晴耕雨マンガ

2月は『トクサツガガガ』と『はじめアルゴリズム』。

はじめアルゴリズム 第1巻の感想




世界の見え方が変わる数学漫画『はじめアルゴリズム』第1巻の感想です。モーニングで9月から連載開始。作者の三原和人さんは、これが初単行本となります。
試し読みはコチラ


#(1)=(ハジメのはじめ)
数学者の内田豊は故郷の島での講演(大失敗)の帰り、廃校の壁に書かれた不思議な数式を発見する。一般的なものとは違い、絵やおかしな図形が組み込まれたソレを書いたのは、小学5年生の関口ハジメだった。内田の声に耳を貸さず、雲の動きや木の枝の別れ方などを、夢中になって計算し続ける。天才がもう一人の天才と出会って……というのはよくある話の形だけど、それでもココから始まる物語に期待が持てるというのは確か。

#(2)=(海の教室)
一度は内田から逃げ出したハジメだが、追いつかれた浜辺で自分のやってきたことが数学の一部であり、これまで多くの人が作り上げてきた道だということを知る。セリフのなくなる後半の演出は鳥肌もの。モーニング誌上で読んだときに、背筋がゾクゾクしたのを覚えている。ふつう数学っていうのは出された問題を解くものと考えがちだけど、この作品内でハジメや内田がやっているのは、世界の中から疑問を見つけ出し、それを数学の形に落とし込むことなんだな。

#(3)=(委員決めの時間)
実は、学級委員長をしているハジメ。クラスの誰もが委員になりたがらないことを受け、どうやれば手を上げたくなるかを考える。最終的には、委員に決まった人の席がキレイな図形になるように強権を発動したが、この図形の名前とかあるんだろうか? あと放送委員の大泉君は髪形がモジャモジャしているので、某俳優をイメージしてしまう。鈴井君もいるし。そしてハジメの家を訪ねた内田は、自分の住む京都にハジメを連れて行きたい旨を伝える。

#(4)=(楽しい方向)
当然、そんなことを言われても親としては納得ができない。特に、父親のほうが強く反対する。外に出たハジメは、ご近所に住むヒナちゃんのアドバイスを聞く。ヒナちゃんは、アイドルを目指すJCなのだが、展開的にこの巻のみの登場となりそうなのが残念。女っ気のない作品の華だったのに。それから、天然っぽいハジメが4兄弟の長男というのが、なんとなくイイ。

#(5)=(内田の灯)
内田の過去編。数学者として行き詰っていたところに親友から声をかけられ、テレビなどで名声を得ていたこと。そして、それらを全て投げ打ったことが語られる。数学を研究するための心の火は消えてしまったが、ハジメを導くための灯となるという決意の描き方が良い。友人の数学者は描写的に交通事故に遭ったらしいが、死んでしまったと考えていいのだろうか? ある程度ハジメが頭角を現したときに、復讐の鬼と化して登場しそう。

#(6)=(見える世界)
ハジメと母親のエピソード。前話で夜更かしをしたせいで風邪をひいたハジメ。病院に連れた帰りに思い出の場所をめぐりながら、幼い日のことを母親が回想する。ハジメの言動や考え方についていけなかったことを悔いているような描写があるけど、家のラクガキ数式を消さなかっただけでも、十分に優しいと思う。内田が家に来たときも、まずはハジメの意見を聞こうとしたし。「何度でも!」と言って、ハジメを抱きしめるのもイイ。

#(7)=(世界を解くんだ!)
島のみんなとの別れをあっさりと済ませて、ハジメは京都に行くことに。そこで、数学を学ぶ決心をするひとつのキッカケとなった、1歳上の天才少年・手嶋と出会う。この“ライバル”との関係が、今後の話の主軸となっていきそう。それから、表紙にも登場している蝶が気になる。内田とハジメが初めて会ったときや京都に行ってからと、重要と思われる場面で描かれている。単なるモチーフ以上の意味があるのかどうか?



2018年、ブレイク候補の筆頭だと思います。あとは、第2話の『カプレカ数』のような、数学ウンチク要素をもうちょっと増やしてほしい。




スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/11/24(金) 20:36:06|
  2. そのほかの漫画
  3. | コメント:0

少年ラケット 第13巻の感想



少年たちの卓球物語。完結となる『少年ラケット』第13巻の感想です。表紙は、切なさと力強さが同居したイチロー。



・SPIN.105 地上に輝く
久々湊の過去編。見た目などからサイコキャラかと思われたが、実はおばあちゃん思いの優しい性格だと明らかに。青一色の外見にこだわっていた理由も判明する。試合では、シゲがヒジを痛めたのかと気になってしまい、ペースをつかめない。最後もアンラッキーな形で敗戦してしまう。もう少し、じっくりプレー内容を見てみたいキャラだった。そして、次はイチローの出番。

・SPIN.106 美しい男
いよいよ、勝負をかけたシングル4がスタート。序盤は、和久津がレベルの高いプレーを見せ優位に立つ。ここでイチローは左腕を解禁。逆転で、1ゲーム目を先取する。しかし、2ゲーム目開始時にイチローは、左腕に違和感を感じる。プレー途中、33Pの和久津はなんだか不気味さがあって、美形キャラの面影がなくなってしまっている。

・SPIN.107 もう1つのラッキーナンバー
橙山中戦から使い始めた左腕は、急激な負荷に耐えられず。痛みが走った状態でプレーすることを避け、封印することになったイチロー。しかし、ここまで地味に鍛えていた右手首を解放する。第7巻の特訓編は、いろんな伏線が仕込まれていたんだな。でも、いくら必要とはいえ15086回も混ぜたら、納豆の粒が破壊されていそう。そして、プレー中にモノにした右でのチキータを武器に、第2ゲームも取る。でも、和久津的には想定内の様子。

・SPIN.108 水底眩く渦を巻く
和久津が、持ち前の読みの鋭さや打球バリエーションの豊富さを生かして、2ゲームを取り返す。和久津の勝負への執着心に触発され、イチローも必死に食らいついていく。この回は内容的に、激しい読み合いが行なわれていたはずなので、そのところをもうちょっと細かく描いてほしかったが、残り話数的に仕方なかったのか。そして、マッチポイントというタイミングで、イチローは温存してきた左手を再解禁する。

・SPIN.109 運命のふたり
土壇場で解禁した左手の一打で、和久津を振り切りイチローが勝利。森原中が準決勝進出を決める。そして、ヨルゲン&べるべると会ったイチローに過去の記憶が蘇る。イチローの母・小霧も卓球選手であり、べるべる母、ヨルゲン母と一緒にプレーしていたことなどが判明していく。和久津は紫王館ランク戦編から登場していたり、かなりの強キャラ感だったが、これといった見せ場なく敗れてしまったのが残念。

・SPIN.110 輝きのその先へ
イチローの記憶は完全に戻ったとのこと。恵美おばさんや桃西のメンバーに送り出され、いよいよ紫王館との準決勝が始まる。S1は、もちろんイチローvsヨルゲン。ついに、約束を果たすとき。2人の対戦が始まる……。ロッキーvs最上も面白そうな対戦だし、S3にエントリーしている小尾がどんな選手だったかも気になる。

・SPIN.111 約束は再び
最終回。大会が終わり、墓参りに来たイチローとヨルゲン。と、お母さんたち。ジョーとロッキーがダブルスを組むことになっていたり、ヨルゲン母のアレコレとか、描くことができなかった設定をできるだけ描いたという印象。でも、それでもキレイにまとまっていると思う。マンガとしてはここで完結でも、イチローたちの物語はこれからも続いていくということを感じさせられるエンディング。

・少年ラケット 読み切り版
週刊少年チャンピオン13年51号に掲載された、パイロット版。微妙な設定の変更はあるものの、基本的には1話から4話あたりと同じような内容。このころからロッキーやジョーが、しっかりと描かれているのに感心する。あと、わっこがヒロインみたいな立ち位置にいるのがちょっと面白い。



最終巻の背表紙担当キャラが、ねこーぴおんで良かったのかどうか?







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/11/11(土) 16:26:49|
  2. 少年ラケット
  3. | コメント:0

少年ラケット 第12巻の感想




表紙が強豪・藍天大付属がメインで、ほぼ青一色の『少年ラケット』第12巻の感想です。



・SPIN.96 瞬に轟け
ジョーの敗戦を受け、怒りを燃やすロッキー。対戦相手は三ツ木透。第1ゲームは、ロッキーが新サーブ『ノーモーション・レーザービーム』でモノにする。なんとなく、後出しでコースを変えられるという部分は、サッカーのPKを連想してしまった。しかし、第2ゲームでは三ツ木が全く同じサーブを見せる。相手の技をコピーする能力者か。

・SPIN.97 鏡の中の未来
三ツ木はイメージ通りの身体を動かすのが上手いために、相手の真似ができるということを紫王館メンバーが解説する。そして、第2ゲームを三ツ木が取る。しかし、ロッキーの心は折れず。相手の反応速度よりも速く動くことで、現状を打破しようとする。ところで、三ツ木はモノローグで一切漢字を使っていないけど……。

・SPIN.98 透明な感情
ロッキーは、限界を超えた反応で三ツ木のサーブに対抗する。でも今回は、天海監督の三ツ木へのアドバイスが主な内容。選手が納得するためなら、1ゲーム落としてしまっても構わないという考え方か。モノマネをやめ、自分が培ってきた技術でプレーを始めた三ツ木。モノローグで漢字が使われたということは、こっちが本来の性格なんだな。

・SPIN.99 高みへ!
三ツ木は、モノマネを越えたオリジナル技を使いはじめるが、ロッキーはそれにすら高速反応を見せる。この話は、天海監督やセイさんなど外野陣がロッキーのポテンシャルの高さを認めるという内容。作中でも触れられているように、日本にも60年代にも隻腕の選手がいたんだな。現在もポーランドに女子選手がいるようだし、その辺のハンデが少ないスポーツなんだな。

・SPIN.100 ふたりとふたり
記念すべき100話目。S2はロッキーが勝利。試合後の三ツ木との爽やかなやり取りが良かった。が、ここでフィーチャーされるのは藍天大のダブルスのひとり、桐木平麗のイケメンっぷりと女子人気の高さ。対する埋金&鳥飼は、作中屈指の地味コンビ。これまでほとんど注目されなかった2人だけど、ここではじめてスポットがあたることに。

・SPIN.101 日陰に咲く星
どこかで自分たちの限界を把握し、強くなることを諦めていた埋金&鳥飼コンビ。しかし、セイさんの特訓に誘われなかった悔しさや、共通の趣味のアニメ映画を観たことをキッカケに、心境にわずかながら変化が現れる。作中の世界では『卓球アイドルアニメ』みたいなものが流行っているのか。

・SPIN.102 Wの刺激
この話は、タイムアウト中のベンチからの指示が主な内容。特にヒロが「自分とジョーのドライブ相手に打ち合えていた」ことを伝えるシーンがカッコイイ。こういう過去の何気ないシーンを生かすのが、作者は上手いと思う。しかし、2ゲーム目も桐木平&小助川ペアが奪う。後が無くなった状態で、埋金&鳥飼に逆転の秘策はあるのか?

・SPIN.103 Doubles
埋金&鳥飼ペアは、互いを支え合う心の強さを武器に必死に抵抗するものの、ストレート負けを喫してしまう。明暗分かれる160~161ページの見開きが良かった。これで森原中は負けられない状況に追い込まれてしまう。藍天大・桐木平&小助川ペアの強さは、幼稚園時代から積み重ねた過ごした時の長さだと回想されるが、それだと紫王館の笛吹兄弟には勝てないような。

・SPIN.104 青き者たち
S3に出場する“藍天大の青マニア”久々湊は、異様に高い弾道の球を打ったり複雑な回転をかけたりといった、不規則なプレーをするタイプだった。しかし、堅実さが持ち味のシゲは的確にプレーし、2ゲームを連取する。話の本筋としては、疎遠になりかけていたヒロと、再び卓球を通して絆を紡いできたシゲの想い。それを終わらせるわけにはいかないが、台にヒジをぶつけてしまうアクシデントが……!





最終巻となる13巻で、イチローとヨルゲンは、どんな結末を迎えるのか?






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/10/08(日) 18:36:14|
  2. 少年ラケット
  3. | コメント:0

少年ラケット 第11巻の感想



少年ラケット第11巻の感想です。イチローが手からエネルギー弾を出しているみたい。



・SPIN.88 集結
前巻の後半で激闘をくり広げた、ジョーvs泥谷(豪)。熱戦を制したのは……ジョーッ! まずは森原が1勝をモノにする。ヒロやロッキーとハイタッチするときの、充実感のある表情が良い。次の試合は、イチローvs泥谷(朔)。桃田西だけでなく、セイさんや天海監督、恵美おばさんも観戦に集まるなか、イチローの『隠された力』が発揮されることに……!

・SPIN.89 その瞳に映るもの
S2のイチローvs泥谷(朔)がスタート。イチローは、朔のしゃがみ込みサーブへの対応に苦しむ。かと思えば、フォアドライブをキッチリ返したり、プレーが落ち着かない。その原因が、橙山中のユニフォームに描かれた『炎』だということにジョーが気づく。記憶喪失の原因となった火事を思い出してしまうとはいっても、まさかデザインされたモノにまで反応してしまうとは。

・SPIN.90 炎のように揺らめいて
炎がイチローのトラウマになっていることに気がついた森原ベンチ。ヒロからのアドバイスで、泥谷(朔)のユニフォームの模様が見えにくい位置で、サーブを受けることに。ガラ空きとなるバックサイドを気にしたイチローが取った行動は……。しかし、よくぞここまでイチローが『左手でもプレーできる』という設定を隠してきたものだと感心する。炎のトラウマ含め、かなり初期から仕込まれた伏線だったんだな。

・SPIN.91 高まる鼓動~SWITCH~
両手×反転×裏面。イチローが泥谷(朔)を圧倒する。細かく描写されていないけど、やられた方はたまったもんじゃない。朔は、半分パニックになりながらのプレーだったろうな。そして『イチローは記憶を失う前は左利きだった』ということではなく、利き腕はあくまでも右で、幼いころに出会っていたべるべるが『左打ちに矯正していた』というのが正解らしい。だんだんと謎が明かされていっている。

・SPIN.92 追われて負って
べるべるは自分の試合の順番が来てしまったので、ヨルゲンは詳細を聞けず。イチローは、自身の両手戦法にハイテンション状態のまま試合に勝利する。泥谷(朔)は試合に対する取り組み方について、兄とのやり取りはあったものの、もう少し掘り下げてほしかった。あと、102ページ4コマ目の泥谷(朔)がお化けみたい。

・SPIN.93 NEXT
イチローは、泥谷(朔)を撃破。この時点ではまだ森原中の勝利は決まっていないのだが、ビリーたちやセイさんらは完全に「ここの勝利は確定。でも、次の藍天大付属には勝てない」という流れで話をする。まぁ、この話で初登場した和久津以外の部員たちもキャラが立っている感じで強豪感はあるんだけど……。あと、113ページでヨルゲンらを驚かせたイチローの打ち方は、どの辺が凄いんだろう?

・SPIN.94 雲の上に藍天
2回戦を突破した森原中と、藍天大付属との顔合わせ。和久津が海外リーグでの修行経験があると判明したり、源に勝利した選手がいたり、かなりレベルの高いチームの様子。そして監督の天海司(紫王館監督の甥)は、イチローの両手戦法は次の試合では使えないと予言する。あと、イチローはヨルゲンを自分のチームのランチタイムに呼ぶんじゃない。そういうのが嫌な人だっているんだぞ。

・SPIN.95 カントク
セイさんは、あくまで外部のコーチ。ベンチに入れないので、ヒロに電話で作戦を使える。しかし、イチローが言った『おいしくない日』の真意は? そしてオーダーも意見を聞いたものになるが、S1のジョーが瞬殺をくらってしまう。ここまでの描写的にダブルスは勝てないだろうから、ロッキー、シゲ、イチローで3勝しなければならないということに。

・SPIN.0.99 Hellow,World!
少年ラケットと世界卓球のコラボ読み切り(そのまま)。ついに世界卓球の舞台で相見えたヨルゲンvsイチローという夢をヨルゲンが見たところから始まる、前日譚。日本代表に選ばれていたり、カラートビラにも登場していたり、ヒロからの評価も高いし、藍天大のエースは今給黎ってことなのかな?





次巻では、藍天大との激闘がッ!




テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/08/10(木) 17:13:05|
  2. 少年ラケット
  3. | コメント:0

少年ラケット 第10巻の感想



少年ラケット第10巻の感想です。このタイミングで、公式ツイッター公式サイトができました。なにか、メディア展開があるのかな?



・SPIN.79 団結と決意
救護室に付き添うイチロー。そこで、負傷したのが左足首ということ、ヒロがかねてより右ヒザを痛めていたことが判明する。これまで部活をサボっていた理由(と、第1話の入浴シーンの意味)が分かる流れが良かった。ただ「出られるのは、あと1試合」とのこと。紫王館と当たる準決勝まで、勝ち進むことはできるのか?

・SPIN.80 熱血オレンジメン
1回戦で負けた藤元中から、橙山中が全員フットワークに異常な自信を持ったチームだという情報を得る。「どんなボールもフォアに回る」と言っているので、いかに逆を突くかの戦いになるか。そして、S1ジョー・S2イチロー・D埋金&鳥飼・S3ロッキー・S4シゲというオーダーで2回戦に挑むことになるが、試合開始前に橙山中顧問からジョーの出場にクレームがつけられる。

・SPIN.81 情熱のファーストドライブ
橙山中顧問は“西の猛犬”と呼ばれていたころのジョーの過去の行動を持ち出し、出場辞退を迫る。ここでの西澤先生の毅然とした対応の仕方が良かった。第25話でのヒロに対する態度といい、実技面以外で部に貢献している感じ。そして初戦のジョーvs泥谷(豪)。まずはジョーがシュートドライブを決めて、特訓の成果を見せる。

・SPIN.82 決裂のセカンドドライブ
ともにドライブ型のジョーと泥谷(豪)。まずは、相手にドライブを打たせないために、ツッツキやストップを駆使した『台上対決』になる。が、ここで泥谷(豪)が持ち前のフットワークを生かして1本取り返したことにより、今度は激しいドライブの打ち合いに。確実にイチローとやった時よりも成長しているんだけど、なんかジョーは勝ちビジョンが浮かびにくい。

・SPIN.83 脱出のラストドライブ
ドライブの打ち合いが続くが、徐々に泥谷(豪)が点差を広げていく。そして、ここからはフォアで返せないと思われた角度からも、強烈なバックのカウンタードライブを決めて、第1ゲームを先取する。フォアだけでなく、バックからも強烈なドライブを打てるというのは、かなり強力な印象。得意のドライブで後手に回るとなると、ジョーに勝ち目はあるのか?

・SPIN.84 唯まっすぐに二人
回想パートで泥谷(豪)の卓球にかける情熱が明らかになる。顧問の交代を実現させるとか、中学生でここまでの行動力があるというのはなかなかのもの。顧問の戸田先生も、ただのカタブツというワケではなかったんだな。いっぽうジョーにも、この試合に全てをかける覚悟がある。ここまで使っていなかったしゃがみ込みサーブを解禁する。

・SPIN.85 持たざる者だからこそ
ジョーのしゃがみ込みサーブは、効果絶大。第2ゲームを取る。でも、同じくしゃがみ込みサーブを得意とする泥谷(朔)からアドバイスをもらったようだし、まだまだ試合の行方は分からない。横のフットワークに加えて、しゃがみ込みの上下の動きも加わることで、ジョーの脚への負担も大きそう。144~145Pの見開きは、久しぶりにビシッと決まった印象。

・SPIN.86 エースの輝き
泥谷(豪)もすぐに立て直す。第3ゲームはジョーに譲ったが、第4ゲームを取り返しゲームカウントは2-2に。勝負は、最終ゲームにもつれ込むことに。泥谷(豪)が、弟の朔のほうが実力が上と認めながらも、それでも自分がエースであろうとする回想パートが良かった。

・SPIN.87 白く
ジョーvs泥谷(豪)、最終ゲーム。ともに譲らない激しい攻防。森原のベンチでの、イチローらのジョーに対する評価が、なかなか興味深かった。欲を言えば、西原先生の分も欲しかったかな。そして、ゲームの熱量に押されて、周囲も白くなる182ページからのラスト5ページは、かなりの迫力。そして、勝利したのは……?




次巻、イチローがまさかの覚醒を見せるッ!
あと、裏表紙で宮原さんのラケットが紹介されているんだけど、分かる人が見ればコレで戦型が予想できたりするのかな?











テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/05/10(水) 17:13:06|
  2. 少年ラケット
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad