FC2ブログ

晴耕雨マンガ

8月は『ヴィンランド・サガ』と『はじめアルゴリズム』。

ハルタ vol.57の感想




ハルタ第57号の感想です。



・表紙&カバーストーリー
丸山薫先生が担当。猫執事カフェでのアレコレ。本能に従うヤツも、料金体系に入っているのかどうか。

・夕凪に舞え、僕のリボン/黒川裕美
新連載。新体操の大会(中国地区の大会の様子)にエキシビジョンで出場する、羽田凜太郎。彼が新体操を始めるキッカケとなったのは……?ということで、舞台は1984年の広島へ。母親がいないことからイジメられている凜太郎。昔気質の父親にも分かってもらえず家を飛び出す。そのとき、神社の境内で新体操を踊る担任の鮫島先生を目撃する。今の時代でも珍しい男子新体操を、この時代に始めるというのは、なかなか大変そう。隔号連載です。

・鞄工房日記/間間戸淳
新連載。有村歩(あゆむ ♀)は、学校では激しいイジメにあい、親戚をたらい回しにされるというひどい状況。フランスに住む優一という男に引き取られるが、彼もまた物乞いを強制したり犬と同じケージで寝かせたりといった、クズ男だった。たまらず飛び出した歩は、あるカバン店の明かりに吸い込まれる。なにもハルタでここまでやらなくても…というほどの鬱展開。次回から住み込みで働くとしても、言葉も話せないしな……。隔号連載です。

・北北西に曇と往け/入江亜季
第26話。三知嵩は「フレイヤは自分の友人だ」と言って、電話を切ってしまう。そして、慧が最初にあの家に行った時の回想へ。慧が機械と話す能力を持っているなら、弟の三知嵩にも能力があっても不思議ではないか。人の肉体ではなく精神にだけダメージを与える攻撃、って感じかな。

・はなやっこ/原鮎美
第2話。初バイトにいどむ風宇。スミレさんのカワイさにドギマギしてしまう。今回は全編花屋だったけど、適度にヤンキーパートも欲しいところ。

・昴とスーさん/高橋那津子
第13話。実は隠れてタバコを吸っていたスーさん。でも、やっぱり子供の身体には毒なようで、喉を傷めてしまう。『風邪薬を買ってきて』とメールを受け取ってからの、澪の真剣さが良い。

・山を渡る‐三多摩大岳部録‐/空木哲生
第4話。新入部員たちが登山靴の修繕道具を買っているあいだ、先輩たちはロッククライミングにチャレンジする。登山技術もおそらく黒木がトップみたいだから、やっぱり男子部員の存在意義が難しくなるような。

・レキヨミ/柴田康平
第4話。レキが寝た隙に、楽しみにしていた本を読むヨミ。しかし、その内容と現実が上手くリンクし、ホラー映画的な状況に追い込まれてしまう。あのオオカミ、まだ交尾していたのか。

・欅姉妹の四季/大槻一翔
第16話。校内のマラソン大会で、いずみが激走を見せて優勝する。ただ、ここまで限界ギリギリの走りをするモチベーションは何なんだろう? 男子にスポブラ姿を見られても負けたくなかったの?

・燕のはさみ/松本水星
第14話。水島の影響を受け、理論的な理髪をし高級路線を目指す。新規の客が増えたものの、燕の持ち味がなくなってしまい……。今回は燕の表情にバリエーションがあったのが良かった。次回から毎号連載とのこと。

・ヒナまつり/大武政夫
第80話。あくまでも超人拳法を極めたいという夢を叶えるため、ツルツルはマオ&アツシとともに中国へ。しかし、そこで目撃したのは自分たちが仕送りした金で酒池肉林を堪能するシワシワツルツルたちだった。マオが気づいたように、これが未来の出来事につながっていくのか。こんな内輪もめが。

・ダンジョン飯/九井諒子
第47話。狂乱の魔術師・シスルの能力を抑えるためには『有翼の獅子』の力を借りなければならない。という情報を得て、ライオス達は再びダンジョン内に戻る。古代ドワーフの貯水庫でグリフィンの襲撃を受けるが、センシが異様な拒否反応を見せる。なにかトラウマ的な出来事があったのか?

・ミギとダリ/佐野菜見
第12話。一条邸に潜入する2人。ミギがカウンセリングを受けているあいだに、ダリが家内を探索する。しかし、瑛二は催眠術を使えたりただ者ではない感じがプンプン。そこでミギが見た夢を手掛かりに、例のペーズリー柄の壁紙の部屋を見つける。妹の不穏な人形遊びなど、一条家全体が敵ということかな。今回はギャグ要素は控えめ。「おがくずの雨が降るぞ!」くらい。

・ニコラのおゆるり魔界紀行/宮永麻也
第10話。サイモンが手紙を受け取り、急遽ふるさとの町に帰ることに。最近ケガが増えたという、育ての親トビーの秘密を探る。358Pのトビーの涙も良かったが、3人が食卓を囲んで「種族がバラバラだ」と笑うシーンも、すごくホッコリする。

・ふしぎの国のバード/佐々大河
第25話。院内編。マリーズ云々の話は、秋田まで保留にすることに。2人は院内という村で、カヨバシ(小林)という医者に出会う。元漢方医でありながら現在は西洋医学を研究しているという彼に、バードさんは感銘を受ける。カヨバシと秋田まで同行することになるが、次の目的地・湯沢では大火事が起こっていた。医者が仲間になった = 大掛かりな治療が必要になるってことか。

・東京城址女子高生/山田果苗
第8話。「静かなところが好き」という生徒会長の橋本さんを、あえて渋谷に連れ出す。城址探索の素晴らしさを認めさせ、部室(仮)もゲットと順調な流れだが、橋本さんは部員にはなってくれない様子。新入部員だと、どういうタイプが必要かな? 写真撮りまくりの記録係か、SNSに強い情報発信係か。

・ハクメイとミコチ/樫木祐人
第56話。大穴に落ちてしまったセン。運悪く?同じ穴にハクメイとミコチも落ちてきて、3人で脱出のために試行錯誤する。センの目は猫のような特性があるみたいだけど、これは個人的なものなのかな? それとも、ある地方の人はみんな持っているの? あと、ミコチが「穴暮らしのモグラは少ない」って言っていたけど、これは作中世界のことなのか、現実のことなのか気になる。

・バララッシュ/福島聡
第8話。些細なことからでも着想を得て、企画書を出していく山口。アイデアをまとめるために電柱やご神木に抱きつく様子が、なんか面白い。そして、ついに富山さんの眼鏡にかなう1本を書き上げる。一歩、階段を上ったかな。

・傑作のピエタ/真冬麻里
読み切り。大天使ガブリエルは主への供物とするため、友人を失い悲しみに暮れるミケランジェロに彫刻を続けるように促す。ミケランジェロが狂気に捕らわれながら彫刻刀をふるう中盤から、まさかそういう方向に展開していくとは。っていうか、芸術担当の天使が別にいるんじゃないの?

・乙嫁語り/森薫
第48話(通算74話目)。スミス、アリ、タラス、ニコロフスキの旅がスタート。今回はその様子を、淡々と描く。取りあえずの目的地は、アンタリヤという地中海沿岸の町。どういうルートで、アミルたちのところに戻るんだろう?

・キツネと熊の王冠/中村哲也
第8話。夏祭りに向けて、はりきるマヤ。今回は醸造法など、ひさしぶりにビール情報がたっぷりだった。しかし、ドイツ人でもスイスに憧れを盛ったりするもんなのかな?

・忍ぶな!チヨちゃん/設楽清人
第17話。チヨ代とワタル殿のデートを妨害しようとするサヨ代。しかし、デートの本当の目的は……。これでサヨ代も親チヨ代派ということだと思うけど、父親が使おうとしている『アレ』が何なのか気になる。

・不死の稜線/八十八良
第52話。谷山とカオリさんを引き合わせ、計画が上手くいっているとほくそ笑む雄貴。捜査のやり方がヌルいと軽んじるが、それも剣崎の作戦のうちだった。次回で一気にカオリさんの潜伏先を叩くところまでいくかな。

・A子さんの恋人/近藤聡乃
第43話。順調に翻訳の仕事をこなしていたA君。しかし、スカイプするA子の背後に金魚を見つけたことから、負の思考スパイラルに捕らわれてしまう。冒頭の走るシーンでどこに向かっているのかと思ったけど、まさかこのまま来日するのか。修羅場必至だな。

・星明りグラフィクス/山本和音
第18話。西端からのスカウトを受けるかどうか悩む吉持。いろいろと考えた末に答えを出すが、明里ちゃんからの返答が……。3年の夏が終わるということだし、学生生活の残りの時間も少ないし、そもそも、吉持に関係修復のスキルなんかないだろうし、どうするのか? あと、黒沢はライバル然とした登場だったけど、いつのまにか面白ケガ人お兄さんになってしまったな。

・青武高校あおぞら弓道部/嵐田佐和子
第12話。ゲリラ弓道を行った和馬らは、自宅謹慎に。しかし、目撃した生徒たちの心を動かし、署名を集めることに成功。無事に弓道同好会が発足する。防矢ネット設置の話の流れで、いぶきの加入も決定。すべてまるく収まった感じ。

・彼女はお義父さん/川田大智
第13話。佐倉さんで固定されつつあったが、Gと接触したことにより完全お義父さん状態に。ここで、第1話の入れ替わった時にお義父さんが亡くなっていたことが発覚する。佐倉さんと身体を共有しながらのお別れは、寂しさとともにシュールさもある。次回、最終回です。

・あねおもい/福田星良
最終回。空手部の合宿のため、あおいが家を空けることに耐えられないさきちゃん。様々な奇行をくり返すことに。ダブル眼帯のヤツが良かった。はなやっこが始まったので、4コマ枠の選手交代って感じか。

・碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語-/犬童千絵
第23話。貿易の時代がスタート。近隣の国から、様々な人と物がエジプトに集まる。その中にはパネヘシという、くせ者商人もいた。考え方的にはシェプストと近いものがあるんだろうけど、すんなり味方というわけにはいかないんだろうな。

・お~い やゆ代さん/佐藤春美
読み切り。50号に続き、2度目の登場。精神が老人ぽくなる病気になったやゆ代(小学生)の様子。小1なのに『献体』『介護』という漢字を書けていることは、実は物凄いことなのでは?

・今日のちょーか!/戎島実里
最終話。ついに渚が自分の竿を手に入れる。自分で作った仕掛けで魚を釣ったことに、潮香は感動の涙を流す。最後には2人で大物を釣り上げたし、集大成にふさわしかったと思う。

・まだ見ぬ春の迎えかた/井上きぬ
第11話。つづみと修ちゃんの初デート。映画を観に行くが、つづみは緊張して手をつなぐこともできない。ストーリー的にはやることはやってしまった状況なので、修ちゃんが再び海外に行くまでが、ひとつのタイムリミットか。

・ひつじがいっぴき/高江洲弥
最終話。夢の世界で花火大会をする怜夢、アラコータ、そしてめェさん。しかし、この夢を見ていたのは成長した怜夢で……。という内容。結局めェさんって、どういう意味合いの存在だったんだろ? あの世界の管理人みたいなことでいいのかな。

・ヴラド・ドラクラ/大窪晶与
第9話。商人たちを使って各地に噂を流し、そこにリナルトの説得を重ねて、ハンガリーに内乱を起こさせることに成功する。これで後ろ盾を失ったダネスティは失脚。ヴラドは見事に事態を制圧する。ただ、貴族支配の根はまだ深いということか。

・予告
次号は2ヶ月後の発売。弓道部、ホルスの瞳、スーさん、燕のはさみ、鞄工房日記、城址高生が掲載。中西芙海の新連載が始まるほか、佐藤春美、久慈光久の読み切りも載ります。






スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/08/12(日) 14:31:05|
  2. ハルタ 31号~
  3. | コメント:3

別冊少年チャンピオン 9月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は田所迅さんです。






・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
巻頭カラー。合宿で倒れてしまった田所。目を覚ましたあと、金城に行き場のない気持ちをぶつける。そして自分の限界を悟り、退部を決意する。ただ、ここで辞めないというのは分かり切っているので、いまいち盛り上がらない。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
集合したカナメたち。ほかのプレーヤーから指揮を執るように頼まれるが、同時に米軍も参加者の結集を呼び掛けていた。どっちが主導権を取るのか? そして船内ではイエイリ&シゲオやロンも動きを見せ、さらに敵の海賊サイドは別の船に乗っている様子。船内でのバトルではなく、船そのものを使った大掛かりなバトルになるのか。

・おしかけメイドの白雪さん/もりしげ
3人のメイド、雪月花が集合。本来は3人一組で陽一郎らの世話をするはずだったが、白雪が1人で担当することを強行した様子。その理由はなんだ? そして龍之介は黒花とすぐに打ち解ける。やっぱり、将来が心配だ。

・先生、〆切ですよ!!/浜岡賢次
センターカラー。ファミレスに来た若葉先生。目の前の席にいる中年キモカップルを視界に入らないようにするため、YGを召喚する。ファミレスの店名など、グスタフ・ホルスト推しなのは何故なのか?

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
前回の話の流れで開催された尻相撲『手術約束杯』の結果を報告しようと、尻小路貫選手がやって来る。「HEY! 尻!」や『明日(ASS)へ架ける橋』など、前回で使いきれなかった尻ネタを盛り込んできた印象。NETFLIXでアニメ化しないかな~。

・フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス/米原秀幸
ライラ姫が完成させた秘薬を投与。ついにキャプテン・バーツが復活するッ!!! 街中が沸き返るシーンは鳥肌モノ。このままココと一緒に旅をするのかと思ったら、別口でゼルヴァンスを目指す様子。バーツに想いを託そうとしたライラ姫の気持ちの行方も、気になるところ。

・AIの遺伝子 RED QUEEN/山田胡瓜
センターカラー。サラハ、テディ、トオル、ティムは、いったん協力体制を取って情報交換。そこで、レッドクイーン=須堂の母親のコピーという仮説を立てる。実際それは当たっているわけで、カーラにも母親としての気持ちは強く残っている様子。ティムが話した超AIのことや、テックマフィアの元締めの存在など、まだまだ謎は多そう。

・機動家電レイゾウコ/佐藤周一郎
読み切り。幼いころから、強烈な機械解体欲を持っていた楽市ラクザ。姉が暮らす離島でネイチャー修行をすることに。しかし、釣りに行った浜辺で不法投棄された機動家電(人型の家電ロボット)を見つけ、気持ちを抑えきれず修理する。クライマックスの『しなやかネイチャー』のシーンなど、機械関係の絵の細かさがスゴイ。ストーリー面でもレベルが高いし、次回作に期待したいです。

・NはNullのN/中村ゆきひろ
センターカラー2本立て。1本目は「楽しすぎて時間が経つのが早い」って、相対性理論じゃね?って話。オチのつけ方が落語のよう。2本目はドラゴン牧場でウロコ刈り。毎回登場するのであろう、あの丸い人をどういう気持ちで受け入れていいのか、まだ分からない。

・インコンプリートアニマルズ/平沢バレンティーノ
血の匂いを嗅ぎ分けるサメ、妖艶な蛇の脱皮、オウムが卑猥な言葉を話す理由の3本立て。部屋に貼ってあるポスターが、根本はるみというところにセンスを感じる。

・レイリ/岩明均&室井大資
織田の攻撃を避けつつ、岩殿城を目指すレイリたち。しかし武田の威光も陰りを見せ、総勢90名ほどまでになっていた。そして、小山田信茂に信勝の死を知られてしまう。このままでは籠城作戦も難しいだろうし、土屋と2人で逃げるのか?

・フェンリル姉さんと僕/阿崎桃子
ガルムが加わってのアレコレ。でも今回は、一気に5人の新キャラが登場した神サイドが本題。まだオーディンやトールといった大物はいないし、中ボスクラスってところなんだろうな。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
現実世界に来た竜馬たちとの情報のすり合わせ。誰がどっちの世界のキャラなのか、頭の中で整理が追いつかない。そして『疑似個体』と呼ばれる敵が出現。現実世界で一度倒している相手だけに、竜馬たちは余裕を見せるが……。でも、一度に3体だしな……。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
風森さん&雪華と、大機&恵良さんのデート。雪華が背伸びしている感じがするので、現在は大機組のほうがリードしている感じかな(なにが?)。恵良さんの発明品に対するリアクションもいいし。後々、恵良さんはインスタントを「家系」って言ってツッコまれるネタがあると思う。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
エジプトの危機を救う2本立て。エジプトの壁画風見開きとかは良かったけど、ネコをどかそうとする以外の切り口も欲しかったところ。

・召し昇がれ/いなずまたかし
読み切り。焼き肉店でバイトに励むまいちゃん。しかし、ある日の閉店後に謎の客が姿を現す……。普通のお仕事モノと思われた前半から、ホラー展開になる後半への落差が見事。次号には一挙2話掲載だそうです。

・トラピスト/桃井龍之介
読み切り。NEXT CHAMPION 佳作受賞作。冒険者のロクは、訳あり美少女シリカの護衛を務めることに。不思議なアイテムが多く登場する正統派ファンタジーという感じで、絵、ストーリーとも完成度が高く新人離れしていると思う。再登場していただきたい。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
謎の洞窟を探検していた冒険家が見つけたのは、空き缶とパンの袋だった……というところから、ホラーオチに持っていく手腕がさすが。








次号は、櫻井あつひと、いまずまたかし、東和宏、鈴木優太、中村たつおきの読み切りが載ります。






テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/08/11(土) 18:52:00|
  2. 別チャン 2018
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 37+38号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は、小野田坂道さんです。





・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。先頭の2人を追いかける、小野田の心情。メガネをかけていても雨が目に入ってくるとのことだが、そういうのに対応したスポーツタイプのモノってないのかな。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
海水浴に来たふし研。ノット・アクティブなメンバーを千晶が海に放り込んだら、旭先生の水着が流されてしまう。大祐の勃起オチって、意外と多いような。

・BEASTARS/板垣巴留
戦いはリズが優勢。レゴシは決定的なダメージを負ってしまうが、テムとのことを語るように誘導し、時間を稼ぐ。ルイが駆けつけたことによって精神力は回復しただろうけど、どうやって逆転するか?

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
妻と夫、兄と弟、そして青田君とドゥーさんが相撲を取る。これは浜岡先生から佐藤先生への追悼の一作ということか。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
読み切り。今回は、タラバガニを組のみなさんでいただく。花山の殻のむきかたは……。まぁ特別編だし、細かいツッコミはヤボか。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介&夢枕獏
幼いころの無門が、松本太山から格闘技術の手ほどきを受けていたことが明らかに。しかし、卒業式と決めた日に『ゆうえんち』に行った太山は姿を現さなかった……。これが無門がゆうえんちの場所を探す理由か。そして、太山の娘の名前は梢江なのか。

・ロロッロ!/桜井のりお
合宿所の朝を切り裂く銃声。ポリス参戦により、サバゲーが行われることに。会長が襲われたけど、謎の勢力が絡んでいるの? あと、チーム分けの時点で7対5なのは不公平だと思う。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
センターカラー。なんてヒドイ扉絵なんだ。無事に拾弐を撃退したものの、ふつう息子の机の中にあった女児のパンツを穿いたりはしないだろ。なに厳格な雰囲気をだしているんだ。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
虫相撲回。スマブラをやっていないので、あんまり。

・ヒマワリ/平川哲弘
ひさしぶりに戻った合宿所で、すき焼きパーティーで気合注入。最終日も無事に乗り切る。5人の結束も固く、はじめてのファンもできた様子。物語的に順調すぎて、逆に心配になってくる。

・鬼のようなラブコメ/いづみかつき
前回登場した鬼・中西さんを、赤志が超・鬼パンチで撃退。その中西さんときこが婚約者であることが明らかになり、きこが閻魔大王の一人娘=鬼であることも発覚。そして、次回は赤志がきこのお宅を訪問するとのこと。『逆襲インフェルノ』に続き、地獄が舞台になるのか。

・六道の悪女たち/中村勇志
飯沼は、好きなものを組み合わせた『族車屋台ラーメン』に活路を見出す。そして「女を取られた」と因縁をつけるヤンキーを撃退する。これを受けて六道は、飯沼にも術のことを打ち明けることを決意する。波瑠也スペシャル3号は、後ろの大扇子のおかげで、空気抵抗が半端ないと思う。

・マウンドの太陽/水森崇史
津曲・烏丸のコンビで、一死三塁のチャンスを作り出す。四球→盗塁→犠打と、ヒットが一本も出ていないのに見応えたっぷりの内容。野球戦略ウンチクもたっぷりで面白かった。

・魔入りました!入間くん/西修
順調に遊園地を楽しむ3チーム。しかし、入間はカララギ通りという場所で迷子になってしまう。もともと悪魔のストレス発散のためにつくられた場所だけに、こういう危険地帯も残っているとのこと。違法な魔具を取引していたというし、なにか秘宝的なヤツを見つける感じかな。

・ジュニオール/灰谷音屋
野球部との対抗戦が終わってのアレコレ。メガネの彼と金持ちが新入部員候補かな。そして杉浦とジュニオールのサッカー部参加も正式決定する。っていうか志摩はサイドバックだったのか。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
今回の事件は、ミラさんが仕事が忙しすぎて子供のころのドラルクにかまってあげられなかったことを悔いてのことだった。術の影響下で記憶があやふやだったのに、ロナルドへ写真送信。そこからの復活シーンが良かった。まぁ、ミラさんも大概な人ということだな。

・ハリガネサービス/荒達哉
記憶を取り戻した羽座川。守備範囲の広さや無音レシーブは失われたものの、持ち前の明るい性格でチームを盛り上げる。っていうか、監督は一回ベンチに下げて事情を確認すべきだろ。人の髪の毛が、急に真っ白になったんだぞ。

・週刊少年ハチ/増田英二
ハチのネームを呼んだ鬼灯先輩が、心を打たれて敗北宣言。それを投稿したものが逆転のいいねを集めて、ハチたちの班が1位になる。でも、これで何人かは退学になるんでしょ? それからマスコミの対応は?

・アカトラ/齋藤勁吾
ある街の男衆が、幕府によって1年も強制労働させられていることが明らかに。赫虎たちが救出に動くことになる。あれか、いけない葉っぱを育てている感じか。

・開田さんの怪談/木々津克久
水泳の授業中、開田さんからのお話。はじめの大腸菌はどこへ…と思ったところからのオチへのつなぎ方が良かった。でも、次号予告に『連続掲載』と描いてあるし、どういう扱いなんだろ?

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
対ノブナガ最終決戦が開幕。カギは因心居士のアケチを解放できるかどうか。獏たちが向かうが、そこにノブナガの黒い炎が襲い掛かる。ここまでの激戦だと、羊さんあたりは来る必要があったのか?とも思う。

・逆襲インフェルノ/重本ハジメ
大ダメージを受けたラチは、自爆しようとする。そのときアスキは……。これは開いた手で爆発エネルギーを吸収したってことかな。そして、エンマの意味深な一言が気になる。

・木曜日のフルット/石黒正数
夏のヒヤッとした話。河原や墓場よりもゾーッとするものは? 最近は、こういうののほうがよっぽど怖い。






合併号なので次号は2週間後の発売。渡辺大輝の読み切りが載ります。









テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/08/09(木) 18:33:13|
  2. チャンピオン 2018
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 36号の感想



チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、工藤遥さんです。





・鬼のようなラブコメ/いづみかつき
新連載巻頭カラー。困っている女の子を放ってはおけないものの、行き過ぎた暴力と怖い見た目で『鬼』と恐れられている赤志。しかし、そんな彼のことを怖がらずに近づいてくる、白川きこ という女の子がいた。という、目次コメントにあるように月チャンぽいヤンキーラブコメかと思いきや……。次回は、どういう展開をするんだ?

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
市民プールの帰り。水中ゴーグルの中に入った水を勘違いし、浦安中が水没してしまったと考える春巻。93Pで水の中にウジがわいているのが気持ち悪い。

・弱虫ペダル/渡辺航
雨の中、猛スピードで下りを攻める2人。カーブをドリフトで乗り切ったり、コースに落ちた横断幕を飛び越えたり、息の合った?走りを見せる。意外と同じようなタイプなんだな。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
お祭り回。1本目のテンションの高さがすべて。

・バキ外伝 疵面/板垣恵介&山内雪奈生
読み切り2週連続掲載の特別編。前回までの組内抗争とは違って、事務所内にあった『アイスクリーム・メーカーは誰の物か?』という、コメディ色の強い内容。鮫島の穴埋め掲載なんだろうけど、だったら新人にチャンスをあげてほしかった。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介&夢枕獏
『無寸雷神』という技で、やっと町田を倒した無門。改めて、久我重明に『ゆうえんち』の場所を聞く。そして、次の章のサーカス団長へのインタビューで、無門が愚地克己の兄だということが判明する。ということは、刃牙よりも前の時代の話なのか。

・マウンドの太陽/水森崇史
単行本発売記念センターカラー。太陽は、5、6回で6者連続三振という、見事なピッチング。藤吉も対抗心を燃やし、5回裏を三者三振に切って取る。というところで、6回裏の紅城の攻撃。津曲、烏丸でチャンスメイクできるか?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
ドラルクの身体が、突如子供の姿に。これ幸いと弟を騙り、ロナルド&ヒナイチをからかって遊ぶ。正体がバレてしまうが、そこに現れたのは、ドラルクの母。今度は記憶までも退行させて連れ去ってしまう。急に、シリアスなのをブッ込んできたな。

・BEASTARS/板垣巴留
イブキとの過去のやり取り、そしてルイとの別れと、フリー株爆上げの内容。そしてレゴシvsリズの死闘も緊迫度を増していく。レゴシの身体が蛾になる見開きが素晴らしい。

・ヒマワリ/平川哲弘
いつのまにか団結心が生まれていた、フウライ&ルミエール。見事に仙台でのイベントを成功させる。オミもすっかり痩せてイケメンになったな。

・六道の悪女たち/中村勇志
周りの人間が、それぞれの目標を持っていることに焦りを感じる飯沼。夢で見た未来の自分の姿に、危機感を抱く。と、その時に『六道に女を盗られた』という男と遭遇する。っていうか、飯沼にとって六道のモテ現象ってどう映っていたんだろ? 自分に挑んできて根性見せた → ダサくない → モテて当然。という流れかな?

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
家に戻った要だが、そこを拾弐が襲撃。しかし、これを父親が制する。まさかアレを履いているのか。気持ち悪い。そして彩たちは2代目の弐が奴村さんだと推測する。となると、みかりや霰矢あたりも管理人化しているかもしれないのか。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
デパートのエレベーターに閉じ込められてしまった、ふし研メンバー。ことね先輩の催眠術で、海に来たと錯覚するが……。意外と、この2人が恥をかくっていうのも珍しいかも。

・魔入りました!入間くん/西修
3チームに分かれ『遊園地をどれだけ楽しんだか?』勝負をすることに。カエルゴのチームに入った、ジャズたちがかわいそう。そして、入間チームはロノウェと遭遇し、遊園地の地下が監獄になっていることを知らされる。アズ、サブノックはともかく、いつも眠そうなヤツがカギになりそうな。

・ジュニオール/灰谷音屋
志摩が抜け出すが、1対1を止められてしまう。しかし、クリアボールを拾ったジュニオールが、ロングループシュートを決めて、サッカー部が勝利する。晴れ間が見えるとは思っていたけど、まさか虹までかかるとは。

・ロロッロ!/桜井のりお
合宿所の夜。急な停電のときに、服を脱がされるという事案が発生。会長、イチカが被害にあう。ラストで、リア充勢がちゃんとつき合ってくれているのが、えらいと思う。

・アカトラ/齋藤勁吾
赫虎に弟子入り志願をするレミと名乗る男。『強さこそがすべて』という持論を、熱く語る。赫虎が無視して立ち去ろうとするが……。縮地&居合のスピード系という感じかな。

・週刊少年ハチ/増田英二
居残りでネームを描くハチ。そこに淵間も現れ、熱血指導が始まる。そのまま夜が明けて……。次回、まるまるハチが描いたネームというのも面白いかも。

・ハリガネサービス/荒達哉
下平の予知能力に後れを取る羽座川。ショックから過去の記憶がよみがえる。っていうか、いきなり選手の髪が白くなるとか、観客騒然の出来事だろ。テレビ中継も入ってなかったっけ?

・開田さんの怪談/木々津克久
連載再開。というか、今回からが正式連載という扱いなのかな? 今回は、開田さんが小学校時代の話。いままでで一番の恐怖度だったし、マーニーが間接的に登場したのも良かった。木々津ワールドが広がりまくり。

・逆襲インフェルノ/重本ハジメ
新たなインフェリオルを手に入れたアスキの戦い。ラチの右腕を砕く見開きからの流れが最高。手を貸してくれた?のがエンマなのかな? ユウイの可能性もなくはないか?

・木曜日のフルット/石黒正数
肩たたき券の話。蚊叩きはともかく、ラストのヤツは良く思いついたなと思う。






次号は読み切りとかなし。









テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/08/02(木) 18:15:24|
  2. チャンピオン 2018
  3. | コメント:0

木根さんの1人でキネマ 第5巻の感想




『木根さんの1人でキネマ』第5巻の感想です。



・24本目 マイ・フェア・レディvsベスト・キッド
子供のころの木根さんは、近所のレンタルビデオ店によく出入りしていた。しかし、そこは店長の大鳥さんの意向により『マイ・フェア・レディ』や『ローマの休日』など、往年の名作を中心に取り扱っているのだった。当時からハリウッド大作やアクション好きだった木根さんとの意見の対立は避けられず、そこに大鳥さんの友人でもある木根母も参戦し、三つ巴の争いに発展してしまう。後半で現在も営業されていることが描かれているけど、こういう名画中心の個人経営店が存続しているのは、ちょっとした奇跡だと思う。


・25本目 レオンとディレクターズ・カット版
部下の古谷君たちが、ハラスメント講習を受けることに。なぜそうなったのか?と木根課長が問いただす。タイトルにある劇場公開版、ディレクターズ・カット版、そしてテレビ放送版まで出てくると、もうややこしすぎる。そこにデジタルリマスターとか、吹替が○○とか加えていくと、もう数限りなくなっちゃうんだろうな。深く考えないのが吉か。今回で、工藤ちゃんと古谷が同期というのが判明したけど、もっと早い段階で他の社員の名前とか上下関係を明らかにしておいたほうが良かった気がする。あと『ツッコミ妖精 サトー』は、なぜリアル頭身で出現したのか?


・26本目 卒業
『花嫁を結婚式の最中に花婿から奪い去る』シーンでおなじみの映画『卒業』。しかし、実際は佐藤さんが思い浮かべていたものとは違う内容だった。パロディが繰り返されるうちに、本当の意味とは違ってくるっていうのはよくあることだよな。珍しく木根さんが映画の背景を冷静に説明したのに、佐藤さんは『嫌いのツボ』に入っており全く聞く耳を持たない状態に。キョーコらを巻き込み事態が悪化したことを受けて、木根さんも対処せざるを得なくなる。ネットに思いの丈をぶつけさせ、自己反省に持っていくという作戦は見事だったが、そこからの卒業パロディオチが良く分からなかった。


・27本目 「007」シリーズ
007のブルーレイ24枚組を買った木根さん。このタイミングでフォロワーから『何代目のボンドが一番好きか?』という難題を投げかけられる。しかし木根さんは年間ベスト10や人生で一番面白かった映画など『ベストを選べない女』だった。全シリーズを見直して、ベスト・ボンドを決めようとするのだが……。ベタにショーン・コネリーか、子供のころに観たロジャー・ムーア(年齢バレの危険があるが)にしとけばよかったのに。あと、007シリーズの説明を受けての佐藤さんの「『水戸黄門』みたいだね」という意見が的確すぎる。


・28本目Part.1 バーフバリ 伝説誕生
2017~18年にかけて話題になった『バーフバリ』。キョーコらは全員がドハマり状態だが、木根さんがまさかの未鑑賞だった。「3人で観た」という話を聞いてキレる木根さんにすぐ誤って、即許すコマのテンポ感が最高。木根さんは同じく未鑑賞の佐藤さんを仲間に引き入れようとするが……。1話完結映画紹介コメディなのに、まさかこんな伏線が仕込まれていたとは。「インドで観た。」って、バーフバリに関わらずパワーワードすぎる。


・28本目Part.2 バーフバリ 王の凱旋
勢い余って部屋を飛び出した木根さん。映画館やシアタールームなどを手当たり次第に回るものの、どこも満席だったりで観ることができない。そこでたどり着いたのは……。大鳥さんの名画屋のエピソードで始まった巻のクライマックスが、名画屋での母親からの言葉というのも、なかなか見事な構成。あと、オマケに登場するアフロ兄がセッちゃんの父親なんだよな。奥さんは、いったいどんな美人なのか? いつか登場していただきたい。


・特別編 アカデミー賞特集
アカデミー賞発表前に、Yahoo!ブックストアで公開された特別編。アカデミー賞の説明をしつつ、木根さんと佐藤さんがいつもの感じでやり取りをする。確かに、作品賞と監督賞の違いは分からない。












テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/07/28(土) 18:26:56|
  2. 木根さんの1人でキネマ
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad