fc2ブログ

記事一覧

ダンジョン飯ワールドガイド 冒険者バイブル完全版 の感想

全冒険者必読の一冊!『ダンジョン飯ワールドガイド 冒険者バイブル』(2021年2月発売)の感想に、完全版のものも書き加えていきます。◆第一章 人物モブを除いたほぼ全ての登場人物の名前・性別・年齢・出身地などが明らかに。ほかに『初めての死因』が書かれているのが、いかにもダンジョン飯といった感じ。・ライオスたち主人公パーティーなので、そこまで目新しい情報はない感じ(マルシルとかのフルネームが明らかになるけど)。...

続きを読む

九井諒子ラクガキ本 デイドリーム・アワー の感想

九井諒子先生がハルタのとじ込み付録だったり、個人サイトに発表していたイラストや未公開マンガなどを一冊にまとめた『デイドリーム・アワー』の感想です。・1 CHAPTER ONE様々な落書きイラストが。トップバッターの「パーティーメンバーとの距離感」のイラストの、ライオスとシュローのヤツが最高。人の迷惑を考えろ。あと、イヌタデとイヅツミの絡みが良かった(026)。本編でも、もっと見たかった。あとは、ドラゴンの着ぐるみ...

続きを読む

ダンジョン飯 第14巻の感想

ダンジョン飯 完結となる第14巻の感想です。楽しそうな食事風景。・第92話 鳥ヤアド(魂)に導かれ、地上に戻ったマルシルたち。迷宮が崩壊寸前という緊迫した場面でも、ヤアドの肉体がガレキが直撃して死んでいたり、マルシルが2回ほど水に流されるといったギャグを挟んでくるスピード感と妥協のなさが素晴らしい。ライオスも人間の身体に戻り無事に生還を果たす。転がるマルシルかわいい・第93話 ファリン ‐1‐地上に戻ったラ...

続きを読む

ダンジョン飯 第13巻の感想

ダンジョン飯 第13巻の感想です。表紙は、逃げるマルシルたち。足元の無数のライオスが不気味。・第86話 翼獅子 ‐1‐正気を取り戻し迷宮の主を辞めようとするマルシルだが、そうは上手くいかない。怒りのフラメラに様々な理由を叩きつけられ、否定されてしまう。そこでライオスが提案した代案は……。概念的な存在と思われた悪魔をプロファイリングするシーンはシビれた。そこから、モンスターたちが合体した巨大翼獅子の見開きは...

続きを読む

ダンジョン飯 第12巻の感想

祝!アニメ化決定! ダンジョン飯 第12巻の感想です。表紙は、迷宮の主となってしまったマルシル。湖のケーキを切り分ける手は……。・第77話 迷宮 -1-第66話で大穴に落とされた、シュロー、リン、フラメラの3人は、オークの群れに捕まっていた。そこに妖精通信で、ライオスが狂乱の魔術師を倒したという報せが入り……。こういう無関係だと思われた人物たちに、共通の知人がいて「え……!?」となるシーンは好き。同じような情報...

続きを読む

ブログ内検索

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

カテゴリー

Amazonオススメ

殺し屋の推し 2 (ハルタコミックス)
大島 琳太郎(著)
¥792(2024/04/01 18:54時点の価格)
ハルタ 2024-APRIL volume 113 (ハルタコミックス)
ハルタ編集部(編集)
¥935(2024/03/15 18:17時点の価格)
天国大魔境(10) (アフタヌーンコミックス)
石黒正数(著)
¥759(2024/02/14 13:26時点の価格)
ダンジョン飯 14巻 (HARTA COMIX)
九井 諒子(著)
¥792(2023/12/15 07:46時点の価格)
転がる姉弟(5) (ヒーローズコミックス ふらっと)
森つぶみ(著)
¥713(2023/12/10 17:07時点の価格)
木曜日のフルット(10) (少年チャンピオン・コミックス)
石黒正数(著)
¥455(2023/12/10 17:10時点の価格)
メガロザリア 2 (青騎士コミックス)
みやま るん(著)
¥809(2023/12/10 17:11時点の価格)