晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

ヤングキングアワーズ 1月号の感想



ヤングキングアワーズ1月号の感想です。表紙は『超人ロック』。マンガのタッチとはずいぶん違う印象のイラスト。




・鬼を飼う/吉川景都
巻頭カラー。前回の蛭人の事件を四王天が調べているあいだ、留守を任されることになった鷹名と司。そこにネガティブ書生の有村が駆け込んでくる。アリスと協力し、家中に住み着いた『疑々蝗』という奇獣を駆除する。どうやら、これから鷹名は奇獣商としての道を歩んでいくことになる様子。かんたんなことじゃないな。

・超人ロック トリビュート/佐藤マコト
超人ロック50周年記念トリビュート企画第1弾。新撰組の戸田石舟斎が坂本竜馬と知り合い、池田屋事件を経てロックになる(という解釈でいいのかな?)という話。次回は、黒丸先生が登場です。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
まず、北良寛と402が会談。ただ今回は様々なことの確認という段階で、人類と霧のアレコレに関する話は、次回以降という感じ。そして401は、犬吠崎に姿を現す。迎えたのは上陰。こちらは、どういう動きなのか?

・真・一騎当千/塩崎雄二
卑弥呼は伊勢神宮から御神体を盗み出し、天岩戸で何やら儀式を執り行う。天照大御神を復活させようというのか? そして、孫策は失われた力を取り戻すために、熊野の徐福院を目指すことに。孫権は眠ったまま。

・はやめブラストギア/竹山祐右
はやめたちは、静岡へ遠征。“達磨王”藤岡燦太とデストライドすることに。まるまると太った姿で油断してしまったが、ヒルクライムが終わるころには藤岡の身体は脂肪が落ちマッチョへと変貌していた。ただ「重い身体なのでダウンヒルに有利」と言われていたアドバンテージを捨てたようにも思えるけど? それから、ハシラで藤岡を応援したいるようになっているのは、問題ないのか?

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
センターカラー。最低のシチュエーションでの告白だったが、律先輩の返事はOK。そこから、河井荘内(麻弓さんの部屋の前)に移動してのテイク2の告白で、気持ちを確かめ合う。これでつき合うことになったわけだが、人間関係的にも物語的にもどんな変化が起こるのか? あと、律先輩の恋愛相談を聞いて、ドン引きしている椎名がカワイイ。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
師匠が、あるゲームをウニ君に提案する。大学の屋上の縁に立ち、目をつむったままグルグル回る。師匠の声がする方にジャンプする。着地するまでの、ほんのコンマ数秒の間にウニ君は生と死を感じる。そして、最後のジャンプでは……。こう、決定的な差みたいなものが、師匠とウニ君の間にはあるんだよな。

・ますらお 秘本義経記~波弦、屋島~/北崎拓
京都で役職に就き、身動きが取れない義経。それを受けての、頼朝など鎌倉側の動き。平家だけでなく奥州藤原氏も絡んで、複雑なパワーバランスが発生している様子。今回ラストで後姿だけが登場したのは、郷御前か。

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
野分の死因となった間夫の侍・富長長三郎の姿を見つけた左近は、店を飛び出し往来の真ん中で問い詰める。そのときに突き飛ばされ、井戸の角に頭をぶつけてしまうのだが、顔を血に染めたままの啖呵の威勢の良さが最高だった。そして、遅れてやってきた八郎の場の収め方も見事。これで、この2人が急接近ということになるのかな?

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
ミズガルズに突入した少年リュウマは、アインスを討つ。そして、最後の敵は『世界樹』そのものの様子。次回が、最終回です。

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『TAKAMI SAKURAGI』です。喫茶店で泣いています。

・夜鳴きのシィレエヌ/今村陽子
闇の人身売買オークションの捜査に来た、夜烏、レイヴン、ヴァローナと、ククルス。そこで先々代のククルスを模した魔法人形が出品されるが、歌った歌は本物だった。同じ会場には、ガンタレトリオの同期・パヴァーヌもいた。国が絡んでいるようだし、大きな戦いになるか?

・聖骸の魔女/田中ほさな
エゼル&ミュリッタは、アグネスが『不屍者』だと推測するが、ウプスラは幸せな生活を送るニコラのこともあって、認めることができない。しかし、予想通りアグネスは、魔女ストリガの配下だった。食料である生きた人間を手にかけようとしたところを、ウプスラに目撃されてしまう。次回は、辛い戦いになりそう。

・スーパー・カルテジアン・シアター/六道神士
登校中の筥崎君が、道端で死体を発見。そのせいで、ヒットマンに命を狙われることになる。っていうか、治安悪すぎだろ。どこの修羅の国だよ。そして『櫻の園』の黄金の使途さんは、かなり強敵の予感。

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
高柳と次元のオヤジバトルは、美留の車酔い&高柳のガス欠でやや消化不良の幕切れ。後日、あらためて愛華への挑戦を申し込む。でも「ドレイ」宣言した美留の動向のほうが気になる。

・マーチャンダイス/大石まさる
マーチャンダイスの住人・ワンダーのさえない一日を、ライプニッツ視点で追う。その裏で起きていた驚愕の出来事とは……。いつのまにか、マーチャンダイスの住人が増えているけど、朝ご飯を食べている人の中に、透明人間がいるよね?

・ヒダルとヒルダ/鈴木小波
読み切り。4度目の登場。ヒダルが、道に落ちている?キビダンゴをめぐって、犬・猿・キジ・鬼とバトルをくり広げる。ヒルダさんは就職できたのか?

・野球+プラス!/石田敦子
裏方にスポットを当てたコラム記事を任されることになった由右。バッティングピッチャーやスカウトの人に話を聞くが、上手くまとめられない。それでも紙面に掲載されて一歩前進といったところか。日本シリーズは、どういう扱いになるんだろう?

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
ロードバイクデートをしたいと思う彼女だが、彼氏が出不精で乗り気ではない。そこで、小径の折り畳み自転車で玉川上水のサイクリングロード → 輪行 → 大きなクリスマスツリーというデートコースをめぐることに。別に郊外じゃなくてもサイクリングを楽しむことはできるんだな。

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
霊が見えないなら、夢の中で不思議体験すればいいじゃない。ということで、行った後に悪夢を見ると噂のある廃村に向かう。ゲストに今村陽子先生が来たものの、はしゃぐ石黒Pがすべて持っていった印象。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
オーストラリアとの戦闘が終わったものの、ナポレオンは様々なことに頭を悩ませる。いまから後継者を育てるために、まずはジョゼフィーヌと離婚しようとするが……。結局、ダヴーは出てこなかったな。

・ドリフターズ/平野耕太
通常の鉄砲が効かない巨人をあえて懐に入れて、豊久&ドワーフ隊が爆弾&0距離射撃で叩いていく。まずは、信長と光秀の知略戦か。






先月で『それ町』も終了したのでアワーズの感想記事は、これでひと区切りということにしたいと思います。石黒先生の新連載が始まったら、また再開したいと思います。








スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/12/02(金) 18:49:31|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

ヤングキングアワーズ 12月号の感想



ヤングキングアワーズ12月号の感想です。表紙は、これでお別れ?『それでも町は廻っている』から嵐山歩鳥さんです。




・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
巻頭カラー。ということで、群像とイオナの出会いの一端が描かれる。そして、ハシラジマでのアカシと、前回登場した和服メガネのチョウカイとの会話。これで、タカオ型4姉妹が出そろったことになるのか。どうも新章は、霧側中心に描かれることになりそう。

・それでも町は廻っている/石黒正数
最終回。真田たちが、クラスから消えた『誰か』について話し合いをする。というところからの、スカシ気味のオチへの持って行き方が良かった。この脚本は、最終的にはミュージカル研究会から依頼が来るほどレベルの高い物になるわけだし、表紙の歩鳥が赤いリボンということは、ひと時の別れみたいなモノだと思う。ひとまず、連載お疲れ様でした。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
『開けたら死ぬ箱』を開けようとする師匠。しかし、そのために必要な『鍵』を夢の中で拾ってしまったことで、困っているのだという。師匠が言う「鍵の意味」もよく分からないし、もしウニ君が暗示にかかりやすかったら、どうなっていたんだろう?

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
ヤツハがやられたことを受け、少年リュウマは自分が世界を救う存在になることを決意。ミズガルズと神州倭を結びつけるために、まずは武王の首を落とす。次の標的はアインス。目的はともかく、ストーリー的には一気に悪役に。

・聖骸の魔女/田中ほさな
アグネスが自分の母親と受けいられないニコラだったが、幼少期に献身的に看病してくれたことを思い出し、歩み寄る。が、そこから一気にベファーナの王子に祭り上げられてしまう。別行動をとっているエゼル&ミュリッタの行動がカギになるかな。

・ますらお 秘本義経記~波弦、屋島~/北崎拓
連載再開センターカラー。川を挟んで那須与一と対峙中の義経一行。弁慶らが注意を引きつけているあいだに義経が回り込み、1対1の状況に持ち込む。諸々の功績を認められ、京の警護職に就くことになるが、これは、どうやら戦場から義経を遠ざけようとする平家の作戦の様子。しばらくは、かけ引きパートかな。

・夜鳴きのシィレエヌ/今村陽子
姿の見えないハイネを捜す、ミランとウルラ。今回は全体的にコメディテイストが強く面白かった。闇属性3人のところとか、夜烏とヴァローナがレイヴンに謝るところとか。毎回、こういうテイストでも問題ないと思う。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
順調に仲が深まってきたことから、いよいよ告白を考える宇佐だったが、ムードやシチュエーションを優先するあまりタイミングを逃し続けてきた。が、ついに(汚く臭いシチュエーションで)告白することに。でも、気になるのは、律先輩が林&椎名に相談したときにドン引かれた考え方。何を言ったんだろう?

・野球+プラス!/石田敦子
広島優勝の瞬間を、社内で迎えることになった由右。今回は、公式記録員さんと出会ったり『数字』にまつわる話が面白かった。スコアブックのつけ方にも『早稲田』と『慶応』の2種類があるんだな。次回はCSの話かな。日本シリーズ、黒田引退→永久欠番、ドラフトと、シーズンオフもネタには事欠かなさそう。

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『MAKI UMEZAKI』です。マシンガンを片手でブッ放しています。

・鬼を飼う/吉川景都
センターカラー。『人さらいのキツネ』がいるという情報を聞きつけた天久&徳永と夜叉が、青木邸に乗り込んで捜査をする。正体は『蛭人(ツァーレン)』という、大陸産の奇獣だった。この事件には、裏で糸を引いている黒幕がいる様子。四王天らも巻き込んだ計画を考えているようだが、その狙いはなんだ?

・マーチャンダイス/大石まさる
人類が火星移住前に起こった宇宙船の事故。脱出した帝・諒の救命カプセルが300年ぶりに回収され、火星の大地を踏むことに。マチコの遠~い先祖だったり、新住人歓迎話かと思いきや、パートナーのミンミの正体が判明する後半の展開にゾクリとさせられた。読み返すと、いろいろヒントが描かれているんだな。

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
医者である高柳一心の目的は、アスリートとして優秀な愛華の身体を(裸にして)調べることだった。ギリギリのところで良心の呵責にさいなまれた美留が、愛華を連れだす。今度は、次元と一心のバトルになるか?

・スーパー・カルテジアン・シアター/六道神士
生徒会長の薬院さんが登場。さっそく、筥崎君に薬を注入しようとする。今回は大佐野の壊れっぷりと、薬院さんの秘密が素晴らしかった。とりあえず、秘密結社は壊滅させなければならないと思う。

・はやめブラストギア/竹山祐右
諏訪からオーメストグランデの情報を得たはやめは、百草園という激坂ポイントに寄っていくことに。そこで出会った老人ライダーからアドバイスを受ける。しかし、この老人ははやてとつながっている様子。再会したときには、キナ臭いことになりそう。

・真・一騎当千/塩崎雄二
いまだに目を覚まさない孫権は、体の中の水気を使い果たした状態だと判明。それを回復させることができるのは、同じレベルの能力を持つ孫策しかいないのだが、今の彼女は力を失った状態……。回復できる人物を探しに行く感じかな?

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
霊感のある成見香穂先生に霊感アップのアドバイスをもらってから、心霊スポットを巡る。道了堂→八王子トンネル→八王子霊園前の電話ボックスとまわる。今回は筆谷編集長も登場したし、段々とノリがソレミテのころに戻っているような。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
引っ込み思案な性格から、嫌な事を避けて生きてきたヨシコさん。気になる後輩社員の後藤君が自転車通勤を始めたことから、自分もロードバイクを購入する。その名前の『tern』が、戻ると出番のダブルミーニングになっているのが、良かった。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
今回は、ポリーヌが取り持ったナポレオンとマクドナルドの友情の話。戦況は熾烈を極めるけど、情報で名前だけだ出ているダヴーが登場したら、かなり盛り上がりそう。





次号から、超人ロックの50周年記念企画がスタート。鈴木小波の読み切りも載ります。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/10/31(月) 16:03:24|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

ヤングキングアワーズ 11月号の感想



ヤングキングアワーズ11月号の感想です。表紙は、アニメ放送が始まる『ドリフターズ』です。




・マーチャンダイス 異聞/大石まさる
巻頭カラー。新章スタート。マチコとトランプ(とライプニッツ)は宇宙人KAPPAの遺志と技術を受け継ぎ、スキュラに寄生された人の救出活動をしていた。ただ、このスキュラとルクミニが崇拝しているスキュラは別物の可能性が? そして大家さんもハニーバッジャーとして活動している。という内容。しかし、いっしょに暮らしているなら、あの程度の変装を見破れないものかな?

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
野分との最期の別れを済ませた八郎。後日、同じ廓のお夕から体が弱っていたときに間夫に蹴られたのが、本当の死因だということを聞かされる。『長さん』と呼ばれる武家出身の男を、八郎は捜しだす決意をする。そのカギになるのは、野分に可愛がられていた左近という妓。いろいろと今後への布石が打たれた感じ。あと、なんとなくの意味は分かるものの、注釈の欲しい言葉が多かった。

・鬼を飼う/吉川景都
鷹名が水神を封じる集落の生まれで、生贄のために育てられていたことが明らかに。しかも、邸宅の地下に封じられた水神が、実は水の妖怪であることを見抜いた四王天が、司と協力して退治する。さらに、アリスが実は奇獣であることも判明。一気に混沌度が増したし、鷹名がヒロインのようなポジションに。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
『誰もいない森の奥で一本の木が倒れた。その前に置いてある鏡に木が倒れる瞬間は映っていたか?』。師匠からの問いかけに、はじめは直観的に答えるものの、次第に問題の意図の深みにハマっていくウニ君。登場人物もほぼ2人だけだし、シンプルながらも奥深い構成。

・それでも町は廻っている/石黒正数
大災害が予想される台風が丸子町に接近。そのとき、謎の高次元の存在が歩鳥の前に現れ、究極の選択を迫る。この話が第111話『夢幻小説』とリンクしているのは分かる。ラストに『つづく』が無ければ、今回の話がパラレル側の歩鳥を描いたっていうことで納得できるんだけど、そういう感じじゃないみたいだし……。最終回で、どういう結末を迎えるのか?

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
ジンの中に、媒介としているシンシアの意識が流れ込んでくる。そして少年リュウマは、武王と激突。激しく交戦する。しかし、体が成長し髪も伸びたリュウマは、当初とは完全に別人のような外見に。

・聖骸の魔女/田中ほさな
ベファーナは、少し離れた場所に新設されていた。そこは極度な平均化が強制され、わずかでも他人羨ましがらせれば罪という『羨望の街』だった。さっそくとっ捕まったニコラたちは、難癖に近い罪状で拷問を受ける。が、殺されないのは、街の領主がニコラの産みの母だったから。そして、髪を切ったウプスラだけど、女神変成したらどうするんだろう? 顔に巻きつけられないよね?

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『SHOZO IRIE & ERIKA KOTOI』です。雨が降っているんだから、箏井さんは入江さんを傘に入れてあげればいいと思うのです。

・はやめブラストギア/竹山祐右
センターカラー。仮面王の作戦は、炎天下での長期戦。わざとはやめのボトルを落とさせ、体力を消耗させようとする。が、はやめの執念が雨雲を呼び、大逆転勝利する。元プロの仮面王は、風村涼一のことを『ドーピング野郎』と言うが、その真相は……? しかし、すっかり菅・桜乃・琴宮はチーム感が増したな。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
上陰さんは、メンタルモデルの調査を開始。ヤマトはヴァンパイアに協力を頼み、アシガラ&ハグロは硫黄島に下ろされる。そして、ハルナとアタゴがタカオが待つ海洋学院にやって来る。さらに、アカシは群像の体を回収。ハシラジマで待っていたのは、誰だ? ナガラかな? というところで『初章』完結とのこと。次回以降は、どういう展開になるんだ?

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
美留の兄、高柳一心と勝負することになった愛華。しかしパワー志向で、車は金額がすべてと考える一心は愛華の敵ではなかった。が、あきらめが悪く、汚い手を使って愛華を拉致してしまう。ここは、意外と冷静な判断ができると分かった美留が、カギになるかな。

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
宮原先生、宮下先生(ついでに宮尾岳先生)の言うことを無視し、占いを信じて『六郷土手』と『首切り坂』に来たデラさんたち。しかし『ソレミテ』時代と同様、結果は空ぶりに。「南にロケに行けばいい」と言われて、大田区というのは近すぎる気がする。でも、ドライバーなしだと仕方ないのか。

・野球+プラス!/石田敦子
広島優勝決定センターカラー。カープマジック点灯の喜びもそこそこに、ネットの情報にスピードで負けてしまう新聞の良さとは?という本題に。今回は、実際の紙面が生かされてて面白かった。あと『元芸人の記者』って渡辺剛太さんのことか。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
勉強合宿から帰ってきた律先輩だが、高橋君もいっしょなので宇佐は気が気でない。今回は、シロ・麻弓・彩花がモノローグの□枠を自由に使ったメタネタが良かった。律宇佐の恋愛模様もそうだけど“小説家”シロさんも動き出すのか?

・夜鳴きのシィレエヌ/今村陽子
無事にアルデアを救出し、任務を果たした夜烏班。珍しいウルラとミランの連係攻撃が良かった。そして、中盤に登場したパヴァーヌは、目つきが悪いし(←大事)今後は重要人物になりそう。

・スーパー・カルテジアン・シアター/六道神士
筥崎君のゲタ箱にラブレターが。“甘甘女子”花畑銀水さんの告白を、なんとかうまく断ろうとするハルルだったが理性と体が一致しない。しかし、この学校は地下に秘密結社があるのか? なんか大変なことになりそう。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
レンタルサイクルを利用する人のほとんどが、サドルの高さもタイヤの空気圧もチェックしないことに、カルチャーショックを受けるアオバとモリオ。この事実を街の人たちに啓蒙しようとチラシを作る。これは、機会があったら試してみたい。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
ヨハン大公の作戦通り、オーストリア軍に包囲されつつあるナポレオン。今回は、マッセナの息子・プロスベロのエピソードが良かった。

・ドリフターズ/平野耕太
巨人や龍を従えた黒王軍の陣容を見ても、豊久らは戦意を失わない。土方は、スタンド新選組の中に近藤勇らがいないことを嘆く。っていうか、みんな一般隊員なのかな?

・バイポッド/伊藤明弘
不定期連載5話目。自衛隊の基地に向けて移動中。途中にある案内キャラは、ホログラムなんだよね? だったら2体目にカッパを着せられたのは、どういう仕組みなんだ?




次号、それ町が最終回。ますらおが連載再開です。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/10/02(日) 21:08:13|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

ヤングキングアワーズ 10月号の感想




ヤングキングアワーズ10月号の感想です。台風の影響で購入が遅くなりました。表紙は、タカオ、ハルナ、キリシマさんです。




・僕らはみんな河合荘/宮原るり
巻頭カラー。宇佐が3日連続で金縛りにあってしまう。そして、他の河合荘メンバーの外出中に謎の女の子が訪ねてくる……。宇佐&律の仲も順調に深まっているけど、この話がお盆時期で律先輩が塾の合宿に行くという話をしていることから、意外と残り時間は少ないんだな。

・それでも町は廻っている/石黒正数
タッツンがバイトを辞めることにより、シーサイドがメイド喫茶としての営業を終えることに。歩鳥とタッツンが看板を洗う42Pからは、涙をガマンすることができない。次は、静さんの話と予想。

・鬼を飼う/吉川景都
鷹名の里帰りに、司だけでなく四王天とアリスも同行することに。四王天の目的は、奇獣を惹きつけるらしい?鷹名の血を調べること。案の定、両親とは容姿が似ておらず、屋敷の地下には『元・水神』が封印されていた。アリスと四王天のトイレ事情(ウソ)を気にしすぎな、鷹名が面白かった。

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
少年リュウマは、戦いの最中に白皮を操る能力を開花させる。そこに、少女ジン・シンシアが精神的な揺さぶりをかけていく。この激突の行方が、大きく戦況を左右しそう。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
今回は、401vsコンゴウ艦隊を受けての、白鯨とレパルスの感想。そして、横須賀に潜伏中のタカオらの現状確認の会議。402が“お母さん”していたり、このあたりは『ソルティ・ロード』の設定を引き継いだ格好か。そして、402は人類側に何を仕掛けようというのか?

・夜鳴きのシィレエヌ/今村陽子
センターカラー。シィレエヌが敵対する両国に雇われて争っている戦場に、夜烏班が人探しのためにやって来る。が、そこには謎の勢力の思惑が働いている様子。無事に任務をこなせるのか? あと、花鶏に後ろから抱えられているミランがカワイイ。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
引き続き、小説に従い師匠を追跡するウニ君と歩くさん。プレハブ倉庫で、シュレディンガーの猫状態になってしまった師匠を無事に救出できた。と思わせてからの、178P以降が不気味すぎた。

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
引き続き、鎌さんの店でお話し中の八郎と土方。その中で、八郎の最初の相手である野分という妓が病気だという情報を聞く。一度きりの関係のまま、3年の間があいてしまったことを気にかけ、八郎は店を訪れる。そこで出会ったのは……。この人が、奥さん的なことになっていくのかな?

・聖骸の魔女/田中ほさな
新章スタート。ローマの“母親”ヴァレンチナ浄皇から命じられた次の任務地は、ニコラの生まれ故郷であるベファーナ。両親ともども住民全員が皆殺しにされた墓だらけの町で、ニコラは一人の女性と出会う。いっぽうウルスラは墓の中にニコラの母親の名前が見つけられないことを告げる。この意味は……? 今回は、ニコラ自身の強さが試されるな。

・はやめブラストギア/竹山祐右
はやめは、父親との思い出の地であるヤビツ峠に。しかし、そこはカップル限定でデストライドを仕掛け、男が負けたら彼女にサドルなしでヒルクライムさせる(力尽きたらシートポストがお尻にグサリ)という、仮面王のテリトリーだった。菅たちは力づくで脱出しようとするが、思い出の地を汚されたはやめは勝負を受けることに。次回は、怒りのデスロードか。

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
前回登場した高柳美留が、愛華との距離をグイグイ詰めてくる。そしてブルーコメット乗車中の愛華の前に『DARK PHOENIX』という走り屋チームのロゴをつけたR35 GTRから美留が降りてくる。いったい、何が目的なのか?

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『YUKA KIKUSHIMA & TAKAMI SAKURAGI』です。ボウガンで狙っています。あと、となりのページは『COVER GALLERY COLLECTION』と題されて、今号の表紙イラストが収録されているんだけど、これは次回以降も継続されるのかな?

・スーパー・カルテジアン・シアター/六道神士
運転が上手くなった春月は、学校に行くことに。しかし、体育でやり過ぎてしまうお約束の展開に。そのピンチを友人の『スーパー常識人』の、大佐野開に助けてもらう。しかし、授業の片付けの時にハプニングが……。リアル春月の方は、記憶操作されてナントカ共和国に留学しているということになっていたけど、だったら2人ともそうすればよかったのに。

・真・一騎当千/塩崎雄二
今回は、第1話冒頭につながる特別編のような構成。京都で卑弥呼の軍勢にやられ、離ればなれになってしまった陸遜らの様子が描かれる。ママ殿って呼ばれているのは、孫堅ってことでいいの?

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
『どこに行けばおばけが見れるか?』『新メンバーを加えるなら、どんな人物がいいか?』ということを、複数の占い師に聞き、その答えあわせをする。ただ、その途中で石黒Pが遭遇したエレベーターのエピソードが怖い。作中に出てきたとおり、単行本は11月の発売なのかな?

・野球+プラス!/石田敦子
リオ五輪が始まり、甲子園も行われていて、野球もいつも通りシーズンを戦っている。通常の倍以上の忙しさの由右。そして、賢太郎が意識を回復する。これは、今後ストーリーにどういう影響を及ぼすのか? そして、カープがリーグ優勝間違いなしのところまできたけど、物語の中にどんな形で組み込まれるのか?

・マーチャンダイス 異聞/大石まさる
暑くて眠れないメグは、夜にバリバリと仕事をこなし、真昼間から爆睡する。次回は、マーチャンダイス本筋の話に戻るようです。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
気の早い妻が亡くなる前に買った、孫の10歳の誕生プレゼントの自転車。一度は、アオバ自転車店に返品したものの、きちんと持ち主のところに届けられる。シンプルにいい話。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
ヨハン大公到着の前に、勝負を決めてしまおうと急ぐナポレオン。しかし、マッセナが突出したりウジェーヌが中央突破できなかったり、微妙に上手くいかない。この戦況を持ち直す「お言葉」があるのか?







次号『野球+プラス!』がセンターカラーだけど、広島優勝記念回かな?










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/09/04(日) 15:18:46|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

ヤングキングアワーズ 9月号の感想




ヤングキングアワーズ9月号の感想です。表紙は『それ町』。歩鳥のタオルに書かれている英文暗号は……?




・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『YU HIMEHAGI & MAKI UMEZAKI』タイヤとホイールをそれぞれ片手で持っているけど、とっても重いと思います。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
水着の歩鳥の表紙をめくると~、石鹸カッターで殺される馬でした~♪ 本編は、ローバー島からの渡河をめぐる、ナポレオンとカール大公の攻防。ひさしぶりに、ナポレオンの策がハマった感じ。マッセナが脚を折ってしまったけど、ランヌの後を追うようなことにならないことを祈るばかり。

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
前回から引き続き、八郎・土方・鎌さんの男3人トーク。近藤さんが講武所に通うようになるという話のところで、榎本釜次郎が乱入。講武所で軍艦操練の教授をしている榎本は『これからは海の時代だ』と持論を展開する。ラストでは「我々は また会うよ」と言っているけど、戊辰戦争でということか。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
花火大会当日。宇佐―律間の甘酸っぱい空気を全力で阻止しようと、麻弓さんがあらゆる手段を講じる。しかし、上手いこと2人きりになり、そして……。順調に仲を深めてますな。人ごみが歩けない律先輩カワイイ。

・それでも町は廻っている/石黒正数
森秋邸にあった赤い絵の謎が明らかに。そこに、歩鳥最初の事件である『目』の絵を絡めてきたり、ラストの涼ちんの狂気とか、レベルの高い構成。そして、表紙の暗号を解くと『あと4話』とのこと。完結した後、番外編を単行本1冊くらい描いてくれないものか。

・真・一騎当千/塩崎雄二
孫権は、力を暴走させ眠ってしまう。ボコボコにされた因駄羅が刃を向けるが、このピンチに孫策が駆けつける。これで、ひとまず戦いは終了かな。あと、孔明って小さい女の子だったんだ。

・はやめブラストギア/竹山祐右
センターカラー。はやてから、オーメストグランデが『オーメニウム』という新素材を使った、新しいロードバイクのブランド名だと明らかに。はやめの父は、そこのテストライダーだったらしい。という所で、野良デストライドを申し込まれて、詳細はうやむやに。これからは、全国各地に散らばっているという、オーメストグランデのパーツを探す旅が始まるのか。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
まず、ヤマトによって身体と艦を再構築されたヒュウガが、第一巡航艦隊の旗艦になることに。そこにはどんな思惑が? そして、そのムサシ(コトノ?)は、アタゴとともに横須賀に姿を現す。海洋学院で何をしようというのか? それから冒頭で群像と話していたのは、アドミラリティ・コードってことでいいのかな?

・聖骸の魔女/田中ほさな
女神変成したエゼルとアダンテの、ド迫力バトル。そしてニコラは、魔女に堕ちてしまったアマラを殺そうとするが……。一応の目的は達成できたけど、アダンテも含め勝者はいないという感じ。途中で休載もはさんだし、次回から仕切り直しか。

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
危機的状況に身を置き『開いた』あとなら、幽霊を見れるのでは?と考え、バンジージャンプをした後に心霊スポットに向かう。が、結果はいつも通り……。でも、石黒Pのほうは順調に霊感を獲得しつつあるので、デラさんを連れて行かないという鬼の判断をする必要があるのかも……(でも漫画は描く)。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
センターカラー。講義をサボっていたウニ君は、サークルの戸棚の中から不思議な冊子を発見する。それは歩くさんが書いた備忘録で、予知した不吉なことが記されていた。2人は、その内容に従い、連絡の取れなくなった師匠を捜すことに。師匠がどこにいるのか? 誰といるのか? かなりドキドキ感が高い。

・鬼を飼う/吉川景都
粋な女給を目指している竜江さんは、自殺未遂の老人を助けられたことから、人の心を操ることができる『飛倉』という奇獣を譲り受けることに。竜江さん、自殺しようとした金満老人ともども良キャラなので、再登場に期待したい。

・ヒダルとヒルダ/鈴木小波
読み切り。4月号以来3度目の登場で、いつのまにか『シリーズ読み切り』という立場に。今回は履歴書に『趣味・自転車』と書くために しまなみ海道に来たヒルダさんだったが、大雨に降られ心が折れる。そして、ふらりと入ったのは、ネコが店主の不思議な屋台だった。今回は、かなりファンタジー色が強かった印象。あと、ヒルダさんが無職なのに金を持っている理由って何かあったっけ?

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
飛行型白皮の脅威を受けて、一時休戦に。シチハや傘男が負傷してしまうが、ヤツハが能力を使って住民たちを避難させる。それから少年リュウマは、妖刀の力で成長したのか? なんとなくクライマックス感が漂ってきた。

・スーパー・カルテジアン・シアター/六道神士
春月は筥崎君を操縦して学校に行こうとするが、まだ運転に不慣れなので様々なトラブルに巻き込まれてしまう。トイレ → コンビニ強盗 → トラックに轢かれるっていう流れだったけど、もうちょっとハプニング数をしぼっても良かったような。

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
自動車部部長の彩子ちゃんが、ついに免許取得。しかしAT限定だったため、部の車であるチンクチェントを運転することができなかった。というところで、六月教官が、メンテしたブルーコメットに乗って学校にやって来る。エンジンがかかったままの車に乗った彩子ちゃんは……。愛華に近づこうとする高柳美瑠という新キャラも登場したり、愛華周りの女子の整理ができない。

・野球+プラス!/石田敦子
今回は『はみ出し』と呼ばれる欄外のデータ記事を書いたり、広島出張したり、着実にレベルアップという感じ。そして、東京にもカープ担当が置かれるとのこと。いきなり由右が任されることはないだろうけど、そのサポートぐらいにはなれるかな?

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
突然の夕立ちに降られ、雨宿りする田山ヨリコさん。同じ場所に避難してきた男性に『透けブラ』を指摘されてしまう。というところから始まるラブストーリー。男性が乗っていた白い自転車とか、ポンチョとか自転車ネタを絡めてこなかったのが意外。

・マーチャンダイス 異聞/大石まさる
メグさんのもうひとつの顔は、水門の開閉責任者。上手く水量を操作して簡易的なプールを作り、子どもたちの遊び場にする。このシリーズ、本編とリンクしてくるのかな?





ドリフとシィレエヌがお休みでした。次号は河井荘が巻頭カラー。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/08/02(火) 19:20:49|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad