FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、ヴィンランド・サガ。

終末のワルキューレ 第8巻の感想




終末のワルキューレ第8巻の感想です。表紙は、雷電為右衛門とシヴァ。ここまでで最大の筋肉量。






・第30話 鎮魂
前巻ラストでヘラクレスに送られたのとは正反対の感情が、ジャックに向けられる。神サイドはもちろん、人間サイドも殺人鬼の勝利に素直には喜べない感じか。ブリュンヒルデがヘラクレスを呂布&アダムと一緒に祀り、涙を流すシーンも良かったが、ラストでは沖田総司が登場する。これが原作の梅村真也先生の別作品『ちるらん 新撰組鎮魂歌』からの参戦というのが衝撃だった。雑誌で連載を追っている人には、かなり驚きの展開だったんだろうな。

・第31話 第五回戦
第五回戦の選手入場。人類側は“無類力士”雷電為右衛門。神側は“宇宙の破壊神”シヴァ。欲を言えば、シヴァは序盤に自分が出場しようとしたら出番を奪われた。という展開が続いていたので、そこを回収するようなシーンを見たかった。それから今回のバトルフィールドの上空には土俵の上にある屋根が浮かんでいるけど、後半の展開を考えるとそれこそ相撲とかシンプルで早期決着できるルールが良かったのかも。

・第32話 応酬
試合開始早々、雷電がくり出したのはドロップキック!! (本文中では『飛び蹴り(ミサイルキック)』と言っているけど、コーナーからじゃないし) さらに、ロシアンフック → 顔面への膝蹴り(未遂)とラッシュをかける。シヴァも四本腕を生かした投げを見せるなど、この戦いは小細工のないプロレス的な肉体のぶつかり合いになりそう。いっぽうロキは、釈迦を待ち伏せする。螺髪を無視しヤンキー然としたキャラデザなのが意外。

・第33話 百閉
雷電の幼少期。筋肉が異常発達する症状に悩まされ、自ら筋肉を抑え込む筋肉を獲得していったことが明らかに。その封印を解除し神器錬成で制御することで、肉体のポテンシャルを100%発揮できる状態に持っていく。そしてロキは神器錬成に感じていた違和感を語り、そこに釈迦が手を貸していたのではないか?裏切り者なのでは?と問い詰める。さらに天界処刑人の七福神(毘沙門天は闘士の一神)や、小次郎、沖田、近藤も姿を現し一触即発の状態に。このまま場外戦に発展してしまうのか!?




釈迦とロキのいざこざも気になるけど、雷電vsシヴァも、しっかり盛り上げてほしい。













スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/09/22(火) 19:02:59|
  2. 終末のワルキューレ
  3. | コメント:0

ゴールデンカムイ 第23巻の感想




ゴールデンカムイ第23巻の感想です。表紙は“狂信者”宇佐美上等兵です。





・第222話 刺青人皮
鶴見中尉によって、インカマッが妊娠していることが明かされる。これを取引材料にして、谷垣にアシパさんの追跡を迫る。この巻の後の展開を見ると、鶴見中尉にとって谷垣を自分に心酔させていなかったのが、後々大きな問題になるのかもしれない。いっぽう尾形は、土方のところに復帰していた。虚実入り混じった樺太での出来事を報告する。そして、現在の刺青人皮の状況整理。平太師匠を持っているのが杉元たちだけなのと、白石の写しを3チームとも持っているのが、ポイントの気がする。

・第223話 二階堂 元気になる
鶴見中尉に隠れ家がバレているのでは?と懸念した土方らが潜伏先を移動する。しかし、いつのまにか土方派は多様なルーツを持つ男たちのグループに成長した感じ。9人というのも(第七師団にはもちろんかなわないが)かなりの大所帯という印象。尾形がハクチョウを仕留めるが「食べると白髪になるってホント?」と枕を並べながら有古や夏太郎らが話す様子が、男子高校生のようで微笑ましい。しかし尾形は、右目を負傷したので左手で引き金を引く構えに変えたんだな。完全に左撃ちを習得するまでは、大人しくしているかな。

・第224話 支笏湖のほとりで
支笏湖に沈んだというアイヌの砂金の一部。それを回収し、平太師匠の持っていた北海道中の川の砂金と照合すれば、金塊の隠し場所を特定できるのでは?と、白石が提案する。難易度の高さを心配するアシパさんと杉元だったが、実は恐るべき潜水能力を持つ刺青囚人の海賊房太郎によって、ある程度の絞り込みは済んでいた。杉元らは、この房太郎を次のターゲットに定める。一時は土方たちしか刺青を集めていなかったけど、いまは杉元たちがその役割を担っている感じ。

・第225話 貧民窟
札幌の貧民窟と呼ばれる地域で、娼婦を狙った連続殺人事件が発生。犯人の手口やシルエットから、ジャック・ザ・リッパーを想像してしまう。この調査に、鶴見中尉は菊田と宇佐美を派遣する。同じく土方らも札幌に来ていた。この巻では続きが描かれていないが、菊田&宇佐美の2人vs土方派9人というのは、かなり数に差のあるマッチアップ。尾形はまだ戦力外だろうし、夏太郎や門倉もいるので、そこまで絶望的な差ではないんだろうけど。そして、宇佐美上等兵の回想へ。

・第226話 聖地
宇佐美時重少年は、柔道を教えてくれる軍人の鶴見篤四郎に心酔していた。同じ道場に通う高木智春は東京の軍学校に進学する前に、宇佐美に勝って旅立とうとするのだが……。それまでは基本的に笑顔なのに、いきなりの喉元へのフットスタンプはかなりの衝撃だった。一気にスイッチが入るのは、ある意味杉元に近いか。月島軍曹や鯉戸少尉のときには、かなり策を弄している印象があったけど、今回は狙った通りの素晴らしい素材と巡り会えたって感じだったのかな。

・第227話 共犯
宇佐美少年が動機を語る。考えていることは分からないでもないが、だからといってそこまで……。この件で鶴見中尉は第七師団に移動になったわけだけど、宇佐美がここまでやると分かっての行動だったのか、それとも第二師団での今後も想定していたのか? この話の後半、そして第223話の前半と、二階堂と鯉戸少尉、月島軍曹、インカラマッのコメディシーンがシュールすぎる。終盤の緊迫展開のためのガス抜きという狙いなんだろうか?

・第228話 シマエナガ
山道で濃霧が発生。杉元はアシリパさんたちとはぐれてしまう。道中出会ったシマエナガという野鳥と一夜を明かすことになる。終始優しい口調でシマエナガに語り掛けながら、アシリパさんから教わった知識で行動していただけに、助けが来ないまま一週間が経過し、ついに移動を決意してからの行動が衝撃的すぎる。「不死身の杉元だ!」と決め台詞まで言ったのに……。いつものトビラ → 1コマ目のコンボはギャグになっているけど、1話かけてやると悲劇になるんだな。

・第229話 完璧な母
インカマッが小樽にいる情報をつかんだ谷垣。アシパ捜しを放棄し、2人で逃げようとするが……。いつもは常識人ポジションの月島軍曹だけど、こういうときに牙をむくとイイ人オーラがあるだけに、余計に怖さがある。ここで家永が救援に入るが、胸に銃弾を浴びることに。もともとストーリー上の役割を終えたキャラクターは容赦なく退場させるし、扱いにも困っている雰囲気があったけど、いざこういう展開になると……。

・第230話 家永カノ
病院を脱出した谷垣&インカマッだが、血痕をたどられ月島軍曹の追跡を許すことに。2度にわたり肉弾戦がくり広げられる。体格や総合的なパワーでは谷垣のほうが上だけど、技術や攻撃を加える躊躇のなさは月島軍曹のほうが優れている感じか。そして、このタイミングでインカマッが破水してしまう。谷垣が担ぎ込んだのは……。このために潜伏先が小樽だったのか。

・第231話 出産
フチは、百戦錬磨の産婆だった。インカマッを託し、戦いに戻ろうとする谷垣だが……。冷徹に任務を遂行しようとする月島軍曹を止める鯉戸少尉が、いつもの薩摩弁ではなく標準語で命令を出しているのが、新鮮で驚きだった。家柄やコネだけでこの地位まで来たわけではないということか。そして3人はインカマッの出産の手伝いをすることに。巻末には多くの資料が記されているけど、それでもここまで多くの出産に関する情報が残っているのはすごいと思う。









インカマッはもちろん、谷垣もこのまま金塊争奪レースからリタイアとなるのかどうか……。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/09/20(日) 20:40:49|
  2. ゴールデンカムイ
  3. | コメント:0

カラオケ行こ! の感想





『カラオケ行こ!』の感想です。作者がコミティアで発表した同人誌に加筆修正し、描き下ろしを加えた一冊になっています。




・口絵
ダ・ヴィンチのモナリザをモチーフに、主人公のひとり・岡聡実が描かれています。『夢中さ、君に。』では、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』が使われていたし、この名画シリーズは続けていってほしいところ。

・カラオケ行こ!(前編)
 合唱部の部長・岡聡実(中3)は、ヤクザの成田狂児に誘われカラオケボックスへ。そこで「歌がうまくなるコツ教えてくれへん?」と頼まれる。経緯を説明する段階から作者の会話テンポの良さとか間の取り方の上手さがさく裂していて、グイグイと引き込まれる。特に狂児が十八番の『紅(X JAPAN)』を唄い始め、聡美がチャーハンを注文するあたりは早くもエンジンが全開になっている。
 狂児は曲選びに難航。聡美がほめた『タイガー&ドラゴン』とかリストアップされた曲から、なんとなく狂児の声質を想像できるのがいい。それから狂児はスタンドカラーのシャツを着ているけど、これは『女の園の星』の星先生も着用しているし、和山先生が好きなのかな? そして、聡実は中学最後の大会が迫っていたが、同時に声変わりの危機にも怯えていた。合唱には ソリ というパートがあるんだな。ソロじゃなくて。
 学校行事でイチゴ狩りに行こうとする聡実を拉致り、他のヤクザの歌唱診断もすることに。はじめは真面目にアドバイスしていたのに、最後3人はただの悪口になっているのが最高に面白すぎる。そして、お詫びに狂児がイチゴを4パック(段ボールに入っているヤツ)を買ってあげるのが、最高にエモい。あのイチゴは食卓に出すわけにもいかないので、ひとりで食べたんだろうな。

・カラオケ行こ!(後編)
 聡実の喉の調子はますます悪くなり、狂児もカラオケ大会が迫って来たので2人の練習は最後ということになる。しかし聡実は、理由を見つけ「近寄るな」と言われていた街の危険地帯に足を踏み入れてしまう。さっそく絡まれる → 狂児が助けに来るという展開だけでも最高なのに、84ページの血飛沫キャッチがカッコよすぎる。そこから聡実は感情を爆発させてしまう。声変わりの悩みもあり、いろいろと不安定になっていたんだな。
 合唱大会当日。聡実は交通事故の現場に通りかかる。警察の話では、そこに狂児がいたらしいのだが……。ここのモブは和山先生ではなく、他の人が描いているのかな?タッチが違うと思う。そして狂児の安否を確かめるため、聡実はヤクザが集まるスナックに足を運ぶ。ここで大勢の強面の大人たちに啖呵を切るのもすごいし、見事に喉を犠牲にして『紅』を唄いきるのも流石。はじめて狂児が唄ったというのもあるけど、タイトルの響き的にも、やっぱりここは『紅』じゃないと。
 そして時は経過し、聡実は高校を卒業する時期に。これまでのことを卒業文集に書くのもなかなかヘビーだけど、カラオケ大会のペナルティで聡実の名前の刺青を入れる狂児もなかなかにクレイジーだと思う。高校進学後、聡実は歌を唄っていないっぽいし、狂児もおそらくカラオケの練習をしていない。はなれていた3年間、2人がどういう気持ちでいたのか、いろいろと想像がはかどってしまう。

・描き下ろし
狂児の過去編。名前の由来や、どうしてヤクザになったのかといった経緯が描かれる。しかし、この街。カラオケボックスに反社会勢力が集まりすぎだろ。






今年は、和山先生イヤーですね。














テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/09/17(木) 19:49:30|
  2. 和山やま
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 42号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は、入間&我々だ!です。







・桃源暗鬼/漆原侑来
巻頭カラー。今回相手にする桃太郎2人の紹介。女性の桃草の能力は謎だけど、男の桃宮のほうはゾンビを作り出す感じか。一ノ瀬たちは船で京都を目指しているけど、どういうルートを通っているんだ?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
体育祭で使う応援パネルの色塗りを任された大祐だが、なぜかギャルたちとツイスターゲームのような体勢に。今回、モブギャルが軒並み可愛かったと思う。

・魔入りました!入間くん/西修
父親から退学を告げる電話がかかってくるが……。ソイの切りかえしが見事すぎて気持ちいい。これで問題児クラスも、13人で一致団結ということか。次章は、そろそろキリヲが動き出すかな。

・声が出せない少女は「彼女が優しすぎる」と思っている/矢村いち
大縄跳びでミス連発の真白。ひとりで特訓しようと考えるが……。まぁ、作風的に嫌なヤツは出てこないんだろうけど、なにか障害が欲しいと思うのも確か。

・家庭教師なずなさん/縁山
センターカラー。女子中学生の狐谷しぐれさんと出会ったなずなは、恋の応援を(勝手に)することに。特訓風景も良かったが、犬塚&猿飛の排球拳が最高だった。こういうコメディテイストが強いほうがいいと思う。

・弱虫ペダル/渡辺航
はじめての練習に戸惑ってしまう、小野田キャプテン。しかし、その情熱は部員たちにしっかりと伝わっていた。1ページ目、副キャプテンのところが見えないけど、順当に今泉と鳴子なんだろうか?

・BEASTARS/板垣巴留
2ヵ月が経過。海に引っ越すという、サグワンさんの引越しをレゴシが手伝う。裏市は壊され、メロンは投獄。ヤフヤも無事だったし、すべてが上手く片付いた感じか。それから、次号の重大発表ってなんだろう? アニメ2期は発表済みだし、舞台関係でもないだろうし……。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
センターカラー。ロナルド、半田、カメ谷で、殺人鬼が出没するという噂のあるペンションに泊まる。とりあえず吸血鬼の彼は、新横じゃなくて北海道に引っ越したほうがいいと思う。

・六道の悪女たち/中村勇志
莇美と葵のキスシーンを目撃してしまった幼田はドキドキ。いっぽう黒方は新垣プリムラポリアンサ恭子を狙うが、100人の部下に囲まれてしまう。このマッチアップが、いちばん因縁が薄いと思うのでどう展開させていくのか? キスシーンを見た幼田の身体が急成長したりしないかな?

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
稲川ジューンが1日教師に。怪談授業で生徒らを地獄に叩き落とす。音楽室に、キルミスターの肖像画があるのが良い。

・ヤンキーJK クズハナちゃん/宗我部としのり
センターカラー。新キャラの獅子堂清羅さんが登場。早乙女に、華子に近づかないように警告する。明らかに常人離れした体捌きをしているので、格闘技時代に華子と因縁があって……という感じか。商業科なのに、いままでどこにいた?

・メイカさんは押しころせない/佐藤ショーキ
最終勝負は敗色濃厚かと思われたが……。けっきょく外野が上手くアシストをする形になったか。泡を吹いて失神するキャラを、久しぶりに見た。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
バロンは篤をブッ飛ばし、リンリンの姿も目に入らず。完全にビースト化してしまっている。このまま一気に対九里虎に雪崩れ込む感じか。

・ぼいるふろー!/平平なすこ
短期連載3話目。親父が酔いつぶれたので、スクナヒコナが風呂の準備をする。なろう主人公ムーブが良かった。

・魔界の主役は我々だ!/津田沼篤・西修・コネシマ
位階4以上の悪魔が食べることのできるヤキソバパンが、低位階の悪魔にも解放されることに。なんとしても食べたいトントンが意地を見せる。最後のページで、入間もしっかりと食べている。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
元女性選手の叶瑠偉の説明と、月聖学院の特長の紹介。287ページ左上とか290ページ下段とか、鴫澤さんが普段見せない表情をしているのが良かった。

・バキ道/板垣恵介
張り手の連打をくり出しても、花山はガードせず。そこで鯱鉾は、反撃をうながすが……。さすがに、これで決まりだろ。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
ひと目のない土手に正介を誘い出し、プロレスごっこが始まる。打撃をおとりにして、ヒールホールドに持ち込む。でも、これだと逆に無門の足を取られてしまわないかな?

・SHY/実樹ぶきみ
テレビレポーターを襲っていたスティグマのところに、スターダストが急襲。一緒にいたアマラリルクのクァバラを倒し、スティグマにも一撃加えるが……。クァバラは恨み担当か。ノトーリアスBIGのよう。

・もういっぽん!/村岡ユウ
早苗は、準々決勝で敗退。さすがに天音の壁は高かった。そして、今度は永遠vs南雲。次の相手が雨宮凛ということを考えると、永遠が勝つ確率が高いか。

・バクくん/田中優吏
ケンちゃんは気を失ったが、なんとかハデス高校の2人組、北斗と重樹を退ける。そして、別動隊の壇剛三兄弟は仁風に乗り込んでいた。このまま、大掛かりな抗争に発展していきそう。

・疾走少女/八百橋ナオキ
短期連載最終話。実はこれまでの助け方は、神様の禁忌だった。韋駄天女ちゃんは謹慎をくらってしまう。しかし、代わりに地上に行った祖父韋駄天がギックリ腰になってしまう。助ける人間メインよりも、こういう神様中心のほうが話を広げやすそう。

・木曜日のフルット/石黒正数
コロナ禍でお店が厳しい富竹さん。鯨井先輩もバイトがないので、ライバル店の面接を受ける。モブはマスクをつけるが、メインはつけないスタイル。










次号から、阿東里枝の新連載がスタートします。







テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/09/17(木) 18:20:26|
  2. チャンピオン 2020
  3. | コメント:0

水は海に向かって流れる の小ネタ

『水は海に向かって流れる』の小ネタをまとめてみました。


・ネタバレは嫌だ。
・元ネタを探す楽しみを奪われたくはない。

という人は注意してください。














水は海に向かって流れる の小ネタ
  1. 2020/09/12(土) 20:44:29|
  2. 田島列島
  3. | コメント:0
次のページ