
10月に発売されるムック本の情報。荒木氏のインタビューの一部が収録されています。しかし『岸辺露伴グッチへ行く』が掲載されたSPURは、雑誌大賞を受賞するほど評価されていたのか。

・THE HISTORY OF JOJO
荒木氏と初代編集者の椛島良介氏の対談。この完全版も収録される最新画集の発売が決定。最新スタンド辞典も同梱されるということなので、第6~7部の名称不明のスタンドにどんな名前がつくのか楽しみ。緑色の赤ちゃんのヤツとか。しかし『JOJO A GO! GO!』から、もう12年経ってしまったのか。



・ジョジョリオン/荒木飛呂彦
単行本の続きが読める!状態の最新話。定助は『まっ黒いライダー』が自分を『追尾固定』していると考え、その発動条件を探ります。しかし「オラオラ」と叫びながら殴っておいて、逆に自分がダメージを負うとは情けない。確かにソフト&ウェットの見た目はパワー系じゃないけども。


ピースメーカー、ユンボルはもちろん、ぎんぎつね、つきロボ、℃りけいあたりも安定している。でも、目次を見て思ったけど掲載作が14本って、少なくないですか?



  1. 2012/09/23(日) 15:20:18|
  2. 岸辺露伴など
  3. | コメント:0

SPUR 10月号 『岸辺露伴 グッチへ行く』

SPUR (シュプール) 2011年 10月号 [雑誌]SPUR (シュプール) 2011年 10月号 [雑誌]
(2011/08/23)
不明

商品詳細を見る


集英社のモード誌、SPURの最新号が発売されました。グッチのブランド創設90周年と荒木飛呂彦執筆30周年記念作品として、オールカラー16ページの読み切り作品『岸辺露伴 グッチへ行く』が別冊付録についています(他に表紙イラストも荒木先生が担当され、2ページのインタビューが収録)。ファッション関連の用語や言い回しに間違いがあるかもしれませんが、ご容赦ください。

・『岸辺露伴 グッチへ行く』の大きさは、ウルトラジャンプよりも大きいA4版で、手元にあるものではムック本とか映画のパンフレットなんかと同じサイズです。露伴がグッチのフィレンツェの工房に乗り込み、祖母(『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』に登場したあの祖母)の形見のバッグを修理してもらおうとするが…。というあらすじ。16ページと短いながらも、通訳の女性の衣装チェンジ(胸からお腹の部分に赤い花をあしらった黒いドレス → シルバーのファーのジャケット → 青いコート)にそれぞれ1ページ使って見せたり、グッチのもの作りへのプライド、ラスト5ページの怒涛の展開など、荒木エッセンスが凝縮された濃い内容になっています。GUCCIとARAKIのコラボはこれで終わらず、9月17日にリニューアルオープンするグッチ新宿にて『岸辺露伴 グッチへ行く』と題したイベントが開催されるそうで、今回の原画や岸辺露伴の等身大フィギア(!)が展示されたりするとのこと。

・今回、初めてモード誌というものを手に取ったわけですが、いちばん驚いたのは表紙をめくったところから目次まで、39ページも広告が続いていたこと。GUCCI、CHANEL、GIORGIO ARMANI、DOLCE&GABBANAなどの一流ブランドの洗練されたイメージの写真がこれでもかと押し寄せてきて『自分たちのブランドがいちばんカッコいいんだ!』という気迫がビンビン伝わってきて圧倒されてしまいました。


↓『岸辺露伴 グッチへ行く』の様子
岸辺露伴、グッチ





テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/08/25(木) 10:16:28|
  2. 岸辺露伴など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad