晴耕雨マンガ

それ町の小ネタ・元ネタ募集中/12月は『ジョジョリオン』。

ヤングキングアワーズ 1月号の感想



ヤングキングアワーズ1月号の感想です。表紙は『超人ロック』。マンガのタッチとはずいぶん違う印象のイラスト。




・鬼を飼う/吉川景都
巻頭カラー。前回の蛭人の事件を四王天が調べているあいだ、留守を任されることになった鷹名と司。そこにネガティブ書生の有村が駆け込んでくる。アリスと協力し、家中に住み着いた『疑々蝗』という奇獣を駆除する。どうやら、これから鷹名は奇獣商としての道を歩んでいくことになる様子。かんたんなことじゃないな。

・超人ロック トリビュート/佐藤マコト
超人ロック50周年記念トリビュート企画第1弾。新撰組の戸田石舟斎が坂本竜馬と知り合い、池田屋事件を経てロックになる(という解釈でいいのかな?)という話。次回は、黒丸先生が登場です。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
まず、北良寛と402が会談。ただ今回は様々なことの確認という段階で、人類と霧のアレコレに関する話は、次回以降という感じ。そして401は、犬吠崎に姿を現す。迎えたのは上陰。こちらは、どういう動きなのか?

・真・一騎当千/塩崎雄二
卑弥呼は伊勢神宮から御神体を盗み出し、天岩戸で何やら儀式を執り行う。天照大御神を復活させようというのか? そして、孫策は失われた力を取り戻すために、熊野の徐福院を目指すことに。孫権は眠ったまま。

・はやめブラストギア/竹山祐右
はやめたちは、静岡へ遠征。“達磨王”藤岡燦太とデストライドすることに。まるまると太った姿で油断してしまったが、ヒルクライムが終わるころには藤岡の身体は脂肪が落ちマッチョへと変貌していた。ただ「重い身体なのでダウンヒルに有利」と言われていたアドバンテージを捨てたようにも思えるけど? それから、ハシラで藤岡を応援したいるようになっているのは、問題ないのか?

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
センターカラー。最低のシチュエーションでの告白だったが、律先輩の返事はOK。そこから、河井荘内(麻弓さんの部屋の前)に移動してのテイク2の告白で、気持ちを確かめ合う。これでつき合うことになったわけだが、人間関係的にも物語的にもどんな変化が起こるのか? あと、律先輩の恋愛相談を聞いて、ドン引きしている椎名がカワイイ。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
師匠が、あるゲームをウニ君に提案する。大学の屋上の縁に立ち、目をつむったままグルグル回る。師匠の声がする方にジャンプする。着地するまでの、ほんのコンマ数秒の間にウニ君は生と死を感じる。そして、最後のジャンプでは……。こう、決定的な差みたいなものが、師匠とウニ君の間にはあるんだよな。

・ますらお 秘本義経記~波弦、屋島~/北崎拓
京都で役職に就き、身動きが取れない義経。それを受けての、頼朝など鎌倉側の動き。平家だけでなく奥州藤原氏も絡んで、複雑なパワーバランスが発生している様子。今回ラストで後姿だけが登場したのは、郷御前か。

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
野分の死因となった間夫の侍・富長長三郎の姿を見つけた左近は、店を飛び出し往来の真ん中で問い詰める。そのときに突き飛ばされ、井戸の角に頭をぶつけてしまうのだが、顔を血に染めたままの啖呵の威勢の良さが最高だった。そして、遅れてやってきた八郎の場の収め方も見事。これで、この2人が急接近ということになるのかな?

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
ミズガルズに突入した少年リュウマは、アインスを討つ。そして、最後の敵は『世界樹』そのものの様子。次回が、最終回です。

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『TAKAMI SAKURAGI』です。喫茶店で泣いています。

・夜鳴きのシィレエヌ/今村陽子
闇の人身売買オークションの捜査に来た、夜烏、レイヴン、ヴァローナと、ククルス。そこで先々代のククルスを模した魔法人形が出品されるが、歌った歌は本物だった。同じ会場には、ガンタレトリオの同期・パヴァーヌもいた。国が絡んでいるようだし、大きな戦いになるか?

・聖骸の魔女/田中ほさな
エゼル&ミュリッタは、アグネスが『不屍者』だと推測するが、ウプスラは幸せな生活を送るニコラのこともあって、認めることができない。しかし、予想通りアグネスは、魔女ストリガの配下だった。食料である生きた人間を手にかけようとしたところを、ウプスラに目撃されてしまう。次回は、辛い戦いになりそう。

・スーパー・カルテジアン・シアター/六道神士
登校中の筥崎君が、道端で死体を発見。そのせいで、ヒットマンに命を狙われることになる。っていうか、治安悪すぎだろ。どこの修羅の国だよ。そして『櫻の園』の黄金の使途さんは、かなり強敵の予感。

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
高柳と次元のオヤジバトルは、美留の車酔い&高柳のガス欠でやや消化不良の幕切れ。後日、あらためて愛華への挑戦を申し込む。でも「ドレイ」宣言した美留の動向のほうが気になる。

・マーチャンダイス/大石まさる
マーチャンダイスの住人・ワンダーのさえない一日を、ライプニッツ視点で追う。その裏で起きていた驚愕の出来事とは……。いつのまにか、マーチャンダイスの住人が増えているけど、朝ご飯を食べている人の中に、透明人間がいるよね?

・ヒダルとヒルダ/鈴木小波
読み切り。4度目の登場。ヒダルが、道に落ちている?キビダンゴをめぐって、犬・猿・キジ・鬼とバトルをくり広げる。ヒルダさんは就職できたのか?

・野球+プラス!/石田敦子
裏方にスポットを当てたコラム記事を任されることになった由右。バッティングピッチャーやスカウトの人に話を聞くが、上手くまとめられない。それでも紙面に掲載されて一歩前進といったところか。日本シリーズは、どういう扱いになるんだろう?

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
ロードバイクデートをしたいと思う彼女だが、彼氏が出不精で乗り気ではない。そこで、小径の折り畳み自転車で玉川上水のサイクリングロード → 輪行 → 大きなクリスマスツリーというデートコースをめぐることに。別に郊外じゃなくてもサイクリングを楽しむことはできるんだな。

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
霊が見えないなら、夢の中で不思議体験すればいいじゃない。ということで、行った後に悪夢を見ると噂のある廃村に向かう。ゲストに今村陽子先生が来たものの、はしゃぐ石黒Pがすべて持っていった印象。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
オーストラリアとの戦闘が終わったものの、ナポレオンは様々なことに頭を悩ませる。いまから後継者を育てるために、まずはジョゼフィーヌと離婚しようとするが……。結局、ダヴーは出てこなかったな。

・ドリフターズ/平野耕太
通常の鉄砲が効かない巨人をあえて懐に入れて、豊久&ドワーフ隊が爆弾&0距離射撃で叩いていく。まずは、信長と光秀の知略戦か。






先月で『それ町』も終了したのでアワーズの感想記事は、これでひと区切りということにしたいと思います。石黒先生の新連載が始まったら、また再開したいと思います。








スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/12/02(金) 18:49:31|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 1号の感想



チャンピオンの感想です。グラビアとポスターは、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈さん。表紙は範馬刃牙さんです。





・刃牙道/板垣恵介
巻頭カラー。まず『死刑囚編』のアニメ化が決定。本編では、武蔵が宮根誠司風のキャスターをエア惨殺する模様が全国中継される。これで、武蔵の存在が世界の知るところとなるわけだが、レギュラーメンバー以外から刺客が現れるのか?

・弱虫ペダル/渡辺航
3日目のレーススタート前。今泉が、坂道に強い信頼を寄せていたことが描かれる。それに応えるように、水田のフタを坂道が突破する。もしかして、水田君はこれが最後の出番になる可能性もあるのか。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
風紀委員の高浜さんの、持ち物検査に引っかかってしまうふし研メンバー。なにが卑猥か?で揉めることに。もう、高浜さんを「歩く卑猥」とでも呼びたい。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
連載300回記念センターカラー。大鉄小学生編で、体育嫌いの様子が描かれる。最後のページでタバコを吸おうとしているけど、やっぱり禁煙は失敗したんだな。

・六道の悪女たち/中村勇志
鬼島連合とチーム六道は『鬼ごっこ』で対決することに。後ろに六道を乗せた葵を莇美らが追うことになるが、いきなり大佐が脱落してしまう。やっぱりポイントは、事態を把握した乱奈の動向か。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
こまりがテストを受けることに。「点数が悪ければ退学」と柳先生に脅されたので、勉強を頑張るが……。121P左上のコマが、とても楽しそう。

・ハリガネサービス/荒達哉
ジャンピングフローターサーブで、下平は3連続サービスエースを決める。激しいボールの変化に、三河ら桐城は対処できない。見開き×2のシーンが迫力満点。

・AIの遺電子/山田胡瓜
センターカラー。あらすじや専門用語の解説ページあり。本編では、ヒューマノイドなのに自分のことをロボットと思っている男性が来院する。外見は若いままなので、痴呆表現の生々しさが増しているように思う。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
ドラルクが外出し、念願のジョンと2人きりの休日を過ごすことになったロナルド。しかし、いざ遊ぶとなると何をしていいか分からない。っていうか、事務所に2体も吸血鬼を飼っているって、退治人としてどうなんだろう?

・囚人リク/瀬口忍
現状の悲惨さを把握したリクたち。いまはただ、脱出することに集中する。地獄島の名も無き作業夫たちが描かれる101コマが素晴らしい。

・BEASTARS/板垣巴留
ルイは疲労骨折により、2日目の舞台に立てず。ベンガルトラのビルが代役を務め、そのビルの代役にレゴシが抜擢されることに。やるのはチョイ役だが、なにかハプニングが起きるのか?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
白水は大振りの一撃を捨てて、軽打の『コゴリラ張り手』で対抗する。それでも、確実に天鳳の巨体を押し返していく。自分に適したスタイルで戦う白水と、いつもと違う戦い方をしている天鳳ということか。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
試合があるものとして、それぞれ練習するスターズとウォリアーズ。しかし、まだ中止かどうかは分からず。っていうか、それを判断するであろう総裁が甲子園にいないんだから仕方ないのか。

・PSYCHO LORD/伊科田海
短期連載2話目。いったん家に戻ったマックス&サイロウ。そこで待っていたのは、スピード特化型のフローレム・モレッツだった。さっそくサイロウと激突するが、彼女のマックスに対する態度は、他のキメラ人間とは一線を画すものだった。ヒロイン枠なのに、ド変態じゃないか。

・実は私は/増田英二
なぜ人間と人外が交わらない世の中を作ろうとしたのか? 白雪さんの動機が明かされる。そして、茜ちゃんの一撃を受け屋上から落下する白雪さんを、白神さんが空中でキャッチする。自ら吸血鬼であることをカミングアウトしたが、クラスメイトらはどういう反応をするのか?

・ミラクれ!微超能力部/藤田まる美
ミステリーボニータ掲載作品が、単行本発売を記念して出張掲載。超能力を利用したマジックショーの練習をする。次号にも登場します。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
運動の話。タイトル下の、崖っぷちでのおしくらまんじゅうが最高。

・Gメン/小沢としお
勝太とレイナのタイマンデート。チーコらのアドバイスに従って、ビッチキャラを貫き通したレイナだったが、勝太には響かず。これは、松永が逆の意味でキューピッドになる展開かな。

・少年ラケット/掛丸翔
幕間の話。野球部の練習が休みなので、卓球部の見学に来た内田君。そこで成長したイチローの姿を見る。夢に向かって一直線のイチローの言葉に影響を受ける様子が良かった。トビラで小学生時代のロッキーの後ろにいるのは、橋立美香さんなのかな?

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
ゆきひらを離れた那由多は、エルシオンとしての活動を始める。エル復活の準備も整い、いよいよというときにメンバーが拉致されてしまう。連れてこられたのは……。そして次回が最終回とのこと。急激なまとめという印象。

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
フレイヤとアルベドに連れられて行ったサンカのアジトには、ジニア、カミラ、ラナビス、リリウムらがいた。そして本間の姿も。このメンバーで九ノ島を復活させるのか。

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
7年前の騒動のあと、意識を取り戻した家郎は、ゆるキャラのような姿になっていた。その後はボルテクスの実験材料となるが、ミドリムシを操る能力で復活する。そのとき、自分が人間なのかミドリムシなのか分からなくなってしまう。これで『黒幕・家郎』誕生の経緯は分かったが、なら『ゆるキャラ・目高』はどうやって生まれた?

・木曜日のフルット/石黒正数
フルットたちとカンスケ一家の決闘の舞台は、公園の遊具の上。キン肉マンのような紹介の仕方が良かった。フルットと対戦したタロは、ネコっぽくない。






次号から『聖闘士星矢ND』が連載再開です。





テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/12/02(金) 13:42:10|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

champion タップ! 12/1更新分の感想

タップ!の感想です。今週は4本が更新されました。
ネタバレにご注意を。




・HOTEL R.I.P/西倉新久
約2ヶ月ぶりの更新。今回はホテルが満室のために、相部屋にされてしまった運動部の夏野(♀)と引きこもりの津久井(♂)の話。初対面で正反対の性格の2人が、最初は反発しつつも影響を与える展開が良かった。もう少し、定期的に更新してほしい。
→ 次回の更新予定は???

・サチのお寺ごはん/かねもりあやみ&久住昌之&青江覚峰
出張掲載も、気づけば3回目。ヨガの体験教室に行ったものの、運動不足がたたり首を痛めてしまった幸さん。『衣かつぎ』を食べながら、ありがたい話を聞く。という構成。しかし、久住氏は『のの湯』も手掛けているし、本当に幅広く活躍しているんだな。

・史群アル仙のメンタルチップス~不安障害とADHDの歩き方~/史群アル仙
バイトも続かず、生活に困窮するアル仙さん。ここで一念発起してマンガを描くのか? と思わせてからの4ページ目1コマ目でビビってしまう。ポップにやり過ぎでしょ。
→ 次回は12/8更新予定。

・息子の嫁/忍
ババ抜きをして遊ぶ桃たち。加賀美との壮絶な死闘のすえ敗れてしまった桃は、縁への非情な罰ゲームを実行することに。全体的にテンションが高く、楽しそうでなにより。あと、作者は課金厨か。
→ 次回は1/12更新予定。



来週は『メンタルチップス』と『君花さん』と『中国娘』と『ベルリンは鐘』が更新予定です。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/12/01(木) 16:01:08|
  2. タップ 2016
  3. | コメント:0

週刊少年チャンピオン 52号の感想



チャンピオンの感想です。グラビアとポスターは松本愛さん。表紙は、小野田坂道さんです。




・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。ついに3日目のレースがスタート。まずは箱学が、新開弟と葦木場が合流する。坂道も早く今泉と合流しようとするが……。どうやら水田は、御堂筋から坂道をブロックする指示を受けている模様。

・刃牙道/板垣恵介
アメリカ新大統領・トラムプが、勇次郎に不可侵宣言をする。時事ネタを取り入れるスピードの速さ、特徴的なポーズのソックリさ、同じ顔×10の例のコマ割りと、ネタ度が振り切れている。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
春巻が、福引で『ピザ1年分』を当てる。しかし、通常サイズではなく超巨大なモノが届けられる。万田先生が元に戻ってなによりだが、階段オチはなかった。

・ハリガネサービス/荒達哉
センターカラー。倉光回想編。中学まではワガママなプレーぶりから浮いていたものの、高校に入り考えを改め軟体トスをチームの戦い方の中に生かすようになったことが描かれる。そして、今度は下平のサーブ。三河と対決か。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
吸血鬼研究センターに捕まってしまったナギリは、ゼンラニウム、Y談おじさん、野球拳大好きの3人と出会い、協力して脱走を企てる。そもそも1人だけでも十分キャラの濃い吸血鬼が4人もそろっているので、胸やけ寸前のテンションの高さ。Y談ライダー爆誕の流れが最高。

・六道の悪女たち/中村勇志
莇美は集会に行く前の葵を狙うが、仕留めきれず。そこに、六道らが援軍に駆けつける。『バイクがすべて』の葵が仕切っているチームだけに、何らかのレース勝負になるんだろうが……。それから、六道が気を使ったとはいえ、ハブかれる形になった乱奈はどうするんだろうか?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
また催眠術にかかった大祐が、呪の人形『松子』を鈴と一緒に我が子のように愛する。とちゅう、夫婦のようになっているところが良かった。

・PSYCHO LORD/伊科田海
短期連載1話目。子供のころから『ぼくのかんがえた さいきょうのきめらにんげん』を作ることが夢だった、マックス・ウッド博士。実際に、人間に動物の能力を移植したキメラ人間を完成させるが、その全てに逃げられてしまう。事実隠蔽のために選んだのは、都市伝説級の殺人者・サイロウに依頼することだった。大きなハサミを持った老人(99歳)が戦う様が、想像以上にカッコイイ。動物ウンチクを最小限にして、アクション重視にしたのは成功だったと思う。残りのキメラ人間は14人。これを、残り4話で全て倒すことができるのか?

・囚人リク/瀬口忍
田中は、自分たちの脱獄が上手くいっているのは、鬼道院がクーデターを起こしたからだと推測。実際にゲートに軍隊がいたことで、確信を得る。なんとか突破したものの、リクは激しい憤りをおぼえる。ただ、現状できることはないか。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
京都の新戦力は、大楽太だった。「寝起きだから」と無礼な態度を取り、チームメイトの顰蹙を買う。そして、雨は止まず。1日順延かな? 里中を投げさせる口実にもなるし。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
天鳳のゴリラ張り手を喰らい絶体絶命のピンチの白水を、仁王の言葉が踏みとどまらせる。「このバカヤローが」という言葉に、この2人しか分からない色んな意味が込められているということがわかる流れが最高。

・BEASTARS/板垣巴留
新歓公演当日。足の痛みをこらえながら、ルイは最高の演技を見せる。しかし、幕が下りるのと同時に倒れてしまう。ルイの言葉では、もう1日公演があるようなので、だれが代役をするんだ? あと、レゴシのヘッドセットのつけ方が良い。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
沙耶は、こまりにマタタビを与えてみる。最初は反応を見て喜んでいたが、誤ってマタタビの粉を頭からカブってしまい……。百合×ケモという、新境地を開拓しようというのか。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
ゴミを捨てる話。ゴミ箱の引きつける力が強いのか、家族の投げる力が強いのか。

・AIの遺電子/山田胡瓜
あるヒューマノイドが、人間の女性を殺害。不可解な動機を供述する。犯人が言う意味不明な言葉にも「もしかして」と思わせる部分を匂わせているのはさすが。作中にも出てくる『技術的特異点』は、2045年だったか。

・実は私は/増田英二
茜ちゃんを封印から解放するためには、食べたくなるような料理を作らなければならない。ここで、紅本先生と白銀さんとダンジョン攻略していた箱女が、未来藍澤さんではなく“現在の”藍澤さんと判明する展開が最高。藍澤渚復活ッ! そして、茜ちゃんと白雪さんの最終決戦か。

・Gメン/小沢としお
黒天使のメンバーに持ち上げられたレイナは、勝太をデートに誘う。が、当の本人はタイマンと勘違いしてしまう。今回、恋愛論を語ったチーコは、なんとなく肝田とつき合う気がする。

・アイドル志望遊戯/三原すばる
読み切り。アイドルグループから人気メンバーが脱退。その穴埋めを決めるオーディションを舞台にした、ショートコメディ。9Pとは思えないほどネタが詰め込まれている。オーディション参加者全員がケーキ持参だったり、セリフのないメンバーのキャラ紹介が枠外にあったりといった小ネタも面白かった。

・少年ラケット/掛丸翔
春季大会に向けて、レギュラーメンバー中心の練習メニューに。補欠のジョーには夏の大会に向けた特訓メニューが与えられる。だが本人にとっては、とても納得できるものではなかった。言ってしまえば、キャラの立っていないダブルスの枠を奪ってしまえばいいわけだが、ジョーが特別ダブルス向きという描写も、いいパートナーがいるわけでもないしな。

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
古代に地球に降り立った『神』がハイカキンを生み、その神を倒すためにバベル世界が作られたということが明らかに。エルシオンは、その神を倒すために活動してきたということも明らかになる。そして、神殺し兵器を起動させるために、那由多の力が必要なのだという。なんか、一気に設定を解放してきた印象。

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
サンカというのは、HSCに対抗する組織の名前だった。そこに属する勇者フレイヤが足止めしている間、フィオが捕らわれの勇者アルベドを解放する。アルベド復活ッ! なんか、今回は線が太かったような。

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
古代から生きてきたミドリムシにとっては、放射線すらエネルギーにする。一ヵ所に集まるミドリムシを追ってスカイツリーに突入した翠は、そこで死んだはずの父親・家郎を目撃する。ゆるキャラの正体だと思っていた家郎が黒幕で、部下の日高がゆるキャラだったとは。意外な展開。

・木曜日のフルット/石黒正数
動物に服を着せるのは、是か非か? タマが持論を語る。ラス前のコマのフルットのセリフは、狙たモノなのかタマタマなのか。






次号は『ミラクれ!微超能力部』の出張掲載があります。









テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/11/25(金) 15:52:09|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

champion タップ! 11/24更新分の感想

タップ!の感想です。今週は4本が更新されました。
ネタバレにご注意を。




・史群アル仙のメンタルチップス~不安障害とADHDの歩き方~/史群アル仙
ふたたび『ゴミクズ時代』の話。酒びたりになったり、モラル欠如の行動をくり返すアル仙さんだったが、それでも、こまめに連絡をくれる幼なじみがいた。こういう人の存在が、やっぱり大事なんだな。それから、4ページ目の最初のコマは、そこらのホラーよりも怖い。
→ 次回は12/1更新予定。

・君花さんのスイーツマッチ/石坂リューダイ
千夏さんが、君花さんの家を訪問する。本当は仲田監督への気持ちを聞きたかったものの、結局はお土産に持参した『玉子プリン』を食べただけで終わってしまう。今回登場した祖母が、君花さんのバカ真面目なストイックさの原因なのか。
→ 次回は12/8更新予定。

・絶望男子と中国娘/理央
作中の季節は、ハロウィン。当初は否定的な意見だった太郎だが、魔女っ娘コスプレした龍龍を見て態度が一変する。街に出たものの、天龍がすぐ近くにいることが発覚。いよいよご対面か。
→ 次回は12/8更新予定。

・ベルリンは鐘/ニャロメロン
ママが買いものに行っているあいだ、留守番することになったチャイム姉弟。そこに泥棒がやってくる。作中に「作品のパクリはどこまでがセーフだと思う?」というセリフがあるから、このタコの空き巣は、山本アヒルの『ネズミと花火』に登場した猫不要か。
→ 次回は12/8更新予定。



来週は『メンタルチップス』が更新予定です。








テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/11/24(木) 16:56:12|
  2. タップ 2016
  3. | コメント:0
次のページ