FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/1月は、六道の悪女たち。

週刊少年チャンピオン 7号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは石田桃香さんです。






・バクくん/田中優吏
新連載巻頭カラー。極悪ヤンキー校のトップは、女の子のような見た目の早乙女漠だった。これは、漠にデレるヤンキーたちというコメディにしていくのか、それとも正義のヤンキー路線で行くのか。1年のりんたろーあたりが、カギになりそう。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
編み物に苦戦する千晶。それでも、手編みのマフラーに挑戦する。至極真っ当にラブコメしてるじゃん。

・小説版ダーウィンズゲーム~フラッグゲーム~/FLIPFLOPs
新連載センターカラー。今回は、陣地を賭けたフラッグゲームで、シュカとレインが戦う様子が描かれる。この2人が小説版の主人公ってことでいいのかな。時系列的には、いつごろの話なんだろう?

・弱虫ペダル/渡辺航
引き続き、吉丸vs弓射のデッドヒート。吉丸妹の表情が、ヒロインぽくなっている。

・さちおくん/キャットタング鈴原
ドーナツを食べるさちおくんを見るのが好きな、まよちゃん。立場が反対になると……? さちおくん、座布団2枚使うのか。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。エリザベスカラーをマフラー代わりにする春巻。やっぱりセルフ遭難する。今回、モブに現行連載陣のキャラがいるのはともかく、吏毘堂もいるのはなんで?

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
リンリンの過去エピソード。バロンとの腐れ縁が明かされる。次回は連載50回か。もう1年やっているのか。

・魔界の主役は我々だ!/津田沼篤・西修・コネシマ
センターカラー。師団を辞めに行ったシャオロンだが、なぜか雑草駆除の依頼をこなすことに。こうやって悪魔学校内の困り事を解決するパターンで、進行していく感じか。今回ショッピが登場したように、毎回、我々だメンバーが登場しつつといった感じか。

・魔入りました!入間くん/西修
収穫祭の表彰式。入間は位階が4に上がり、他の生徒たちも昇級する。エリザベッタ姐さんの2以外は全員3以上になった感じか。

・BEASTARS/板垣巴留
キューは『イマジナリーキメラ』という、強くなりたい理想の自分のビジョンを出現させて戦う。レゴシも、自分なりのイマジナリーキメラを出現させる。今後は、こういうスタンド的なバトルになっていくのか?

・SHY/実樹ぶきみ
シャイ&スピリッツvsツィベタ&クフフ。マンガでは意外と珍しい、2対2の攻防をしっかりと描いていると思う。スピリッツの能力もハッキリしたし、シャイも技を使ったし。しかし、戦いのペースはアマラリルク側が握っている。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
キャサリンというアメリカ人女性へのインタビュー。キョウタ・カナムラという男性教師が5人組の銀行強盗と対峙した時のことが語られる。これが、次の無門の相手ということか。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
吸血鬼ジェントルおままごとの能力で、ヒナイチの身体が小さくなってしまう。同じく人形サイズにされたマリアらと、おままごとを強制される。最後の説得シーンが良かったが、ショットは何故このメンツに交じってしまったのか。

・六道の悪女たち/中村勇志
乱奈vs沙知代。予知を駆使して攻撃をかわしまくる沙知代だが、反撃に出ることはできず。予知を加速させるが、そこで見えたものは……。倒れた人の中に六道の姿が見えないのが、せめてもの救いなのか?

・水曜どうでしょう~大泉洋のホラ話~/大泉洋・星野倖一郎
ポールとの飲み比べに勝利したあとは、酒場にやって来たマッドマックスなヤツらを片づける。なんか、いまいち盛り上がらなかったな。

・築地最強寿司伝説 仁義理の海太郎/川端浩典
握りの基本を教わる。『柔らかく握る』ために、秋元さんと豊洲市場にデートに行く。が、現地のチームに秋元さんが拉致られてしまう。同じく寿司屋の息子ということが明らかになった鮫島と即席タッグで救出へ向かう。短期連載だった場合、次回で終わる可能性もあるのか。

・逃亡者エリオ/細川雅巳
1対1の戦いが行われるのかと思いきや、囚人たちが乱入し無秩序な中で戦いが行われる。予想外の事態に際した時の立ち振る舞い方も、選考基準ということか。でも、とりあえず名前の判明しているキャラが生き残る感じかな。

・娑婆王/暦
無双の正体がアランだと、同房の奴隷たちの知るところに。そこから、それぞれが自己紹介していく。そして野生児の名前は『かりゅ』というらしい。最後のページで、チラリと銃痕が描かれているのが気になる。

・ロロッロ!/桜井のりお
あざとい方法で人気を得る動画投降者に憤るうみこ。しかし、その正体は……。また人気の母親キャラを生み出してしまうのか。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
サーブの要領でブロックアウトを狙っていく下平。そしてサーブの順番が回ってくる。上手く、鴫澤さん・恵ちゃんとの関係性をにおわせてくる。

・足芸少女こむらさん/灰刃ねむみ
師匠が来日。月長にちょっかいをかける。最近は、こむらさんメインの話が足りないような。

・もういっぽん!/村岡ユウ
球技大会で圧倒的な運動能力を見せつける南雲。新人戦のレギュラー入りを宣言する。団体戦最後の枠を争うであろう早苗が、寝技の抜け出し方を教えるのが良かった。健全なレギュラー争い。

・どらコン!/触媒ヒロオミ
観音寺さんとカンナの女相撲。ラミの風邪はもう治った扱いなんだろうけど、これだと2人のほうが風邪をひきそう。

・木曜日のフルット/石黒正数
ヨシオがクロのことを取材する。フルットも鯨井先輩も登場しないのは、かなりレアなのでは。








次号から、佐藤ショーキの新連載がスタート。









スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/01/16(木) 17:31:32|
  2. チャンピオン 2020
  3. | コメント:0

祝!11周年記念 木曜日のフルット ケンカ勝率まとめ

今週発売された週刊少年チャンピオンにおいて、石黒正数先生の『木曜日のフルット』が連載11周年を迎えました。今年は、弱いというイメージのあるフルットのケンカの勝率を調べてみました。

・単行本1~8巻の範囲で
・殴り合いのケンカはもちろん
・ゴルフや将棋なども対象とし
・決着が不透明なものは全て引き分け扱い
・数え間違いしていたら、ごめんなさい

というレギュレーションでやっていきます。


・フルットの通算成績は60戦17勝35敗8分け。勝率は28%でした。初勝利はマリアの巻(2巻)ですが、これはパートナーのダニーの功績が大きかった印象。2勝目(フルットの巻39 2巻)もトラに対するガマン勝ちなので、クリーンな勝ちは、かっこいい猫の巻(3巻)のスピア姉さんの部下×4との戦いが初めてということに。ジライヤというハンデを抱えていたし、数的不利をものともしなかったし、大きな1勝でした。
ちなみに28%というのは、おみくじで凶が出るのと、ほぼ同じ確率です。
syougatsu2_omijikuji2.png

・永遠のライバル、デンとの対戦に限ると11戦1勝8敗2分け。勝率9%という結果に。唯一の勝利は、フルットの巻14(1巻)のリヤカーデスマッチ。引き分けも、ヤジの巻(4巻)とケイトの巻2(7巻)で、外野の介入があった場合のみ。まだまだ、デンの壁は高くブ厚いようです。
ちなみに9%というのは、自販機の下に小銭が落ちている確率とほぼ同じです。
machine_jidouhanbaiki.png

・フルットが所属するアウトローズのチーム戦での成績は11戦4勝5敗2分け。勝率36%という結果に。基本的にデン一派とやり合っているので、勝ちが伸びないのは致し方ないか(トラ&クロだけが相手でも負けている)。カンスケ一家、スピア一団とは戦っているけど、バンク一味とは対戦経験なし。
ちなみに36%(3割6分)というのは、福岡ソフトバンクホークスの柳田選手の2015年の打率とほぼ同じです。
sports_baseball_man_asia.png



















  1. 2020/01/10(金) 18:32:51|
  2. フルット キャラ紹介
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 6号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は新連載の『魔界の主役は我々だ!』です。






・魔界の主役は我々だ!/津田沼篤・西修・コネシマ
新連載巻頭カラー。入間くんのスピンオフかつ、動画制作グループ『〇〇の主役は我々だ!』とのコラボ作品。悪魔のシャオロンは、悪魔学校に入学早々アメリに憧れ、生徒会入りを目指す。しかし、なぜかグルッペン・フューラー率いる『我々師団』に入団することに。メイキング記事なんかを見ると、割と低年齢の読者を意識しているのかな?

・弱虫ペダル/渡辺航
吉丸vs弓射のデッドヒート。小野田が最初に出会った弓射が勝つものだと思っていたけど、分からない展開になってきたな。

・魔入りました!入間くん/西修
センターカラー。オロバスが詫びを入れ、伝説のリーフが桜の花を咲かせる。これ、元魔王も人間でした。みたいなことなのかな。そして次回は位階発表とのこと。入間は4に上がるだろうけど、他のメンバーも少なくとも3までは上がるかな。

・BEASTARS/板垣巴留
タワー内の牢に住んでいた、元生き餌のキューから急襲を受けるレゴシ。全力の攻撃をすることができず、ピンチに陥ってしまう。最後のページのキューが印象的。元々、肉食用のコップなんだろうな。

・築地最強寿司伝説 仁義理の海太郎/川端浩典
海神の仲間が救出に駆け付け、窮地を脱した海太郎。そこで漬けのアイデアを思いつくのはいつもの流れだが、今回はこじつけを通り越してダジャレのようになっていた。次は握りらしいけど、意外と短期連載なのか?

・バキ道/板垣恵介
渋川が合気道と出会った時の回想エピソード。で、次号休載だし、スローペースが続く。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
無門は、柳に敗れた神野を発見する。そして黄海王から、ゆうえんちのルールを守るようにクギを刺される。そろそろ柳と直接対決か、もう一試合くらいはさむのか。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
センターカラー。第3セットは修学館がリード。そこから、サーブ以外は警戒されていない下平のプレーにつなげる演出が良かった。ひと皮むけたか。

・さちおくん/キャットタング鈴原
お医者さんごっこする、さちおくんたち。おでこに貼りつけているのはCDか?

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
大雪で立ち往生してしまった大鉄タクシー。気楽に乗り切ろうとするが、やっぱり遭難してしまう。指パッチン着火からの煙かまくらが良かった。タバコをそこまで操れるのか。

・逃亡者エリオ/細川雅巳
王衣選定の闘技会がスタートする。雰囲気としては、天下一武道会みたいな感じか。エリオ、パブロ意外だと、ルカとリコが要注意人物か。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
ふし研でヨガをする。ことね先輩とペアヨガしているときの鈴の表情がツボ。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
リンリンはバロンの彼女だという噂があるが、それでも九里虎は彼女の誘いに乗ることに。電子版だと目次コメントが空欄だったけど、どうなっているの?

・ロロッロ!/桜井のりお
イチカがモチをのどに詰まらせる。っていうかピポ歩鳥、殺しのターゲットのことを何も知らなかったのか。

・水曜どうでしょう~大泉洋のホラ話~/大泉洋・星野倖一郎
オーストラリアを放浪中の大泉さん(筋肉バッキバキ)が、バーでポールと飲み比べをする。後編でどうやって盛り上げるのか。あと、あの女性はどう絡んでくるの?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
吸血鬼ムキムキマッチョメンが登場。筋トレの原動力であるストレスを、ドラルク&ロナルドに与えてもらおうとする。筋トレ知識、ほとんどリングフィットアドベンチャーで得たものだろ。

・SHY/実樹ぶきみ
ツィベタ&クフフの攻撃に苦戦する。シャイは能力的にはツィベタと相性がいいはずだけど、性格的にクフフとはやりづらそう。スピリッツの能力は水系ってことでいいのかな。

・六道の悪女たち/中村勇志
どうやら沙知代の占いは本物の様子。『相手の目を見るだけで未来の映像が見える』という。これは、六道と目を合わせたときにどちらの能力が上回って、どうなってしまうのか?

・娑婆王/暦
戦いが終わり、ひと時の安らぎを得るアラン。そこに憔悴した興行主の魔の手が迫る。夢蘭あたりが粛清するかな。

・もういっぽん!/村岡ユウ
霞ヶ丘も青西も、新チームが始動する。しかし、新人戦の団体戦は3人制。これからは誰がメンバーから外れるかの戦いになるのか。

・どらコン!/触媒ヒロオミ
大神隠しの影響を受けた観音寺さんとカンナが、トオルを賭けて相撲勝負をすることに。いつのまにか、ラミがいちばん元気になっている。

・足芸少女こむらさん/灰刃ねむみ
こむらさんvsルルエの騎馬戦は、激戦の末に引き分けに。ここまで溜めた勝負の割には、1話であっさり決着をつけた感じ。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩がジーパンを買いに行く。毎回、予定にないものを買ってくるな。








次号から、田中優吏とFLIPFLOPsの新連載がスタートします。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/01/09(木) 17:51:56|
  2. チャンピオン 2020
  3. | コメント:0

六道の悪女たち 第18巻の感想




六道の悪女たち 第18巻の感想です。表紙は、野玄雄一郎。体に巻きついているのは赤い糸……ではない。





・第152話 男の勲章
乱闘現場に到着した乱奈だが、そこに六道がいないことが分かると、1人ブッ飛ばしただけでさっさと移動してしまう。男装乱奈の独特の口調、誰をモデルにしているんだろう? そして風乃が加わったことで針蔵側が戦況を盛り返し、岡森も“番長”としての意地を見せる。過去の野玄のアドバイスで現在の野玄に一矢報いるという構図が良い。

・第153話 2人のケンカ
六道とタイマン中の畑を、乱奈が遠くへ放り投げる(人間投げ世界記録)。その後、六道が女装をやめていることにはじまり、乱奈が不満をぶつけ口ゲンカに発展したのが意外だった。確かに六道が乱奈抜きで事を進めるのが悪い部分もあるが、男装しているので術の効果が弱まっているのか? それから、前半で岡森が「男の意地だァァァ!!」と言い、後半で雷乃が「女の意地だァァ!!」と言っている構成が上手い。

・第154話 女たちの意地
痛みこそが愛。守ることが愛。それぞれの恋愛観や六道への気持ちを、真正面からぶつけあう椰子谷と雷乃。鬼島を離れてから自分の蹴りを磨いてきた雷乃だったが、元鬼島No.1には力およばず。ここで、隠れて戦いを見守っていた乱奈が動く。vs椰子谷は、事実上の作中最強決定戦か。

・第155話 気にくわないヤツ
パワーでは乱奈が圧倒する(椰子谷に雷乃戦のダメージがあるとはいえ)。しかし椰子谷は「頭を使って戦わない乱奈は10分後に倒れている」と宣言する。でも、椰子谷も頭脳派には見えないんだよな……。そして岡森が倒された後あと屋玄に立ち向かうのは、幼田ではなく六道! 男らしくなりたい六道vs男らしさとかどうでもいい屋玄という図式か。相手の腕を取ってのサマーソルトキックが素晴らしい。

・第156話 屋玄の失望
カンフーを駆使して戦う六道だが、野玄には届かず。途中でヤンキー座りをはさむから……。ここから、どうやって逆転するのか? いっぽう椰子谷は乱奈の動きを見極め、決定的なダメージを与える。乱奈が、ここまでクリーンヒットを許したのは初めてのことか。そして、起き上がったときの表情が……。まだ本気じゃなかったということなのか?
乱奈 笑顔

・第157話 なにが君の幸せ?
笑顔の乱奈は凶暴性を加速させ、椰子谷を圧倒する。まさか、ここまで一方的な決着になろうとは。これがリミッターが外れた乱奈の真の実力ということか。そして六道と野玄のイデオロギーがぶつかり合う。椰子谷の悪事に加担する野玄と、乱奈のために暴力から遠ざけようとする六道ということか。とことん、この2人を対比させてくるな。

・第158話 真のボス
タテシマに勝てたのは、事前に乱奈とやったダメージがあったから。しかし、そのことから擒拿術のこと、そして鈴蘭から点穴の場所を教わっていたことを思い出す。決死のカウンターで、その一点を狙う……。モブ戦を仕切っている飯沼の「了解 番長」と言う後ろ姿がカッコいい。

・第159話 正しい選択
六道は自分の考えを語るが、そこで力尽きてしまう。ひさしぶりにカッコいい見開きが決まった印象。そして雷乃が椰子谷の敗戦を知らせたことで、戦いが終わるかに思われたが……。最後は番長同士で決着をつけようというわけか。

・第160話 番長の姿
この戦いの最終決着は、野玄と幼田の番長対決に委ねられることに。野玄は岡森、六道と連戦の疲れとダメージがあったので、幼田が完封勝利する。これで亞森&針蔵連合の勝利ッ! ラストの屋玄が椰子谷と去る場面が印象的だったけど、これが最後の登場になりそう。



・おまけ漫画
掛軸先生たちの更生の旅の様子。でも、これすごい近場にいそう。下手したら街を出ていないのでは?






次巻、六道は雷乃にどんな返事をするのか?










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/01/08(水) 18:07:01|
  2. 六道の悪女たち
  3. | コメント:0

アフタヌーン 2月号の感想




アフタヌーンの感想です。表紙は『トップウGP』から、石橋梨華さんです。





・波よ聞いてくれ/沙村広明
カラーで原作者とアニメ監督の対談記事アリ。引き続き地震の対応に追われる。波よ聞いてくれ特別放送は、作中の北海道民には救いになっただろうな。そして多野家では暖房トラブルが。このままでは避難所に行くことになるが、潤一は耐えられるのかどうか……。

・ブルーピリオド/山口つばさ
いまだに藝大生活に打ちのめされたままの八虎。恋ちゃんや桑名さんに愚痴を聞いてもらえて、底を抜けることができたかな。次の課題で覚醒とはいかなくても、なにかキッカケはつかみたいところ。

・ああっ就活の女神さまっ/青木U平・よしづきくみち・藤島康介
インターンの最終課題は、SNSでのマーケティング。ベルダンディーは神対応でバズるものの、最近話題のアンチの標的にされ炎上してしまう。腹を立てたウルドが正体を探りに行くが……。今回は、就活よりもAI云々の話のほうが中心だったか。でも、席が用意されていたってことは、本当は合格はできていたんだな。

・来世は他人がいい/小西明日翔
海遊館での霧島と吉乃のデート? いまさらながら、誕生日を聞いたりする。11月に誕生日イベントとかあるかな。しかし霧島は、途中でどこかへ姿を消してしまう。吉乃も、なにかあったのを察した様子。最後のセリフは『戦闘モード』に入るってことか。

・おおきく振りかぶって/ひぐちアサ
モモカンらが、出身中学やリトルリーグのチームにあいさつ回りをする。概ね好印象といったところか。オフシーズン編の軸になるようなエピソードが欲しいけど、花井の気持ちがそうなっていくのか?

・トップウGP/藤島康介
雨はやんだが、路面はまだ濡れたまま。高台は続々と抜かれてしまうが、我慢の走りを続ける。次回は、最終ライダーの突風が登場か。

・はしっこアンサンブル/木尾士目
課題を残したまま夏休みには入れないと、栞音が補習を受けることに。今回は、ノミの使い方など取材したことをバッチリ生かしたという感じ。補習は無事に終わったが、その後に栞音が手を負傷してしまう。コンクールの伴奏はどうするのか? 既存のキャラで、誰か弾ける人がいるのか?

・無限の住人~幕末ノ章~/滝川廉治・陶延リュウ・沙村広明
新選組主要メンバーが集まり会談。いよいよ次回は、池田屋へ御用改めとなるか。万次の相手は、今回ちょっと目立った永倉新八かな? 万次に階段落ちしてほしい。

・ワンダンス/珈琲
部室に行くと、恩ちゃんvs伊折のダンスバトルが行われていた(理由は不明)。部員全員が2人のダンスに圧倒されてしまう。次は、恩ちゃんvsカボの様子。コンクールは終わったし、新キャラも出たしバトル路線に進むのかな。

・プ~ねこ/北道正幸
滅ぼされた悪の秘密結社の生き残りが、ネコ化した幹部を地中から掘り起こす。『ぽちょむきん』、いまからでもどうにかならないのかな。

・スキップとローファー/高松美咲
祝!このマンガがすごい!第7位!センターカラー。2学期がスタート。それぞれがちょっとずつ変化するなか、志摩は……。ちょっと気持ちが落ち込みそうになったタイミングで、お土産を3つ渡すあたりはさすが美津未と思ったが、文化祭の出し物が演劇に決まってしまう。志摩にとって難しい展開が続くな。

・フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/草水敏・恵三朗
アミノに吹き荒れるリストラの嵐。春田&火箱ちゃんで経営陣に不信を持つ人物に揺さぶりをかけていく。そして、信頼できる人物を役員に送り込もうとするが……。居酒屋での春田さんとのやり取りのシーンが良かった。あとは間瀬が何か動いていてくれれば。

・猫が西向きゃ/漆原友紀
山間の村に、蛍のフローが出現。それが拡大し、時間が巻き戻っているフローだと判明する。縁日や蛍が飛び交う様子は良かったが、今回ヒロタは振り回されただけだったな。

・天国大魔境/石黒正数
宇佐美は拳銃自殺する。しかし、その手に握られていたものは……。さらに、このタイミングでキルコの体調が急変する。これはトキオの体調不良となにか繋がりがあるのか?

・天気の子/新海誠・窪田航
帆高が家出少年ということを知り、須賀も陽菜も帰ることを促すが、帆高の決心は違った。そして東京で雨の勢いが強まる。クライマックスが近い感じかな。

・政略結婚したくない!/来島佐鳥
読み切り。大正時代。父親の決めた許嫁と政略結婚したくない そのか だったが、相手の顔を見た途端……。出会いから死別に至るまでの長い期間のツンデレ具合が素晴らしかった。しかも、四季賞一次選考落選 → 講評を聞くために持ち込み → 編集長の目にとまり掲載という流れがドラマチックすぎる。

・ヴィンランド・サガ/幸村誠
トルフィンは、集会の場でヴィンランド移住者を募集する。そこには、戦いの象徴である剣の持ち込み禁止という条件もあった。今回登場した羊飼いの兄弟や心優しき巨人・ハルヴァルなどが、移住候補者ということか。

・マージナル・オペレーション/芝村裕吏・キムラダイスケ
アラタたちはタイに到着。ソフィを見舞うが、思ったより症状は深刻な様子。でも、今回はシュワの部下の梶田がすべて持っていった印象。マフィア梶田さんはツイッターで特に触れていないので、ただの似ている人か。

・乾と巽~ザバイカル戦記~/安彦良和
林の中での激しい戦闘。勝利するものの、乾は捕虜の扱いをめぐって上官と言い争いに。その後の、地元少女と餅を食べるシーンは微笑ましいが、そこにはラゾの軍勢が迫っていた。さらなる激戦は避けられないか。

・宝石の国/市川春子
地球に春が訪れる。宝石たちは金剛の誕生日を決め、お祝いをする。お揃いのドレス姿がカワイイ。しかし、こういう楽しい日々も束の間。月からフォスたちが攻めてくる。全面対抗戦かな。

・青野くんに触りたいから死にたい/椎名うみ
なんとか大翔以外の4人+青野が合流する。出会い頭に希美にビンタして「どうだ…?」と言う結菜が面白すぎる。それから、ハシラコメントで「秋が長かった」と言っているのが怖い。ギャグなんだろうけど、ちょっと不気味。

・イサック/真刈信二&DOUBLE-S
クラウスが、実は生きていたエリザベートと再会。捕らえれれているプリンツ救出の策を練るため、ヴァレンシュタインが占拠した街に侵入する。しかし、エリザベートが立てた救出作戦は、脳みそが筋肉で出来ているような内容だったな。クラウスが止めていなかったら危なかった。










次号からゆうち みくみルの新連載がスタート。空挺ドラゴンズと皆殺しのアーサーの出張掲載もあります。










テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/12/27(金) 18:46:07|
  2. アフタヌーン 2019
  3. | コメント:2
次のページ